京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ

「京都の食事処・グルメ」一覧

(全141 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

商店街にある京丹後の味


日本海側の京丹後にある「バラ寿司」などで有名な「とり松」さん。その創業者の想いをきっかけに京都市北区の新大宮商店街にて、自家製手打ちのうどん店「松太郎」がオープンしたのは昨年のこと。

こしのある太めのうどんは小麦の味をしっかり味わってほしいから注文後にゆではじめるため、時間は少々かかります。天ぷらぶっかけをお願いしたらつややかなうどんの上に、海老や宮津ちくわなどの天ぷら。とにかく食べ応えがあってお腹いっぱいになりました。ちなみに「とり松」名物のバラ寿司なども食べられます。

くいしんぼー山中のハンバーグ


厳選した近江牛の料理が味わえる人気店「くいしんぼー山中」。予約なしでしたが無事入店。カウンターでハンバーグをいただきました。こちらのハンバーグは中央にとろとろの目玉焼きが入っています。

お客さんへの料理提供もひと段落ついた頃、ご主人はカウンターでブロック肉の切り分けをしながら「うちのアイスコーヒーは昔ながらの味でおいしいよ」なんていう肉以外の話から始まり、牛肉の色の話、しまいにはハンバーグをつくるときの素材の分量までお話くださいました。
分量なんてバラしてもよいのですかとたずねると、使う肉が違うから同じ味にはならないのだとこと。なるほど…!!!

千石おはぎ


もうすぐ秋のお彼岸ですね(2018年は9月20日~26日)。あんこ大好きスタッフとしては、おはぎが楽しみなんですよね。先日、通りかかったお店でもおはぎをいただいてしまいました。

京都府南部の木津川市。国道163号沿いにある「千石おはぎ」。お団子や焼きもちもおいしそうでしたが、3種類のおはぎのうち、きなこと青のりを選択。青のりは高知県四万十川のもので、きなこは自社ブレンドしているとのこと。どちらも風味豊か!甘さもほどよく、すぐに食べきってしまいました。

亀岡の自然に囲まれ、体に優しい薬膳ランチ


京都府亀岡市にある「森のステーションかめおか」。その1階は天然砥石にまつわる体験や展示を実施し、その2階「チョロギ館」では物販とカフェレストランがオープンしています。そのカフェレストランでいただける数量限定の薬膳御膳が人気だそうで、取材時に味わってきました!

季節ごとにメニューが変わる薬膳御膳。今は秋の薬膳御膳ですが訪問時は夏の献立でした。その季節にぴったりの薬草や旬の食材を使い、家庭的な料理に仕上げています。

なかでも注目がこちら。「チョロギ」です。渦巻く形がなんとも不思議なチョロギ。みなさんご存知でしょうか。

チョロギは長老喜とも書かれるそうで、おせち料理にも使われる縁起の良い薬膳食材なんです。根っこの部分だそうですよ。写真のチョロギはお漬物なのでほんのり色づいていますが本来は白っぽい色をしています。らっきょうのようなシャキシャキとした食感で、さっぱりとした味にしあがっていました。

一般家庭ではなかなかお目にかかれないチョロギ。是非一度お試しください!

▼森のステーションかめおか
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/morinostationkameoka/

和モダンな空間でいただく会席料理


「ホテルサンルート京都木屋町」1Fに、この夏オープンした「日本料理 おばな 京都店」。

祇園で修行を積んだ料理長「中辻和宏」さんがつくる、
旬の魚や野菜を生かした、繊細で美しい日本料理が味わえるお店です。


白木のカウンターが置かれた、木の香りがする和モダンな店内。

お昼は会席料理がリーズナブルにいただけるコース(3500円~)があるのでおすすめ。ディナー(6000円~)では、贅沢なひと時が楽しめます。
京都観光の方、京都好きの方はもちろん、
京都でゆっくり食事がしたいとき、いかがですか。

【店舗情報 日本料理おばな京都店】
 電話 050-5595-9711または050-3314-2194(予約可)
 京都市下京区河原町通松原下ル難波町403-1 ホテルサンルート京都木屋町1F
 不定休
 朝 7:00〜10:00 (L.O 9:30)
 昼 11:30〜15:00 (L.O 13:30)
 夜 17:30〜22:00 (L.O 20:30、会席料理20:00)

https://www.hotel-sunroute-kyotokiyamachi.jp/restaurant/

京都NEWOPEN nonahan~のなはん~ 野菜づくしのデリカテッセン


8月1日(水)、京都の新京極通に、野菜料理を楽しめるデリカテッセン「のなはん」がオープン。
その開店に先駆けて、内覧会にお伺いしてきました!

運営されているのは、野菜の生産や流通を手がける会社「トレード」。
自社工場で栽培した無農薬レタス「ベジタス」のサラダをはじめ、契約農家から仕入れた季節の野菜を使った15種類以上ものデリ(惣菜)やデザートが店内にずらりと並びます。

焼き野菜のマリネや、とうもろこしの冷製茶碗蒸しといったデリの中からお好みのものを選んで、自分だけのデリプレートをつくれるのが嬉しいところです。

サラダは3種類の中から好きなレタスを1つ選び、その場で調理してもらえます。
レタスは種類ごとに味や食感の特徴があるそうなので、2度3度来店して、食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。
自社工場栽培のこだわりがあるだけに、どれもみずみずしくておいしそうです。

サラダにはちりめん山椒やカリカリのお揚げがトッピングされていたり千鳥酢を使ったドレッシングがかけられていたりと、京都らしい食材がたっぷり。デリのペンネにも西京味噌のソースがかけられているなど、地元ならではの食文化を味わえます。

※写真は「サラダ+3デリ膳」(1620円)。スープと、おにぎりorバゲットが付いてきます。

量もしっかり食べたい方はメインの肉や魚の料理をプラスするなど、好みに合わせてメニューが選べます。
※下の写真は「メインディッシュ+サラダ+2デリ膳」(1944円)

ドリンクには旬の野菜やフルーツを使った、スムージー仕立てのフレッシュジュースなどもあります。中でもトマトやオレンジ、ドラゴンフルーツなどが入った「赤のフレッシュジュース」は、さらりとした口当たりで飲みやすく、自然な甘さに癒やされてしまいました。

2Fは広々とした飲食スペース。窓に面したカウンター席からは桜の木が見えるので、春には食事とともに桜が楽しめる特等席になりそうです。

アルコール類も充実していて、新鮮野菜を乗せたサワー(!?)や京都のクラフトビールも用意されているのだとか。23時まで営業なのでバーとして利用する、なんて使い方もできそうです。

ついつい不足しがちな野菜。プロフェッショナルがつくる料理やドリンクで、おいしくヘルシーに補ってみてはいかがでしょう。

nonahan~のなはん~
京都市中京区 桜之町441-2
075-256-6200
8:00~23:00 (L.O.22:00)
※モーニングは8:00~11:00まで
無休
http://nonahan.com/

山鉾町から徒歩圏内、老舗蕎麦屋で名物ランチ


山鉾町からも徒歩圏内。菓子屋として室町時代に創業し、江戸時代に蕎麦屋となった「尾張屋」で、名物宝来そばをいただきました。

「わりご」という五段重ねの漆器のうつわに蕎麦が入っており、一碗ごと異なる薬味を好みでかけながらいただきます。薬味は、小エビの天ぷら、きんしたまご、椎茸、のり、わさび、大根おろし、ねぎ、白ごま。さいごまで飽きることなく楽しめます。

開店時間は11時ですがどんどん人がやって来ます。外には行列用の備えも。人気店なので早めに行くのが吉ですね。

▼尾張屋について
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/honke-owariya/

みな月の季節です


1年の半分が過ぎた6月30日、半年の穢れを払い、残りの半年を無事に過ごせるように祈る「夏越祓」。この時にいただく和菓子が「みな月」です。

かつて旧暦の6月1日は氷の節句と呼ばれ、宮中では、冬のうちに氷室という場所に蓄えていた氷を取り寄せ、口に含んで暑気払いをしていました。

当時は氷が貴重品だった時代です。庶民にとって、簡単に手に入るものではありません。そこで庶民は、氷室の氷を模した菓子をつくり、暑気払いとしました。この菓子が「みな月」の起源といわれています。

「みな月」ファンが多いためか、6月を過ぎても販売される和菓子屋さんを多々見かけます。7月の祇園祭の際に販売されているお店を見かけましたら、ほんのり甘い「みな月」を味わってみてはいかがでしょうか。

さて、今年編集部でいただいた「みな月」は、烏丸丸太町にある嘉永元年創業の「亀屋廣和」製のみな月です。

もっちりと柔らかく、甘さ控えめの水無月は、黒糖と白の2タイプ。邪気払いの意味をもつ小豆も良い塩梅。

じつは「亀屋廣和」さん。今年の7月末でお店を閉められます。烏丸丸太町付近と言えば「甘楽花子」さんや「植村義次」さんなどの有名店があった地域。またひとつ和菓子の店が幕を閉じると思うと、やはり寂しいものがありますね。

今の時期はみな月のほか、涼やかな和菓子が揃っていました。今の内に京都の老舗の味を楽しまれてはいかがでしょうか。

名物インディアンオムライス


寺町通のアーケードの四条通側入口。地下へ続く階段をおりるとオムライスが有名な「くるみ」があります。

店内はセピアカラーの昭和感を漂わせる喫茶店のような雰囲気。オムライスはインディアンオムライスという名称。卵の下は大きめの具材がたっぷり入ったドライカレー。上にはタルタルソースとさらっとしたカレーソース。

見た目が女性か男性かで自動的に量が異なって提供されます。写真は女性用ですが、小食の人なら多いと思います。

ミニサラダもつけましたが、ミニの概念はどこへやら。野菜の奥にはポテトサラダも潜んでいました。このセットで訪問時1000円以下。これも人気の理由ですね。

京都で観光雑誌にのっていないような地元の名物が食べてみたい。そんな方、京都ランチにいかがでしょうか。

京の和菓子屋が長年かけて開発、やさしい和プリン


京都西院の和菓子屋・養老軒さん。おいしくて楽しい創作大福が人気の和菓子屋さんですが、2018年4月に新商品を発売されました!

今度はどんな大福だろうと思いきや、新作は「プリン」とのこと。8年の構想を経て誕生したという『豆まめぷりん』と『抹茶ぷりん』です!

『豆まめぷりん』は、京都の老舗とうふ店の豆乳と、養老軒特製の白あんをコラボレーション。底には大きな丹波黒豆が入っています。

そして『抹茶ぷりん』は、宇治の名店・伊藤久右衛門の抹茶を北海道産生クリームと混ぜ合わせ、濃厚かつクリーミーな味に仕立てたプリン。こちらの底には丹波大納言小豆が入っています。

ふつう「プリン」といえば卵を使うイメージですが、養老軒さんのプリンは和菓子屋らしく「寒天」を使用。

そんなわけで、さっそく編集部でも試食させていただきました!スタッフたちには、豆乳プリンと抹茶プリンであることだけを伝え、「ほかに何の素材入っているのか」という詳細をあえて知らせずに食べてもらいました。その実食感想がこちらです!(30~50代男女)

============

★豆まめプリン
・あっさり系のプリンと思い込んでいたのですが、食べるとビックリ!とても濃厚でした。

・ツルンとした滑らかな舌触り。入っているのは白あんですよね?大豆のやさしい甘みと合います。

・甘さも絶妙で、いくらでも食べられそう。

・カラメルの代わりに黒豆?コクのある甘さで満足感もたっぷり。食べ応えがあります。

・最後の黒豆がいいアクセント。底だけじゃなく、最初か途中にひと粒くらい出てきてもいいかも。

・年代問わず気に入ってもらえそう。親戚の集まりのお土産に利用したいです!

============

★抹茶プリン
・抹茶の苦みがしっかりありつつもやさしく、甘さ控えめの大人味。味は濃厚ながら、ムースのようなのどごしの良さ。

・ひと口食べて、とろとろななめらかさにびっくり。葛と寒天でつくっていると聞き、二度びっくり。

・食べ進めると底の方に黒いものが見えたのでカラメルかと思い、途中で混ぜれば良かったと後悔していたら大粒の小豆が出てきて、良い意味で裏切られた感がありました。良いアクセントです。

・抹茶の粉っぽさがなく、すごく滑らかな舌触りなので、スルスル食べられました。

・抹茶アイスをプリンにしたみたい!癖になる味で、食べ終わってすぐもう一個食べたくなりました。

・甘いものがあまり得意ではない中年男性でも、おいしくいただけると思います。

============

なめらかな食感と、誰もが親しめるやさしい味ながらも、濃厚な食べごたえのある和素材プリン。それぞれ税込290円です。

嵐電や阪急電車の西院駅の改札口がちかい養老軒さん。電車を待ちがてら、プリンでひと休み…なんてのもいいですね。電車に乗り込む前に買って、嵐山の大堰川のほとりで…なんてプランもいいかも。

寒天製だからこそのツルンとした食感も、汗ばむ季節のおやつにぴったりです。ぜひぜひお試しください!

養老軒 公式サイト

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る