京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ

「京都の食事処・グルメ」一覧

(全142 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

京都のご当地カップ麺といえば・・・凄麺 京都背脂醤油味


インスタントラーメンを開発した安藤百福夫妻をモデルとする朝ドラが、いま、話題になっていますね。百福さんは専門家を集めて麺の文化史も研究するなど、生涯を通してさまざまなことにチャレンジするとても精力的な方でした。今ではさまざまなインスタントラーメンがつくられ、全国各地のご当地カップ麺まで味わえるようになっています。

そんなご当地カップ麺で当ブログおすすめの品といえば、もちろんヤマダイ株式会社の「凄麺 京都背脂醤油味」。2017年に京都いいとこマップ推奨として販売がスタートし、何度か当ブログでも取り上げたのでご存知の方もおられるでしょう。背脂を散らした濃厚だけどコクのあるスープが、つるっとした麺によくからむ京都ファンにも人気の品です。お昼に食べるのもいいですが、どんどん冷え込みが厳しくなってくると、夜中に食べる熱々カップ麺が恋しい季節。夜食にもぜひどうぞ。

ゆでたての旨さ、再現!「凄麺 京都背脂醤油味」がリニューアル

カップ麺「凄麺 京都背脂醤油味」の「あるある話」

ジェイアール京都伊勢丹、新しくなった食品フロアレポート


「Culture Foodie」をフロアコンセプトに、京都伊勢丹の地下1階が12/5(水)に増床リモデルオープン。前日の12/4(火)、京都いいとこスタッフは内覧会へおじゃましてきました。


書:川尾朋子さん

京都の食文化に対する美学を発信する場として増床リモデルした中で、いいとこ編集部が注目したのが体験型イートインスペース「TASHINAMI」。そして、京都と世界の古今を楽しめるスペース「AWASE」です。

京都の歳時記と旬に合わせた和洋菓子と、コーヒーや日本茶のマリアージュが楽しめる場所が「菓子のTASHINAMI」(29席)。和洋菓子は、フロア内の約100ショップ、3000種類以上の中からバイヤーが選定したものだといいます。


喫茶感覚でくつろげる「菓子のTASHINAMI」

和洋菓子はマリアージュを楽しむため、「一保堂茶舗」の日本茶やUCCカフェメルカードのコーヒーなど飲み物とセットでオーダー。

12/5(水)~18(火)の和菓子セットは、鶴屋吉信さんの上生菓子「ポインセチア」と、あんに合うすっきりした味わいのブレンドコーヒーのAセット(972円)。老松さんの自然薯饅頭「風花」と、一保堂茶舗の抹茶Bセット(1,037円)。

さらに、和と洋のマリアージュとして、フランス国外で初の常設店舗となるサブレの「ラ・サブレジエンヌ」をはじめとした洋菓子3種と、それぞれに合う飲み物もセットでオーダーできます(1,156円~)。

もうひとつの注目が、旬の銘酒と酒肴をたしなむ「酒のTASHINAMI」(9席)。京都を中心とした老舗料亭・ホテル・レストランの酒肴と、京都のみならず全国の銘酒、ワインを合せた約1000種類の中から、オススメのペアリングが楽しめます。

12/5(水)~11(火)は、紫野和久傅さんの酒肴三種盛のほか、鯛の黒寿司(1,296円)など一品料理も用意されています。


京丹後のテロワール~三種盛~ 米味噌糀漬け 丹稲しょ 牛肉クリームチーズ、鯛サンド、蕪と柿の胡麻和え 1,944円

その他、お菓子やパンのセレクトショップ「菓子のAWASE」や「パンのAWASE」も注目です。京都や全国、パンは世界から選りすぐった品々が揃うスペースです。


菓子のAWASE店内

また、日本初出店や関西初出店のお店にも注目。
中でも和スイーツの注目店舗は、あの「あずきバー」でおなじみ井村屋さんの「和涼菓堂」です。国内初出店という店舗では、あずきバーやもちアイスが一年中楽しめます。


あずきバーに、フルーツや抹茶がのった「和涼菓バー」は4種類


もちアイスの「もち涼菓」は5種類

洋スイーツは、関西初出店となるアンリ・ルルー。フランス・ブルターニュ地方のチョコレートとキャラメルのお店です。

ジェイアール京都伊勢丹店の限定アイテムが、クレーム・テ。


アールグレイが香る「クリーム・テ」486円は、ジェイアール京都伊勢丹限定で2019年3/5まで販売


焼き菓子の詰め合わせは、京都タワーとブルターニュの灯台をつなぐ京都限定パッケージ

話題がいっぱいのJR京都伊勢丹の食品フロア。京都への観光や京都から帰省の際、ぜひ立ち寄って京の食文化を存分にお楽しみください。

食べないと年は越せない!?12月半ばまでの限定販売、ジューシーな「ラ・フランス大福」


四季折々のフルーツや意外性のある食材を使った大福が人気の和菓子店「養老軒」さんより新作大福のお知らせが届きました。山形県産のジューシーなラ・フランスを贅沢に使ったラ・フランス大福です!

養老軒さん特製の求肥と白あんに包まれたラ・フランス…さっそく編集部で試食させていただきました。

▼感想▼
●ラ・フランスの酸味と餡子の甘みが絶妙
●ジューシーで水っ気もあるので、食べた後にパサつかないのが良いですね
●バランスの良いフルーツ大福だと思いました
●餅がふわふわで良い感じ
●ラ・フランスの酸味やサクサクした食感が、餡の甘さ・柔らかさと良い感じにマッチ
●こんなにジューシーなラ・フランスは初めて食べました
●個人的に梨が好物なのですがラ・フランスはあまり食べる機会がなく。みずみずしいラ・フランスのサクサクした食感・酸味のバランスと主張し過ぎないやさしい味は、白あんにとても合うんですね。
※30~50代男女

気温差の激しかった11月。風邪をひかれている方も多いはず。
とろとろと口どけの良いやわらかな求肥に、果物の風味をじゃましない優しい白あん、そしてフレッシュな果物の組み合わせは、喉の痛みや咳といった体調不良を抱えている方にぴったりなおやつかもしれません。

定番のみかん大福とあわせて風邪ひきさんのお見舞いの品にすれば「ビタミンとって早くよくなってね」なんて気持ちも一緒に届きそう。箱詰めしてもらえるので、贈り物にも使いやすいですよ。

ラ・フランス大福は12月中旬までの限定販売です。お早めにどうぞ!

▼店舗情報
養老軒
http://kyoto-yoroken.com/
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/yoroken/

良縁の神様の参拝後にうれしいランチ


亀岡の注目のパワースポットで良縁の神様でも知られる「出雲大神宮」。そのそばに「出雲庵」というお蕎麦屋さんがありまして、ざるそばをお願いすると…

こういうさりげなさ、好きです。

▼出雲大神宮についてはこちら
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/izumodaijingu/

商店街にある京丹後の味


日本海側の京丹後にある「バラ寿司」などで有名な「とり松」さん。その創業者の想いをきっかけに京都市北区の新大宮商店街にて、自家製手打ちのうどん店「松太郎」がオープンしたのは昨年のこと。

こしのある太めのうどんは小麦の味をしっかり味わってほしいから注文後にゆではじめるため、時間は少々かかります。天ぷらぶっかけをお願いしたらつややかなうどんの上に、海老や宮津ちくわなどの天ぷら。とにかく食べ応えがあってお腹いっぱいになりました。ちなみに「とり松」名物のバラ寿司なども食べられます。

くいしんぼー山中のハンバーグ


厳選した近江牛の料理が味わえる人気店「くいしんぼー山中」。予約なしでしたが無事入店。カウンターでハンバーグをいただきました。こちらのハンバーグは中央にとろとろの目玉焼きが入っています。

お客さんへの料理提供もひと段落ついた頃、ご主人はカウンターでブロック肉の切り分けをしながら「うちのアイスコーヒーは昔ながらの味でおいしいよ」なんていう肉以外の話から始まり、牛肉の色の話、しまいにはハンバーグをつくるときの素材の分量までお話くださいました。
分量なんてバラしてもよいのですかとたずねると、使う肉が違うから同じ味にはならないのだとこと。なるほど…!!!

千石おはぎ


もうすぐ秋のお彼岸ですね(2018年は9月20日~26日)。あんこ大好きスタッフとしては、おはぎが楽しみなんですよね。先日、通りかかったお店でもおはぎをいただいてしまいました。

京都府南部の木津川市。国道163号沿いにある「千石おはぎ」。お団子や焼きもちもおいしそうでしたが、3種類のおはぎのうち、きなこと青のりを選択。青のりは高知県四万十川のもので、きなこは自社ブレンドしているとのこと。どちらも風味豊か!甘さもほどよく、すぐに食べきってしまいました。

亀岡の自然に囲まれ、体に優しい薬膳ランチ


京都府亀岡市にある「森のステーションかめおか」。その1階は天然砥石にまつわる体験や展示を実施し、その2階「チョロギ館」では物販とカフェレストランがオープンしています。そのカフェレストランでいただける数量限定の薬膳御膳が人気だそうで、取材時に味わってきました!

季節ごとにメニューが変わる薬膳御膳。今は秋の薬膳御膳ですが訪問時は夏の献立でした。その季節にぴったりの薬草や旬の食材を使い、家庭的な料理に仕上げています。

なかでも注目がこちら。「チョロギ」です。渦巻く形がなんとも不思議なチョロギ。みなさんご存知でしょうか。

チョロギは長老喜とも書かれるそうで、おせち料理にも使われる縁起の良い薬膳食材なんです。根っこの部分だそうですよ。写真のチョロギはお漬物なのでほんのり色づいていますが本来は白っぽい色をしています。らっきょうのようなシャキシャキとした食感で、さっぱりとした味にしあがっていました。

一般家庭ではなかなかお目にかかれないチョロギ。是非一度お試しください!

▼森のステーションかめおか
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/morinostationkameoka/

和モダンな空間でいただく会席料理


「ホテルサンルート京都木屋町」1Fに、この夏オープンした「日本料理 おばな 京都店」。

祇園で修行を積んだ料理長「中辻和宏」さんがつくる、
旬の魚や野菜を生かした、繊細で美しい日本料理が味わえるお店です。


白木のカウンターが置かれた、木の香りがする和モダンな店内。

お昼は会席料理がリーズナブルにいただけるコース(3500円~)があるのでおすすめ。ディナー(6000円~)では、贅沢なひと時が楽しめます。
京都観光の方、京都好きの方はもちろん、
京都でゆっくり食事がしたいとき、いかがですか。

【店舗情報 日本料理おばな京都店】
 電話 050-5595-9711または050-3314-2194(予約可)
 京都市下京区河原町通松原下ル難波町403-1 ホテルサンルート京都木屋町1F
 不定休
 朝 7:00〜10:00 (L.O 9:30)
 昼 11:30〜15:00 (L.O 13:30)
 夜 17:30〜22:00 (L.O 20:30、会席料理20:00)

https://www.hotel-sunroute-kyotokiyamachi.jp/restaurant/

京都NEWOPEN nonahan~のなはん~ 野菜づくしのデリカテッセン


8月1日(水)、京都の新京極通に、野菜料理を楽しめるデリカテッセン「のなはん」がオープン。
その開店に先駆けて、内覧会にお伺いしてきました!

運営されているのは、野菜の生産や流通を手がける会社「トレード」。
自社工場で栽培した無農薬レタス「ベジタス」のサラダをはじめ、契約農家から仕入れた季節の野菜を使った15種類以上ものデリ(惣菜)やデザートが店内にずらりと並びます。

焼き野菜のマリネや、とうもろこしの冷製茶碗蒸しといったデリの中からお好みのものを選んで、自分だけのデリプレートをつくれるのが嬉しいところです。

サラダは3種類の中から好きなレタスを1つ選び、その場で調理してもらえます。
レタスは種類ごとに味や食感の特徴があるそうなので、2度3度来店して、食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。
自社工場栽培のこだわりがあるだけに、どれもみずみずしくておいしそうです。

サラダにはちりめん山椒やカリカリのお揚げがトッピングされていたり千鳥酢を使ったドレッシングがかけられていたりと、京都らしい食材がたっぷり。デリのペンネにも西京味噌のソースがかけられているなど、地元ならではの食文化を味わえます。

※写真は「サラダ+3デリ膳」(1620円)。スープと、おにぎりorバゲットが付いてきます。

量もしっかり食べたい方はメインの肉や魚の料理をプラスするなど、好みに合わせてメニューが選べます。
※下の写真は「メインディッシュ+サラダ+2デリ膳」(1944円)

ドリンクには旬の野菜やフルーツを使った、スムージー仕立てのフレッシュジュースなどもあります。中でもトマトやオレンジ、ドラゴンフルーツなどが入った「赤のフレッシュジュース」は、さらりとした口当たりで飲みやすく、自然な甘さに癒やされてしまいました。

2Fは広々とした飲食スペース。窓に面したカウンター席からは桜の木が見えるので、春には食事とともに桜が楽しめる特等席になりそうです。

アルコール類も充実していて、新鮮野菜を乗せたサワー(!?)や京都のクラフトビールも用意されているのだとか。23時まで営業なのでバーとして利用する、なんて使い方もできそうです。

ついつい不足しがちな野菜。プロフェッショナルがつくる料理やドリンクで、おいしくヘルシーに補ってみてはいかがでしょう。

nonahan~のなはん~
京都市中京区 桜之町441-2
075-256-6200
8:00~23:00 (L.O.22:00)
※モーニングは8:00~11:00まで
無休
http://nonahan.com/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る