京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ > 京都のカフェ・喫茶店

「京都のカフェ・喫茶店」一覧

(全254 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」南禅寺エリアにて2018年3月23日(金)オープン予定!


かねてより期待の声があがっていた国内8店舗目、関西初出店となる「ブルーボトルコーヒー」の京都店が、3/23のオープン予定というお知らせが届きましたね。国内店舗の中で最大規模という「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」。概要は以下のとおりです!

《ブルーボトルコーヒー 京都カフェ》
●オープン日 
2018年3月23日(金)予定
●店舗面積  
452.98 平米(カフェエリア 64.98平米)
●座席数   
44席
●営業時間  
8:00~18:00
●所在地   
京都市左京区南禅寺草川町64

店舗は、築100年を超える旅館をリノベし、

・オリジナルアイテムを展示販売する<ショップスペース>
・お好みのコーヒーが見つかる<カッピングスペース>
・テラス席のある<中庭>と<カフェスペース>

という4つの空間を「コーヒーの楽しさをもっと身近に」というテーマのもと創出。京町家の風情をいかしたつくりになっているようです。

ブルーボトルコーヒーは、2002 年、アメリカ・カリフォルニアにて誕生。京都でどんなふうに展開していくのか…楽しみですね!

町家のSUGAR TOOTH cafe


鉄道はJR円町駅。市バスは「丸太町七本松」が最寄りでしょうか。静かな町に、おしゃれな町家が1軒。ジャムと焼き菓子をメインにしたスイーツカフェで、店舗営業は金~月のみ。イートイン可能です。

宇治のカフェ「辻利兵衛本店」でお濃茶


蔓延元年(1860年)創業の茶問屋「辻利兵衛本店」。茶寮をオープンされたのは2016年のこと。宇治の観光の中心部からは少し離れたJR宇治駅の近くに位置するのですが、たくさんのお客さんが訪れている人気店です。

多くの人のお目当ては抹茶のスイーツ。そんななか、注文したのは「お濃茶」の和菓子セット。みなさんは濃茶を味わったことはありますか?

抹茶の一種といえばいいのでしょうか。少な目のお湯で上質な抹茶を練るようにして点てています。濃茶に対し、おそらく皆さんがよく目にするのは薄茶。おうすといわれるものです。

お茶の世界にくわしくなければ珍しいお濃茶。まだ未知の世界でしたら一度お試しあれ。

北野エリアの穴場です、食堂とカフェ ピナータ


北野天満宮エリアですが、今出川通から少し離れた静かな一条通にあります。そのビルの2階。朝から晩までお野菜たっぷりのおいしいご飯が食べられる「食堂とカフェ ピナータ」。

メニューも豊富。週替わりメニューもあるので飽きません。これはあくる日の週替わりメニューB。ランチでいただきましたが夜でも注文OKです。写真の奥のサラダ、てんこもり。手前のメインディッシュはブリと小芋の竜田揚げ。

抹茶ではなく「玉露」ソフトクリーム


京都のお茶処・宇治田原町にある「高田通泉園」さんは、ほうじ茶ソフトクリームが人気のお店。しかも、注文を受けてからバニラソフトにお茶の粉末を混ぜるという作り方をし、最後にさらに粉末を上からかけてくれます。

そんな高田通泉園に期間限定のソフトクリームが登場していました。
それが玉露ソフトクリームです。

上品な甘みのある緑茶感。抹茶よりあっさりしているように感じました。

永楽屋本店喫茶室のひんやり新メニュー


四条河原町にありながら町の喧騒を抜け出して、ほっと落ち着くことのできる永楽屋本店2階の喫茶室。こだわりの和甘味が多彩に揃う中、夏季限定のかき氷に新メニューが登場しました。

苺みるく氷(980円)※8/31まで

見るからに濃厚そうな苺シロップは、和素材に合うようにと厳選した国産苺を使用。氷砂糖から作られた「氷糖蜜」を加えて仕上げています。そしてミルクシロップには、日本独自の砂糖である和三盆糖を使用。さらに、かき氷の底には、クラッシュした寒天が隠れており、また違う喉越しが楽しめます。

従来のかき氷メニューである柚子琥珀、宇治金時、黒蜜黄粉…そこに加わった苺みるく。永楽屋さんの喫茶室に行くと、夏場はだいたい「黒蜜黄粉氷」を選びがちなんですが、今度は「苺みるく氷」にしてみたいと思います!
※4種のかき氷はそれぞれ販売時期が異なります

暑い京の夏、みなさんも永楽屋の新メニューで水分&甘味補給されてみてはいかがでしょうか。

【永楽屋 喫茶室】
京都市中京区河原町通四条上ル東側 
永楽屋本店2階
12:00~19:00 (LO 18:30)
http://cafe.eirakuya.co.jp/

ヱントツコーヒー舎


上七軒・北野エリアで話題のカフェ「ヱントツコーヒー舎」さんへ行ってきました。

細い通路の途中、見上げると空。

物語の世界に迷い込んだような、いろんな仕掛けのあるお店です。

カフェオレでいっぷく。

▼北野・上七軒エリアの旅
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/2012/03/index.html

寒い日は二条小屋


とある寒い日。友人と京都カフェ巡りにでかけました。そのひとつが「二条小屋」。カウンターのみですがその後ろに椅子があるので座るもよし、荷物置き場にするもよし。

珈琲はこんな感じで目の前に用意されます。

そして目の前ドリップ。不思議とワクワクしますね!

オイルサーディーンとキャロットラペのホットサンドとともに。

▼二条周辺の観光コース特集
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/2013/01/index.html
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/nijojo/index.html

京都NEW OPEN murmur coffee kyoto


京都いいとこマップ(2016年7・8月号)でとりあげた梅湯さんのほど近くに、昨年オープンしたmurmur coffee kyoto。店名のmurmur(マーマー)は「木の葉のざわめき」「小川のせせらぎ」を意味する言葉らしく、店の目の前には高瀬川が流れ、川辺の木々が枝を揺らしています。

コーヒーは6種類。デカフェもあります。モーニングで立ち寄りました。壬生のべーかりー「マンハッタン」のトーストはチーズで。スープか珈琲が選べたので、季節のスープにしてみました。

京都NEW OPEN okatte


二条城近くにオープンしたごはんやさん「okatte」。

ごはんはおかわり自由だそうです。さりげなく京都感あるロゴ。ん?とり飯?

奥にキッチン、そしてテーブル席。窓辺にはカウンター。

ランチは、肉や魚などメインが選べるランチと、プレートランチ。今回はメインが選べるランチからグリルチキンを選択。

おばんざい2種に、サラダとメイン、汁もの、ライス。1000円以内でおなかもまんぞく。

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る