京都いいとこブログ > 京都の行事

「京都の行事」一覧

(全243 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

【拝観レポート】2019年秋の注目イベント「京都山科非公開文化財等の特別公開」


2019年秋の初開催イベント「京都山科非公開文化財等の特別公開」。天皇陛下御即位記念として皇室ゆかりの寺院を中心に特別公開が行われます。

公開される5つの寺院のうち

・天台宗五箇室門跡のひとつで紅葉名所「毘沙門堂」
・通常非公開、貴重な仏像を有する古刹「安祥寺」

の2寺院を拝観させていただきました。
※掲載写真の一部は今回の取材で特別に撮影させていただいたものです

●まずは毘沙門堂へ

勅使門前の「敷きもみじ」が有名な毘沙門堂。

創建は平安時代の703年。文武天皇の勅願で京都市上京区の出雲路という地域に建立されました。出雲路は京都御所の北側で賀茂川の西側あたりの地域。その後、平治の乱や応仁の乱など度重なる戦乱によって焼失と再興を繰り返します。波乱万丈の歴史をたどってきたんですね。

御本尊の毘沙門天は秘仏。比叡山延暦寺根本中堂のご本尊薬師如来像をつくった際の余材を使い、天台宗開祖の最澄がつくられた御本尊と伝わります。高さ8cmほどの像だそうです。御開帳がされない分、絵図でそのお姿を確認。

毘沙門堂が特別公開する寺宝は霊殿にて展示。写真手前の歴史を感じる旗が「親王旗」、その奥が「亀甲簾」です。

毘沙門堂は「天台宗五箇室門跡」のひとつ。皇族や摂関家が門主(いわゆる住職)を務めた門跡寺院です。江戸中期に作成された「親王旗」は輪王寺宮が門主を務めていた時代、江戸へくだる際に道中行列の先頭に立てた旗。亀甲簾は古来より縁起の良い亀甲紋を織り込んだ江戸中期の製作と考えられている貴重な御簾。

ガラス越しなどではなく、間近で見学できます。ぜひ現地でご覧ください。

毘沙門堂といえば見る角度によって絵が変化する「動く絵」でも有名です。たとえば江戸期の画家・狩野永叔主信筆の天井龍。見る位置が変わると、龍の目や顔の向きが変化します。

列をなして天井を見上げながら龍の絵の下をぐるぐるまわる取材班。
「動いた!」「おお!」「すごい!」
大人に童心を思い出させてくれる、さながらアトラクションのようです。

ほかにも宸殿の襖絵や円山応挙の鯉の絵など、堂内には動く絵が盛りだくさん。様々な絵が拝観できるので、美術館に来たような気分になれます。



●つづいて安祥寺へ

毘沙門堂を背に坂道を下りると、山科疏水に行きつきます。ここを右折して疏水のほとりを歩いていくと進行方向右手に見えてくる寺院が「安祥寺」です。

通常は非公開。普段は柵の門で入口は閉ざされているため、このお寺が1000年以上の歴史を持ち、国宝の仏像を有する寺院だということを知らないまま通り過ぎている人も多いかもしれません。

じつは2019年の春、はじめて特別公開を実施された「安祥寺」。なんと1万人を超える人々が拝観に訪れたそうです。たくさんの人が参拝に訪れて「御本尊もさぞ驚かれたことでしょう」とはご住職談。

その御本尊は金色に輝く十一面観音立像。奈良時代につくられた榧の木の一木造りで、比較的シュッとした体型の仏様です。このお姿を見て「この仏像が国宝ではないなんて…」とおっしゃる方もおられたとか(御本尊は重要文化財です)。

「安祥寺」が有する国宝の仏像は「五智如来坐像」。令和元年に国宝指定されました。
境内の多宝塔に安置されていましたが、明治時代に火事で多宝塔を焼失。火事が起きたとき「五智如来坐像」はすでに京都国立博物館へ寄託されていたので仏像は災禍を免れました(仏像は現在も博物館に寄託)。御本尊を祀る観音堂内には多宝塔があったころの絵図や「五智如来坐像」の写真が飾られています。

境内では多宝塔跡地が見学できます。建物跡に生える苔や草木、のこされた石垣。かつてここに多宝塔があり「五智如来坐像」がいらっしゃったのだなあと思うとしみじみします。

ほかにも境内では、江戸時代の古いお堂で平安期~江戸期の貴重な仏像が拝観できます。

嘉元4年(1306年)の銘が入った秀吉ゆかりの梵鐘も見学できます。取材時は梵鐘周辺で青もみじが揺れていました。赤く染まる頃もキレイでしょうね。

「京都山科非公開文化財等の特別公開」は、毘沙門堂・安祥寺のほか、本圀寺・勧修寺・隨心院と合わせて5ヶ寺で実施されます。5寺院をめぐるスタンプラリーも行われますよ。

歴史、仏像、紅葉と様々な楽しみが待っている特別公開。
2019年の秋はぜひ山科で「とっておきの京都」をお楽しみください!

【山科の観光情報】

●とっておきの京都プロジェクト
https://totteoki.kyoto.travel/
●おこしやす“やましな”協議会
http://www.okoshiyasu-yamashina.jp/

2019年秋の注目イベント「京都山科非公開文化財等の特別公開」初開催


京都には国内外に有名なスポットが多数ありますが、まだまだ広く知られていないエリアがあります。そんな魅力ある観光スポットを紹介しようと

とっておきの京都~定番のその先へ~

というプロジェクトが京都市で始まりました!
プロジェクトの対象エリアである「山科」で、2019年の秋に行われるのが天皇陛下御即位記念「京都山科非公開文化財等の特別公開」です。

●山科ってどこ?

京都市の東側に位置する山科区は、滋賀県など東側から京都へ来る時の玄関口。交通が便利な立地でもあることから住宅街が広がる一方、京扇子や京仏具、清水焼といった京都が誇る伝統産業の生産団地を有し、近年は琵琶湖疏水を船で楽しむ「びわ湖疏水船」が区内を運航。歴史と伝統が息づく自然豊かなエリアです。

そして、様々な歴史的有名人とゆかり深い史跡も多く点在している地域。
皇室と関わりある場所も多いことから、今回は皇室ゆかりのお寺を中心に特別公開が行われます。

●いつ行われるの?

2019年11月16日(土)~12月1日(日)です。
自然豊かな山科の紅葉で色づく季節に行われます。

●特別公開されるのはどこ?

合計5つの寺院で特別公開が行われます。

▼毘沙門堂

秋は勅使門前の「敷きもみじ」をはじめ、襖絵や庭園など見どころ多数。天台宗五箇室門跡のひとつとして皇室ゆかりの「親王旗」「亀甲簾」を特別公開。

▼本圀寺

鎌倉時代に創建され、勅願道場として歴史を重ねてきた寺院。今回の特別公開では室町時代に8代将軍・足利義政により寄進された、重要文化財の経蔵内部を公開。582個の引き出しを持つ八角形の輪蔵は必見。

▼安祥寺

平安時代に創建された皇室ゆかりの寺院のひとつ。通常非公開寺院。「この仏像が国宝でないなんて」と一般参拝者に言わしめた御本尊「木造十一面観音立像」をはじめ「四天王立像」など一挙公開。

▼勧修寺

平安時代、醍醐天皇によって創建された勅願寺。境内には御所から移築された建物も残ります。土佐派が描いた「近江八景図」「竜田川紅葉図」の書院障壁画を特別公開。

▼隨心院

小野小町ゆかりの門跡寺院。小町ゆかりの史跡が残るほか、秋は庭園の紅葉も楽しめます。孝明天皇寄進の「扇面蒔絵硯箱」と仁孝天皇寄進の「四枚折屏風(唐桑緑硝子張)」を特別公開。

●モデルコース①≪1日でまわりきる!≫

山科駅→(徒歩15分orタクシー5分)→毘沙門堂→(徒歩10分)→安祥寺→(徒歩30分)→本圀寺→(徒歩10分)→地下鉄御陵駅→(地下鉄9分)→地下鉄小野駅→(徒歩6分)→勧修寺→(徒歩8分)→隨心院

この5箇寺の中で最北に位置し、1番早く開門する毘沙門堂(8:30~)からスタート。毘沙門堂からは坂道をくだって山科疏水沿いの散策路に入り、安祥寺・本圀寺をめぐってから地下鉄に乗って勧修寺・隨心院の最寄り駅「小野駅」へ行くルートです。山科駅から毘沙門堂は登り坂のため、足腰が心配な方はタクシーがおすすめ。

ランチは山科駅や京都駅でパンを買っておいて、山科疏水沿いで食べるのもいいかもしれません。つかの間のピクニック気分が楽しめます。
※参考:山科駅近くのパン屋さん「ベーカリーHAYASHI

●モデルコース②≪びわ湖疏水船と一緒にめぐる!≫

ちょうど特別公開期間中、京都蹴上~滋賀大津間を近代遺産クルーズ「びわ湖疏水船」が運航。大津9:30発の便であれば、山科で途中下船することができます。
朝、大津に入って船に乗り、山科で降りて周辺の寺院を散策。翌日は、地下鉄小野駅にある勧修寺・隨心院をめぐる…なんていうプランはいかがでしょうか。
この場合、京都市営地下鉄・市営バス・京都バス(一部路線除く)・京阪バス(一部路線除く)が連続2日間乗り放題になるチケットを使うのも便利ですよ。

●山科へのアクセス(参考)

▼京都駅からの場合
・JR琵琶湖線で山科駅まで5分
・地下鉄烏丸線で烏丸御池駅、東西線に乗り換え山科駅まで18分
※乗換時間は含まない

この秋注目の山科の特別公開。
そのうちのいくつかを拝観させていただきました。
次の記事ではその拝観レポートをお届けします!
>>2019年秋「京都山科非公開文化財等の特別公開」拝観レポート

【山科の観光情報】

●とっておきの京都プロジェクト
https://totteoki.kyoto.travel/
●おこしやす“やましな”協議会
http://www.okoshiyasu-yamashina.jp/

※記事内の所用時間は目安です

「KYOTO SAMURAI BOYS」 新たなノンバーバルパフォーマンスに注目!



美術館やコンサートホール、図書館、動物園などさまざまな文化施設が集まる京都市の岡崎エリア。ここに新たな舞台が幕を開けました。平安神宮敷地内にある京都・時代祭館 十二十二 2Fにグランドオープンした「KYOTO SAMURAI THEATER」。最新デジタルテクノロジーとフィジカルが融合した、セリフ一切なしのノンバーバル舞台「KYOTO SAMURAI BOYS」専用劇場です。コンセプトは「この時代、侍として生きるとは一体何か」。


9/17(火)に行われた舞台挨拶では、これからはじまる超ロングランを前に18名の俳優が勢揃い。椿、桔梗、若葉の3チームにメンバーがわかれていて、衣装や靴はそれぞれのチームのデザインで統一されています。みんな若くてエネルギッシュ、先月からはじまったプレオープンもあってか、すでにファン多し。

KYOTO SAMURAI BOYS
<メンバー>
●チーム椿
福澤侑/山縣悠己/竹迫祐貴/飯塚大夢/NUY/山口晃生

●チーム桔梗
里中将道/Lil Noah/RANMA/BISKE/神谷亮太/品川翔

●チーム若葉
泰江和明/Rayshy/R-NE/飯田寅義/下田壮良/河島樹来


こちらは舞台の構成・演出を手掛けるPaniCrewの植木豪さん。メンバー全員京都に住んで、毎日舞台に立ち、この舞台を育てていく壮大なプロジェクトのはじまり。岡崎エリアがさらに楽しくなりそうです。

岡崎エリアに来られる際は、ぜひ新たな舞台へ。

▼KYOTO SAMURAI THEATER
平安神宮敷地内 京都・時代祭館十二十二2F

▼上演時間
約40分。舞台はメンバー18名のうち各回9名が出演。
上演は13:00~/16:00~

▼チケット
3800円

公演に関するお問い合わせ:info@samuraiboys-project.com

公式HP
https://www.samuraiboys-project.com/

下鴨の「みたらし祭」とあわせていきたい、旧三井家下鴨別邸 夏の夜間開館


2019年7月19日~28日(9時~21時)は世界文化遺産下鴨神社で「みたらし祭」が行われます。境内の池に足を浸し、ロウソクを献納して無病息災を祈る年中行事で、期間中は多くの人でにぎわいます。

その下鴨神社から南へ出町柳駅方面へと向かう途中にあるのが「旧三井家下鴨別邸」です。こちらでは「みたらし祭」と同期間、夏の夜間開館が実施されているんですよ。

旧三井家下鴨別邸は豪商旧三井家の別邸で重要文化財。

他にはない建築物に照明が灯され浮かび上がる様子は、浮世離れしているようなムード。

雨が降っていても傘の用意があるので安心。しっとり濡れた庭園も風情があります。

室内にはテーブルをセット。ドリンクも1杯ついてくるので庭園を眺めながらゆっくりするのもいいですね。ドリンクはビール、冷酒、白ワインといったアルコールから、ノンアルコールビール、昔ながらのラムネ、コカ・コーラ京都ボトル、ウーロン茶などいろいろ揃っています。

夜の下鴨をどうぞお楽しみください。

【開催概要】
期間:2019年7月19日(金)~2019年7月28日(日)
時間:17:30~21:00(受付終了20:30)
料金:一般 1000円、小中高500円 ※ワンドリンク付
交通:京阪電車「出町柳」駅から徒歩5分、市バス37・205系統などで「葵橋西詰」もしくは3・4・17・201・203系統などで「出町柳駅前」バス停から徒歩5分
https://ja.kyoto.travel/event/single.php?event_id=2448

令和元年(2019)の祇園祭 山鉾巡行順は?


※過去写真

山鉾巡行順を決める「くじ取り式」が京都市役所にて行われました。

くじ取り式は、かつて巡行の先陣争いが絶えなかったために明応9年(1500年)から始まったといわれている儀式です。一番になった山は「山一番」と呼ばれ縁起が良いということで注目を集めたりもします。
※一部くじを引かない山鉾があり「くじ取らず」といいます。

その儀式をへて、2019年、令和元年の山鉾巡行順が決定しました!!!

【前祭 山鉾巡行】(7/17)

1 長刀鉾
2 蟷螂山(山一番)
3 芦刈山
4 木賊山
5 函谷鉾
6 郭巨山
7 綾傘鉾
8 伯牙山
9 菊水鉾
10 油天神山
11 太子山
12 保昌山
13 鶏鉾
14 白楽天山
15 四条傘鉾
16 孟宗山
17 月鉾
18 山伏山
19 占出山
20 霰天神山
21 放下鉾
22 岩戸山
23 船鉾

【後祭 山鉾巡行】(7/24)

1 橋弁慶山
2 北観音山
3 鯉山(山一番)
4 八幡山
5 黒主山
6 南観音山
7 役行者山
8 浄妙山
9 鈴鹿山
10鷹山(唐びつで参加)
11 大船鉾

ちなみに、前祭の山鉾巡行の「くじ改め」は麩屋町四条付近で、後祭の山鉾巡行の「くじ改め」は寺町御池付近で行われます。それぞれの巡行ルートマップおよび、山鉾が建てられる位置は京都いいとこウェブの祇園祭特集をごらんください。

https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

JR東海「そうだ 京都、行こう。」苔と新緑がテーマの「みどりの京都 アートギャラリー」開催中!


現在、JR東海「そうだ 京都、行こう。」にて「苔と新緑」をテーマとしたキャンペーンが展開されています。

その一環で開催されるのが「みどりの京都 アートギャラリー」(6/28~8/25)です。嵯峨の名刹「祇王寺」と「常寂光寺」の苔・青もみじをモチーフにした作品を多方面で活躍するアーティストが製作。色鉛筆からちぎり絵とジャンルも様々な作品が一堂に展示されます。

その会期前に行われたのが≪「そうだ 京都、行こう。」presents みどりの京都アートギャラリー特別イベント≫。その午前の部にお伺いしました。
午前の部は、いけばな嵯峨御流の華務長である華道家・辻井ミカ氏によるいけばなのライブイベント。「祇王寺」の草庵内で行われました。

ご住職のご挨拶のあと、早速始まったライブイベント。先生の手で草花が飾られていく様子はまるで花器に生命の息吹が吹き込まれていくよう。

祇王寺に実際はえている苔を使ったり、嵯峨の地にゆかりある草花を使うことで、嵯峨エリアの豊かな風景を表現していきます。

辻井先生は時に真剣なまなざしで、時に優しい表情で、苔や花の説明をしながらいけていきます。「花は実際にいけている時のほうが楽しい」と先生のおっしゃっていたことがひしひしと伝わってくるようなライブいけばなでした。

なお午後の部では新進気鋭の現代アーティスト小松美羽氏によるライブイベントパフォーマンスが常寂光寺にて行われました。

これらの作品は常寂光寺の展示場と祇王寺の山門前にある祇王寺ギャラリーにて見学することが可能です。

こちらは竹林に囲まれた空間にある「祇王寺ギャラリー」。赤い毛氈のテーブルの上に、辻井先生のいけばな作品が飾られるんですよ(写真は飾られる前のもの)。ぜひ現地でその美しい作品をご覧ください!

【概要】
期間:2019年6月28日~8月25日
●祇王寺ギャラリー10:00~16:00
●常寂光寺展示場10:00~16:00
※会期中予告なく開催休止になる場合もあります
そうだ 京都、行こう。

令和元年の祇園祭、開幕


7月1日になりました。
「祇園祭がはじまりますよー!」(出演:鷹山の犬みくじさんと鷹みくじさん)

今年も京都のまちなかに熱い夏がやってきますね。
7月1日~5日は吉符入といい、各町にてお祓いをしたり、打ち合わせをしたりと神事はじめが行われます。生稚児が乗る長刀鉾では長刀鉾町お千度といって八坂神社に参拝。祭りの無事を祈願します。そして2日には山鉾の巡行順を決めるくじ取り式。山鉾巡行の先陣争いが絶えなかったことを受け、室町時代からはじまったといわれています。

こうして始まっていく祇園祭。7/31まで様々な行事・神事が執り行われます。見学の際は熱中症や急な豪雨など、天候にもご注意くださいね。

▼京都いいとこマップ(2019年7-8月号P14をチェック!)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

6/30は夏越祓


1年の半分が過ぎた6月30日の行事といえば「夏越祓」。半年分のケガレを落とし、これからの半年を無事健康に過ごしていけますようにと祈願する年中行事です。

いちばんの特長は「茅の輪くぐり」。チガヤという草で編んだ大きな輪っかを横にした8の字にくぐります。このチガヤを引っ張って持ち帰るひともいるようですが、それはNG。「茅の輪」は神社の鳥居などに設置されていることが多いのでくぐってご参拝くださいね。

オオサンショウウオの棲む川が出現!?京都水族館注目イベント「京都水族館ぬめぬめワールド~世界最大級の両生類は鴨川にいた!!~」


京都水族館に入館すると、まず出迎えてくれるのが「京の川」エリアに展示された「オオサンショウウオ」です。京都の鴨川上流域に生息するオオサンショウウオ。長時間、水槽の前から動かずにじっと見つめている熱心なファンもいるそうです。

そんな人気者が棲む生息地を体感できる企画展「京都水族館ぬめぬめワールド~世界最大級の両生類は鴨川にいた!!~」が4/27より始まります!

プロジェクションマッピングなどのデジタル技術を用いて、「京の川」エリアの通路に鴨川上流の風景を投影。足元には岩場の川が現れ、オオサンショウウオがぬめぬめと動いていきます。川の上に足を踏み入れると波紋が広がったり、息継ぎをするために映像のオオサンショウウオが水面に顔を出したり。現地を訪れ、探検しているような気分が味わえます。実際の映像は鮮明でリアル。足元のオオサンショウウオを踏んでしまうのが申し訳なく思うほどです。

映像だけでなく、かおりや音でも鴨川上流の自然環境を演出。香りには檜やシトラスなどを使い、心落ち着く香りに仕上げています。

会場にあるパネル展示にもぜひ注目を。オオサンショウウオを触った時の感触を再現するレシピなど、じつに興味深い内容でした。

通路に映し出された映像の両サイドには、実物のオオサンショウウオを展示した水槽が並びます。本物と映像のオオサンショウウオを見比べてみるのも面白いかも。

オオサンショウウオの棲む鴨川の映像が投影される前には、雨をイメージした幻想的な映像が流れますよ。こちらもぜひご注目ください。

【開催概要】
「京都水族館ぬめぬめワールド~世界最大級の両生類は鴨川にいた!!~」
期間:2019 年 4 月 27 日(土)~9 月 1 日(日)
場所:京都水族館内「京の川」エリア
https://www.kyoto-aquarium.com/

【GWは夜間特別営業も実施!】
2019年4月27日(土)~4月30日(火)、5月6日(月・振休) 10時~20時
2019年5月1日(水)~5月5日(日) 9時~20時
※最終入館は閉館時間の1時間前

【京都の桜2019】千本ゑんま堂の普賢象桜と紙芝居


【京都の桜2019】千本ゑんま堂(4/19)

千本ゑんま堂の手毬のような普賢象桜。境内の桜木にはまだいくつかつぼみもあったのでしばらく楽しめるかもしれません。4/20は「普賢象桜のゆうべ」も開催。屋台が並びバンド演奏も行われるとか。

桜が見頃を迎えている頃、13時より紙芝居の公演も行われています。

これは先代住職が千本ゑんま堂の開基であり平安時代の官僚だったという小野篁公を題材としたストーリーを考え、友禅の下絵職人が絵を担当したというもの。しかし先代は物語の完成前に亡くなられ、作品は未完の状態だったそうです。それを現住職とつながりのあった音楽家の福井さんが演出や音楽を加え、先代住職の紙芝居を完成させたんだとか。

紙芝居は約30分。音楽と光の演出がされる中、紙芝居はプロジェクターに映し出して展開。そしてストーリーテラーとして登場するのが風天さん!途中から閻魔様に交代するのですが、どんなお姿なのかは実物を見てのお楽しみ…

紙芝居の中ではご先祖供養の大切さや、小野篁公や京都の歴史、地獄についてなどを分かりやすい言葉で紹介。京都の歴史や文化に興味がある方も楽しめる内容だと思います。閻魔さまの案内で地獄についての紹介もあるのですが、地獄絵図が映し出されるので内心びくびくしました。

4月21日~24日も13時から開催予定とのこと。本堂手前脇の建物内部1階で公演されています。お花見がてら観覧されてみてはいかがでしょうか。


この日はかわいいシールも頂戴しました。ありがとうございます。

▼千本ゑんま堂
http://yenmado.blogspot.com/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る