京都いいとこブログ > 京都の行事

「京都の行事」一覧

(全230 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

都をどりin春秋座にいってきました


祇園甲部による春の舞踊公演「都をどり」。会場である「祇園甲部歌舞練場」で耐震工事が引き続き行われているため、今年も京都造形芸術大学(左京区)の劇場「春秋座」で開催されています。

2018年の演目は「続洛北名跡巡」(つづきてのらくほくめいせきめぐり)。

都をどりでは、毎年京都の名所や風物を題材とした演目が披露されています。出かけたことのある場所なら、「ああ、あの場所をこう演出したのか~」と比較することができるのも面白いポイント。行ったことがない場所なら、都をどり鑑賞のあと、実際に出かけてみるのもいいですね。今回は、鷹峯の源光庵や詩仙堂、五山送り火などがモチーフになっていました。

春秋座だからこそ、その演出方法は多彩。アニメーションで季節の移ろいを演出したり、氷の宮殿を演出する大道具が用意されたりと、現代的な演出が伝統と交差していました。

なお、正面舞台の両脇にある桟敷では、演奏を担当する地方さんや囃子さんが座っているのですが、それぞれに降ろされる緞帳は、今年、日本画家・千住博氏の絵を緞帳に仕立てています。

会場の楽しみは公演だけではありません。会場内には、造形大の教授陣や学生たちによる都をどりをテーマとしたアート作品が展示されています。

また、会場内は撮影禁止なのですが、舞妓さんとARを活用した撮影ができたり、舞台小道具を手に記念撮影できるフォトスポットを設置。

そして、会場にあるカフェ「BREATH KUAD」や1階「ヴェルディ・ル・カフェ・アルティザナル」には、都をどり開催期間の限定メニューを用意されているようです。

都をどりの開催期間は24日まで。毎年恒例の行事なので、今年は無理でもぜひ来年以降検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、今回2階席に座って鑑賞しました。舞踊のフォーメーションのうつくしさは、1階席より全体が見渡しやすい2階席の方が迫力あるかもしれません。

http://www.miyako-odori.jp/

※祇園の「祇園甲部歌舞練場」では、4月30日まで「都をどり特別展」を開催中です。京舞の披露や、写真・衣裳の展示など様々な楽しみが待っていますよ。

老舗酒蔵「玉乃光」の蔵開きイベント『 玉乃光FESTA2018 』3/24(土)開催


延宝元年(1673)年に創業した伏見の老舗蔵元「玉乃光」。きたる3/24には毎年大好評な蔵開きイベント「玉乃光FESTA」が開催されます。

きき酒では、純米大吟醸酒や純米吟醸酒の各種銘柄のほか、秘蔵酒やリキュールなど種類豊富に取り揃え、焼き鳥や焼きそばといった飲食ブースも並びます。
ステージでは、和太鼓やフラダンスなどのパフォーマンスをはじめ、賞品ありのジャンケン大会に利き酒クイズなども実施。

春が近づく酒処・伏見で、楽しい時間を過ごしませんか。

【イベント概要】
◆開催日:2018年3月24日(土)
◆開催時間:10:00~15:00
◆開催場所:玉乃光酒造 本社蔵(伏見区東堺町545-2)
◆お問い合わせ:075-611-5000
◆きき酒:催事券1000円(10枚つづり)
http://www.tamanohikari.co.jp/

1/7は七草粥


1月7日にいただく春の七草粥。
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

七草粥は中国のほうに起源があり、平安時代には日本に伝わったといわれています。そして江戸時代頃には庶民にも七草粥をいただいて無病息災を祈るこの風習が伝わりました。

京都では以下のような場所で七草粥をいただくことができます。

■上賀茂神社の白馬奏覧神事(はくばそうらんじんじ)
10時~/500円(数量限定)
宮中の儀式「白馬節会(あおうまのせちえ)」を神事化。七草粥をそなえて、神馬をひき、やわらかくした大豆を与えます。

■御香宮神社の七草粥のふるまい
9時~/300円(数量限定)
「七草の神事」ののちに七草粥のふるまいを行います。

■西院春日神社の若菜節句祭
10時~/300円(数量限定)
焼納祭ののちに若菜粥のふるまい。例年、こいものたいたんや梅干しもつけてもらえます。白馬(あおうま)飾りも一般公開。

ほかにも、福王子神社や若一神社など、京都のさまざまな場所で七草粥のふるまいが行われます。

ちなみに上賀茂神社や西院春日神社に出てくる白馬。これは新年に白馬を見ると1年の邪気が払われて良いとされる故事にちなむものです。

家族や友人と出かけよう、COCON KARASUMA のクリスマスイルミネーション


インテリアやアート、グルメなど多彩なジャンルのテナントが揃う「COCON KARASUMA(ココンカラスマ)」。

その1階正面入り口に高さ3メートルのクリスマスツリーが登場しました。

さらに今年は、1階の中央ロビーに、立体イルミネーションも設置しています!

イルミネーション前にはスマートフォンスタンドを設置。家族や友だちと気軽に記念撮影しませんか?

■点灯期間
2017年11月23日(木)~12月25日(月)
■場所:COCON KARASUMA1階
・クリスマスツリーは正面玄関
・クリスマスイルミネーション(フォトブース)は中央ロビー

リカーマウンテン × 富士山麓 一夜限りの特別講義 『大人のウイスキー教室』


全国に163店舗もの酒専門店を展開し、京都市に本社をおく「株式会社リカーマウンテン」。そんな京都の企業がすてきなイベント『大人のウイスキー教室』を開催されます。

イベント当日は、ウイスキー業界の国際的アワード『アイコンズ・オブ・ウイスキー2017』で“マスターディスティラー/マスターブレンダー・オブ・ザ・イヤー”を受賞したチーフブレンダー田中城太氏を講師に招き、一夜限りの特別講義を開講。キリンウイスキー『富士山麓』が開発された「富士御殿場蒸溜所」のウイスキーづくりへの飽くなきこだわり、また キリンウイスキー『富士山麓』と食事のマリアージュを体感できます。

『大人のウイスキー教室』
日程:2017年11月8日(水)
時間:受付18:30~/ 開演19:00(120分予定)
場所:京都タワーホテル 9階「紫峰・白水」
https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/tower_hotel/
講師:田中 城太 氏
参加費:税込5,000円(完全予約制)
定員 :先着30名(売切れ次第、販売終了)
詳しくはこちら⇒ http://likaman.net/item/991087-owk
※チケットはリカマンオンラインショップ
又は リカーマウンテン店舗にて販売中

今年は日曜開催!時代祭2017


※2017年の時代祭は台風の影響で中止となりました※

今年も京都三大祭のひとつ「時代祭」の季節がやってきました。時代祭の気になること、注意したいところなどまとめています。ご参考まで!

時代祭って何?
どんな行事がある?
見どころは何?
時代行列が先に見られる行事があるって本当?
時代祭のコースマップがほしい
時代行列の歩く順番は?
時代祭の時、交通規制ってあるの?

【京都三大祭】1分でわかる 時代祭/ 京都いいとこ動画もおすすめ!

※時代祭の雨天による順延については、時代祭当日(10月22日/順延の場合は23日)の早朝に決定。
平安神宮の公式サイト、京都市観光協会(Facebook,Twitter)などにて時代祭当日の早朝にご案内があります。

国宝210件が2017秋の京都へ!京都国立博物館「国宝」はじまります!


いよいよ10/3から京都国立博物館120周年記念特別展覧会「国宝」が始まります。

研究員のみなさんが総力をあげて準備したという展覧会。プレス内覧会で登壇された研究員の降矢氏は、無事開催をむかえてほっとしてる気持ちと、ワクワクする気持ちが入り混じってるとのこと。

12ジャンル210件の国宝が集まる本展は、奇跡とも称されています。今秋、注目度ナンバーワンといえる特別展覧会「国宝」にぜひお越しください!

それでは一部の展示内容をご紹介しましょう。

■「深鉢形土器」(火焔型土器)
一度出展を断られてしまったけれど、これがないと!という研究員の熱い想いで出展を快諾いただいたという「深鉢形土器」(火焔型土器)。新潟県十日町市の国宝で、16年ぶりの県外公開です。全容はぜひ間近でごらんください。※10/29まで展示

■雪舟の国宝
「この部屋で寝て見てみたい!」と関係者が熱望したというのは、雪舟ルーム。国宝指定の作品数が一番多いのは雪舟だそうです。そのすべて(6件)が1部屋で一挙公開されています。※10/22まで

■絵画の国宝第一号
絵画の中で国宝第1号に選ばれたのが、日本美術最高傑作といわれる普賢菩薩像です(※10/29まで)。ちなみに「国宝」の制度が定められたのは京都国立博物館とおなじ120年前とのことです。

会場2階には展覧会がもっとたのしめる映像コーナーも。

会期中は大きく4回の入れ替えがあります。
京都国立博物館では41年ぶりの特別展覧会「国宝」。この機会をお見逃しなく!

【概要】
■日程:2017年10月3日(火)~11月26日(日)
Ⅰ期 10月3日(火)~10月15日(日)
Ⅱ期 10月17日(火)~10月29日(日)
Ⅲ期 10月31日(火)~11月12日(日)
Ⅳ期 11月14日(火)~11月26日(日)
※Ⅰ~Ⅳ期は主な展示替です。一部の作品は上記以外にも展示替を行います。

■休館:月曜日
※ただし10月9日(月・祝)は開館、10日(火)休館

■開館時間
9:30~18:00(入館は17:30まで)
※金・土は20:00まで開館(入館は19:30まで)

■場所
京都国立博物館 平成知新館

■料金など詳細
http://kyoto-kokuhou2017.jp/

ジェイアール京都伊勢丹20周年 香老舗 松栄堂イベント「かおりのかたち」


京都駅直結「ジェイアール京都伊勢丹」の20周年記念として、館内で行なわれいる香りの演出にあわせ、火を使わないお香を紹介するイベント「かおりのかたち」が8月30日より開催されます。

火を使わずにお香の香り…というのは、スイッチひとつで和の香りと灯りが楽しめる「芳香器 ふうか」をはじめ、巾着型の匂い袋、文香、塗香、かおり籠などのこと。イベントでは10種ほどの商品が紹介されているようですよ。
※紹介商品は全て10階 松栄堂 香音にて販売

また、友禅和紙で薄型に仕立てた匂い香を参加者にプレゼントする「くんくんクイズ」やトークイベントも開催。

暑さの中にも秋を感じられるようになってきたとはいえ、まだまだ残暑きびしいこの季節。「香り」の魅力で、ほっとひと息つける時間を過ごしにこられてはいかがでしょうか。

【イベント概要】
期間:2017年8月30日(水)~9月5日(火)10:00~20:00
会場:ジェイアール京都伊勢丹2 階 特設会場(中央エスカレーター横)

≪トークイベント≫「こころで感じる京の香り」
日 時 9月1日18:00〜
場 所 2階 特設会場
出 演 聖護院八ッ橋総本店 専務取締役 鈴鹿 可奈子氏
    香老舗 松栄堂 取締役 畑 元章氏

高台寺 初秋の特別展「バロン吉元 画俠展」


現在活躍している漫画家にも多大な影響を与え、 劇画ブームの全盛期を築いた一人である漫画家・画家のバロン吉元氏。2017年は作家活動50周年というアニバーサリーイヤーを迎えられたということで、これを記念し、京都で作品展「バロン吉元 画俠展」を開催されます。

場所は京都東山にある高台寺。「寺」と「マンガ」という一見異色の日本文化が融合する本作品展。方丈にはオリジナルデザインの襖絵も奉納されます。バロン吉元氏を知らなかったという人にとっても、衝撃的な出会いになるはず。


※写真はイメージです

きっと暑さもやわらぎ、芸術の秋を迎える頃。ぜひ高台寺へと足を運んでみてはいかがでしょうか。

【「バロン吉元 画俠展」概要】
  • 2017年9月2日(土)~10月15日(日)
    9時~17時30分(17時 受付終了)
    主催:高台寺
    開催場所:高台寺 方丈・北書院
    ※方丈では襖絵(オリジナルデザイン)奉納
    料金:無料(通常の拝観料は必要)
    お問い合わせ先:高台寺 広報担当 / TEL:075-561-9966
    作品に関するお問い合わせ:バロン・プロ企画/TEL:03-3399-2364

【バロン吉元 プロフィール】

漫画家、画家。旧満州生まれ、鹿児島県指宿市育ち。高校時より画家を志し、上京。武蔵野美術大学西洋画科、セツ・モードセミナーへ入学。1959 年の漫画家デビュー後、1970 年代にかけて巻き起こった劇画ブームの全盛期を築いた劇画家のひとりとなり、代表作である「柔侠伝」シリーズ、「どん亀野郎」「殴り屋」等、多数の作品を発表。しかし人気絶頂であった1980 年、全ての連載を終わらせ単身渡米、マーベル・コミックで執筆。帰国後は漫画と並行して一枚絵の制作を始める。2003 年、文化庁指名により第一回文化庁文化交流使としてスウェーデンへ赴任。現在に至るまで国内外で展覧会を開催。主な受賞歴は、第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞(1998 年)二科展奨励賞(1992 年・1994 年)現創展都知事賞(2013 年) 。

京都在住アーティストと一緒に巡る七條大橋ウォーキングツアー


京都の町歩きが好きな方必見!「あの人」と「あの場所」へ巡る、京都の町のお散歩ツアー

WALKING KYOTO
「都町通り にわか雨上ル」

が始動しました!WALKING KYOTOツアーにはこのようなタイプが揃っています。

①スペシャルなナビゲーター(アーティストなど)と一緒に行くイベントタイプ
 ※定員20人くらい
 ※おひとり様での参加OK
 ※オプションで記念ミニ写真集や前後にライブなどがある場合も(※別料金)

②少人数で行く体験型の物作りタイプ
 ※お店やスタッフとのスケジュールが合えばいつでもOKという随時開催タイプ
 ※基本的に2人以上での参加をお願いします

③少人数で運営スタッフと行く、町なかをあちこちお散歩するタイプ
 ※ツウな発見ができるかも
 ※運営スタッフとのスケジュールが合えばいつでもOKという随時開催タイプ
 ※おひとり様もご相談ください

④花見、祇園祭、紅葉など季節に合わせた企画
 ※この時期は混雑しがちの京都。マイナーでも、なるべく空いている場所、裏道や日程を選びます。

そして現在募集中の中からおすすめをひとつご紹介しましょう。

9月24日開催
フラリーパッドと
七條のらりくらりふらり

 (たわわちゃんもお待ちしています)




※写真はイメージです

京都駅前「京都タワー」の公式ソング「京都タワーにのぼって」を歌う京都発ポップ・インストゥルメンタル・デュオ「フラリーパッド」。ふたりの地元である七条界わいをのんびり歩き、最後はライブも開催という、すてきなツアーが開催されます!申込〆切は9月14日。ぜひチェックしてみてください。

≪コースの流れ≫

京阪電車七条駅改札口集合→七條大橋河原にて散策→塩小路から三十三間堂付近を通って豊国さん→正面通りから鴨川を越え、高瀬川を南へ→京都タワー展望台→記念撮影(たわわちゃんも登場)→解散(約3.1km)

≪概要≫

●日程:2017年9月24日(日)
●時間:10:00~12:30頃 (2時間半程度)
※開始10分前までに集合
※ツアー後のライブに支障のない範囲で実施​
●集合:京阪電車「七条」駅西側改札口(三条・出町柳方面)付近 
※黄色い旗を持ったスタッフがお待ちしております。
●定員:25名(先着順)
●金額:3500円(京都タワー展望台入場料・保険含む/現地支払い)

≪ツアーの詳細≫

https://www.walking.kyoto.jp/fularepad0924

≪ツアー後のライブについて≫

会場:集酉楽サカタニ(京都市東山区七条通本町西入日吉町222)
時間:15:00開場/15:30開演
料金:一般2500円、小・中学生1500円(税込、当日はともに500円UP)
※未就学児童は膝上無料、座席が必要な場合は小・中学生料金
※ツアーとライブのチケットをセットで購入すると割引価格になります!

≪ツアーオプション≫

ツアー参加者のみの限定で「フラリーパッド・七條ツアー・ミニ写真集(約20ページ、500円、送料無料)」が購入可能!ツアー当日、運営スタッフが撮影した写真でまとめた写真集(写真点数・約20点)です。ツアー予約時に申込を。

≪ツアーやチケットに関する詳細・予約・お問い合わせ≫

https://www.walking.kyoto.jp/

≪フラリーパッド プロフィール≫

ウクレレの前田大輔、アコースティックギターの清水英之による、京都発ポップ・デュオ。2005年結成。2008年に代表曲「サマー・シュプール」が、化粧品MAXFACTOR「SK-II」のテレビCMに起用されたのがきっかけとなりCDデビュー。現在までに5枚のアルバムをリリース。2011年からは、地元京都の放送局KBS京都ラジオの天気予報と交通情報のテーマ曲も担当している。2016年には、京都タワー公式PRソング「京都タワーにのぼって」をリリースし、地元京都とのつながりを深めながら活動中。
facebook

スポンサーリンク