京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ > 京都のパン・洋菓子

「京都のパン・洋菓子」一覧

(全124 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

【京都の桜2021】堀川遊歩道(3/29)と花のおともに手づくりドーナツ


車道よりも低い位置に整備された水辺の遊歩道「堀川遊歩道」。姉小路通~一条通付近にかけて続く遊歩道で、ランニングや犬の散歩、子どもたちの遊び場にもなっています。

その遊歩道界隈には、多品種の桜が植えられています。ちょうどこの頃は姉小路近くの桜が見頃を迎えていました。

この花のむこうは世界文化遺産二条城の東大手門。これはぼやけすぎていますが、うまく撮れば、二条城の入口&桜の写真が撮影できますよ。

そして堀川遊歩道界隈もいろいろなお店が集まっています。新旧ともにいろいろなお店があり過ぎてなかなかご紹介も難しいのですが、気軽に楽しむなら堀川商店街にある「かもDONUT」さんはいかがでしょうか。世代を超えて愛されるドーナツ。「かもDONUT」さんは朝の9時からオープンし、手づくりのドーナツを30種ほど揃えています。手づくりならではの優しい味は手土産にもぴったり。

写真手前のアップルフリッターといちごショートは5月頃までの限定ドーナツ。奥左のアーモンドフロストは店のバイトさんに人気だそうです。

コーヒーは大原の河太郎珈琲を用意。イートインもできますよ。

●かもDONUTの情報は京都いいとこマップ3・4月号(2021年)P12
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

京都のご当地パン「ハート」のメロンパンはどこで買う?


お茶の生産地で知られる、京都府宇治田原町。知る人ぞ知る桜名所「やすらぎの道」がある歴史的なまち。

この「やすらぎの道」の近くにある喫茶店チェリー。じつは自家製パンも人気のお店なんです。とくに「宇治田原町ハートのメロンパン」は、宇治田原町の地形がハートの形をしていることにちなんだご当地パン。メロンパンのクッキー生地も手づくりで、パンの生地としっとりなじんでいます。基本的には金曜日の正午頃から店頭販売されている人気商品です。

京都いいとこマップ(2021年3・4月号P07)でご紹介しているのは
プレーンのハートのメロンパンですが、じつはいろんなフレーバーがあるですよ。

それが買えるのが水曜日!近年新オープンした宇治田原町の役場ロータリーでキッチンカーを出している喫茶チェリー。その時にプレーン以外のメロンパンを用意されているんです。種類は抹茶、ココア、コーヒー、ほうじ茶など全7種。すべてが出揃うのではなく、味は週替わり。どんな味に出会えるのかは当日のお楽しみということですね。
ロータリーのキッチンカーは毎週水曜11:30~13:30の出店。
水曜日に宇治田原町へ行く機会があれば、お昼に合わせて限定メロンパンをゲットしてみてはいかがですか?

和にする?洋にする?京都で人気のいちごスイーツ


京都いいとこマップ3・4月号(2020)では「いちご」のスイーツを2種類ご紹介しています。

そのひとつめが「嵯峨嘉」さん。円町・花園駅方面から嵯峨嵐山へ向かう丸太町通の途中にある和菓子店です。

会社員のひとがお土産に買っていったり、近所のかたが自身のおやつを買いにきたり、地元のみなさんに厚く支持されています。赤飯やお餅など日々の暮らしに欠かせない商品はもちろん、自家製あんこを使った菓子も評判です。

名物は初代考案の「しそ餅 梅」。

歯切れの良い餅の中はこしあん。塩漬けの紫蘇が爽やかな和菓子です。

そして春の人気者はやっぱり「いちご大福」。
嵯峨嘉さんでは、生産量の少ない希少な「とよのか」を使用。
いちごのサイズに合わせて大福のサイズを大中小と変更しています。入荷状況に合わせているので行ってみないとどのサイズが出揃っているかはわかりません。

いちご大福は例年4月中旬頃まで販売予定ですが、いちご「とよのか」自体の生産数が少ないこともあり、事前に電話確認しておくのがベター。季節限定の貴重ないちご大福です。

そしてもうひとつのいちごスイーツが宇治の「ホホエミカ」さんです。
「中宇治yorin」という複合施設に入っているテナントのひとつ。宇治の路地裏にあるんですよ。こちらも嵯峨嘉さんのように地元のお客さんに厚く支持されているお店です。

見た目も素敵なタルトやスコーン、クッキーなど手づくりの焼菓子が揃います。

主力商品はマフィン。

いちごのシーズンは「いちごとクリームチーズ」が人気です。ホホエミカさん独自レシピによる生地によって鉄板の組み合わせが混ぜ込まれれば…極上いちごスイーツのできあがり。

和スイーツの「いちご大福」。洋スイーツの「いちごとクリームチーズのマフィン」。
さて皆さんのお好みはどちらでしょうか。

▽嵯峨嘉(2020年3・4月号P9)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/
▽ホホエミカ(2020年3・4月号P26)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

京のおやつはイルカのスコーン


京都水族館の「かいじゅうカフェ」で購入できる大人気の「すいぞくパン」。チンアナゴ、オオサンショウウオ、アザラシなど水族館のにんきものが趣向を凝らしたパンになっています。

イルカは「スコーン」なんですよ。尾からいくか、ヒレからいくか…。
しばらく考えたのち、口先のほうからおいしくいただきました。

京都水族館のイルカといえば、2019年7月13日(土)~9月1日(日)は、イルカスタジアムで「ずぶぬれ」になって楽しめるウォーターアトラクションプログラム「BASSHAAAAN!!(バッシャーン!!)」が開催されます。
これは大人も楽しんでみたい!くわしくはこちら

玉露パン


京都はお茶のまち。といっても抹茶、煎茶、ほうじ茶、番茶とお茶の種類は色々ありますよね。同じお茶の生産地でも、まちによってこのお茶がうちは特におすすめ!といったこともあるんですよ。

たとえば京都府京田辺市。「お茶の京都」エリアのまちですが、とくに有名なのは「玉露」。飲料として味わうことはもちろんですが、こんな商品を見つけました。

玉露のパンです!
近鉄新田辺駅近くのパン屋さん「リップル」で発見しました。

袋を開けた瞬間、ぶわっとお茶の香り。砂糖がまぶされていますが甘みはスッキリしています。

3/16開業のSUINA室町にオープン!「&COFFEE MAISON KAYSER SUINA室町店」


2019年3月16日に新たに誕生する四条室町の「京都経済センター」。

「SUINA室町」はこのセンター内にオープンする商業施設です。大垣書店、ポケモンセンターなどなど注目の施設や店舗がオープンを控える中、「&COFFEE MAISON KAYSER SUINA室町店」のオープンを心待ちにしている方、多いのではないでしょうか。

パリのモンジュ街8番地にて1号店が創設された「メゾンカイザー」。フランスの伝統的製法で作ったパンが魅力のブーランジェリーです。京都初出店となったジェイアール京都伊勢丹のお店も話題な中、四条室町にてオープンする新業態カフェ「&COFFEE MAISON KAYSER 」は、銀座一丁目店、阪急三番街店、田町店に続く4店舗目だとか。営業時間は8:00~20:00(L.O.19:30)と朝から夜まで便利に使えます。

メニューは2種類のオリジナルブレンド珈琲、店内で焼き上げるクロワッサンのサンドイッチ、多彩なデニッシュトーストなど。

そして注目はSUINA室町店限定『HANJUKU KYOTO』!

『HANJUKU KYOTO(EGG with Onion saute & Bacon Danish)』(450円)は、半熟卵にオニオンソテーとベーコンをクロワッサン生地で包み、チーズを乗せて焼きあげた特製デニッシュ。文字を読んでいるだけでおなかが鳴りそうです。

オープン記念として税抜500円以上お買い上げのお客さまにはオリジナルタンブラーのプレゼントも用意しているとのこと。
※先着500名
※なくなり次第終了
※プレゼントは1名につき1つ
※キャンペーン内容は予告なく変更する場合あり

▼&COFFEE MAISON KAYSER SUINA室町店
●住所
京都市下京区四条通室町東入ル函谷鉾町 78番地 1F
●営業時間
8:00~20:00(L.O.19:30)
●最寄り駅
地下鉄四条駅、阪急烏丸駅

大原の隠れ家カフェで味わう自家製スイーツ


京都・国際会館より大原へ向かう国道367号。土井しば漬本舗、花尻の森を通り過ぎたころ、進行方向左手に「まめの木」という看板が見えます。その看板のたつ坂道をくだると、そこは一軒家カフェ「焼き菓子工房&cafe まめの木」です。なるべくオーガニックの素材を使い、季節折々の素材を使ってタルトやロールケーキなどのスイーツをつくっておられるようです。

オープンしたのは2016年。金土日のみ店舗営業。大原「音吹畑」のハーブティ、河太郎珈琲のコーヒーなども揃っています。

瀬戸内レモンのケーキをいただきました。
カウンター席、ちょうど目線の高さに窓があり、のどかな里山が眺められます。

大原は新緑の季節を迎えています。観光の方はもちろん、ロードバイクで立ち寄る人もいるようですよ。

生地がじまんです!濃厚抹茶ロールケーキ


とつぜんですが、以前取材させていただきました京都府南部のお茶のまち「宇治田原町」の洋菓子店「BaVato」さんにてお裾分けいただいた抹茶ロールケーキです。濃厚な抹茶色のふわふわ生地。抹茶好きにおすすめのひと品です。

というのも、この抹茶の生地を味わってもらうために、生クリームは少なめにした、というケーキなんです!

そしてこの抹茶ロールケーキをハート型のかわいい最中でサンドしたというユニークなスイーツもあるんですよ。お近くに行かれた際は、ぜひぜひお試しください。

▼京都・宇治田原町のお茶スイーツ情報はこちら!
https://bit.ly/2J7KCxr

ちなみに「BaVato」さんのある宇治田原は現在も茶葉の生産が盛んなまち。新茶シーズンの5月頃には、茶摘み体験や新茶まつりが開催されていますよ。イベントにあわせて、出かけてみるのもいいですね!
▼くわしくは
https://ujitawara-kyoto.com/

▼公式Instagram
https://www.instagram.com/ujitawara_kyoto/

老舗ベーカリーの季節限定ホワイトホーン


ある日の朝ごはん。

嵐電「西大路三条」が最寄り。対面式で販売する老舗ベーカリー「天狗堂海野製パン所」で購入しました。

朝イチはまだ種類は少ないけれど、10種くらいは揃っていました。そのなかから、丸パンに玉子サラダのたまごサンドと、10~4月頃しか販売されない「ホワイトホーン」、そして粒あんパンを購入。ちなみに以前はチョコホーンをいただきました。

ホワイトホーンにはラムレーズンクリームがたっぷり詰まっています。ちょっぴり大人味のラムレーズン。甘すぎない味なので朝からおいしくいただけました。

【京都の桜2018】岡崎疏水(3/27)と新店情報


【京都の桜2018】岡崎疏水(3/27)と新店情報

岡崎疏水も木によって差はありますが、思わず足をとめるほどには開花が進んでいます。3~7割は咲いているかな?夷川発電所方面はまだ少なそうにみえました。東大路通の橋付近はほぼ満開です。

ちなみに、夷川発電所が折り返し地点となる「十石船めぐり」は、2018年3月24日(土)~3月29日(木)運航。そのうち、桜回廊ライトアップは2018年3月30日(金)~4月10日(火)です。
http://kyoto-tabi.or.jp/events/jkkfn/

朝日がまぶしい。

ちなみに、岡崎疏水の近くに、烏丸御池の人気ベーカリー「Flip up!」の姉妹店「Cheer Up!」が2018年3月28日にオープンします。

姉妹店のほうにはイートインスペースがあるんですよ。ランチBOXといったこれからの季節にうれしいメニューもある様子。楽しみですね!場所は東大路通から二条通をロームシアター京都方面に歩いてください。

https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/

※桜の鑑賞や撮影はマナーを守って楽しみましょう!

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る