京都いいとこブログ > 京都の季節・風景

「京都の季節・風景」一覧

(全145 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

【京都の桜2019】京田辺市


「一休寺」や玉露の産地などとして知られる京都府京田辺市。市街を流れる複数の川沿いで見られる桜並木が圧巻でした。その一部をご紹介します。

▼馬坂川(4/4)
近鉄新田辺駅からも歩いていける範囲。7分咲きくらいです。

お花見の先客あり。

新田辺駅東自転車駐車場(近鉄新田辺駅東側)ではレンタサイクルも借りられます。電動アシストもあります。

▼普賢寺の菜の花と桜(4/4)

国宝の十一面観音立像を有する「大御堂観音寺」の桜と一緒に菜の花が楽しめます。桜はこの時ようやく開花しはじめたところでした。菜の花はご覧の通り輝いております。お寺のお堂を背景に撮影することも可能で風情がありますね。

南山城の国宝巡礼。京都ツウの皆様におすすめの観光プランです。

菜の花畑から高速道路の高架が見えている方向へ進むと、「普賢寺ふれあいの駅」があります。野菜やお菓子、よもぎ餅、お茶といった特産品が並びます。大判焼きもありました。

4/7(日)はよもぎ餅先着100名無料接待とのこと!

京田辺市では「水辺の散策路」というのが複数設定されていました。水辺には桜並木も多く、今の季節おすすめです!写真は普賢寺川ルート。

老人福祉センター常磐苑あたりの桜です。桜の手前の黒い布は茶畑ですよ。

京田辺市では4/7までスタンプラリーも実施されています。
この機会に桜や菜の花で彩られた京田辺市を散策してみませんか。

▼京田辺市観光協会サイト
http://kyotana.be/

【京都の桜2019】平野神社、千本釈迦堂


▼平野神社(4/2)
開花が進んでいます。今はもっと咲いているはず。

ちなみに平野神社近くの安産の神様「わら天神宮」は4/7が春の例大祭です。大安でもあり戌の日でもあるようなので多くの参拝で賑わいそうですね。

この近くに来たら「京菓子司 笹屋守栄」でおみやげを是非。近隣の名所に由来した和菓子も多く揃っています。

▼千本釈迦堂(4/5)
平野神社と一緒に巡りたい桜の名所「千本釈迦堂」。7分咲きくらいでしょうか。

山門前の桜もおすすめです。こちらは五分咲きくらい?

上七軒の北野をどりは4/7まで。
行かれる方は歌舞練場の桜、ステージの桜と華。京都の春が満喫できそうです。

【京都の桜2019】岡崎疏水、鴨川、京都 熊野神社、高瀬川


▼岡崎疏水(東大路通界わい)(4/5)
見頃の木もありますが3~5分咲き。リフレクションが見事な朝でした。

京都 熊野神社(4/5)
丸太町東大路の交差点。歩行者用道路にむかってこぼれるように桜が咲きます。上記の岡崎疏水のほうからだと徒歩圏内。

▼鴨川(二条通あたり)(4/5)
開花が進んでいますが5分咲きくらい。二条通近くにも飛び石あります。高瀬川にちなんでか舟の形をした石もあります。

▼高瀬川一之舟入(4/5)
3分咲きくらいでしょうか。

▼高瀬川 サウナの梅湯あたり(4/3)
高瀬川は三条通北部より、南部のほうが開花が早いように思います。そしてお花見客も南の方が少なめなのでおすすめ。サウナの梅湯前の高瀬川沿いにも桜が咲いていました。銭湯の行き帰りにお花見も粋ですね。いかがでしょう?

【京都の桜2019】正法寺、西迎寺


正法寺(4/3)
朱色の橋はその名も極楽橋。この橋を渡って境内へ入ります。

▼西迎寺(4/3)
もみじで有名な光明寺の末寺です。見事な枝垂れ桜が楽しめます。この時で満開だと思います。

【京都の桜2019】祇園白川、六角堂、千本釈迦堂


▼祇園白川(3/28)
枝垂れ桜を中心に開花が進んでいます。雪柳も可愛らしく咲いていました。

今年よりライトアップも復活です。
ライトアップ期間は3/29~4/7(18時~22時)。


巽橋も架け替えされたばかり。夜桜鑑賞の際、ご注目ください。

▼六角堂(3/28)
境内にある桜が全体的に見頃でした!

ビルの展望エレベーターから、スターバックスから、境内から、いろんな場所から桜が楽しめる六角堂。

4/12~14(18時~21時)は夜間拝観も実施されます。お堂といけばな作品が幽玄にライトアップされますよ。

さらに池坊会館では4/12~15(10:00~18:00/13日は17:00まで・15日は16:00まで)に「春のいけばな展」を開催!なんと1000以上の作品が一堂に並びます。

いけばな発祥の地といわれる六角堂。春の楽しみが満載です。

▼千本釈迦堂(3/27)
京都市内最古の木造建造物で国宝のお堂を背景に咲きほこる「おかめ桜」も開花が進んでいます。見頃は近いはず!

近隣の上七軒では「北野をどり」も4/7まで開催中。花街と桜、ぜひ一緒に!

近所には新しいお店もオープン。ランチもあるみたいですよ。

【京都の桜2019】本満寺、京都御苑


先週の強風のためか出町のおかめ桜はだいぶ散っていました。今年の見頃時期は短かったですね。

▼本満寺(3/24)

▼京都御苑(3/24)

今週の半ばの天気予報は最高気温が20度近く、一気に満開に向かいそうな予感。楽しみですね。

★桜の観覧はマナーを守って皆さんで楽しみましょう!

【京都の桜2019】一条戻橋、百萬遍知恩寺、長徳寺、平野神社


▼一条戻橋(3/16)
一条通の堀川に架かる「一条戻橋」。古来からの様々な伝説がささやかれている橋ですが、こんな桜が突然現れたらだれもが足を止めてしまいますね。

▼長徳寺(3/16)
数年前に比べるとかなりの人気者になりました。昨年の台風で枝が折れ、心配していたのですが、可愛らしい花が今年も無事開花。桜が毎年きちんと咲くことも、けして当たり前のことではないのですね。2019年の京都いいとこマップ3-4月号でも誌面に華を添えていただいた桜です。

▼百萬遍知恩寺(3/16)
手づくり市のときに咲いているのを見られたかたも多いと思います。知恩寺の厳かな境内でパッとあかりがともったように咲く桜木。

▼平野神社(3/22)
境内のあちこちで桜の開花が始まっています。写真は魁桜。去年の台風では桜も社殿も大きな被害にあわれました。倒壊した拝殿のまわりはいまフェンスで囲われています。そのそばに寄り沿うように立つ御神木の姿が温かく見守っているようにも見えました。毎月25日には復興支援コンサート「サクラサク コンサート」も開催されています。次の3月25日も開催されますよ。時間は11時~11時45分です。

完全予約制、ゆっくり京都禅寺の紅葉を愛でる「秋の特別公開―かしきりもみじ」開催


大本山相国寺の山外塔頭である萬年山 眞如寺にて期間限定「秋の特別公開―かしきりもみじ」が12月9日まで開催されています。

期間中は、江戸後期の画家・原在中(はら ざいちゅう)筆の襖絵の拝観も可能。通常非公開の芸術作品を紅葉とともに楽しめます。

混雑はもう嫌だ…という方、ゆっくりゲストを案内したいという方、要チェックです!

【開催概要】

●2018年11月10日(土)~12月9日(日)
●1日5組限定の事前予約制
 ※1枠最大定員15名の入れ替え制(最少人数は1名)
 ※1名~15名まで予約可能
●10:00~、11:00~、13:00~、14:00~、15:00~の1日5回開催
 ※それぞれ 60分拝観
●拝観料は【1組】6000円
●詳細・予約・空き情報→https://shinnyo-ji.com/

取材途中、宇治田原で出会った原風景


ちょうど昨年の今頃、日本緑茶のふるさと「宇治田原町」の東地域を車で走行していたところ、こんな風景に出くわしました。

仕事の疲れもそっと癒してくれるような里山風景でした。

桜だけじゃない、散り椿が幻想的な大原・花尻の森


桜が見頃の大原でしたが、同時に「花尻の森」の散り椿も見頃を迎えていました(4/8)。散るのに見頃…という言い方もおかしい気がしますが、花弁ごとぽとりと落ちる椿のじゅうたんはとても幻想的です。

「花尻の森」は、寂光院に隠棲した平清盛の娘・建礼門院を監視させるべく、源頼朝がつかわした松田源太夫の屋敷址といわれています。

ちいさなお社は源太夫社といい、大原にある江文神社の境外末社。

場所は土井志ば漬本舗の隣。大原にお越しの際は立ち寄ってみては?

▼京都・大原散策特集
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/2011/07/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る