京都いいとこブログ > 京都の社寺仏閣 > 【京都の穴場寺社シリーズ】神使は鰻、三嶋神社

【京都の穴場寺社シリーズ】神使は鰻、三嶋神社


東大路通の馬町交差点の渋谷通を東へと歩いたところ。

 

のぼりを目印に路地へ曲がると「三嶋神社」がありました。

由緒は平安時代。元々大阪のほうに鎮座していた三嶋大明神。

子宝・安産にご利益のある神社でもあります。

 

子授けの神様なんだよと教えられた建春門院(後白河天皇の中宮)が

崇敬するようになり高倉天皇を出産。

喜んだ後白河天皇は平重盛(清盛の長男)に命じて社殿を造営したそうです。

また、神使が鰻(=巳蛇=水蛇)であることから鰻の神社と知られています。

 

毎年10月26日には鰻放生大祭(鰻祭)が行われているとか。

巳年ゆかりの京都の寺・神社

関連記事

 人気記事ベスト5
      None Found

いいとこ動画 Stories and Short Videos

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る