京都いいとこブログ > 京都の社寺仏閣 > 鹿ヶ谷カボチャ供養

鹿ヶ谷カボチャ供養


哲学の道エリアにある「安楽寺」。7月25日は毎年恒例「鹿ヶ谷カボチャ供養」の日でした。

中風封じのご祈祷を行ったかぼちゃを煮炊きして、参拝者に振る舞われます。

山門をくぐったところで500円を納め、護符とかぼちゃ券、寺のパンフレットを受け取り中へ。

本堂にお参りし、虫干し中の寺宝を見学してから庭園に面した書院へ。

空いている席や縁側に座ってチケット(かぼちゃ引き換え券)を置いておくと、

それを確認したスタッフさんが券を手に取り、かぼちゃとお茶を運んできてくれます。

「鹿ヶ谷カボチャ」は京野菜のひとつ。江戸時代に津軽から種が持ち込まれ、栽培スタート。

最初は一般的な形をしていましたが、気づけばこのような瓢箪型になってしたそうです。

何があったんでしょうね。

甘さは控え目であっさりしています。こぶこぶしている皮も分厚くないので食べやすかったです。

関連記事

 人気記事ベスト5

いいとこ動画 Stories and Short Videos

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る