京都いいとこブログ

ブログ > 京都の食事処・グルメ > 京都の和食

京都NEWOPEN 白川沿いでリーズナブルに天丼ランチ


地下鉄東山駅から美術館・平安神宮方面へ向かうときに通る人も多い白川沿い。「祇園饅頭」「三味洪庵」「桝富」の並びに新しいお店がオープンしました。

「白川 京とみ」。上品な落ち着いた和のしつらえ。カウンターとテーブル席があり、訪問時のランチメニューは900円~1500円くらいで、ラインナップは天丼類をメインに鰻錦糸丼というのもありました。

ダシ巻や穴子天もつく海老天丼です。天つゆは別添え。好みの調節ができますね!

カウンターで楽しむ気軽な本格天ぷらランチ


2016年にオープンした天ぷら屋さん「鈴」。カウンター席の目の前で揚げてくれる天ぷらを気軽に楽しむことができます。お店は地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅すぐそば。黄色ののれんが目印です。

鈴定食をいただきました。

揚がったものを朱色の器にのせてくれます。少し遅れて揚がってきたお魚の天ぷらもオン。太刀魚でした。天つゆには粗くおろした大根。これが絶妙。ツレの海老天丼はこんなかんじ。

新京極近くの隠れ家ランチ


夜は一品料理とお酒を楽しむ「冨久家」。昼は手作りごはんを提供する「ふくや」さん。ほがらかな女将さんが切り盛りしており、店内はL字のカウンター。メインのおかずを選ぶ感じですが、全選択もできます(料金は変わります)。

この日はゴボウ入りのハンバーグか、から揚げの甘酢あんかけ、しらす丼から選べました。わたしはゴボウ入りのハンバーグのみのオーダーで。

▼おひるごはん ふくや
https://twitter.com/fukuyagohan

朝からもりもり和定食


朝から生ビールが飲めちゃうお店。それが「旬菜いまり」さん。

新町六角西入ル。町家の和食料理屋さんでオープン時間が朝・夜という珍しいお店です。

朝ごはんは、基本和定食1種類。まずは土鍋がどん!

そしてダシ巻に西京焼きも大根サラダも付く豪華なお膳がどん!

朝から栄養&ボリューム満点の朝定食。旅の人、必見のお店ですね!

京都NEW OPEN 最強のファストフードMISO POTA KYOTO2号店目


2016年の3月、富小路六角にオープンしたMISO POTA KYOTOは

味噌汁らしからぬ味噌汁をウリにしたお店。

豆腐、しじみ、かぼちゃ、さつまいも、ほうれん草など

溶け込ませた具材と合う味噌をブレンド。

濃厚なポタージュのような食感と、スープの彩りが特長の

体に優しい新感覚ファストフードです。

これは「はじまりの白」。

見た目はポタージュですが、

豆腐、昆布だし、白味噌、麦味噌という

食材だけ見ると味噌汁そのものなんですが

食感はポタージュ。

発酵食品というスローフード「味噌」を、

手軽にすぐ味わえる「ファストフード」に。

ふだんオニギリやサンドイッチなどで

簡単に食事を済ませてしまう方も

このみそポタを取り入れるだけで、

足りていない栄養が補給できそうですよね。

7月には高辻店もオープンしました。

暑い夏の京都を散策している途中、

ミネラル補給に一杯飲んでみるもいいですね!

温冷揃ってますよ。

宮川町の割烹ディナー


京都五花街のひとつ「宮川町」で7月15日から開催されるビアガーデン。その協賛店のひとつでもあるのが「割烹まつおか」です。木屋町の割烹やましたなどで修業を経た主人が2012年にオープンしました。

涼し気な先付

 
イサキの白味噌椀ですが、顔に見えてしまってほっこり(笑)
今改めて見るとフクロウに見えますね。みなさんはどうでしょうか。

お造り4種盛

煮物。蛸がとろとろでした。

鮎の塩焼きを食べると夏だなあって思いますね。
程よい苦味がたまりません。

ずいきです。
仕事柄、北野天満宮の秋祭「ずいき御輿」が頭をよぎります。

カニ!

ご飯は季節柄、鱧寿司を選ぶことができました。

ラストは水物。サクランボがビッグサイズ!

これはおまかせのコース料理でしたがアラカルトで頼むこともできます。同席した地元の常連さんはアラカルトで楽しんでいるご様子でした。地元の方のご利用が多いようです。若い気さくなスタッフさんたちが揃っているので、割烹初心者の方もリラックスして過ごせそうですよ。

▼京都ならでは&個性的な京都のビアガーデン2016
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/29984

東寺のだし巻たまご


東寺道の1本北の道を大宮通から東へ入り

1つ目の4つ角の角っこにあるのが

ローカル感満載のスーパー「オカモト」。

だし巻たまごが有名で、

弘法市(21日)のときは店の前で焼きながら

店頭販売します。

だし巻サンドや、ゆでたまご、焼きそば、天ぷらなども売っていました。

天ぷらはサイズ大きめ。

さめてもおいしいダシ巻たまご。

イートインスペースもあります。

祇園のカウンターで驚きいっぱいの日本料理


祇園の巽橋近くにある「大神」でランチをしました。

カウンターのみの日本料理店ですが、気楽に過ごせます。

口は悪いけど仕事は真剣です!とは店主談。


食前には口濯ぎとして生姜の効いた「冷やしあめ」。

銀の御猪口でいただきます。

その後、ご主人より食前酒を盃で頂戴しました。


まずは前菜。
鱧の梅肉や梅そうめん、エンドウ豆のすりながしなどでさっぱりと。

向付も3種盛。鯛の昆布じめなど。

イサキの椀物。金魚が泳いでいる器も風流。
どの品も器や盛り付け…目から楽しめる料理が続きます。

ごぼうのすりながしに、
竹を割った器には小芋や蛸、穴子の八幡巻など。
鰆にイワシ、エビのあられ揚げ、笹の中には鯖ずしです。

鱧の柳川鍋です。
泡だっているのではなく、グツグツといっています。
山椒と木の芽がいいお仕事。

マグロのほほ肉やトマトのすり流しなど。

ご飯は釜炊き飯で、合わせる食材が選べます。
この日は、蛸、鯛、アサリの3択。鯛にしました。

炊きあがるとまず釜ごと見せてくれます。
お焦げを入れてもいいかどうかも確認してくれました。
ひとり2膳分あるようですが、おにぎりで持ち帰ることができます。
お汁は合わせみそで口当たりまろやか。

そして最後はデザート2種盛。

終始、目で楽しみ、食べて楽しめる料理の数々。

身近な食材がこんなふうになるんだという驚きもありました。

品数も多く、濃厚な味わいは、日本酒やビールにもぴったりです。

新緑を目の前にリバーサイドでダシ巻ランチ


新緑まばゆい季節。

高瀬川沿いの「ひとこえ」へ

ランチで行ってきました。

今の季節はごらんのとおり。

開け放たれた窓からのぞく高瀬川の新緑。

ときどき、鴨がふわ~っと流れていきます。

「ダシ巻と焼物」のセットをいただきました。

小鉢、汁物、漬物もつきます。

「ひとこえ」では食事だけでなく、

甘味やドリンクも揃っているので

喫茶使いもできますよ。

すてきなリバーサイドでのお食事、

桜の季節が人気のようですが

今の季節もおすすめです。

気軽なランチ特集改め「京のお昼」始動!


京都いいとこマップ2016年第1号が発行されて早1か月あまり…

みなさまご覧いただけましたでしょうか?(まだの方、PC/スマホでもごらんいただけます♪

じつは、今号からランチ特集がリニューアル

「気軽なランチ」改め「京のお昼」特集です。

2016年は2500円以下でいただける「和食」をテーマに

京都のお昼どころをご紹介してまいります。

1・2月号は和食の中でも割烹や懐石など「日本料理」をテーマにしたこんなラインナップ。

特集担当のナベ兄さんはもちろん、私自身もおすすめの4店舗です。

咲やさんは、社長さんや地元マダム、近所のお坊さんも普段使いする西陣の割烹。

七八さんは「雑誌とかで紹介してほしくないなあ」とほかのお客さんにぼやかれたことがあるくらい、お客さんたちに愛されているお店。

徳寿さんはカフェのような空間で「日本料理店は緊張する…」という方もリラックスできるんですよね。

とさかさんのお弁当は蓋を開けた瞬間にテンションあがったなあ。

とにかくおすすめなのでぜひぜひいいとこマップ片手にランチへ出かけてみてください。

店舗情報はこちらからどうぞ!


Feeds
Meta