京都いいとこブログ > 京都の社寺仏閣 | 京都の行事 > まるで異次元、夏夜の伏見稲荷大社

まるで異次元、夏夜の伏見稲荷大社


伏見稲荷大社の7月の行事「本宮祭(もとみやさい)」。全国の崇敬者が総本宮に参拝し、日々の神の恵みに感謝する大祭です。前日の宵宮祭では、稲荷山から境内全域に至って献納提灯や石灯篭、行灯に灯りをともす万灯神事が行われます。写真はその時の様子です。

とにかく人が多いです。千本鳥居は人でぎゅうぎゅう。なかなか進まないので向かう人は心の準備と対策を。

踊りなどの催しも行われます。

伏見稲荷と言えばキツネさんですが…

参道で販売されているお面も大人気。サイズや絵柄はいろいろあります。お気に入りを見つけてください。

【伏見稲荷大社の本宮祭】
2017年7月23日
※宵宮は22日

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る