京都いいとこブログ > 京都の社寺仏閣 > 【京都の穴場寺社シリーズ】伏見の通称寺、かましきさん

【京都の穴場寺社シリーズ】伏見の通称寺、かましきさん


京都には「通称寺」と呼ばれるお寺がいろいろあります。

たとえば「千本えんま堂」。本当の名前は「引接寺」ですね。

今回、足を運んだ通称寺は、伏見の浄土宗寺院「かましきさん」

正式な寺名が「 勝念寺 」。

京阪本線「丹波橋」駅の近くです。

織田信長公より賜わったという「身代釜敷地蔵尊」が祀られています。

地獄で釜ゆでにされ苦しんでいる人の身代わりとなり、

自ら釜の中に入って苦しむ人の苦を取り除き、幸せへと導いてくださるというお地蔵様なのだそう。

境内にはカエルの置物や石像がいっぱい(「身代わり」に由来します)。

地蔵堂の前には

萩の花も有名で9月は「萩振る舞い」という行事も行われます。

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る