京都のご当地カップ麺といえば・・・凄麺 京都背脂醤油味


インスタントラーメンを開発した安藤百福夫妻をモデルとする朝ドラが、いま、話題になっていますね。百福さんは専門家を集めて麺の文化史も研究するなど、生涯を通してさまざまなことにチャレンジするとても精力的な方でした。今ではさまざまなインスタントラーメンがつくられ、全国各地のご当地カップ麺まで味わえるようになっています。

そんなご当地カップ麺で当ブログおすすめの品といえば、もちろんヤマダイ株式会社の「凄麺 京都背脂醤油味」。2017年に京都いいとこマップ推奨として販売がスタートし、何度か当ブログでも取り上げたのでご存知の方もおられるでしょう。背脂を散らした濃厚だけどコクのあるスープが、つるっとした麺によくからむ京都ファンにも人気の品です。お昼に食べるのもいいですが、どんどん冷え込みが厳しくなってくると、夜中に食べる熱々カップ麺が恋しい季節。夜食にもぜひどうぞ。

ゆでたての旨さ、再現!「凄麺 京都背脂醤油味」がリニューアル

カップ麺「凄麺 京都背脂醤油味」の「あるある話」

ジェイアール京都伊勢丹、新しくなった食品フロアレポート


「Culture Foodie」をフロアコンセプトに、京都伊勢丹の地下1階が12/5(水)に増床リモデルオープン。前日の12/4(火)、京都いいとこスタッフは内覧会へおじゃましてきました。


書:川尾朋子さん

京都の食文化に対する美学を発信する場として増床リモデルした中で、いいとこ編集部が注目したのが体験型イートインスペース「TASHINAMI」。そして、京都と世界の古今を楽しめるスペース「AWASE」です。

京都の歳時記と旬に合わせた和洋菓子と、コーヒーや日本茶のマリアージュが楽しめる場所が「菓子のTASHINAMI」(29席)。和洋菓子は、フロア内の約100ショップ、3000種類以上の中からバイヤーが選定したものだといいます。


喫茶感覚でくつろげる「菓子のTASHINAMI」

和洋菓子はマリアージュを楽しむため、「一保堂茶舗」の日本茶やUCCカフェメルカードのコーヒーなど飲み物とセットでオーダー。

12/5(水)~18(火)の和菓子セットは、鶴屋吉信さんの上生菓子「ポインセチア」と、あんに合うすっきりした味わいのブレンドコーヒーのAセット(972円)。老松さんの自然薯饅頭「風花」と、一保堂茶舗の抹茶Bセット(1,037円)。

さらに、和と洋のマリアージュとして、フランス国外で初の常設店舗となるサブレの「ラ・サブレジエンヌ」をはじめとした洋菓子3種と、それぞれに合う飲み物もセットでオーダーできます(1,156円~)。

もうひとつの注目が、旬の銘酒と酒肴をたしなむ「酒のTASHINAMI」(9席)。京都を中心とした老舗料亭・ホテル・レストランの酒肴と、京都のみならず全国の銘酒、ワインを合せた約1000種類の中から、オススメのペアリングが楽しめます。

12/5(水)~11(火)は、紫野和久傅さんの酒肴三種盛のほか、鯛の黒寿司(1,296円)など一品料理も用意されています。


京丹後のテロワール~三種盛~ 米味噌糀漬け 丹稲しょ 牛肉クリームチーズ、鯛サンド、蕪と柿の胡麻和え 1,944円

その他、お菓子やパンのセレクトショップ「菓子のAWASE」や「パンのAWASE」も注目です。京都や全国、パンは世界から選りすぐった品々が揃うスペースです。


菓子のAWASE店内

また、日本初出店や関西初出店のお店にも注目。
中でも和スイーツの注目店舗は、あの「あずきバー」でおなじみ井村屋さんの「和涼菓堂」です。国内初出店という店舗では、あずきバーやもちアイスが一年中楽しめます。


あずきバーに、フルーツや抹茶がのった「和涼菓バー」は4種類


もちアイスの「もち涼菓」は5種類

洋スイーツは、関西初出店となるアンリ・ルルー。フランス・ブルターニュ地方のチョコレートとキャラメルのお店です。

ジェイアール京都伊勢丹店の限定アイテムが、クレーム・テ。


アールグレイが香る「クリーム・テ」486円は、ジェイアール京都伊勢丹限定で2019年3/5まで販売


焼き菓子の詰め合わせは、京都タワーとブルターニュの灯台をつなぐ京都限定パッケージ

話題がいっぱいのJR京都伊勢丹の食品フロア。京都への観光や京都から帰省の際、ぜひ立ち寄って京の食文化を存分にお楽しみください。

師走の風物詩「古老柿」でお正月を迎えませんか


11月~12月にかけての風物詩といえばやはり紅葉。しかし京都府南部のお茶のふるさと「宇治田原」には、紅葉だけでなく「柿屋の風景」という風物詩を求めて、カメラ愛好家が足を運んだりしているんですよ。

柿屋とは、宇治田原町の特産品である干し柿「古老柿(ころがき)」をつくるための棚のことをいいます。毎年11月以降、田畑の中に建てられます。ここに古老柿の原材料である「鶴の子柿」という渋柿を並べて干します。

鶴の子柿は茶畑の霜よけを目的に昔から茶園の中に植えられてきたそうです。緑の茶畑とオレンジの柿がなる風景も、宇治田原町の秋ならではの風景なんですよ。

その古老柿が商品として並び始めるのはだいたい12月に入ってから。この自然の甘み、干し柿自体食べたことがなかったという編集部カメラマンもとりこにしました。

▼買える場所
https://ujitawara-kyoto.com/localgoods/
▼宇治田原町 観光情報サイト
https://ujitawara-kyoto.com/