下鴨「ど根性松」と新年のご挨拶


遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
京都いいとこマップの2022年1・2月号はご覧いただけましたか?

寅年にふさわしいスポットはもちろん、工場直売所をテーマに京都グルメをご案内しています。ユニークな品をご紹介していますのでぜひご覧くださいね。

さて、2022年のお正月、下鴨神社の近くを通りかかったスタッフ。叡山電車の出町柳駅からまっすぐ下鴨神社方面へ向かう途中にわたるのは、高野川に架かる河合橋。河合橋は現在工事中なのですが、河合橋には密かに気になり続けている松の木がありました。

下の写真は昨年の夏ごろに撮影。河合橋を下から見上げた状態です。1本の松の木が橋のすき間からニョキッと生えているのがお分かりいただけますでしょうか。

そして下の写真は、2014年の京都いいとこブログに掲載した時の写真です。

橋のわずかな隙間から生えるそのパワーに感嘆し、記事では京都珍百景と勝手に名付けてご紹介していました。
https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/15672

以来、河合橋を通るたび、松の木を覗き見ていたスタッフ。橋の工事が始まってからもその所在をずっと心配していたのですが、今年のはじめにこんな看板を発見。

「ど根性松」って言うんですね!
若くて細い木だと思っていたので「松の木の赤ちゃん」と勝手に呼んでいたんですが、思いのほか骨太なネーミングにまず驚きました。確かに石橋のすき間から重力に負けることなく生えていたので、根性ありますよね。

移植先へ見に行くと、フェンスで守られていた「ど根性松」さん。

樹木医などの専門家の意見を聞いて移植地は決定されたそうです。きちんと根を張れるのか、まだまだこれからなのかもしれませんがひとまず無事を確認できて安心しました。

「ど根性松」が下鴨の新たなシンボルとしてしっかり育っていきますように。
新年最初の願い事です。

迎春準備の松尾大社と年末のご挨拶


2021年もあとわずか。今年もみなさまありがとうございました。
京都いいとこマップ2022年1・2月号も無事刊行しております。

完成した京都いいとこマップを持って、今回の表紙「松尾大社」さんにMY白虎さん(松尾大社さんで授与されている白虎おみくじ)をお連れしてお参りにいってきました。京都いいとこマップの表紙を飾ってくれた子です。いいとこカメラマンが素敵に撮ってくれた一枚が表紙になっていますのでご注目ください。

参拝したのは、京都市内中心部もうっすら雪化粧をした日のことです。

誌面でもご紹介している脇勧請。新たな榊に付け替えられていました!

屋根にご注目ください。雪の水分が蒸発しているようで、うっすら蒸気が空へとたちのぼっているんです。その様子が神社の雰囲気をさらに神々しくしておりました。

初もうでの皆さんを迎える大絵馬もスタンバイしています。

部数に限りはありますが、京都いいとこマップも境内にて配布いただいております。見かけましたらぜひご覧ください。

2022年1・2月号の巻頭特集「寅年、西の京都へ」。とらはとらでも「西」エリアにこだわりました。というのも白虎(虎の姿をした神獣で四神のひとつ)の司る方角が西だから!

「京都いいとこマップ」を片手に、白虎が守る京都の西エリアでトラにまつわる名所巡りをどうぞお楽しみください。

●京都いいとこマップを見る
https://kyoto.graphic.co.jp/library/
●京都いいとこマップ設置場所案内
https://kyoto.graphic.co.jp/library/distribute.html

それでは皆様、健康に気を付けて良いお年をお迎えください!
来年も京都いいとこマップをよろしくお願いします!
※京都いいとこマップ編集部は12/28-1/4休業中

京×フレンチ!隠れ家風レストランで楽しむ “京フュージョン料理”


阪急京都線「烏丸」駅/京都市営地下鉄「四条」駅から徒歩約6分の西洞院通にある「アゴーラ 京都烏丸」。今年4月にオープンしたばかりのホテルです。

ホテルのコンセプトは「まちごころにふれる茶邸(さてい)」。茶の湯の心でお迎えする邸宅として、サービスやしつらいに、茶道の精神が取り入れられています。ホテルに入るとすぐに、ゲストを出迎えるように茶釜が配してあるんですよ!

ホテルのラウンジは、宿泊ゲスト以外もカフェ利用ができ、カフェメニューには茶釜から沸かしたお湯から点てるお抹茶とお菓子のセットも!

ホテルの自慢は、1Fに併設された“京フュージョンレストラン”、「レ コンフリュアン」!
京都はもちろん、全国から厳選された⾷材を使い、京の⾷⽂化をフレンチで繊細かつ斬新に表現した“京フュージョン料理”を提供しています。
10席のカウンター席は1席1席、ゆったりと広く、隠れ家のような落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめます。

ランチ、ディナーともに営業していますが、12月10日から、フランス料理会の巨匠、アラン・デュカスの愛弟子である「上野 宗士」監修のもと、ディナーコースがリニューアルされました!
新しいディナーコースは、決まったメニューはなく、その時々の旬の食材を使うため、日によってお料理が変わります。どんなお料理が出てくるんだろう。。?とワクワクしながら待つ時間も楽しめますね!

素材の良さを引き立てたシェフのユーモアが溢れる美しいお料理は、ワインやシャンパーニュとの相性も抜群!

前菜からプティフールまで、3通りのコースが提供されています(10,890円、14,520円、18,150円)。大切な人と過ごす特別な日や、自分へのご褒美などに利用したいですね。

ランチは、ディナーよりリーズナブルな2,500円と3,850円の2通りのコース。こちらは肩肘張らずに気軽にフレンチを楽しめます!

静かで優美な隠れ家レストランで楽しむ、京都とフレンチを融合させた“京フュージョン”料理。ゆるりと贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

【レ コンフリュアン】
席数:10席
電話:075-353-1110
住所:京都市下京区西洞院通四条下がる妙伝寺町701-1 「アゴーラ 京都烏丸」1F
営業時間:
Lunch 11:30~14:00(L.O.)  
Dinner 18:00~20:00(L.O.)

いいとこ動画 Stories and Short Videos