7/15オープン「RESI STAY HOTEL SUN CHLORELLA」 見学レポート



京都水族館や京都鉄道博物館から徒歩すぐのところに、新たなホテル「RESI STAY HOTEL SUN CHLORELLA(レジステイ ホテル サンクロレラ)」が7/15にオープンします。町なかで「住むように泊まる」ことができる、数多くのホテルが建つ京都においても貴重なタイプです。健康食品のクロレラを提供している株式会社サン・クロレラが開業しました。ホテルの魅力をひもとくキーワードは「快適空間」「健康」「グルメ」。ちょっと事前に見学してきました。

ゆったりとした客室、設備も充実。家族での連泊にもおすすめ



まずは客室。リビングダイニングのようなゆったり空間に大きなベッドやテーブルが配置され、バスルームとトイレはセパレート。キッチン、洗濯機、浴室乾燥機も完備です。ほかにWi-FiはもちろんTVはアンドロイド対応でネットフリックスなども鑑賞可能。「ここで暮らせる」と思えるほど設備が充実しています。


客室の雰囲気はジャパニーズモダンのデザインで統一され、家具やファブリック類もオシャレ。ホテルを建てた株式会社サン・クロレラのロゴカラーを採用し、赤・水色・緑を生かしてカラーコーディネイトされています。和室が設けられた落ち着いた雰囲気の客室もあり、くつろぎやすく、ご年配の方や小さなお子様連れでも安心です。

そんな「快適空間」が全15室。1部屋の広さは30㎡前後~40㎡以上です。しかも宿泊料金は1室料金となっていて、定員の4~5人で泊れば割安、家族連れにはうれしい価格設定となっています。

※7/15~9/30の期間限定で、お得な宿泊プランあり(京都市民限定)
●「京都で食べよう、泊まろうキャンペーン」宿泊カテゴリ
https://www.ouen.kyoto.travel/shukuhaku/
※「サンクロレラ」のキーワード検索でプラン紹介が出てきます。

●楽天トラベルでプランご予約受付中です。
【京都市民限定】2名様分の『矢尾定』でのランチ付き宿泊が21000円!1泊プラン
https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hotelinfo/plan/180142

ヘルシーで安心、本場台湾料理グルメと話題のテイクアウトジュース

ホテル1Fは「健康」&「グルメ」に敏感な女性におすすめの場所。ホテルの宿泊客だけでなく、一般客も利用可能な飲食店が入っています。




こちらは台湾料理レストランの「WholeDeli」。本場台湾の味がリーズナブルな値段でいただけるお店です。料理は素材を厳選し、看板メニューのひとつである「蒸しまん」の生地も一から店内でつくるこだわりです。


そしてヘルシーなジュースのテイクアウト専門店「WholeJuice」。話題のコールドプレスジュース(980円~・税別)や旬の素材を使ったスムージー(500円~・税別)が楽しめます。
コールドプレスジュースは、圧力をかける専用の機械でゆっくり時間をかけて熱を加えずに、野菜や果物をしぼってつくるとても手の込んだジュースで、
・1杯分のジュースをつくるのにかかる時間は約20分
・使う素材はオーガニックのみ
・栄養素と酵素が通常のジュースより多く含まれる
とこだわりがすごい。また、お店に栄養士の方が常駐していて、注文時にお好みを伝えると、数種類のメニューの中からおすすめの一杯を提案してもらえるとか。


とても気になるドリンクですが、どんな種類があるのかは実際にオープンしてからのお楽しみ。今回は、小松菜やバナナのほかにクロレラ入りの「エイプ」というスムージーをいただいてきました。果実の甘みもあってクセがなく後味さらり、おいしかったです。一緒に食べたのはクロレラ茶の水まんじゅう。こちらも甘さ控えめ、ヘルシーです。

連泊して京都でのんびり過ごしたい、家族で宿に泊まりたい、友だちみんなで京都旅行したい…そんな希望にこたえてくれるホテル。京都にお住まいの方は、食事やドリンクだけでも楽しんでみてはいかが。


ホテル概要
RESI STAY HOTEL SUN CHLORELLA
住所:京都市下京区大宮通木津屋橋上ル上之町416-2
電話:075-353-7744
アクセス:京都市バス「七条大宮・京都水族館前」バス停下車1分
JR山陰本線「梅小路京都西」駅から徒歩8分
JR「京都」駅から徒歩12分
宿泊予約:https://resistay.jp/ja/room/hotel-sun-chlorella/

(ホテル1F)
WholeDeli・WholeJuice
電話:075-344-8818
11:00~18:00
水休
※7月中はテイクアウトのみの営業。

錦市場の新たな京都スイーツ!老舗生麩店のたい焼き


錦市場の堺町通の角っこにある「麩嘉錦店」。
改装工事を終えて装い新たにスタートしています。

木のぬくもりがあるシンプルな内装。
現在は、広島の有機栽培レモン使用の麩まんじゅうや
大葉を練り込んだ大葉麩など、爽やかな夏の限定商品が並んでいます。

そんな中、話題になっている「鯛焼き麩」。

たい焼きの中に生麩が入っているのかなと思っていたら、生地に生麩が使われているんですね。
比較的小ぶりなたい焼きは、ショーケースの向こう側の厨房で1匹ずつ焼く「一丁焼き」スタイルでした。

いぶし銀な鯛のイラストが描かれた紙に入っています。
食べるまでに少し時間があいたので生地がしんなりしてしまったのですが
トースターで温めると、表面のこんがり感が戻ったように思います。

生麩効果でもっちもち!あんこも上品な甘さなので1個と言わず2~3個は食べられそう。
1日の販売個数も決まっているそうです。
手土産にも喜ばれそうなたい焼きです。

http://fuka-kyoto.com/

寺町通はあじさいストリート


6月になり、まちなかでも紫陽花の花をよく見かけるようになりました。

丸太町通~二条通付近の寺町通の街路樹の根元にも、紫陽花の花が咲いています。
しかも色形の異なる様々な紫陽花が育てられているようで、その様子はまさに紫陽花ギャラリーストリート。

寺町通沿いにある名店・旧跡とともに、紫陽花の花が楽しめます。
お近くの方、付近に所用でお越しの方はぶらりと歩いてみてはいかがでしょうか。