京都いいとこブログ > 京都の社寺仏閣 | 京都の行事 > 高台寺 初秋の特別展「バロン吉元 画俠展」

高台寺 初秋の特別展「バロン吉元 画俠展」


現在活躍している漫画家にも多大な影響を与え、 劇画ブームの全盛期を築いた一人である漫画家・画家のバロン吉元氏。2017年は作家活動50周年というアニバーサリーイヤーを迎えられたということで、これを記念し、京都で作品展「バロン吉元 画俠展」を開催されます。

場所は京都東山にある高台寺。「寺」と「マンガ」という一見異色の日本文化が融合する本作品展。方丈にはオリジナルデザインの襖絵も奉納されます。バロン吉元氏を知らなかったという人にとっても、衝撃的な出会いになるはず。


※写真はイメージです

きっと暑さもやわらぎ、芸術の秋を迎える頃。ぜひ高台寺へと足を運んでみてはいかがでしょうか。

【「バロン吉元 画俠展」概要】
  • 2017年9月2日(土)~10月15日(日)
    9時~17時30分(17時 受付終了)
    主催:高台寺
    開催場所:高台寺 方丈・北書院
    ※方丈では襖絵(オリジナルデザイン)奉納
    料金:無料(通常の拝観料は必要)
    お問い合わせ先:高台寺 広報担当 / TEL:075-561-9966
    作品に関するお問い合わせ:バロン・プロ企画/TEL:03-3399-2364

【バロン吉元 プロフィール】

漫画家、画家。旧満州生まれ、鹿児島県指宿市育ち。高校時より画家を志し、上京。武蔵野美術大学西洋画科、セツ・モードセミナーへ入学。1959 年の漫画家デビュー後、1970 年代にかけて巻き起こった劇画ブームの全盛期を築いた劇画家のひとりとなり、代表作である「柔侠伝」シリーズ、「どん亀野郎」「殴り屋」等、多数の作品を発表。しかし人気絶頂であった1980 年、全ての連載を終わらせ単身渡米、マーベル・コミックで執筆。帰国後は漫画と並行して一枚絵の制作を始める。2003 年、文化庁指名により第一回文化庁文化交流使としてスウェーデンへ赴任。現在に至るまで国内外で展覧会を開催。主な受賞歴は、第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞(1998 年)二科展奨励賞(1992 年・1994 年)現創展都知事賞(2013 年) 。

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る