観光ガイド付き初夏の嵐電貸切ツアーで奥深い京都に触れよう


梅雨の雨水をふくみ、苔や青もみじがみずみずしい風情で楽しませてくれる6月。より深い京都をテーマとした「嵐電(らんでん)」の観光ツアーが開催されます。

嵐山や龍安寺、東映太秦映画村など京都洛西エリアの観光名所に連れて行ってくれるローカル電車「嵐電(らんでん)」。今回のツアーのポイントは…

★観光ガイド付き貸切電車でらくらく移動

集合場所の「四条大宮駅」から「鹿王院」までは電車で移動。車内は観光ガイドの案内付き。

★沙羅双樹と青もみじの美しい鹿王院へ

京都ツウの中にもファンが多い「鹿王院」は嵐山から近い場所にありながらも静かに拝観できるお寺です。山門から続くもみじの参道、嵐山を借景とした庭園…清々しい空間で心落ち着く時間が過ごせるはず。しかも住職のご案内で拝観できます。

★鹿王院の非公開エリアでランチ

庭に面した通常非公開の客殿内で昼食がいただけます。お料理はなんと、太秦にある割烹料理の名店「割烹 てっ平」の特別懐石弁当。

★車折神社で夏越祓体験

鹿王院から歩いて車折神社へ(徒歩約9分)。神職の案内で正式参拝を行います。さらに半年のけがれを祓う京都の年中行事・夏越祓の季節ということで、茅の輪くぐりも体験できます。ご利益をたっぷり授かりましょう。

通常の散策ではできないことができてしまう、嵐電のスペシャルな沿線巡りツアー。事前予約制です。雨でもじゅうぶん楽しめるツアーだと思うので、京都の初夏を満喫しに参加されてみてはいかがでしょうか。

沙羅双樹の鹿王院~嵐電 観光ガイド付き貸切電車で行く京の夏旅

開催日:2017年6月25日(日)、26日(月)、28日(水)
受付開始時間:10:00
集合場所:四条大宮駅
解散予定時間:15:00
参加費:おひとり6,900円
定員:各日30名(先着順で定員になり次第受付終了)
http://randen.keifuku.co.jp/randen_news/detail.php?id=146

お申し込みフォームはこちら

お問い合わせ
  • 京福電気鉄道(株)管理部
    TEL.075-277-2877(平日9:00~17:00)
    E-mail rokuoin@keifuku.co.jp

京都でホタルを鑑賞しよう 京都のホタル名所2017


京都市内を中心に主なホタル鑑賞スポットをまとめてみました。

☆京都の蛍スポット1:哲学の道

どのあたりでホタルが多く見られるかは、年によってまちまちだそうです。
白川通から西側の疏水沿いがおすすめという情報あり。
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/tetsugakunomichi/

☆京都の蛍スポット2:上賀茂神社

境内東側の「ならの小川」でホタルが見られるようです。
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/kamigamojinja/

☆京都の蛍スポット3:下鴨神社

御手洗池に置かれたかごから約600匹のホタルが放たれる「蛍火の茶会」と「糺の森納涼市」を6月10日に開催(17時~21時)
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/shimogamojinja/

☆京都の蛍スポット4:大原

建礼門院ゆかりの寂光院前や草生川周辺がホタル鑑賞ポイントだそうです。

☆京都の蛍スポット5:高雄

高雄の夜の川床では、蛍の観賞シーズンになると消灯タイムがあります。川床には屋根もあるので多少の雨も心配無用。

≪高雄の川床≫
もみぢ家 別館 川の庵
高雄錦水亭
高雄観光ホテル

☆京都の蛍スポット6:貴船・鞍馬

鞍馬川と貴船川がホタルの鑑賞ポイント。6月ではなく7月上旬頃が見頃の時期だそう。貴船口駅近くの「蛍岩」周辺がおすすめという噂。

☆京都の蛍スポット7:清滝

清滝道を北上し、清滝トンネルをくぐった先にある集落・清滝。愛宕山東南ふもとの地域で与謝野晶子などの文人とのゆかりもあります。

☆京都の蛍スポット8:白川

巽橋付近や、知恩院に続く華頂通の知恩院総門付近、地下鉄東山駅から大鳥居方面へと続く白川沿いで蛍観賞ができるようです。

☆京都の蛍スポット9:建仁寺塔頭霊源院

5/28「甘茶の庭 夜間拝観」と蛍の放生会(19時~22時閉門/一般500円)
霊源院境内にある「甘露庭」ライトアップ拝観とともに蛍の放生会を実施。なお5月20日〜6月18日の日中は、「甘露庭 」 特別公開を実施。
http://www.reigenin.jp/

☆京都の蛍スポット10:宝ヶ池

国際会館の北側にある「椿の道」、長代川付近でホタルを見ることも。

☆京都の蛍スポット11:京都水族館

6/3~7/9「ほたるの夜」では営業時間を20時まで延長。18時からはホタルの光のようなランタンを持って水族館内を散策。蛍をテーマとした体験プログラムやイルミネーション、特別ドリンク「ほたるのひかりソーダ」も販売。
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/kyoto-aquarium/

☆京都の蛍スポット12:宇治市植物公園

5/20~6/11 「第12回蛍ナイター」(日没~21時半・21時受付終了/夜間入園料金一般300円)期間中の土日は無料シャトルバス運行
http://uji-citypark.jp/botanical/publics/index/21/

☆京都の蛍スポット13:けいはんな記念公園 水景園

5/26~6/18 の金土日月「蛍鑑賞会」(19時~21時半・21時受付終了/一般400円)ホタルが光り始めるのは19:45頃からとのこと。
http://keihanna-park.net/event/hotaru_0526/

☆京都の蛍スポット14:亀岡市犬甘野地区

亀岡市西別院町を流れる犬甘野川に蛍が生息。見頃は、5月下旬~6月中旬とのこと。6/17「ほたるのふるさとコンサート」を開催。
http://www.inukanno.jp/news/

雨の日は水の神様「貴船神社」の特別なアイテムをもって出かけよう


京の奥座敷と呼ばれる貴船に鎮座し、水の神様をまつる「貴船神社」。社殿前の授与所にいけば、水にまつわる授与品や頒布品がたくさん並んでいます。

その中で、これから迎える

梅雨の季節に使いたい貴船神社限定品

をご紹介したいと思います。

まず、雨が降った時に必要なものといえば傘ですよね。淡いカラーが涼し気な貴船神社オリジナルの「きふね傘」は今年の新アイテムです。

近づいて見ると「きふね」文様が。カラーは2色。ほんのり染まる桜色がかわいらしい白×ピンクと…

白×グレー。こちらは大人っぽいクールな印象になりますね。

龍神様をまつる貴船神社。傘を止めるテープには刺繍で龍の絵と社名があしらわれています。

取っ手の部分はチャーム付き。

■『きふね傘』(長さ60cm)2800円

雨に濡れたら、タオルやハンカチで濡れた体やカバンをさっと拭きたくなります。貴船神社の「きふねハンカチタオル」は傘と同じ文様。お揃いでそろえてみるのはいかがでしょうか。ブル―とピンク、2カラーでのご用意。貴船神社のご利益も込めて、家族や友人へのおみやげにするのもいいかもしれませんね。

■『きふねハンカチタオル』(500円)

大きいサイズでないと!という方はタオルをどうぞ。

■『きふねタオル』(1200円)

梅雨の季節は歩くと喉も乾いてきます。貴船神社の御神水で仕立てた「御神水ラムネ」でひと休憩しませんか。


■『御神水ラムネ』(500円)

喉をさわやかに潤しながら、雨つゆに濡れる貴船の風景を眺めてみれば、きっと心洗われる時間が過ごせるはず。和風パッケージのラムネなので、浴衣や着物姿で飲むと絵になりそうですね。

いかがでしょうか。
雨が降ると出かけるのが億劫になったりもしますが、神社のアイテムを持つことで、気持ちもシャンとしそうですよね。さりげないデザインなので、普段着にも合いますよ。

貴船神社におでかけの際は本宮の授与所をぜひチェックしてみてくださいね。

貴船エリアのおすすめ動画

※貴船神社の新緑ライトアップは2017年5月3日〜7日、13日〜28日の土・日に開催(夕暮れ~20時)

貴船神社