京都いいとこブログ

妖怪コロッケシリーズ


梅の開花でにぎわう北野天満宮の南側。平安京の時代、夜の一条通を妖怪たちが練り歩いたという「百鬼夜行」の伝説から「一条妖怪ストリート」と呼ばれている商店街「大将軍商店街」があります。

その妖怪ストリートにちなんだ名物をつくるのが、創業50年をこえる「山田コロッケ店」。

名物は竹墨を使った衣の中には抹茶を混ぜ込んだじゃがいもという「妖怪コロッケ」。

さらには、中がピリ辛キムチという【妖怪コロッケ「怒り」】、チーズ入りカレー風味でAKB48 Team 8 が名付け親という【妖怪コロッケ8(エイト)】とシリーズ化しています。

コロッケはこばらがすいたときにもぴったりですよね。散策のおともにいかがでしょうか。

春旅・お花見のお供に京都いいとこマップ最新号!


春らんまんな1冊ができあがりました!写真右側のかわいいこの子もご紹介しております。

勘の良い方なら、これで今回の特集エリアがどこなのか分かっちゃいますね。そう、あの場所ですよ。

ただいま設置先に配送中です。(設置先一覧

3月1日頃には公式サイトからお読みいただけます。

パワーアップした北野天満宮


25日に梅花祭を控えている「北野天満宮」の梅苑にいってきました。開花状況は5分咲き。梅のかぐわしい香りが楽しめます。

北野天満宮境内の西側ですが、整備が進み、小川の流れる庭園のようになっています。

茶処では梅の香煎と、老松のふやき煎餅。お味噌と梅の味2種でいっぷく。


Feeds
Meta