映画・神さまの轍2/24京都地区先行ロードショー


京都を舞台にした映画「神さまの轍-Checkpoint of the life-」。原作なしのオリジナルストーリーでロードバイクを巡る若者たちの青春ストーリーとなっています。

舞台は京都府南部の井手町。ロードバイクの人には良く知られている町で、編集部のロードバイク愛好家Yさんも何度も訪れたことがあるといっていました。古代の歴史、地蔵禅院の桜、自然と歴史がおりなす、京都の田舎町です。

主演はD-BOYSのメンバーのひとりで、武田鉄矢主演ドラマ『水戸黄門』の格さん役を演じた荒井淳史、そして、月9『貴族探偵』や朝ドラ『ひよっこ』などに出演の岡山天音のダブル主演。そして阿部進之介さん、津田寛治さん、六角精児さんといったベテラン陣が脇をかためています。若者たちの夢や友情、葛藤を描き、クライマックスは迫力あるレースシーンとのこと!

2018年2月24日に京都・神戸で先行公開、3月3日大阪、3月17日東京と順次全国ロードショーされる「神さまの轍-Checkpoint of the life-」。青春×京都×自転車な映画、ぜひチェックしてみてください。

http://kamisamanowadachi.com/

出町と出町柳は似て非なるもの


ここの景色が大好き!という人も多いはず。賀茂川と高野川が合流し鴨川となる三角州。

この付近に叡山電車や京阪電車の出町柳駅があり、「出町柳」と呼んでいる人も多いと思います。

ですが!

じつは鴨川の西が「出町」、東を「出町柳」と、呼称が異なることをご存知でしょうか。

まず「出町」とは、江戸時代頃から河原町今出川一帯を指す地名です。そして「出町柳」は、「柳の辻」という地に叡山電車の駅が開業した際、出町と合体して付けられた駅の名称なんです。出町柳はあくまで駅の名称。それが駅周辺の土地までも出町柳と呼び表すようになったんですね。

ぜひ使い分けてみてください!

冬の嵐山の朝


7時前の嵐山・渡月橋。

雲にじゃまされてしまいましたが日の出の時間もきれいな場所です。

阪急電車・嵐山駅のホームもロマンチック。