【京都の紅葉2017】ゆっくり歩ける「赤山禅院」


■赤山禅院(11/14)

修学院離宮の北側に位置する、もみじ寺こと「赤山禅院」へ行ってきました。山門前は染まり始めですが…

門をくぐってすぐ、きれいに染まった木々が出迎えてくれます。赤山禅院に行ったのは拝観終了間際。静かな参道をゆっくり歩くことができました。

ちなみに、修学院離宮の門近くの紅葉もきれいに染まっていましたよ。赤山禅院から修学院離宮前を通って曼殊院門跡や鷺森神社方面に歩くコースもおすすめです。「紅葉の山歩き町歩き 修学院・一乗寺」編には周辺のカフェや食事処もご紹介しています。お出かけの参考にしてみてくださいね!

【京都の紅葉2017】穴場の京都紅葉スポット「猿丸神社」「正寿院」


■猿丸神社(11/12)

京都府の山城エリアにある「宇治田原町」。その境内や参道が紅葉で彩られる「猿丸神社」は紅葉の穴場名所です。訪問時は社殿裏手の紅葉がきれいに色づいており、参道は色づき始めという感じでした。

猿丸神社は三十六歌仙の一人・猿丸太夫をおまつりする神社。身体にできる腫物の病を癒すご利益があるとされ、深く信仰されています。おさるさんの絵馬やおみくじもあって参拝記念におすすめです。

■正寿院(11/12)

ちょうど今年奈良のほうで特別展「快慶」が行われましたが、その快慶作のお不動さんを有する寺院です。客殿には猪目(いのめ)窓。その向こうに見える木々が紅葉しはじめています。猪目とはいわゆるハートの形のことで、実は日本古来の文様なんですね。

境内には落ち葉でつくったハートとお地蔵さん。ほっこりしますね。

ちなみに、2017年11月の土日には宇治田原町をめぐる観光周遊バスを運行されるとか。くわしくは公式HPの新着情報をご確認ください。

▼宇治田原町観光サイト
https://ujitawara-kyoto.com/

今年大注目のあの戦の跡地を巡る楽しみ満載のお散歩ツアー


京都の町を案内してくれるウォーキングツアー「WALKING KYOTO 都町通り にわか雨上ル」。この秋、新しいツアーがはじまりました!それがこちら。

知らん?! わからん?! 応仁の乱?!
花の御所-足利義政の影と光、
わかりやすい応仁の乱、初心者向き!

※おまけのパントマイム・パフォーマンスあり?!(投げ銭歓迎!)

室町時代に起きた「応仁の乱」は今年勃発550年という節目の年。関連書籍がヒットするなど、今年大きな注目を集めています。

そんな「応仁の乱」の時代を初心者の方にわかりやすくお話しするとともに、応仁の乱の跡地をお散歩しようというツアーです。

応仁の乱は、地下鉄の今出川駅周辺や、織物の町で有名な西陣エリアが主な戦地でした。西陣という名前も応仁の乱に関係があるんですよ。ちなみに、西に対して今出川駅周辺は東陣と呼ばれます。

応仁の乱ゆかりの地を散歩した後には、案内人によるパントマイムのミニパフォーマンスを実施。京都の風景を借景にした、レトロでオーソドックス、ハートウォーミングな、大人が楽しめるパントマイムの世界が楽しめます。※天候などにより実施できない場合があります

今回のお散歩ツアーは、最新号「京都いいとこマップ11/12月号」にて掲載中の「応仁の乱・東陣・西陣歩き」に基づくコースをとります。とはいえ、掲載していないスポットや情報も満載ですよ。

基本的に土日祝に開催されるこちらのツアー。
直近の開催日はこちらです。

11月19日(日)
11月23日(祝) 
11月25日(土) 
12月2日(土) 
12月3日(日)
12月16日(土)

いずれも5日前に募集締切。早期に締め切ることもあるようなので
気になったらまずはお問い合わせしてみてくださいね。

所要時間:2時間半~3時間程度。地下鉄鞍馬口駅が集合場所&スタート地点です。
10名までの限定ツアーなので、歴史好きな方もお散歩好きな方もじっくり堪能できるはず。お一人様OKなので、初冬の京都と一緒に、今年注目の史跡を巡ってみてはいかがでしょうか。

料金・予約などくわしくはこちらのサイトをご確認ください。