真如堂と安楽寺


祇園祭の後祭巡行が終わった翌日の7月25日。哲学の道近くにある「安楽寺」で「中風まじない鹿ヶ谷かぼちゃ供養」が行われます。京野菜の「鹿ヶ谷カボチャ」を食べて、中風にならないようにと願う行事です。

江戸時代、青森から持ち帰ったかぼちゃの種をこの地で栽培すると、ひょうたん型のかぼちゃができ、当時の安楽寺住職が「夏の土用の頃に鹿ヶ谷かぼちゃをふるまえば中風にならない」というご本尊のお告げを受けたことで、この行事がはじまりました。当日は、虫干しも兼ねて宝物も公開されます。

その安楽寺の西側にある丘の上の「真如堂」では、おなじく7月25日に「宝物虫払会」が行われます。貴重な寺宝約200点を虫干しし一般公開する、年に一度の行事です(雨天中止)。当日は、暑気払いとして、ビワの葉などを煎じた「びわ湯」もふるまいも。

写真は安楽寺近くの坂の上から西側を向いた時の眺めです。緑の部分が吉田山あたり。画面左の方が真如堂のある方向です。

安楽寺も真如堂も、夏の緑が満喫できる場所。夏の行事を楽しみつつ、出かけてみてはいかがでしょうか。

■安楽寺
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/anrakuji/
■真如堂
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/shinnyodo/

祇園祭は発祥の地「神泉苑」にもいってみよう


本日21日より後祭の宵山がはじまります。

復活してから年々にぎわいをみせている後祭宵山。屋台は出ないといわれていますが、京都芸術センターのエコ屋台村をはじめ、近隣店舗が独自で祇園祭限定メニューを店頭販売しているところもあります。搭乗できる山鉾もありますので、ぜひ後祭宵山もお楽しみください!

宵山グルメ特集
 ※日付を要チェック
後祭の山鉾マップ
後祭関連の交通規制情報

さて、佳境にせまってきた祇園祭ですが、その起源は、1100年以上前。今の「神泉苑」で「御霊会(ごりょうえ)」という疫病退散の儀式を行ったことが祇園祭のはじまりと伝わります。神泉苑は御池通り沿いにあるお寺ですが、当時は天皇の禁苑(庭)でした。皇室の庭では、こういった国家的な儀式も執り行われていたんですね。

そんなゆかりもあって、神泉苑では24日、祇園祭のお神輿がやってきます(19時頃)。24日は後祭の山鉾巡行が行われ、その夕刻に神輿渡御(還幸祭)が行われる日。神輿渡御は、八坂神社の神様を遷した3基の神輿が、それぞれのルートを通って八坂神社に戻ります。そのうちの中御座の神輿が神泉苑にやってくるんです。境内では、小さな剣鉾(山鉾のルーツ)がまつられたり、よかろう太鼓の奉納(18:30頃)なども実施。

ちなみに神泉苑には、様々な種類の御朱印が用意されています。今の季節ならおすすめがこちら。御霊会の御朱印です。

神泉苑は「烏丸御池」駅から東西線で次の駅「二条城前」駅が最寄りです。後祭でにぎわう山鉾町とともに巡ってみてはいかがでしょうか。

神泉苑について

まるで異次元、夏夜の伏見稲荷大社


伏見稲荷大社の7月の行事「本宮祭(もとみやさい)」。全国の崇敬者が総本宮に参拝し、日々の神の恵みに感謝する大祭です。前日の宵宮祭では、稲荷山から境内全域に至って献納提灯や石灯篭、行灯に灯りをともす万灯神事が行われます。写真はその時の様子です。

とにかく人が多いです。千本鳥居は人でぎゅうぎゅう。なかなか進まないので向かう人は心の準備と対策を。

踊りなどの催しも行われます。

伏見稲荷と言えばキツネさんですが…

参道で販売されているお面も大人気。サイズや絵柄はいろいろあります。お気に入りを見つけてください。

【伏見稲荷大社の本宮祭】
2017年7月23日
※宵宮は22日