京都いいとこブログ > 京都の行事 > 京都のライトアップ

「京都のライトアップ」一覧

(全21 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

【京都ものづくり紀行vol1】ロームからの感謝の想い、温かな光を地域に届ける「ロームイルミネーション」


86万球の灯りをともす、京都市最大級のイルミネーションイベント「ロームイルミネーション」。第21回目を迎える令和最初のイルミネーションは、11月22日からスタートしました。

初日は子どもたちによるカウントダウンを実施。モニターにもカウントダウンの数字が映し出されます。一斉に電飾が点灯した後はオープニングコンサートが開催されました。点灯前は雨がぱらついていましたが、点灯後、気づけば天候回復。光と音楽が空まで届いたのかもしれませんね。

このイベントを企画・運営する「ローム株式会社」は、1954年に京都で創業。日本の企業の中でいち早くシリコンバレーに進出するなど、創業以来のベンチャー精神で挑戦を重ね、今や世界各地に拠点をもつ電子部品メーカーとして知られています。

「品質第一」でつくられるロームの製品は、パソコンなどの電化製品や、京都・花灯路の露地行灯など様々な場で活用されています。ロームの製品とは気づかなくても、じつは暮らしのそばにある、縁の下の力持ちのような製品を手がけているんですね。

「ロームイルミネーション」は、そんなロームの本社周辺で行われます。本社一帯には工場や施設が建ち並んでいますが、街路樹や公園など緑の空間も多く整備されています。じつはこの緑地化もロームが手掛けたものでした。
「≪森の中の工場≫をテーマに、地域の皆様が暮らしやすいよう本社周辺の緑地化を進めました。しかし冬は木々が落葉し、さびしい雰囲気になってしまいます。それを少しでも明るくしようとはじまったのがこのイルミネーションです」(広報担当談)。

「地域の人が温かな気持ちになれるように」。この想いを基本に開催してきた「ロームイルミネーション」。メタセコイアの並木道「光のプロムナード」では、やわらかな電球色で統一されたイルミネーションが木々の枝1本1本までていねいに張り巡らされています。また、音楽と呼応するイルミネーションショー(光のカクテルガーデン)も毎日開催されています。

ほかにも【土日祝限定】で多彩な催しを実施しています。
・大学生サークルによる関西最大級のアカペラコンサート
・プロが撮影してくれるフォトサービス(イルミネーションスマイルフォト)
・「小川珈琲」によるドリンク・お菓子類の販売
など、いずれも毎年好評の企画です。

そして今年新たに登場した土日祝限定企画が
「Lighting Garden」です。

名倉公園に現れた2つの光のドーム。
ひとつは「flower」、もうひとつは「music」をテーマにデザインした空間です。土日祝には室内でフォトジェニックな写真が撮影できます。

こうした「ロームイルミネーション」を企画運営するのは、ロームで働く社員のみなさん。それぞれの業務をこなしながら、イルミネーションの準備を進めていくそうです。「仕事終わりに会社の外へ出ると、たくさんの人が笑顔で歩いているんですよね。そういった姿を見ると今年もやってよかったと感じます」(運営スタッフ談)。イベント当日の運営ボランティアスタッフを募った時も、応募者多数で定員オーバーになったとか。また、こうした社会貢献イベントを企画していることに魅力を感じ、入社を希望する若いひとたちも少なくないそうです。「ロームイルミネーション」は社員の皆さんにとって「誇り」そのものなのかもしれません。

ちなみに、「ロームイルミネーション」初日のオープニングコンサートで演奏したのは、有志のローム社員で結成された「ローム シンフォニックバンド」です。「音楽でたくさんの笑顔を!」を合言葉に、社内行事をはじめ、福祉施設や地域イベントでも演奏を行っているとか。オープニングコンサートでは子どもたちに大人気の「パプリカ」も演奏。会場にいる老若男女を笑顔にしていました。

ただ夜の街を光で灯すだけでなく、様々な趣向を凝らしてきたローム主催のイルミネーション。その根底には、常に周囲への感謝の想いがありました。開催21回目を迎える今年も「地域の人に喜んでほしい」という想いをこめて、あたたかな光で人々に笑顔を届けます。

▼ロームイルミネーション2019
2019年11月22日(金)~12月25日(水)
16:45~22:00※11/22のみ17:30~
ローム本社(右京区西院溝崎町21)周辺、名倉公園
※土日祝のイベントは雨天中止の場合あり
市バス「西大路五条」バス停から徒歩5分
https://www.rohm.co.jp/illumination

▼会期中はInstagramフォトコンテスト実施!
https://www.instagram.com/rohm_jp_kyoto.illumination/

仕事帰りのリフレッシュにもおすすめ!京都のお寺「鹿王院」の紅葉ライトアップへ出かけませんか


穴場の紅葉スポットとして、京都ツウの人々にも人気の「鹿王院(ろくおういん)」。足利将軍ゆかりのお寺で、普段は嵐山を借景とした庭園や歴史ある仏像が拝観できます。

そんな鹿王院にて11月23日(金・祝)~12月9日(日)に夜間特別拝観を実施。平日は定員100名、土休日は定員150名と人数を限定して開催するので、京都の紅葉シーズン名物ともいえる大大大混雑の中の紅葉狩り…というのは回避できそうです!

鹿王院の紅葉ポイントは、まず入口の山門から続く紅葉のアプローチ。今年の色づきは遅めのようで、11月22日時点で3分ほどの色づきといったところでしょうか。

なお、山門を背にして参道を歩いた時の左手にある竹林もライトアップされているのでお見逃しなく。

靴を脱いで客殿の廊下へ向かうと、紅葉がほんのり彩りを添える庭園が目の前に広がります。舎利殿の佇まいもクールでかっこいい。

今年は客殿の一室でお茶席が設けられています(呈茶代は拝観料込)。客殿の裏にある普段は見られない中庭と本庭に挟まれた薄明りの部屋にて、お抹茶とお饅頭で一服。

「鹿王院」なだけに「鹿」の焼印!うれしい演出です。ほんのり優しい甘みと上品な抹茶の苦みが1日の疲れさえもとってくれるようでした。ちなみに、鹿王院という名は、建立時に野鹿の群れが集まってきたことにちなんで名づけられたそうです。

さらには拝観された方々に、お守りとポストカードの記念品も。思い出の品になりますね。

鹿王院の夜間拝観ライトアップ。比較的、土日がすぐ埋まりがちとのこと。ということは平日がねらい目です。仕事・学校帰りや夕食前後に立ち寄る計画をしてみては?きっとリフレッシュできますよ。

申し込みの空き状況はご予約フォームから確認できます
http://randen.keifuku.co.jp/randen_news/detail.php?id=306

ちなみに「鹿王院」のすぐそばには「鹿王湯」というローカルな銭湯があります。季節柄、夜の散策はどうしても体が冷えてしまうもの。温まってから帰るのもアリだと思います。

【鹿王院 夜間特別拝観 概要】

●開催期間:2018年11月23日(金・祝)~12月9日(日)
●開催時間:17時30分~19時30分(受付終了19時)
●拝観料:おひとり1500円(呈茶・拝観記念品つき)
●事前申込制(平日:定員100名限定、土休日:定員150名限定)
●アクセス:嵐電「鹿王院駅」より徒歩約4分、阪急「嵐山駅」より徒歩約18分

【申し込みについて】

下記サイトよりご予約ください
http://randen.keifuku.co.jp/randen_news/detail.php?id=306
●申し込みは拝観希望日の前日まで受付されていますが、定員になり次第、受付終了です。
●キャンセル等により空き枠が生じた場合は受付が再開されます。
●電話等による受付は行われておりません。
●拝観料は申し込み時にクレジットカード払い。
●申し込み受付完了後に自動送信メールが送られます。携帯電話のメールアドレスでは受信できない場合がありますので設定をご確認ください。

【各種問い合わせ先】

京福電気鉄道 沿線深耕 鹿王院係
TEL075-277-2877(平日9時~17時)

★おまけ
取材させていただいた22日、境内上空にはきれいなお月さん。ぱちりと1枚撮ったところ…

煌めきました。満月は11月23日だそうなので、拝観時は空も見上げてみてくださいね。うまくいけば紅葉と一緒に撮れるかも?

7/20~夏の夜は下鴨へ、旧三井家の別邸夜間ライトアップとみたらし祭


下鴨神社の南側にある豪商・旧三井家の別邸。2018年の「京の夏の旅」キャンペーンにおいては、普段非公開の「主屋2階」が特別公開されています。

そして来たる7/20~29は夜間開館を実施!主屋1階と庭園が見学できます。

入場料はワンドリンク付き1000円(小中高生500円)。入場口でもらったチケットと引き換えでソフトドリンクやビールなどが用意されており、建物1階のカフェスペースでひと休みできます。軒先には風鈴が設置され、涼し気な音を奏でていました。

【旧三井家下鴨別邸 夜間開館2018】
7/20~29、17:30~21:00(最終受付20:30)(ワンドリンク付き・1000円)
https://kyokanko.or.jp/natsu2018/natsutabi18_06.html#06

さらに同期間中、下鴨神社では恒例の「みたらし祭」が実施されます。みたらし祭は「足つけ神事」といわれ、境内の御手洗池に足をつけて穢れを払うというもの。

まず、受付にて灯明料をおさめます。棒つきのろうそくをいただいたら池へ入り、御手洗池の井上社へ献灯します。池は意外と深いので、靴と靴下をぬぎ、ズボンをひざまでまくりあげましょう。この水がものすごく冷たいのですが抜群に清められている気分になれます。今年が40度近い酷暑でもあの冷たさはなかなかのものだと思いますので、ぜひ体験してみてくださいね。タオルがあると便利ですよ。寒さに弱い人でサンダルなどで出かける人は、一時的にはく靴下を持っておくといいかも。

【みたらし祭 2018】
9:00~21:00(20日のみ5:30~21:00)
灯明料300円

下鴨でぞんぶんに夏の涼が楽しめそうですね。

★旧三井家下鴨別邸が表紙の「京都いいとこマップ」最新号もチェック

京の七夕、3会場が12日にフィナーレです!


「京の七夕」のメイン7会場のうち3会場が12日で一足早くフィナーレを迎えます。それが

・堀川会場
・鴨川会場
・梅小路公園会場

です。

▼堀川会場

▼鴨川会場

▼梅小路公園会場は写真(京都いいとこフォト)でどうぞ!

鴨川も堀川も梅小路公園も、ふだんは人々の憩いの場。そんな場所があらゆる灯りの仕掛けで幻想的に演出されている…いつもの場所がいつもの場所じゃないみたいですよね。8月12日がこの3会場は最終日です。どうぞお見逃しなく!

▼京の七夕 公式サイト
http://www.kyoto-tanabata.jp/

▼抽選で賞品が当たる 京の七夕 願いごとキャンペーン
http://www.kyoto-tanabata.jp/negai/

▼京の七夕願いごとキャンペーンInstagram
https://www.instagram.com/kyoto_negai/

▼京都いいとこウェブ 京の七夕特集
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/08/theme3/

≪京の七夕に関する詳細内容・お問い合わせ≫
京の七夕実行委員会事務局(京都市観光MICE推進室内) 
075-222-0389

京の夏の夜は高台寺へ


大河ドラマ「真田丸」で秀吉の最期が近づいていますね。京都東山にある「高台寺」は、亡き秀吉を弔うために、正室・北政所が創建しました。その高台寺では、8月、様々な行事が行われます。

1:百鬼夜行展 — 京の夏の旅 —

高台寺ならびに圓徳院にて、所蔵している「百鬼夜行絵巻」や「幽霊図」などを展示公開しています。また、境内の最も高い場所に位置し、ねね様も眺めたという景色を体感できる「展望台」も初公開!さらには高台寺開山堂の天井に描かれた龍図も特別公開します。

【開催概要】
開催期間:2016年7月9日(土)~9月30日(金)
場所:高台寺・圓徳院
拝観時間
・高台寺/9:00~17:00受付終了(17:30閉門)
・圓徳院/10:00~17:00受付終了(17:30閉門)
・高台寺「掌美術館」/9:30~17:00受付終了(18:00閉門)

2:夏の夜間特別拝観 3Dプロジェクションマッピング

「百鬼夜行」をテーマに、妖怪などが登場するユーモラスな映像が音楽にあわせて白砂の庭園へと映し出されます。

【開催概要】
開催期間:2016年8月1日(月)~18日(木)
場所:高台寺
拝観時間
日没後に点灯~21:30受付終了(22:00閉門)

3:高台寺特別茶会 夕涼み 浴衣の茶会

夜間特別拝観期間に行われる夏の茶会。軽装で気軽にご参加いただける茶会ですが、浴衣だと風情も増します。そして料金もお得に。ぜひご参加ください。

【開催概要】
開催期間:2016年8月5日~14日の金土日
受付時間:17:00~18:00(所要約60分)
料金:1名(一般)につき 3000円(拝観付)
※浴衣着用の方2500円
予約:要予約
※参加希望前日の16時までにご予約ください
▼ご予約・お問い合わせ
高台寺 TEL075-561-9966


▼高台寺公式サイト
http://www.kodaiji.com/index.html

2016年の「京の七夕」は会場数が増えます!


8月の恒例イベント「京の七夕」。今まで堀川と鴨川の両会場を中心に行われてきましたが、2016年より会場が増加!6つの会場を舞台に開催されることとなりました!会場によって開催期間、内容も異なります。例年以上に盛り上がりそうですね。

イベントに先駆け、現在「京の七夕願いごとキャンペーン」というものも実施。
くわしくはこちらをどうぞ。

▼京の七夕について
http://www.kyoto-tanabata.jp/

京の奥座敷で夕涼み


うだるような暑さの京都。少しでも涼を感じようと人々が足を運ぶ、夏の京の奥座敷「貴船」。

昼間の貴船も良いですが、夏はぜひ夕暮れ以降に出かけてみてはいかがでしょうか。毎年恒例、貴船神社の「七夕笹飾りライトアップ」が開催中です!

境内に用意された短冊に願いを書いて笹に結べば、イベント期間終了後にご神前でお祓いのうえご祈願していただけます。灯りにほんのり照らされた青もみじや社殿の雰囲気もじつに幻想的。浴衣を着て、夕涼みを楽しむカップルやご夫婦の方も多いですよ。帰りは夜の川床でお食事…なんて贅沢な時間を過ごしてみるのも粋ですね。

行けない人も、これから行く予定の人も、まずは映像でその様子をご満喫ください。

なお、貴船神社まで行く時に使う「叡山電車」。8月4日までの金土・休日、そして8月5日~15日の間、もみじのトンネルライトアップ(市原駅~二ノ瀬駅間)を行います。秋のライトアップで有名な叡山電車のもみじのトンネル。夏のライトアップ開催は今年初の試み!くわしくはこちらをどうぞ。


【七夕笹飾りライトアップ概要】
2016年7月1日(水)~8月15日(土)
点灯時間夕暮れ~20:00(土日祝のみ21:00まで)
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/kifunejinja/
※期間中は叡山電車「貴船口」駅から京都バスがライトアップに合わせて運行


主な京都イルミネーション2015まとめ


2015年も1ヶ月とあと数日。

紅葉と同時に冬のイルミネーション行事が

11月から始まったところがありますね。

今回は京都府の主なイルミネーション行事をまとめてみました。

■京都駅ビル クリスマスイルミネーション

京都駅の高さ約22mのクリスマスツリー
2015年11月14日~2016年2月29日/京都駅ビル大階段周辺
17時~22時30分

■アグネス・イルミネーション2015

2015年のテーマは「大空」。
手作りのイルミネーションはご近所さんも楽しみにしているイベント。
2015年11月22日~12月25日/平安女学院 京都キャンパス一帯
16時30分~21時

■ロームイルミネーション

社会貢献の一環として行われているイルミネーション。
昨年より約20万増やして、約80万個のLED電球を点灯。
2015年11月26日~12月25日/ローム本社周辺・名倉公園
16時45分~22時

■光のページェント TWINKLE JOYO 2015

約60万球のイルミネーション。
60mの青のトンネルや白く光るトンネルなど必見。
2015年12月1日~12月25日/城陽市総合運動公園レクリエーションゾーン
17時30分~21時30分

■冬ほたる

新型LED電球を導入。200mの遊歩道の木々、琴滝にもイルミネーションアート。
ぜんざいやにしんそばなどの屋台も登場。
2015年12月11日~12月24日/船井郡京丹波町市森 琴滝公園
17時~22時

■京都・嵐山花灯路-2015

2005年に始まり、いまや師走の定番行事ともなった嵐山花灯路。
2015年12月11日~12月20日/嵯峨・嵐山エリア
17時~20時30分 雨天決行

北野七夕祭(北野紙屋川会場)昼の様子


8月1日~10日に行われている「京の七夕」。
メイン会場である堀川・鴨川のほかにも協賛事業として各地で様々なイベントが行われています。

たとえば、堀川会場からバスで行ける「北野天満宮」。
北野紙屋川会場として「北野七夕祭」を10日まで開催されています。

ご祭神・菅原道真公が詠まれたという七夕のうたもあり、
7月7日には御手洗祭・七夕祭を行う北野天満宮。七夕とはゆかり深い神社なのです。

期間中は「みんなの願いを天神さまに届けようプロジェクト」と題し、
「北野御手洗祭・特別梶の葉短冊」に願い事を書くことができます。
昔は、墨付きの良い梶の葉が願い事を書く短冊代わりだったそうです。
※上写真の提灯の下にぶら下がっている葉っぱは梶の葉をモチーフにしたもの。

御土居の特別公開・鶯橋、境内特別ライトアップ(日没~21時)も実施。

昼間の御土居は、青もみじの木陰が涼しかったですよ。
▼昼間の鶯橋。笹の葉がなびきます。

ほかにも、宝物館の京の七夕特別展、8日には和太鼓コンサートや「七夕子ども泣き相撲」も開催。

現在は、社殿前にて大福梅も干されている真っ最中(8月下旬頃まで)。
甘酸っぱい香りに胃袋がきゅっとつかまれます。

期間中はお土産のみですが長五郎餅本舗が境内茶店前にて日中出店。

北野紙屋川会場限定のアイテムも販売。
たとえばこれは「願い短冊セット」(短冊2種と特製サインペン付200円)。

北野天満宮のとなりの花街・上七軒の歌舞練場では
ビアガーデンも実施中(予約がおすすめ)。

イベント盛りだくさんの北野エリア。
京の七夕メイン会場とあわせて出かけてみては?

▼北野天満宮
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id205.html

【京都の桜2015】二条城(最終更新日3/20)二条城ライトアップ2015情報あり


【京都の桜名所】二条城

毎年約50種・200本を超える桜が楽しめる世界文化遺産「二条城」。
2015年は3月20日~4月12日の日程でライトアップが実施されます。
さらに2015年は、唐門においてプロジェクションマッピングが行われます!

■唐門 プロジェクションマッピング(1回約5分)

重要文化財の唐門・築地塀において、幅30メートルにわたり映し出される映像。
荘厳な音楽とともに流れる映像の中では、二条城が有する襖絵や庭園なども登場します。
門の向こうに将軍がいるのではないか…と感じさせるクールさ。

■内堀

本丸御殿を囲む内堀の石垣には、雅やかに泳ぐ錦鯉や桜の映像が投影されます。
ちなみに、水面の向こうに見える木々は本物の「桜」の木。
今はまだつぼみの状態でも、開花の時を待つ木々は迫力十分にライトアップされています。

■清流園

昨年好評だったというイルミネーションをバージョンアップ。
優雅な音色とともに光が移り変わっていく池泉回遊式山水園をお楽しみいただけます。(1回約3分)

ほかにも、創建約400年近く経過しているという木造建築「二の丸御殿台所」を公開し、
華道家元池坊による大型のいけばな作品を展示。花の前では箏曲の演奏(18:30から5回演奏/1回約20分)。

二条城の入口にあたる東大手門は工事中ですが、工事中だからこその光の演出も実施。

なお、二条城の桜の見頃シーズンは例年4月の1週目が過ぎたあたりとのこと。
(天気などによって見頃の時期は変わります)
(3/20時点で早咲きの桜が数本満開を迎えていました)

↓「もっと見てみたい!」「行きたくても行けない…」という方は、こちらの映像をどうぞ!

【開催概要】
・2015年3月20日(金)~4月12日(日) 
18時~21時30分(入城受付は21時まで)
※通常時間帯(17時閉城)の観覧と入替制
・観覧区域:二条城内(桜の園,清流園,二の丸御殿台所ほか)
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/

…ちなみに、夜間ライトアップでは、見学できる場所が限られています。
たとえば本丸御殿があるエリア。こちらにも桜スポットがあるのですが、見学できるのは昼のみ。
夜の二条城も、昼の二条城も出かけたくなりますね。
楽しみ盛りだくさんの春の二条城。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
・二条城について
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id177.html
・京都の桜特集
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/index.html

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る