京都いいとこブログ > 京都のパン・洋菓子 > 創業100年まであと9年「天狗堂海野製パン所」

創業100年まであと9年「天狗堂海野製パン所」


京都には新旧問わず、パン屋さんがいっぱいあります。
今週の月~金は「大正生まれのパン屋さん」を特集!
懐かしさもあれば斬新さもある大正創業のパン屋さん…お楽しみに!

1発目の月曜日は…
創業100年まであと9年、大正11年創業の「天狗堂海野製パン所」

三条御前にある天狗堂海野製パン所は地域密着型のパン屋さん。
同じく有名な松原通の「まるき製パン所」さんと同じように
対面式の古き良き風情を残すパン屋さんです。

TVに取り上げられたこともある人気商品「チョコホーン」
トルンっとしたチョコたっぷりです。

ちなみにホイップクリーム入りの「ホワイトホーン」は冬季限定。

朝ごはん用に、ベジタブルサンド。ハム、トマト、レタス。美味!

食べ応えある昔ながらのクッキー(大きい!)初代のオリジナルレシピだそうです。
ふくらし粉、砂糖、バター、薄力粉などを混ぜて→こねて→焼き上げます。

そして「あんパン」です!

自家製あんは、あっさりとしていて、さらっとした口当たり。
手前は「抹茶あん」なんですが「青バンズ」というネーミングで販売。

「青バンズ」と言いたくて、今日も食べてしまう青バンズ。
チョコホーンといい、青バンズといい、独特の言い回しも天狗堂さんの特徴かも。
(昔ながらの言い回しなんでしょうか??)

【ゆきち】

関連記事

 人気記事ベスト5
      None Found

いいとこ動画 Stories and Short Videos

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る