京都いいとこブログ > 京都の行事

「京都の行事」一覧

(全219 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

真如堂と安楽寺


祇園祭の後祭巡行が終わった翌日の7月25日。哲学の道近くにある「安楽寺」で「中風まじない鹿ヶ谷かぼちゃ供養」が行われます。京野菜の「鹿ヶ谷カボチャ」を食べて、中風にならないようにと願う行事です。

江戸時代、青森から持ち帰ったかぼちゃの種をこの地で栽培すると、ひょうたん型のかぼちゃができ、当時の安楽寺住職が「夏の土用の頃に鹿ヶ谷かぼちゃをふるまえば中風にならない」というご本尊のお告げを受けたことで、この行事がはじまりました。当日は、虫干しも兼ねて宝物も公開されます。

その安楽寺の西側にある丘の上の「真如堂」では、おなじく7月25日に「宝物虫払会」が行われます。貴重な寺宝約200点を虫干しし一般公開する、年に一度の行事です(雨天中止)。当日は、暑気払いとして、ビワの葉などを煎じた「びわ湯」もふるまいも。

写真は安楽寺近くの坂の上から西側を向いた時の眺めです。緑の部分が吉田山あたり。画面左の方が真如堂のある方向です。

安楽寺も真如堂も、夏の緑が満喫できる場所。夏の行事を楽しみつつ、出かけてみてはいかがでしょうか。

■安楽寺
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/anrakuji/
■真如堂
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/shinnyodo/

祇園祭は発祥の地「神泉苑」にもいってみよう


本日21日より後祭の宵山がはじまります。

復活してから年々にぎわいをみせている後祭宵山。屋台は出ないといわれていますが、京都芸術センターのエコ屋台村をはじめ、近隣店舗が独自で祇園祭限定メニューを店頭販売しているところもあります。搭乗できる山鉾もありますので、ぜひ後祭宵山もお楽しみください!

宵山グルメ特集
 ※日付を要チェック
後祭の山鉾マップ
後祭関連の交通規制情報

さて、佳境にせまってきた祇園祭ですが、その起源は、1100年以上前。今の「神泉苑」で「御霊会(ごりょうえ)」という疫病退散の儀式を行ったことが祇園祭のはじまりと伝わります。神泉苑は御池通り沿いにあるお寺ですが、当時は天皇の禁苑(庭)でした。皇室の庭では、こういった国家的な儀式も執り行われていたんですね。

そんなゆかりもあって、神泉苑では24日、祇園祭のお神輿がやってきます(19時頃)。24日は後祭の山鉾巡行が行われ、その夕刻に神輿渡御(還幸祭)が行われる日。神輿渡御は、八坂神社の神様を遷した3基の神輿が、それぞれのルートを通って八坂神社に戻ります。そのうちの中御座の神輿が神泉苑にやってくるんです。境内では、小さな剣鉾(山鉾のルーツ)がまつられたり、よかろう太鼓の奉納(18:30頃)なども実施。

ちなみに神泉苑には、様々な種類の御朱印が用意されています。今の季節ならおすすめがこちら。御霊会の御朱印です。

神泉苑は「烏丸御池」駅から東西線で次の駅「二条城前」駅が最寄りです。後祭でにぎわう山鉾町とともに巡ってみてはいかがでしょうか。

神泉苑について

まるで異次元、夏夜の伏見稲荷大社


伏見稲荷大社の7月の行事「本宮祭(もとみやさい)」。全国の崇敬者が総本宮に参拝し、日々の神の恵みに感謝する大祭です。前日の宵宮祭では、稲荷山から境内全域に至って献納提灯や石灯篭、行灯に灯りをともす万灯神事が行われます。写真はその時の様子です。

とにかく人が多いです。千本鳥居は人でぎゅうぎゅう。なかなか進まないので向かう人は心の準備と対策を。

踊りなどの催しも行われます。

伏見稲荷と言えばキツネさんですが…

参道で販売されているお面も大人気。サイズや絵柄はいろいろあります。お気に入りを見つけてください。

【伏見稲荷大社の本宮祭】
2017年7月23日
※宵宮は22日

きゅうりで健康祈願


祇園祭の前祭宵山が本日よりスタートしました。祇園祭は八坂神社のお祭り。その八坂神社の紋が輪切りにした時のきゅうりの切り口に似ていることから、祇園祭の間はきゅうりを食べてはいけないといわれています。

そんな「きゅうり」を使った疫病除けの行事が行われるのも7月です。弘法大師由来の行事で、これを「きゅうり封じ」と呼びます。

開催する寺院によって方法は少し異なるのですが、西賀茂にある「神光院」では、名前などを記入した半紙できゅうりを包み、紅白の水引で結びます。そのきゅうりを祈祷してもらい、境内の塚に納めるか、自宅に持って帰って土に埋めます。

写真はきゅうり塚の前におさめられたきゅうりたち。

7月14日はハス酒で健康祈願


宇治の名刹「三室戸寺」。

大人気のあじさいが見頃を終える頃、つぎは本堂前のハス園に多品種のハスが咲き誇ります。そして7月には「ハス酒を楽しむ会」が行われることでも知られています。

ハスの葉を器のようにして、竹筒で酒を注いでもらい、茎から吸っていただきます。ハス酒は健康・長寿にご利益があるといわれているんですよ。

暑いのでお出かけの際は熱中症対策なども忘れずに。

【ハス酒を楽しむ会】

日時:2017年7月14日(金) 9時 ~正午(数量に達すれば終了)
先着300名・有料500円
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/mimurotoji/

宵山は山鉾町の名店グルメを食べ歩き!


前祭宵山のうち15・16日は夕刻より歩行者天国。しかも土日なので、お出かけの予定にされている方、多いと思います。宵山ではいろんな楽しみがあると思いますが、食も外せないですよね。

山鉾町で人気のあの店やあの店が、宵山限定で用意したテイクアウトメニュー。京都いいとこウェブの祇園祭特集ページでは、編集部おすすめの「宵山グルメ」をまとめております。ぜひ宵山の下調べにごらんください!

http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme3/

おしゃれな祇園祭オリジナルうちわ、7/10より配布スタート


2004年12月に開業した四条烏丸の商業施設「COCON KARASUMA」。祇園祭の宵山や山鉾巡行ではおおいに盛り上がるエリアにあります。前祭宵山の時には、入居テナントの様々な屋台が施設前に登場することでもおなじみですよね。

そんな「COCON KARASUMA」で、2007年から毎年祇園祭の期間に「オリジナルうちわ(竹製)」プレゼントを実施していることはご存知でしょうか。

【忙しい現代社会において、毎日の暮らしを少し心豊かな気持ちにさせてくれる生活スタイルの提案】がコンセプトだという「COCON KARASUMA」。まさにそのコンセプトに即したオリジナルうちわをつくっておられます。毎年デザインを変更しているので、コレクションしている方もいらっしゃるそうですよ。

デザインは、テナントのひとつである老舗唐紙店「唐長」の【唐長文様 天平大雲】を配しています。2017年は、日本の伝統色「濃紺」をベースにしているので、浴衣にも合わせやすいですね。この竹製オリジナルうちわは、祇園祭期間にあたる7月10日~17日に、店舗ご利用の方へ先着順で配布されます。

観光の方にとっても良い記念品になるのでは?数量限定なのでお早めにどうぞ。

【概要】
2017祇園祭 COCON KARASUMA オリジナルうちわ配布
期間:2017年7月10日(月)~17日(月・祝)
配布数:毎日500名
※各店舗でのお会計時のお支払い金額は不問
※なくなり次第終了
※配布時間等の条件は店舗によって異なる
http://www.coconkarasuma.com/

世界遺産「二条城」夏の早朝開城がはじまっています


世界文化遺産「元離宮 二条城」。朝7時からの早朝開城を7月1日より実施されています!しかも、城内北側の清流園内の香雲亭(通常非公開)では、数量限定で朝食がいただけます。「京料理いそべ」の「京のゆば粥御膳」だそうで前日までに要予約とのこと(詳細は別サイトへ)。

空気の澄んだ朝の涼しい時間帯、二条城の庭園もいつもとちがう風景に見えるはず。夏の京都にお越しの際は、朝の二条城へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【開催概要】
2017年7月1日(土)~8月31日(木)
7時~16時
入城料:一般個人600円
※二の丸御殿(国宝)の観覧は8時45分~16時
※閉城17時
※火曜日の臨時開城日
2017年7月4日,11日,18日,25日,
8月1日,8日,15日,22日,29日
※火曜日は二の丸御殿(国宝)観覧不可
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/nijojo/
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/
早朝入城について
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/soucho.pdf

沙羅双樹の鹿王院へ、嵐電で行く京の夏旅ツアーレポート2017


「お寺を拝観してもチラっと見たらすぐに移動してしまう人が多い。1つの場所をもっとじっくり堪能してもらえたら…」そんな地元の声も反映したという嵐電ツアー「沙羅双樹の鹿王院~嵐電 観光ガイド付き貸切電車で行く京の夏旅」。このモニターツアーに参加しました!

10時に嵐電「四条大宮」駅にて受付開始。お手洗いを済ませ、10時30分発の貸切電車に乗車します。車種は通称「レトロ号」。嵐電には2両あるそうです。

車内では沿線を熟知した嵐電スタッフによるアテンダント。観光の話題から地域の企業ネタ、嵐電ならではの小話などなど、地元目線の案内が目的地まで続きます。あっという間に「鹿王院」駅へ到着しました。

駅から鹿王院は歩いて3分ほど。鹿王院といえば、まずなんといっても紅葉と苔の参道が有名ですね。小雨がぱらつく中の参道は、みずみずしい青のトンネルとなっていました。

寺内では、庭園の縁側に座ったところでご住職によるお寺のご案内がありました。鹿王院の庭は平庭形式で、舎利殿と樹木、石組、苔、そして嵐山の借景。ほかの建物などが一切見えない庭園風景は、これからも守り伝えたい貴重な景観です。

寺の辿った歴史や、寺院名の由来など「そうだったのか鹿王院」話をご住職より傾聴した後は、自由拝観となります。本堂には昔の嵐山地域の古地図も掲げられていました。数えきれないほどのお寺が書かれた地図に、ただただ驚くばかり。舎利殿の周囲では、沙羅双樹の花(夏椿)やモッコクの大きな古木を見物。

境内には、夏ならではのフォトジェニックな風景が広がっていました。今回のツアーでは自由時間がたっぷりあったので、ゆっくりとその風情を味わうことができましたよ。

ひと通り見終わり縁側で寛いでいると「お食事のご準備ができました」という声。振り返ると、後ろの障子がサ――――っと開かれ、そこにはお弁当の並んだテーブルと、緑まばゆい庭園の景色!ツアー参加者から「おおお!」「きれい!」そんな驚きと感動の声が飛び交います。

庭園を眺めていた縁側がある建物は「客殿」といいます。客殿の障子の向こうは通常非公開の場所。そこが昼食会場となっていました。客殿裏の庭園と舎利殿庭園にサンドされる形でのランチはじつに贅沢。
客殿裏の庭園風景も風情がありました。

そして気になるお昼のお弁当がこちら。

嵐電「太秦広隆寺駅」から徒歩約5分のところにある割烹「てっ平」。映画のまち・太秦の「大映通り商店街」にある割烹料理店による特別懐石弁当です。

ハモ、鮎、青梅…旬の素材を使ったお弁当は、彩り豊かで品数も豊富!おーいお茶の玉露と一緒に味わいました。

食事タイムは1時間ほどでしたがこれまたあっという間に過ぎ去り…鹿王院をあとにし、昔ながらの町並みを歩いて車折神社へ向かいます。その距離約300メートル。嵐電の「車折神社駅」と接する裏参道側に到着します。

車折神社では室内で神職から神社の歴史や見どころなどについてお話をお聞きしたのち、境内へ移動。手水舎や社殿にて車折神社での正式な参拝方法をご教授いただきながらお参りしました。ちょうどツアーは6月末。「夏越祓」の茅の輪くぐりも行います。

ひと通りの参拝を終えたら現地解散。ちょうど14時を回ったころでした。ツアーがはじまる前は「長丁場なツアーだなあ」という印象がありましたが、いざ終わってみるとあっという間に終わってしまったという印象です。

7月になり、本格的な夏へと移ろいますが、青もみじや苔庭はまだまだ美しい季節です。鹿王院も車折神社も割烹のてっ平さんも駅から徒歩すぐ。嵐電に乗ってぜひ出かけてみてください。鹿王院の沙羅双樹もまだ見られるはず。

嵐電では、ときどき沿線の魅力を生かしたツアーやイベントを開催されています。お出かけの時は公式サイトでイベント情報をゲットしてくださいね。最近では、市バス+京都バス+嵐電の乗り放題1日乗車券たるものも登場しました。もっとお得&便利に京都観光ができるようになったと思うので、ぜひご活用ください。

あ、嵐電に乗った際は、我々京都いいとこウェブの編集部がある「西院」にもどうぞおこしやす♪

■嵐電公式HP
http://randen.keifuku.co.jp/

■お得な乗車券情報
http://randen.keifuku.co.jp/ticket/

今話題のクラフトジンROKUの発売を記念して、リカーマウンテンが試飲イベントを開催


お酒をあまり飲まない人でも、ジントニックやジンライムといったカクテルの名前は聞いたことがあるかと思います。その名の通り「ジン」というお酒がベースとなっているんですが、近年「クラフトジン」が注目をあびているんですよ。

じわじわ流行中の「クラフトジン」。その新商品をサントリーが7月4日に発売します。その名も

「ジャパニーズクラフトジンROKU」


日本伝統の6つのボタニカル(植物の意)、桜花、桜葉、煎茶、玉露、柚子、山椒。そしてシナモンやコリアンダーシードなど基本的な8つのボタニカルを使った日本ならではのクラフトジンです。いったいどんな味わいなのか、私には想像がつきません!

そんな私のような方や、飲んでみたいと興味津々な方におすすめなのが、7月4日(火)クラフトジンROKUの発売日にリカーマウンテンが京都駅前の京都タワーサンドで開催する一夜限りの試飲イベント

「〈六〉ROKU会」

です!

ROKUのテイスティングはもちろん、ジン専門店「The Roots of all evil.」のカクテルディレクター・セキネトモイキ氏がつくるROKUを使った創作カクテル(1杯500円)が楽しめるとのこと。

「The Roots of all evil.」は、世界各国から集まったクラフトジンと、最先端の技術やアイディアを取り入れた1杯がカジュアルに堪能できるカクテルスタンド。抹茶や竹炭、鰹ダシといった日本や京都ならではの素材を使う独創的なカクテルも揃うとか。

「ジン」や「カクテル」に対し、和や京都のイメージがなかった人にとっては、刺激的な出会いになりそうなイベントです。

暑い夏の京都。涼しい京都タワーサンドの美食に囲まれた空間で、新しいジャパニーズクラフトジンをいちはやく味わいませんか。

【イベント概要】
  • The Roots of all evil.×SUNTORY×リカーマウンテン
    ジャパニーズクラフトジン「六」
    試飲イベント「<六>ROKU会」
    2017年7月4日(火)
    17時~21時
    京都タワーサンド(B1Fの美食フロア)
    入場無料(有料カクテルは500円)
    http://likaman.co.jp/event/roku/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る