京都いいとこブログ > 京都の行事

「京都の行事」一覧

(全207 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

花街が大学へやってきた!「都をどりin春秋座」観覧レポート


春の京都の風物詩「都をどり」。会場である「祇園甲部歌舞練場」が耐震工事に入るため、2017年は京都造形芸術大学(左京区)にある劇場「春秋座」で開催されました。名付けて

「都をどりin春秋座」

いつもと違う会場でどんな都をどりになったのか…レポートしたいと思います。

京都造形大といえば正面の大階段。その先にある本部棟中央に都をどりの垂れ幕が堂々となびいていました。

大学というよりどこかの文化施設に来た気分になる造形大。通路の壁面などには「都をどり」からインスピレーションを受けた学生作品を多数展示していました。まさに伝統と現代の融合。いつもと違う切り口で「都をどり」を感じることができました。


たとえばこれはスニーカーと舞妓さんのぽっくりを合体した作品。空間演出デザイン学科ファッションデザインコースの作品で、試験販売も予定されているそうです。

ここからは会場!会場内は撮影禁止だったので、面白いと思ったものをいくつかご紹介します。

・舞台構成
正面にメインステージがあり、正面向かって左手に囃子方、右手に唄や三味線担当の地方の座るステージがあります。春秋座では左右の座席スペースに舞台を設営して囃子方・地方のステージにあてがいました。

・緞帳制作
囃子方・地方でもメインステージと同様、緞帳があるのですが、今回は学生が製作。古代技法を使ったにじみが印象的な緞帳でした。

・提灯
祇園甲部の紋は8つのお団子が並ぶ「つなぎ団子」。その紋をあしらった提灯が会場には飾られているのですが、今回は春秋座のマーク入り提灯も一緒に並びました。

・動く舞台
会場内は基本的に従来の都をどりと同じ構図ですが、いつも以上に花道を多く活用している印象を受けました。とくにラストの総踊りのフォーメーション。メインステージ上で円形に動く装置を使った演出は、キュートな舞妓さんがクールな印象に。

・散策マップ
京都造形大があるのは、京都市左京区。北白川と呼ばれるエリアです。通常は祇園で行われる都をどり。あまりこちらの方に足を運んだことがないという人にとっては新鮮なエリア。会場で配布されていた散策マップには有名寺院をはじめ地元に親しまれる神社などを紹介。都をどりだけで帰るのはもったいないなあと思わせてくれるものでした。

こんなふうに、従来の都をどり+大学・地域とのコラボレーションを楽しませてくれた2017年の「都をどり」。23日をもって終幕となりましたが、祇園甲部歌舞練場では4月30日まで

「祇園 花の宴」

と題し、庭園公開を行っています。

庭園だけでなく、間近で芸舞妓さんの舞踊が見られる「芸舞妓の舞」、京都の次世代を担うクリエイターたちのアート・工芸作品展示「Meets the 京都知新!」、庭園を眺めながら老舗の味が楽しめる「飲食コーナー」なども同時開催。

都をどりは見に行けなかったけど…という方。祇園の会場にて京都の春の華を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • ■祇園 花の宴
    2017年4月1日~30日
    10:00~18:00
    祇園甲部歌舞練場敷地内 八坂倶楽部
    大人1000円
    http://yasakaclub.jp/

5月開催!関西最大級のウイスキーファンの集い「2017リカマン ウイスキーメッセ in KYOTO」


お酒好き、ウイスキー好きの方必見のイベントが5月に開催されます!

京都駅すぐの「ホテルグランヴィア京都」にて開催される「2017リカマン ウイスキーメッセ in KYOTO」。

主催は、本社を京都に置き、全国158店舗を展開する酒専門小売りチェーン「リカーマウンテン」。イベントでは、国内外のウイスキー蒸留所をはじめ、ウイスキーのお供にぴったりのナッツ、チーズといった約100ブースが出展。各ブースでは試飲(有料・無料あり)を実施します。関西最大級のウイスキーファンの集いで、お気に入りの一本を探してみませんか。

【開催概要】
日時:2017年5月14日(日) 11:00~18:00(時間内出入り自由)
場所:ホテルグランヴィア京都 3階 源氏の間
入場料:前売4000円 当日4500円(税込)
▼チケット詳細
http://www.likaman.co.jp/event/whisky-messe
▼出展者情報など
https://www.facebook.com/LMwhiskymesse

桜の名所「背割堤」も一望!「さくらであい館」3月25日オープン


桂川・木津川・宇治川が合流する淀川三川合流域。ここにある淀川河川公園「背割堤地区」は、約1・4㎞の桜並木が楽しめる、人気のお花見スポットです。

また、この三川合流地域周辺には、石清水八幡宮が有名な八幡市、天王山の麓・大山崎町など、豊かな自然と歴史に恵まれた町々に囲まれています。そんな周辺地域を周遊してもらうことで地域を盛り上げていこうと、2017年3月25日、拠点施設「さくらであい館」がオープンすることとなりました!

場所は背割堤の桜並木の起点となる御幸橋沿い。管理棟と展望塔からなる施設です。京阪本線「八幡市駅」から歩いていくと、こんな具合に施設が見えてきますよ。駅からは歩いてだいたい10分です。

目の前にするとこんなかんじ。和風の落ち着いた外観ですね。

それでは施設についてご紹介しましょう。
まずは和風建築の特長も取り入れた「管理棟」へ。

管理棟

屋根がふわりとカーブを描く「むくり」という形式の木造平屋建て。京都産の天然土を使った土壁、町家にも見られる格子をモチーフとした外壁など、自然のやさしさを感じる日本らしい建築物です。

エントランス

吹き抜けになっており、天窓も備わっています。

さくらShop


週末を中心に地産地消の特産品を販売するコーナーです。土日祝には、京都文教短期大学の学生たちが地域と連携して開発した「三川オリジナルスムージー」を発売。さっそく25日から「キウイと小松菜のスムージー」、イチゴを使い桜の塩漬けを添えた「さくらのスムージー」が味わえるようです。

情報発信コーナー


休憩スペースにもなっているコーナーです。壁には「淀川」の歴史をパネル展示。

イベント広場「淀」&会議室「桂」&学習室「宇治」「木津」

4種類の貸しスペースがあります。マルシェやイベント、地域の集いや講座。いろんな取り組みに使えそう。

「淀」には周辺地域の観光パンフレットもいっぱい。ここで旅の計画を練って出かけてみるのはいかがでしょうか。

「宇治」「木津」の部屋からは、男山の良い眺め。

授乳室も完備。

つづいては「展望塔」へのぼってみましょう。

展望塔

高さ約28メートルの八角形の展望塔。八幡市内にある「八角堂」や、館の目の前にある御幸橋の親柱をモチーフにしたことで八角形が採用されました。

階段もしくはエレベーターでのぼります。

エレベーターが開くと目の前には木津川&宇治川!その真ん中に背割堤の桜並木です。

360度ビューなので、男山に天王山、愛宕山や比叡山、京阪電車、京都タワーも見えますよ。基本ガラス張りですが、上部の格子あたりは解放されており、風が通り抜けています。冬場は防寒忘れずに。

ちなみに外の駐輪場にはバイクラックも用意されています。サイクリングロードが整備されている地域なのでロードバイクユーザーも多いんですよね。

この「さくらであい館」のお披露目ともなる25日には、10時から開館式典。そして「出会い」をテーマとしたオープニングイベント「淀川三川春フェスタ2017」が25~26日に開催されます。

たとえば、旬の朝堀たけのこや石清水八幡宮門前名物「走り井餅」・地元人気のパン・伏見のお酒など地元グルメ盛りだくさんのマルシェ、ダッチオーブンを使った料理体験など。各地域からおいしい食と体験企画が大集合です!

また、淀川沿川で活躍しているというアーティストのJazzライブが両日開催されます。八幡市の「お茶の福翠園」、大山崎町の「大山崎COFFEE ROASTERS」のカフェも出店するので、珈琲やお茶で一服しながら音楽に耳を傾ける、そんな素敵な時間が過ごせそうです!

ほかにも様々なプログラムが目白押し。詳細は公式サイトをチェックしてみてくださいね!

「さくらであい館」で、まだ知らない京都との「出会い」をお楽しみください!

「淀川三川合流域 さくらであい館」の概要

京都府八幡市八幡在応寺
開館時間9:00~17:00
※3月25日は12:00より一般開館
展望塔は桜開花時期以外は無料
※3/25~4/10は有料:300円/小・中学生100円
https://www.yodogawa-park.jp/

周辺エリアの過去のこたび特集

・長岡京市(初夏のご利益ウォーク)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/nagaoka/
・八幡市(乗って歩いて八幡市さんぽ)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/yawata/

伏見で開催!日本酒イベント「玉乃光FESTA2017」


3月18日に開催される、京の酒処・伏見の第11回日本酒まつり。当日は蔵元イベントも同時開催されるんですよ。たとえば、延宝元年(1673年)創業の酒蔵「玉乃光」では、玉乃光FESTA2017を開催!

きき酒はもちろん、焼きそば、やきとり、かす汁、おやつ、似顔絵などの出店あり、大学生フラガールや和太鼓、利き酒クイズ、賞品ありのじゃんけん大会といったステージイベントあり!

呑んで食べて見て聞いて参加して…楽しい1日になりそうですね!春本番間近、伏見の酒蔵イベントで陽気な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

【開催概要】
2017年3月18日(土) 10:00~15:00
玉乃光酒造 本社蔵にて開催(伏見区東堺町545-2)
TEL:075-611-5000
催事券1000円(10枚つづり)
※当日会場にて購入可能・当日限り有効・払い戻し可
http://www.tamanohikari.co.jp/

轉法輪寺 釈迦大涅槃図 特別公開


御室桜が咲く世界文化遺産「仁和寺」の東沿いの道(原谷苑へとつながる坂道)を歩いていく途中にある「轉法輪寺」。

今までは檀家さんのみにしか公開されていなかったという大涅槃図を、2017年、初めて一般公開されています。

大きな鐘楼門をくぐって…

本堂へ

木造で座像の仏像としては京都イチの大きさを誇る阿弥陀如来さまと対面できます。7,5mほどの高さだそうですよ。

手を合わせようと正面の座布団に座り見上げると、ちょうど阿弥陀様と目が合う感じになり、背筋がしゅっとのびるような厳かな気持ちになりました。

ちなみにご本尊のうしろ、本堂の裏堂では「裸型阿弥陀如来立像」という珍しい仏像も拝観できました。はだかで子どもの姿の阿弥陀さまだそうで、袴のようなものをお召しになっています。参拝の時は裏堂もお忘れなく。

そして、大きいのは御本尊だけではありません。今回一般公開される大涅槃図も縦5m30cm、横3m90cmとビッグサイズ。描かれたのは江戸時代の1764年です。

毎日実施されるご住職による「絵解き」では、涅槃図とはそもそも何なのか、何を描いているのかなど、多岐にわたるお話を話上手なご住職がわかりやすくご紹介くださります。みなさん真剣に耳を傾けていました。

別室では温かな「甘茶」や「甘酒」のふるまい、

受付では特別公開期間限定の御朱印の授与も行われています。

期間は2月26日まで。この機会、お見逃しなく。

【概要】
2017年2月1日~26日
10:00~16:00
参拝料おとな400円、高校・大学生200円
絵解き:11時~/13時~
参拝前に公式HPをチェックしておくとベター
http://www.geocities.jp/tenpourinji/

【京都BAL】バレンタインはフェアトレードで笑顔を届けよう


もうすぐバレンタイン!今日はBALのバレンタイン企画「シェアスマイル チョコレートプロジェクト」をご紹介します。

BALで税込1万円以上のお買い物をした方、もしくはハッシュタグをつけてSNSに画像投稿した方は、「てんとうむしチョコ」のつかみ取りができる…という企画です。

2/11~14のうちに近くにお出かけする方、参加されてみてはいかがでしょうか?

▼京都BAL
http://www.bal-bldg.com/kyoto/

猫毛祭りin京都2017


猫をブラッシングして集めた毛が材料のクラフト「猫毛フェルト」のイベントが、2017年も京都からスタートします。

【会期中プログラム】

猫毛フェルト作品展
愛猫をブラッシングして集めた毛で作る、猫毛の肖像「猫毛ポートレート」作品。モデルとなった猫たちの写真とともに展示。

●猫毛フェルトバザール
猫毛関連の書籍、雑貨、キットなどを販売。

猫毛フェルトの教室
愛猫の毛で猫毛フェルトをつくることができる教室を各種開催。

沖縄のアーティスト、天国帰りのネコ「むぎ(猫)」ちゃんショー
去年の猫毛祭りにも参加して、伝説を作ったミラクルキャットのステージ。

みゃうみゃうオンステージ&裏猫毛パーティ
キュートな猫型マトリョミンの演奏と、キトゥンカンパニーのベジ料理のパーティ。

【イベント概要】
開催日程:2017年1月22日(日)~2月12日(日)
※会期中は木休 
開催時間:11:00~19:00(L.O)
※1月28日11:00~18:00/2月11日12:00~17:00/2月12日11:00~17:00
会場:キトゥンカンパニー(TEL075-344-1591)
京都市下京区上諏訪町294-1(五条烏丸西入ル)
(地下鉄烏丸線五条駅4番出口すぐ)
※沖縄、群馬、大阪、東京なども巡回

京都駅でアートを感じる新春展示『絢爛の鳥が舞う優美の世界』


2017年の干支「酉」にちなんだ『絢爛の鳥が舞う優美の世界』が京都駅地下の京都ポルタにて開催されます。

2017年は大政奉還150周年。これを記念して今冬特別公開されるという左京区の「聖護院門跡」。こちらの宸殿に納められている障壁画の中から、「鳥」が描かれた27枚の襖絵を、高さ3mの迫力あるパネルで展示します。金箔で彩られた豪華絢爛な襖絵に描かれているのは、鶴や孔雀、耳のような羽をつけた珍しい鳥。


「群鶴(ぐんかく)図」


「綬鶏(じゅけい)図」

年末年始の旅行や帰省、バーゲンなどの折に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【開催概要】
絢爛の鳥が舞う優美の世界
2016年12月28日~2017年1月9日
7時30分~23時
京都ポルタ ポルタプラザ
http://www.porta.co.jp/

京都のうまいもん&キャラクターに会いに行こう


2016年12月に京都国立博物館で行われた【開館120周年記念報道発表】。そこに登場した同博物館の公式キャラクター「トラりん」が、京都府広報監・まゆまろと一緒にPRしたのは…京キャラ博 京都ほんまもん祭!

京キャラ博 京都ほんまもん祭は、京都国立博物館120周年記念イベントのひとつ。総勢40以上のキャラクターが一堂に会し、京都府のご当地グルメが楽しめるブースも登場します。

キャラクターは海の京都・森の京都・お茶の京都と京都各地のキャラクターはもちろん、超有名なキャラクターもゲスト出演するとか(あの子かな…それともあの子…)。出展ブースには京都府下のグルメや物産などもバリエーション豊かに揃う様子。

当日は京都国立博物館「名品ギャラリー」も無料で観覧できるそう。ふだん博物館に行く機会がないという人が、新たな京都の魅力を発見できそうなイベントです。

▼京キャラ博 京都ほんまもん祭 概要
開催日:2017年3月18日(土) 
開催時間:9:30〜16:30
会場:京都国立博物館 庭園
入場料:無料
最新情報はFacebook【京キャラ博・京都ほんまもん祭】

2017年は京都国立博物館に注目!


2017年、東山七条の「京都国立博物館」は、開館120周年を迎えます。これを記念した展覧会やイベントが企画されており、先日の12月12日には「開館120周年記念報道発表」も開催されました(※写真は報道発表時の様子です)。

■開館120周年記念展覧会

・特別展覧会「海北友松」
2017年4月11日~5月21日※展示替えあり
入館料:一般 1500円 / 大学生 1200円 / 高校生 900円
開館時間:9:30~18:00(金土〜20:00)
URL:http://yusho2017.jp/

桃山時代、京都で活躍した絵師・海北友松。近江浅井家に仕える家臣の家に生まれ、狩野派に師事し絵師の道を進んだ人物です。「龍の名手」とも称された友松の代表作から初期作品まで一堂に会する本展覧会。京都・妙心寺で発見された自筆の書状も公開。

・特別展覧会「国宝」
2017年10月3日~11月26日※展示替えあり
入館料:一般 1500円 / 大学生 1200円 / 高校生 900円
開館時間:9:30~18:00(金土〜20:00)
URL:http://kyoto-kokuhou2017.jp/

2017年は「国宝」という言葉が初めて使われた「古社寺保存法」制定から120年目にあたる年。京都国立博物館では、じつに41年ぶりとなる国宝展となります。展示数約200件。日本の歴史と美が、2017年の秋、京都に集結します。


2017年の2大展覧会は大きな話題となりそうですね!今から楽しみにしている方も多いと思いますが、現在開催中の特集陳列にも注目を。年始の1/2~3は開館されるそうなので、2017年の【アート始め】に出かけてみるのもおすすめです。

■特集陳列

・【新春特集陳列】とりづくし-干支を愛でる-
水墨画で有名な雪舟の作品をはじめ、酉年にちなんだ鳥類の作品を陳列します。

2016年12月13日~2017年1月15日
平成知新館(2F)
開館時間:9:30~17:00(金土〜20:00)
入館料:一般520円/ 大学生260円 /高校生以下・18歳未満・満70歳以上は無料

・生誕300年 伊藤若冲
2016年に生誕300年を迎え大きな話題となった伊藤若冲。初公開作品もあり。

2016年12月13日~2017年1月15日
平成知新館(2F)
開館時間:9:30~17:00(金土〜20:00)
入館料:一般520円/ 大学生260円 /高校生以下・18歳未満・満70歳以上は無料

・皇室の御寺 泉涌寺
宋の寺院を手本に創建され、皇室の菩提寺として歴史を重ねた泉涌寺だからこその貴重な文化財を一挙公開。

2016年12月13日~2017年2月5日
平成知新館(1F)
開館時間:9:30~17:00(金土〜20:00)
入館料:一般520円/ 大学生260円 /高校生以下・18歳未満・満70歳以上は無料


▼京都国立博物館

住所:京都府京都市東山区茶屋町527
電話番号:075-525-2473
休館日:月休(祝日の場合は翌休)、12/26~1/1休(1/2~3は開館)
http://www.kyohaku.go.jp/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る