京都いいとこブログ

ブログ > 京都の行事

轉法輪寺 釈迦大涅槃図 特別公開


御室桜が咲く世界文化遺産「仁和寺」の東沿いの道(原谷苑へとつながる坂道)を歩いていく途中にある「轉法輪寺」。

今までは檀家さんのみにしか公開されていなかったという大涅槃図を、2017年、初めて一般公開されています。

大きな鐘楼門をくぐって…

本堂へ

木造で座像の仏像としては京都イチの大きさを誇る阿弥陀如来さまと対面できます。7,5mほどの高さだそうですよ。

手を合わせようと正面の座布団に座り見上げると、ちょうど阿弥陀様と目が合う感じになり、背筋がしゅっとのびるような厳かな気持ちになりました。

ちなみにご本尊のうしろ、本堂の裏堂では「裸型阿弥陀如来立像」という珍しい仏像も拝観できました。はだかで子どもの姿の阿弥陀さまだそうで、袴のようなものをお召しになっています。参拝の時は裏堂もお忘れなく。

そして、大きいのは御本尊だけではありません。今回一般公開される大涅槃図も縦5m30cm、横3m90cmとビッグサイズ。描かれたのは江戸時代の1764年です。

毎日実施されるご住職による「絵解き」では、涅槃図とはそもそも何なのか、何を描いているのかなど、多岐にわたるお話を話上手なご住職がわかりやすくご紹介くださります。みなさん真剣に耳を傾けていました。

別室では温かな「甘茶」や「甘酒」のふるまい、

受付では特別公開期間限定の御朱印の授与も行われています。

期間は2月26日まで。この機会、お見逃しなく。

【概要】
2017年2月1日~26日
10:00~16:00
参拝料おとな400円、高校・大学生200円
絵解き:11時~/13時~
参拝前に公式HPをチェックしておくとベター
http://www.geocities.jp/tenpourinji/

【京都BAL】バレンタインはフェアトレードで笑顔を届けよう


もうすぐバレンタイン!今日はBALのバレンタイン企画「シェアスマイル チョコレートプロジェクト」をご紹介します。

BALで税込1万円以上のお買い物をした方、もしくはハッシュタグをつけてSNSに画像投稿した方は、「てんとうむしチョコ」のつかみ取りができる…という企画です。

2/11~14のうちに近くにお出かけする方、参加されてみてはいかがでしょうか?

▼京都BAL
http://www.bal-bldg.com/kyoto/

猫毛祭りin京都2017


猫をブラッシングして集めた毛が材料のクラフト「猫毛フェルト」のイベントが、2017年も京都からスタートします。

【会期中プログラム】

猫毛フェルト作品展
愛猫をブラッシングして集めた毛で作る、猫毛の肖像「猫毛ポートレート」作品。モデルとなった猫たちの写真とともに展示。

●猫毛フェルトバザール
猫毛関連の書籍、雑貨、キットなどを販売。

猫毛フェルトの教室
愛猫の毛で猫毛フェルトをつくることができる教室を各種開催。

沖縄のアーティスト、天国帰りのネコ「むぎ(猫)」ちゃんショー
去年の猫毛祭りにも参加して、伝説を作ったミラクルキャットのステージ。

みゃうみゃうオンステージ&裏猫毛パーティ
キュートな猫型マトリョミンの演奏と、キトゥンカンパニーのベジ料理のパーティ。

【イベント概要】
開催日程:2017年1月22日(日)~2月12日(日)
※会期中は木休 
開催時間:11:00~19:00(L.O)
※1月28日11:00~18:00/2月11日12:00~17:00/2月12日11:00~17:00
会場:キトゥンカンパニー(TEL075-344-1591)
京都市下京区上諏訪町294-1(五条烏丸西入ル)
(地下鉄烏丸線五条駅4番出口すぐ)
※沖縄、群馬、大阪、東京なども巡回

京都駅でアートを感じる新春展示『絢爛の鳥が舞う優美の世界』


2017年の干支「酉」にちなんだ『絢爛の鳥が舞う優美の世界』が京都駅地下の京都ポルタにて開催されます。

2017年は大政奉還150周年。これを記念して今冬特別公開されるという左京区の「聖護院門跡」。こちらの宸殿に納められている障壁画の中から、「鳥」が描かれた27枚の襖絵を、高さ3mの迫力あるパネルで展示します。金箔で彩られた豪華絢爛な襖絵に描かれているのは、鶴や孔雀、耳のような羽をつけた珍しい鳥。


「群鶴(ぐんかく)図」


「綬鶏(じゅけい)図」

年末年始の旅行や帰省、バーゲンなどの折に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【開催概要】
絢爛の鳥が舞う優美の世界
2016年12月28日~2017年1月9日
7時30分~23時
京都ポルタ ポルタプラザ
http://www.porta.co.jp/

京都のうまいもん&キャラクターに会いに行こう


2016年12月に京都国立博物館で行われた【開館120周年記念報道発表】。そこに登場した同博物館の公式キャラクター「トラりん」が、京都府広報監・まゆまろと一緒にPRしたのは…京キャラ博 京都ほんまもん祭!

京キャラ博 京都ほんまもん祭は、京都国立博物館120周年記念イベントのひとつ。総勢40以上のキャラクターが一堂に会し、京都府のご当地グルメが楽しめるブースも登場します。

キャラクターは海の京都・森の京都・お茶の京都と京都各地のキャラクターはもちろん、超有名なキャラクターもゲスト出演するとか(あの子かな…それともあの子…)。出展ブースには京都府下のグルメや物産などもバリエーション豊かに揃う様子。

当日は京都国立博物館「名品ギャラリー」も無料で観覧できるそう。ふだん博物館に行く機会がないという人が、新たな京都の魅力を発見できそうなイベントです。

▼京キャラ博 京都ほんまもん祭 概要
開催日:2017年3月18日(土) 
開催時間:9:30〜16:30
会場:京都国立博物館 庭園
入場料:無料
最新情報はFacebook【京キャラ博・京都ほんまもん祭】

2017年は京都国立博物館に注目!


2017年、東山七条の「京都国立博物館」は、開館120周年を迎えます。これを記念した展覧会やイベントが企画されており、先日の12月12日には「開館120周年記念報道発表」も開催されました(※写真は報道発表時の様子です)。

■開館120周年記念展覧会

・特別展覧会「海北友松」
2017年4月11日~5月21日※展示替えあり
入館料:一般 1500円 / 大学生 1200円 / 高校生 900円
開館時間:9:30~18:00(金土〜20:00)
URL:http://yusho2017.jp/

桃山時代、京都で活躍した絵師・海北友松。近江浅井家に仕える家臣の家に生まれ、狩野派に師事し絵師の道を進んだ人物です。「龍の名手」とも称された友松の代表作から初期作品まで一堂に会する本展覧会。京都・妙心寺で発見された自筆の書状も公開。

・特別展覧会「国宝」
2017年10月3日~11月26日※展示替えあり
入館料:一般 1500円 / 大学生 1200円 / 高校生 900円
開館時間:9:30~18:00(金土〜20:00)
URL:http://kyoto-kokuhou2017.jp/

2017年は「国宝」という言葉が初めて使われた「古社寺保存法」制定から120年目にあたる年。京都国立博物館では、じつに41年ぶりとなる国宝展となります。展示数約200件。日本の歴史と美が、2017年の秋、京都に集結します。


2017年の2大展覧会は大きな話題となりそうですね!今から楽しみにしている方も多いと思いますが、現在開催中の特集陳列にも注目を。年始の1/2~3は開館されるそうなので、2017年の【アート始め】に出かけてみるのもおすすめです。

■特集陳列

・【新春特集陳列】とりづくし-干支を愛でる-
水墨画で有名な雪舟の作品をはじめ、酉年にちなんだ鳥類の作品を陳列します。

2016年12月13日~2017年1月15日
平成知新館(2F)
開館時間:9:30~17:00(金土〜20:00)
入館料:一般520円/ 大学生260円 /高校生以下・18歳未満・満70歳以上は無料

・生誕300年 伊藤若冲
2016年に生誕300年を迎え大きな話題となった伊藤若冲。初公開作品もあり。

2016年12月13日~2017年1月15日
平成知新館(2F)
開館時間:9:30~17:00(金土〜20:00)
入館料:一般520円/ 大学生260円 /高校生以下・18歳未満・満70歳以上は無料

・皇室の御寺 泉涌寺
宋の寺院を手本に創建され、皇室の菩提寺として歴史を重ねた泉涌寺だからこその貴重な文化財を一挙公開。

2016年12月13日~2017年2月5日
平成知新館(1F)
開館時間:9:30~17:00(金土〜20:00)
入館料:一般520円/ 大学生260円 /高校生以下・18歳未満・満70歳以上は無料


▼京都国立博物館

住所:京都府京都市東山区茶屋町527
電話番号:075-525-2473
休館日:月休(祝日の場合は翌休)、12/26~1/1休(1/2~3は開館)
http://www.kyohaku.go.jp/

大晦日は新選組ゆかりの地で年越茶会


新選組ゆかりの地「金戒光明寺」で開催される「年越茶会」に参加してみませんか。

本堂前の野外に設置する茶室空間は、陶芸家・生駒啓子が手掛けた円形オブジェを申年と酉年の象徴としてしつらえます。そして、陶芸家・明主航による茶器、菓子職人の出石陵磨、市川萌による菓子は、この日、この時のために特別に用意したもの。さらには、衣装デザイナー・藤本ゆかりによる演出も加わり、参加者が「ゆく年くる年」を体感できる茶会になるんだとか。

定員は煩悩の数である108名限定で、席料も2017年にちなんで2017円というユニークな設定。大晦日という特別な時間を、ほかにはない茶会で過ごせば、忘れがたい思い出になりそうですね。

———————————————-
▼年越茶会のお問い合せ・お申し込み
http://teatoshikoshi.wixsite.com/toshikoshi
日時:2016年12月31日(土)18時頃~23時(受付は22時半まで )
場所:くろ谷金戒光明寺 本堂前
定員:108名様限定(要予約) 
席料:1名様につき2017円 
連絡先:080-3435-5151(藤本)
※会場は本堂前の野外になるので暖かい格好でご来場ください
———————————————-

ちなみに、舞台となる「金戒光明寺」では、23時半から本堂にて「歳末回向」、元旦0時からは「修正会」という法要が行われます。各法要とも所要時間は15~20分ほどです。

また、境内の鐘つき堂では「除夜の鐘つき」(23:40頃~)も行われます。整理券(無料)が必要になりますが、「年越茶会」の申し込みの時に一緒に整理券を取ることが可能だそうです!ご希望の方は、その旨を明記の上申し込んでくださいね。
※ただしお茶券よりも多い枚数の整理券は申込不可
※当日茶会に参加(予約なしでの参加)の方には鐘つき券は取れませんのでご注意ください

【京都BAL】 西畠清順 クリスマスリース展示&はつみみトークショー


クリスマスイベントのおしらせです!

京都BAL1Fエントランス前に、プラントハンターの西畠清順さん(そら植物園 代表)制作の特大クリスマスリースを12月25日(日)まで展示!

さらに12月22日(木)には、B2F丸善カフェにて清順さん著「はつみみ植物園」刊行を記念し「はつみみトークショー&サイン会」を行います。

【トークショー詳細】
●日時:12 月22 日(木)19:00 開演(18:30 開場)
●会場:京都BAL 地下2 階 MARUZEN CAFÉ にて
●整理券:税込1,000 円(飲み物代込み)
●整理券配布開始:11月23日〜 定員80 名

【お問い合わせ】
丸善 京都BAL B2F
TEL:075-253-1599

<西畠清順プロフィール>
幕末より150 年続く花と植木の卸問屋の五代目。
日本全国、世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2,000 件を超える案件に応えている。2012 年、ひとの心に植物を植える活動「そら植物園」をスタートさせ、植物を用いたさまざまなプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。

京都駅で楽しむクリスマスイルミネーションとオルゴール


京都駅地下の「ポルタ」では、クリスマスシーズンにあわせて素敵な展示や催しを用意されています。

たとえば「ポルタ」内の「ポルタプラザ」では、アンティーク調のランプと2台の貴重なオルゴールが登場。ひとつは、1900年頃にドイツで制作されたアンティークオルゴール「モノポール」。もうひとつは、100年以上前に存在したという、珍しいツインディスクのオルゴールを複製した「アドラー・オートマトン NO.100」。毎日10時~22時(毎時00分・30分)には「アドラー・オートマトン NO.100」の演奏が楽しめます。
※アドラー・オートマトン NO.100は非常に貴重なオルゴールで、生演奏は本体への負担が大きく、毎時30分の演奏は録音演奏となります。

12/3(土)には、スペシャル企画「オルゴール組み立て体験」も開催!数種類用意された曲から好きなものを選んで、オルゴールの音色・音量・リズムを決める「組み付け」という作業に挑戦します。マスコット(オプション)なども飾り付ければ、世界にひとつだけのオリジナルオルゴールが完成!

(写真はイメージです)

同日には「オルゴールコンサート」(16時~、17時~、18時~)も開催されますよ。この日は特別に「モノポール」も演奏されるそうですよ。ほかにも手回しオルゴールなど、いくつものオルゴールをお楽しみいただけます。

ポルタやザ・キューブでは国内外で幅広く活躍する京都出身のアーティスト・高橋匡太氏が監修した光の装飾も行われています。

目で耳で、幻想的な世界を楽しんでみませんか。

【オルゴール組み立て体験】
実施日時:12月3日(土)11時~/12時30分~/14時~(各回1時間程)
定員:各回先着20名
参加費:1000円(ケースへの飾りつけは別途費用要)

【オルゴールコンサート】
実施日時:12月3日(土)16時~/17時~/18時~(各回30分程)

【イルミネーション】
装飾期間:2016年11月5日(土)~12月25 日(日)
実施場所:京都駅前地下街ポルタ 全館 京都駅ビル専門店街ザ・キューブ B2 ファッションフロア

▼ほかにも抽選会などイベントもりだくさん!
http://www.porta.co.jp/events/

先斗町の提灯


2016年の顔見世は先斗町で開催!でも書いた通り、「南座」は現在
耐震改修のため一時休館。そのため師走の風物詩「顔見世」(11/30~12/25)は「先斗町歌舞練場」にて開催されることが決定しています。花街・先斗町の歌舞練場。先斗町を歩けばこんな提灯もゆらゆらしています。


Feeds
Meta