京都いいとこブログ > 京都の観光・まち歩き

「京都の観光・まち歩き」一覧

(全119 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

京都の里山・大原の山水で染める柿渋染め体験


大原の名刹・寂光院の近くに工房を構える「みつる工芸」。大原の山水と草木花の天然染料で染めた、のれんやTシャツ、スカーフなど多彩なアイテムがつくられています。

そしてこの古民家の工房では、柿渋染めの体験プログラムも実施されています。体験コースは2種類。ひとつは、ハガキもしくは包装紙を伊勢型紙やシルクスクリーンを使って染める「型染コース」。もうひとつは、スカーフやTシャツなどを染める「絞り染めコース」です。

今回、私たちは「型染コース」を体験させていただきました。古民家のとなりが染色の作業場になっています。職人さんがふだん染色をしている現場での貴重な体験です。

まずは熟成された柿渋で「柿渋糊」をつくります。へらでこねこね混ぜていくと、徐々にねっとりしていきます。

ある程度のかたさになったら、うらごしして不純物を取り除きます。
「海苔みたいですねえ…」
「ですねえ」

糊ができたら好きな型紙を選び、染めの工程へと移ります。ポストカードと包装紙のいずれかを2種類つくることができるんですが、それぞれ1枚ずつでもよし、どちらか1種類を2枚染めるもよし。今回はポストカードを2枚染めることにしました。まずは、できたてほやほやの糊を置いて…

すり込むときは、このヘラの傾きと力加減がポイント。職人のおにいさんにフォローとアドバイスをいただきつつ慎重に…。糊をスーッとひいていく瞬間は、心地よさを感じます。

型紙をはがす瞬間はドキドキしますよ。
「きれいにできてるかなあ」

「うん、いい出来!」

力加減によっては、糊が固まってダマになってしまったり、細かなデザイン部分に糊が入らなかったりすることがあるそうです。しかし、不器用なわたしがこんなにきれいに染めることができたので、きっと大丈夫!職人さんのサポートもありますし、不器用さんも安心して挑戦できます。所要時間はだいたい60分でした。

こちらは絞り染め体験でも使う水場。オーガニックコットンのストールや手ぬぐい、ハンカチなどが染められます。こちらの体験料金は染めるものによって変わってくるようですよ。

自然豊かな大原で、天然染料を使って楽しむ染色体験。旅の思い出にいかがですか?

【体験概要】
『柿渋染の型染コース』(1620円)
『柿渋染の絞り染めコース』(3240円~)
 開始時間/10:00~、13:00~の2部制
 ※要予約
https://kakishibuzome.com/experience/

https://kyoto.graphic.co.jp/guide/mitsurukogei/

大原の野山を眺めながら人気料理店のお弁当ランチ


大原の食の恵みが集結している「里の駅大原」。新鮮な野菜だけでなく、お弁当も販売されていることはご存知でしょうか。

わたしたちいいとこ取材班も、大原取材の最中、里の駅大原でお弁当を買って、敷地内のベンチで田畑を眺めながらいただきました。つかのまのピクニック気分。

選んだお弁当は、大原で採れた新鮮な無農薬野菜を中心に、山菜や川魚など里山の恵みたっぷりのコース料理が評判の「わっぱ堂」さんのお弁当。この日は3種類のお弁当を出されていました。

私はそぼろ丼チョイス。とりそぼろと炒り卵、野菜の赤と緑、ネギ、そしてイワナのそぼろという六色丼です!コロッケはカレー風味でした。

カメラマン兄さんのチョイスは「ライスオムレツ」。うまい…とひたすら感動していました。ごはんの味が絶妙とのこと。

ふたりとも、お弁当の前にお餅(撮影に使用した餅)を食べているとは思えない食い付きでお弁当を平らげました。

後日、今度は私もオムレツのお弁当にしようと里の駅大原をのぞきにいったら、オムレツのラインナップはなく(それとも売り切れていたのか)。。まさに出会いもんです。

ちなみに、わっぱ堂さんのお弁当は「京都いいとこマップ(2018年5-6月号)」にもお写真を掲載させていただいていますのでぜひチェックしてみてくださいね。

自然豊かな大原では、ハイキングや登山などアウトドアを楽しむ人も多く訪れる山里です。そんな時においしいお弁当が手に入れば、アクティビティがよりいっそう楽しくなるはず。

いいとこスタッフもおすすめの「わっぱ堂」さんのお弁当。機会ありましたらお試しください。

▼京都いいとこマップ 2018年5-6月号
https://kyoto.graphic.co.jp/library/
▼里の駅大原
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/satonoeki-ohara/
▼わっぱ堂
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/wappado/

若手女性チームが企画した伝統工芸×デニム「春の彩り小物会」


伝統ある友禅の染色技術で染めたデニムが人気の「京都デニム」。この春、京都駅から徒歩圏内にある直営店とオンラインショップで「京都デニム 春の彩り小物会」が開催されます!

▼「春の彩り小物会」とは?
女性目線で製作する新作小物の期間限定イベントです。

▼どんな内容?
日常生活で使える小物を、女性が使いたくなる色・柄・デザインで製作。若手女性チームが、企画からデザインまで担当しました。

▼どんなアイテム?
バッグ・ポーチ・財布などを、京都デニムが得意とする京都の伝統技法で製作。熟練の職人たちが、製作チームと連携し、ひとつずつ手仕事で染めの加工を行い仕立てています。

▼販売期間は?
2018年3月30日(金)~4月9日(月)に開催。

京都デニムのマスコット「でにぐま」も春カラーで登場しますよ。

京都デニムが女性目線で女性のためにつくった小物アイテム。すべて一点物のため、売り切れ次第終了です。ジーンズは手が出せなかったという人も、小物が豊富にそろうこの機会に、チェックしてみてはいかがでしょうか。

★オンラインストアで先行販売中!
https://kyoto-denim.com/shop/itemcategory/haru/

▼イベントについて
https://kyoto-denim.com/haru/
▼京都デニム公式HP
https://kyoto-denim.jp/

人気の和体験、バリエーション豊かにリニューアル


大徳寺のそばで、職人手づくりのつまみかんざしや和小物を製造・販売する「京都 おはりばこ」。こちらのお店で15年続く人気の和体験『つまみ細工体験』の内容がリニューアルされました。

『つまみ細工体験』では、舞妓さんのかんざしにも使われている正絹羽二重生地をはじめ、本格的な素材や道具を使い、つまみ細工の伝統技法でオリジナルのアイテムが制作できます。

今回のリニューアルでは、選べる素材が拡充されました!定番8色の生地に加え、月替わりの限定カラー2色を追加。選べるカラーが計10色になっています。

そして花芯は、和の趣ある「金モール」と、洋服やバッグにも付けやすい「クリスタル」の2種類から選択できるようになりました。

▼クリスタル(花芯:こんなふうに花の中心につけるパーツ)

▼金モール

ちなみに土台は、かんざしorクリップの2種類から選択できます。花の形も2パターンから選べますよ。

さらに、この体験予約は【当日予約が可能(※)】!今までは前日までに予約しなければいけませんでしたが、当日OKとなりました。急な雨で予定が駄目になった時、とつぜん旅の予定が決まった時など、便利に利用できそうですね。
※事前予約優先。1名様の場合は相席のみ可。

体験を行う場所は、おはりばこ店舗の奥にある、中庭を抜けた先の京町家「ハナレ」。和の風情あふれる空間で、職人さんから「つまみ細工」について教わり、じぶんで制作…きっと思い出に残るすてきな体験ができますよ。

自分でつくった髪飾りをつけて、着物を着て京都を散策♪というのも楽しそう。選べる生地などが増えたことで、一度作ったことがある人でも、次は違うカラーで挑戦、というのもいいですね。

これからの観光シーズン、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

【つまみ細工体験 概要】
●体験費用 3240円(税込)  
●完成品:かんざしorコサージュピン付ヘアクリップ+飾り台・ワークシート
●所要時間:1時間半程度
●人数:2名~(1名の場合は相席で予約可能)※8名以上要相談
●申し込み方法
電話〈075-495-0119〉
メールフォーム〈https://ssl.form-mailer.jp/fms/c0e22f31316318〉
●当日予約可能(事前予約優先)
http://www.oharibako.com/

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」南禅寺エリアにて2018年3月23日(金)オープン予定!


かねてより期待の声があがっていた国内8店舗目、関西初出店となる「ブルーボトルコーヒー」の京都店が、3/23のオープン予定というお知らせが届きましたね。国内店舗の中で最大規模という「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」。概要は以下のとおりです!

《ブルーボトルコーヒー 京都カフェ》
●オープン日 
2018年3月23日(金)予定
●店舗面積  
452.98 平米(カフェエリア 64.98平米)
●座席数   
44席
●営業時間  
8:00~18:00
●所在地   
京都市左京区南禅寺草川町64

店舗は、築100年を超える旅館をリノベし、

・オリジナルアイテムを展示販売する<ショップスペース>
・お好みのコーヒーが見つかる<カッピングスペース>
・テラス席のある<中庭>と<カフェスペース>

という4つの空間を「コーヒーの楽しさをもっと身近に」というテーマのもと創出。京町家の風情をいかしたつくりになっているようです。

ブルーボトルコーヒーは、2002 年、アメリカ・カリフォルニアにて誕生。京都でどんなふうに展開していくのか…楽しみですね!

京都観光の足、市バス&地下鉄情報2018


毎年3月は京都の市バス&地下鉄が編成を見直す時期。ということで2018年は3月17日より、増便や時刻表の改訂版が施行されます。

いろいろ今年も変更があるようですが、最も気になるのは、何かと話題になった「市バス・京都バス一日乗車券カード」(500円/小児250円)の値段変更のこと。結果、以下のような変更になったようです。

●「市バス・京都バス一日乗車券カード」→600円(小児300円)
バスは1階乗車230円。3回乗れば元がとれるのは前回同様ですね。

そして、価格が変更になったのはバスの一日乗車券ではありません。その中で最も注目したいのは、【地下鉄・バスが両方乗り放題】の1日乗車券(1200円/小児600円)。これも以下のように変更されます。

●「地下鉄・バス一日券」→900円(小児450円)
名称変更で分かりやすく、そして価格は300円のダウンです!これは大きいですね。

京都の地下鉄は
1区210円(例:京都駅→四条駅)
2区260円(例:京都駅→烏丸御池駅)
3区290円(例:京都駅→北大路駅)
4区320円(例:京都駅→国際会館駅)
5区350円(例:京都駅→竹田駅)
です。

たとえば

京都駅→京都御所(糸桜見物を想定)→百万遍→哲学の道→南禅寺→京都駅

こんな旅を計画をしたとしましょう。
これを地下鉄&バスで移動すると…

京都駅
↓地下鉄(260円)
今出川駅
↓バス(230円)
百万遍
↓バス(230円)
銀閣寺
↓バス(230円)
南禅寺
↓地下鉄(260円)
京都駅

合計1210円です。
地下鉄&バスを有効活用できると、選べるルートが増えて便利ですね。
ちなみに「地下鉄・バス二日券」もあります。これは2000円が1700円に変更されています。なお「地下鉄・バス」の乗車券はバス車内では買えませんのでご注意ください。
くわしくは…
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000230238.html

映画・神さまの轍2/24京都地区先行ロードショー


京都を舞台にした映画「神さまの轍-Checkpoint of the life-」。原作なしのオリジナルストーリーでロードバイクを巡る若者たちの青春ストーリーとなっています。

舞台は京都府南部の井手町。ロードバイクの人には良く知られている町で、編集部のロードバイク愛好家Yさんも何度も訪れたことがあるといっていました。古代の歴史、地蔵禅院の桜、自然と歴史がおりなす、京都の田舎町です。

主演はD-BOYSのメンバーのひとりで、武田鉄矢主演ドラマ『水戸黄門』の格さん役を演じた荒井淳史、そして、月9『貴族探偵』や朝ドラ『ひよっこ』などに出演の岡山天音のダブル主演。そして阿部進之介さん、津田寛治さん、六角精児さんといったベテラン陣が脇をかためています。若者たちの夢や友情、葛藤を描き、クライマックスは迫力あるレースシーンとのこと!

2018年2月24日に京都・神戸で先行公開、3月3日大阪、3月17日東京と順次全国ロードショーされる「神さまの轍-Checkpoint of the life-」。青春×京都×自転車な映画、ぜひチェックしてみてください。

http://kamisamanowadachi.com/

出町と出町柳は似て非なるもの


ここの景色が大好き!という人も多いはず。賀茂川と高野川が合流し鴨川となる三角州。

この付近に叡山電車や京阪電車の出町柳駅があり、「出町柳」と呼んでいる人も多いと思います。

ですが!

じつは鴨川の西が「出町」、東を「出町柳」と、呼称が異なることをご存知でしょうか。

まず「出町」とは、江戸時代頃から河原町今出川一帯を指す地名です。そして「出町柳」は、「柳の辻」という地に叡山電車の駅が開業した際、出町と合体して付けられた駅の名称なんです。出町柳はあくまで駅の名称。それが駅周辺の土地までも出町柳と呼び表すようになったんですね。

ぜひ使い分けてみてください!

今年大注目のあの戦の跡地を巡る楽しみ満載のお散歩ツアー


京都の町を案内してくれるウォーキングツアー「WALKING KYOTO 都町通り にわか雨上ル」。この秋、新しいツアーがはじまりました!それがこちら。

知らん?! わからん?! 応仁の乱?!
花の御所-足利義政の影と光、
わかりやすい応仁の乱、初心者向き!

※おまけのパントマイム・パフォーマンスあり?!(投げ銭歓迎!)

室町時代に起きた「応仁の乱」は今年勃発550年という節目の年。関連書籍がヒットするなど、今年大きな注目を集めています。

そんな「応仁の乱」の時代を初心者の方にわかりやすくお話しするとともに、応仁の乱の跡地をお散歩しようというツアーです。

応仁の乱は、地下鉄の今出川駅周辺や、織物の町で有名な西陣エリアが主な戦地でした。西陣という名前も応仁の乱に関係があるんですよ。ちなみに、西に対して今出川駅周辺は東陣と呼ばれます。

応仁の乱ゆかりの地を散歩した後には、案内人によるパントマイムのミニパフォーマンスを実施。京都の風景を借景にした、レトロでオーソドックス、ハートウォーミングな、大人が楽しめるパントマイムの世界が楽しめます。※天候などにより実施できない場合があります

今回のお散歩ツアーは、最新号「京都いいとこマップ11/12月号」にて掲載中の「応仁の乱・東陣・西陣歩き」に基づくコースをとります。とはいえ、掲載していないスポットや情報も満載ですよ。

基本的に土日祝に開催されるこちらのツアー。
直近の開催日はこちらです。

11月19日(日)
11月23日(祝) 
11月25日(土) 
12月2日(土) 
12月3日(日)
12月16日(土)

いずれも5日前に募集締切。早期に締め切ることもあるようなので
気になったらまずはお問い合わせしてみてくださいね。

所要時間:2時間半~3時間程度。地下鉄鞍馬口駅が集合場所&スタート地点です。
10名までの限定ツアーなので、歴史好きな方もお散歩好きな方もじっくり堪能できるはず。お一人様OKなので、初冬の京都と一緒に、今年注目の史跡を巡ってみてはいかがでしょうか。

料金・予約などくわしくはこちらのサイトをご確認ください。

銀閣寺近くのお茶室で土日限定の茶道体験


世界文化遺産・銀閣寺。人の往来でにぎわう参道から少しはずれたところにあるのがお茶室「弦庵」です。隠れ家のようなこのお茶室では、カジュアルかつ本格的な【お点前見学付き茶道体験】ができるんですよ。

受付を済ませたら、風情ある茶庭(露地)を通ります。茶道体験の場で、お茶室の庭も体験できるというのは珍しいかもしれませんね。もちろんガイドの方がついてくれるので安心です。

庭を巡ったあとは、いよいよお茶室に入ります。裏千家流の本格的なお点前を見学したり、抹茶点てに挑戦したりとお茶の世界を体感します。おいしい京のお干菓子付き。

戦国武将もたしなんだ茶の湯。経験有無問いません。わびさびを感じたい、京都のお茶室で一服したい、そんな方も大歓迎!英語対応もOKなので、外国の方も気軽に体験いただけます。

体験時間は約45分。観光客の喧騒から離れた京都のお茶室で、抹茶をたしなんでみませんか。

【体験コース概要】
営業日時:12:00~17:00
※茶道体験は土日のみ開催
開始時刻:14:00〜、15:00〜、16:00〜
※予約制ですが、空きがあれば予約なしでもOK
6名まで相席制
1名につき2700円(税込)(体験料、抹茶、干菓子代)
住所:京都市左京区浄土寺南田町143
電話:090-9334-6777(担当山本)
メール:info@gen-an-kyoto.com
https://www.gen-an-kyoto.com/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る