京都いいとこブログ > 京都の行事 > 下鴨の「みたらし祭」とあわせていきたい、旧三井家下鴨別邸 夏の夜間開館

下鴨の「みたらし祭」とあわせていきたい、旧三井家下鴨別邸 夏の夜間開館


2019年7月19日~28日(9時~21時)は世界文化遺産下鴨神社で「みたらし祭」が行われます。境内の池に足を浸し、ロウソクを献納して無病息災を祈る年中行事で、期間中は多くの人でにぎわいます。

その下鴨神社から南へ出町柳駅方面へと向かう途中にあるのが「旧三井家下鴨別邸」です。こちらでは「みたらし祭」と同期間、夏の夜間開館が実施されているんですよ。

旧三井家下鴨別邸は豪商旧三井家の別邸で重要文化財。

他にはない建築物に照明が灯され浮かび上がる様子は、浮世離れしているようなムード。

雨が降っていても傘の用意があるので安心。しっとり濡れた庭園も風情があります。

室内にはテーブルをセット。ドリンクも1杯ついてくるので庭園を眺めながらゆっくりするのもいいですね。ドリンクはビール、冷酒、白ワインといったアルコールから、ノンアルコールビール、昔ながらのラムネ、コカ・コーラ京都ボトル、ウーロン茶などいろいろ揃っています。

夜の下鴨をどうぞお楽しみください。

【開催概要】
期間:2019年7月19日(金)~2019年7月28日(日)
時間:17:30~21:00(受付終了20:30)
料金:一般 1000円、小中高500円 ※ワンドリンク付
交通:京阪電車「出町柳」駅から徒歩5分、市バス37・205系統などで「葵橋西詰」もしくは3・4・17・201・203系統などで「出町柳駅前」バス停から徒歩5分
https://ja.kyoto.travel/event/single.php?event_id=2448

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る