京都いいとこブログ > 京都のパン・洋菓子 > 和×洋の秋、栗むしモンブラン

和×洋の秋、栗むしモンブラン


最中をかぶっているモンブランは
一乗寺中谷の「栗むしモンブラン」です。
写真では見えないんですが、土台が「栗むし羊羹」なんですよ。

モンブランの上に乗った栗が人の頭、モンブランが蓑、最中が笠。
まるで、一乗寺の雲母坂を通って比叡山へ向かっていた旅人の姿のような…
と想像をふくらましてしまうのは私だけでしょうか?

お店の近くに詩仙堂や金福寺など紅葉名所も多いので
これからのシーズン大いににぎわう「一乗寺中谷」。
午前中の早いうちなら比較的すているはず!?

▼修学院・一乗寺エリアの紅葉名所
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/kouyou/theme3/index.html

▼修学院・一乗寺エリアの食事・甘味紹介
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/kouyou/theme4/index.html

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る