京都いいとこブログ > 京の夏の花 | 京都の行事 > 【京の夏の花2013】花の寺でハス酒とハスご飯

【京の夏の花2013】花の寺でハス酒とハスご飯


【京の夏の花2013】花の寺でハス酒とハスご飯

京阪電車宇治線は、車内の手摺りも抹茶色。

この輪っかが抹茶のポン●リングに見えるほどおなかをすかせた状態で、
宇治の三室戸寺にいってきました!

「暑いね!(`・ω・´)キリッ」  ※本堂前の狛うさぎ

花の寺と名高い三室戸寺は、ハスの季節を迎えています。

そして毎年恒例の「ハス酒を楽しむ会」が行われていました(有料)。
本堂前に広がるハスの花。そこで500円を支払い、ハスの葉をもらいます。
うまく飲むレクチャーを受けた後、葉っぱに酒が注がれ茎から飲みます。

思わずこぼしてしまうお姉さん、豪快にぐびぐび飲んでいくおじいちゃん、
ハスを口にする姿がサマになっている外国人…

健康・長寿に効ありというハス酒。みなさん楽しそうに飲んでいました。

そして境内のあじさい庭園の中には「花の茶屋」という甘味処があります。
そこで15日まで「ハス御飯」(550円・先着100名)を提供しているそうです。

ハスの実は栗のようにほくほくした食感。塩気もきいているので
暑い中の参拝で汗をかいた体にもぴったり。腹ペコの胃袋もほどよく満たしてくれたのでした。

ハス酒は1日限りですが、ハスご飯は15日までの4日間。
ハスの花を見に来られる際は、思い出に味わってみては?

▼三室戸寺について
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id088.html

【ゆきち】

関連記事

 人気記事ベスト5
      None Found

いいとこ動画 Stories and Short Videos

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る