京都いいとこブログ > タグ > 祇園祭

「タグ:祇園祭」一覧

祇園祭は発祥の地「神泉苑」にもいってみよう


本日21日より後祭の宵山がはじまります。

復活してから年々にぎわいをみせている後祭宵山。屋台は出ないといわれていますが、京都芸術センターのエコ屋台村をはじめ、近隣店舗が独自で祇園祭限定メニューを店頭販売しているところもあります。搭乗できる山鉾もありますので、ぜひ後祭宵山もお楽しみください!

宵山グルメ特集
 ※日付を要チェック
後祭の山鉾マップ
後祭関連の交通規制情報

さて、佳境にせまってきた祇園祭ですが、その起源は、1100年以上前。今の「神泉苑」で「御霊会(ごりょうえ)」という疫病退散の儀式を行ったことが祇園祭のはじまりと伝わります。神泉苑は御池通り沿いにあるお寺ですが、当時は天皇の禁苑(庭)でした。皇室の庭では、こういった国家的な儀式も執り行われていたんですね。

そんなゆかりもあって、神泉苑では24日、祇園祭のお神輿がやってきます(19時頃)。24日は後祭の山鉾巡行が行われ、その夕刻に神輿渡御(還幸祭)が行われる日。神輿渡御は、八坂神社の神様を遷した3基の神輿が、それぞれのルートを通って八坂神社に戻ります。そのうちの中御座の神輿が神泉苑にやってくるんです。境内では、小さな剣鉾(山鉾のルーツ)がまつられたり、よかろう太鼓の奉納(18:30頃)なども実施。

ちなみに神泉苑には、様々な種類の御朱印が用意されています。今の季節ならおすすめがこちら。御霊会の御朱印です。

神泉苑は「烏丸御池」駅から東西線で次の駅「二条城前」駅が最寄りです。後祭でにぎわう山鉾町とともに巡ってみてはいかがでしょうか。

神泉苑について

宵山は山鉾町の名店グルメを食べ歩き!


前祭宵山のうち15・16日は夕刻より歩行者天国。しかも土日なので、お出かけの予定にされている方、多いと思います。宵山ではいろんな楽しみがあると思いますが、食も外せないですよね。

山鉾町で人気のあの店やあの店が、宵山限定で用意したテイクアウトメニュー。京都いいとこウェブの祇園祭特集ページでは、編集部おすすめの「宵山グルメ」をまとめております。ぜひ宵山の下調べにごらんください!

http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme3/

おしゃれな祇園祭オリジナルうちわ、7/10より配布スタート


2004年12月に開業した四条烏丸の商業施設「COCON KARASUMA」。祇園祭の宵山や山鉾巡行ではおおいに盛り上がるエリアにあります。前祭宵山の時には、入居テナントの様々な屋台が施設前に登場することでもおなじみですよね。

そんな「COCON KARASUMA」で、2007年から毎年祇園祭の期間に「オリジナルうちわ(竹製)」プレゼントを実施していることはご存知でしょうか。

【忙しい現代社会において、毎日の暮らしを少し心豊かな気持ちにさせてくれる生活スタイルの提案】がコンセプトだという「COCON KARASUMA」。まさにそのコンセプトに即したオリジナルうちわをつくっておられます。毎年デザインを変更しているので、コレクションしている方もいらっしゃるそうですよ。

デザインは、テナントのひとつである老舗唐紙店「唐長」の【唐長文様 天平大雲】を配しています。2017年は、日本の伝統色「濃紺」をベースにしているので、浴衣にも合わせやすいですね。この竹製オリジナルうちわは、祇園祭期間にあたる7月10日~17日に、店舗ご利用の方へ先着順で配布されます。

観光の方にとっても良い記念品になるのでは?数量限定なのでお早めにどうぞ。

【概要】
2017祇園祭 COCON KARASUMA オリジナルうちわ配布
期間:2017年7月10日(月)~17日(月・祝)
配布数:毎日500名
※各店舗でのお会計時のお支払い金額は不問
※なくなり次第終了
※配布時間等の条件は店舗によって異なる
http://www.coconkarasuma.com/

【祇園祭2016】鷹山の鷹みくじ


かつての災害で被災し、山鉾を失ったまま巡行に参加できずにいる山鉾のことを「休み山」「焼け山」などと呼びます。その休み山が難を逃れた御神体や懸装品を飾って公開することを「居祭」。そして今もなお、「鷹山」(三条通室町西入ル)・「布袋山」(蛸薬師通新町東入ル)が「居祭」を行って復興を目指しています。

後祭の曳山「鷹山」は2026年の復興を目指し活動中。前祭・宵山の時には、マンガミュージアムで開催されたお祭りに参加し、お囃子の実演や、子どもたちへのお囃子レクチャー、そして鷹山のグッズ・授与品販売を行われました。

昨年は御神体のひとりがダルメシアンのような犬をつれていることから犬のおみくじが人気でした。

今年はTシャツも登場。

そして鷹山といえば「鷹」!鷹みくじも登場しました。

とってもキュートな鷹山のアイテム。必見です。

▼祇園祭マップ
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

【祇園祭2016】後祭曳き初め


本日後祭の曳きぞめでした。

2016年後祭の注目ポイントのひとつ、新たに復活した大船鉾の竜頭。まだ木目ですがゆくゆくは彩色されますよ。目が光っててかっこいいです。この竜だけで重さ220kg。曳き方さんがんばって…!

こちらは南観音山です。その後ろで北観音山が動いています。

曳き初めでは、前進したのち、綱を後方に回して元の位置に戻るというふうに一往復分動きます。

たいていの場合、一般の方も綱を持つことができます。綱を持って山鉾を曳くと厄除けになってこの1年は無病息災といわれています。

明日からは宵山スタート。巡行は日曜日です。
巡行順はこちら
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/30126

▼祇園祭散策マップと日程表
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

【祇園祭2016】結界に閉じ込められし粽


祇園祭の厄除けの授与品「ちまき」。

そのちまきが宙に…いや!氷の結界に閉じ込められている…!?

そんな光景を見付けたのは綾傘鉾さんでした。

▼祇園祭のちまきって何?
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/11721

▼祇園祭特集2016
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/

【祇園祭2016】宵山グルメを楽しもう!


宵山では、周辺の名店が店先で販売する祇園祭限定のサービスやグルメが注目されます。
お出かけ前にチェックしてみてくださいね。

▼アウーム
手織りずしで有名なアウームさん。個性的なラインナップ。

▼オレノパン
数量限定で販売していたアイスメロンパン。生クリームとカスタードをそのまま凍らせています。

▼ビストロセー
シェフお手製のミンチカツ。上品かつコクのある味わいで何個でも食べられそう。

▼カーヴ田中屋
オーガニックのサングリアは甘さ調整可能。オーガニックシュガーで炊いたイチジクジャムのかき氷や無添加フランクフルト、野菜ケーキなどヘルシー。

▼エンボカ京都
注文後に窯焼き。できたてあつあつの夏野菜でビールも進みそう。

宵山グルメをもっと見る!
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme3/

【祇園祭2016】祇園祭に龍現る


2016年祇園祭の目玉のひとつといっていいのが「大船鉾」の船首「竜頭」かもしれません。

「蛤御門の変」で焼失、2014年に山鉾巡行への復活を果たした大船鉾でしたが、完全に装備が揃っているわけではありませんでした。竜頭に関しては設計図が残っているわけでもなかったので、調査を重ね江戸後期の彫刻師九山新之丞親子が彫った可能性が高いのではとなり、その息子作といわれる東山区の滝尾神社の竜の彫刻をモデルにしました。つくったのは京都のおとなり滋賀県米原市の彫刻家・森哲荘氏とその息子さん。2年かかったそうです。

高さ約2m重さ約200kg。目の部分は漆と金箔。大部分がヒノキ材のままですが、今後彩色されていくそう。そして今まで舳先に付いていた大きな金幣と1年おきに付け替えて巡行することになるそうです。前祭宵山では町会所の家屋内にて一般公開(道路から見られます)。

▼祇園祭特集
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

【祇園祭2016】前祭の山一番、山伏山で復興の取り組み


祇園祭 前祭の山鉾巡行で2016年に山一番を引いた「山伏山」。
2016年の巡行順はこちら

宵山では「茅の輪くぐり」を用意し、粽にも茅の輪飾りを付けるなど、山鉾の中でも個性際立つ山のひとつと知られています。

また、東日本大震災の被災地・宮城県岩沼市の復興支援を目的とした授与品「てるてる坊主」(売上金全額寄付)を販売してきた山伏山。今年は、東日本大震災にくわえ、熊本地震の復興支援も実施されています。

山伏山町内では熊本県の阿蘇神社ゆかりの名刀「蛍丸」にちなんで名付けた「蛍丸サイダー」の販売を実施。サイダーの売上金の一部は、倒壊してしまった阿蘇神社の復興にあてるそうです。14日(午後)にはくまモンも応援にやってくるとか。

阿蘇神社門前の湧き水で仕立て、蛍の光を連想させる色彩のサイダーは、さわやかなマスカット味。宵山は暑くなりそうなので、いい水分補給にもなりそうです!

▼祇園祭特集
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

祇園祭ゆかりの老舗茶屋で西京白味噌のカキ氷


祇園祭は八坂神社のお祭り。その門前にある料亭「二軒茶屋 中村楼」は創業450年以上の老舗です。店頭には茶房があり、和甘味が楽しめます。こちらでいっぷくの涼を得るべく「かき氷」をいただきました。茶房の中はまるで森の中のこもれび。

カキ氷の種類が多くて迷ったんですが…

西京白味噌氷にしました!

まろやかな西京白味噌に、きなこの香ばしさが絶妙!柔らかな焼き白玉は、冷たくなると硬くなるのでお早めにとのこと。確かに最初と最後で柔らかさが違ってきました。氷の中にはピンク色の求肥がかくれています。

ちなみにこの「二軒茶屋 中村楼」は祇園祭の「稚児社参」(7/13)という行事にて大切な役割を担っています。「稚児社参」は祇園祭の稚児たちが八坂神社へ参り、お祓いを受け、この日を境に神の使いとなる神事です。公衆の前では地面に足をつけることがNGになるため「強力(ごうりき)」と呼ばれる男性の肩に担がれて移動するようになりますね。

この「稚児社参」の早朝、中村楼では心身を清めた当主が、稚児餅を八坂神社の神前に奉納。その後、稚児社参を終えた稚児たちは中村楼で休憩。その際に稚児餅もいただくそうです。串に刺した餅を焼いて白味噌を塗った香ばしい稚児餅は厄除けの意味もあるとか。7月14日~31日は一般の人も中村楼にて注文することができます。祇園祭限定の稚児餅。この機会に味わってみては?

▼京都 祇園祭特集
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/index.html

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る