京都いいとこブログ > タグ > 京都

「タグ:京都」一覧

【東京在住の方必見!】京都館閉館にともなう東京都内の設置場所について


東京にお住いの皆さんに「京都いいとこマップ」をお届けするための最大の拠点となっておりました京都のアンテナショップ「京都館」が2018年3月11日(日)をもって閉館することとなりました。

つきましては、今後の東京都内での設置について以下のとおりご案内いたします。

【京都館での取り扱い】

3/11(日)まで

最新号「京都いいとこマップ3・4月号」を
設置いただきます!
※3・4月号は現在順次配送中

【その他東京都近郊での取り扱い】
●グラフィック東京支店(印刷ショップ)
9:00~21:00/日祝休
港区虎ノ門5-12-1虎ノ門ワイコービル1F
※東京メトロ「神谷町」出口3ほか
https://www.graphic.co.jp/location/tokyo.html

●京都アンテナスタジオ「京のお稚児さん」
港区六本木7-14-6六本木FFビル B1階
※東京メトロ「六本木」4a出口(モスバーガーの地下)

●JR東海ツアーズ(東京支店・品川支店・新横浜支店)
http://www.jrtours.co.jp/shop/

いずれも設置部数には限りがあります。プリントショップ「グラフィック」が一番手に入る確率は高いかもしれません。いいとこマップの入手のみでもお気軽にお越しください。店頭に見当たらないときは、お近くのスタッフにお声掛けください。

そして「京都館」のみなさま、長い間「京都いいとこマップ」を設置いただき、ありがとうございます。またの再開を心から楽しみにしておりますので、その時はまた「京都いいとこマップ」をどうぞよろしくお願いいたします。

映画・神さまの轍2/24京都地区先行ロードショー


京都を舞台にした映画「神さまの轍-Checkpoint of the life-」。原作なしのオリジナルストーリーでロードバイクを巡る若者たちの青春ストーリーとなっています。

舞台は京都府南部の井手町。ロードバイクの人には良く知られている町で、編集部のロードバイク愛好家Yさんも何度も訪れたことがあるといっていました。古代の歴史、地蔵禅院の桜、自然と歴史がおりなす、京都の田舎町です。

主演はD-BOYSのメンバーのひとりで、武田鉄矢主演ドラマ『水戸黄門』の格さん役を演じた荒井淳史、そして、月9『貴族探偵』や朝ドラ『ひよっこ』などに出演の岡山天音のダブル主演。そして阿部進之介さん、津田寛治さん、六角精児さんといったベテラン陣が脇をかためています。若者たちの夢や友情、葛藤を描き、クライマックスは迫力あるレースシーンとのこと!

2018年2月24日に京都・神戸で先行公開、3月3日大阪、3月17日東京と順次全国ロードショーされる「神さまの轍-Checkpoint of the life-」。青春×京都×自転車な映画、ぜひチェックしてみてください。

http://kamisamanowadachi.com/

出町と出町柳は似て非なるもの


ここの景色が大好き!という人も多いはず。賀茂川と高野川が合流し鴨川となる三角州。

この付近に叡山電車や京阪電車の出町柳駅があり、「出町柳」と呼んでいる人も多いと思います。

ですが!

じつは鴨川の西が「出町」、東を「出町柳」と、呼称が異なることをご存知でしょうか。

まず「出町」とは、江戸時代頃から河原町今出川一帯を指す地名です。そして「出町柳」は、「柳の辻」という地に叡山電車の駅が開業した際、出町と合体して付けられた駅の名称なんです。出町柳はあくまで駅の名称。それが駅周辺の土地までも出町柳と呼び表すようになったんですね。

ぜひ使い分けてみてください!

冬の嵐山の朝


7時前の嵐山・渡月橋。

雲にじゃまされてしまいましたが日の出の時間もきれいな場所です。

阪急電車・嵐山駅のホームもロマンチック。

10年に一度の絶景!?毘沙門堂の雪景色


山科区の山の中腹にある門跡寺院「毘沙門堂」へ行ってきました。
市内中心部は青空も見えていたのですが、こちらはけっこうな雪景色。

拝観受付の方が「きょうのお庭はね、私10年ぶりに見る景色なんですよ」と教えてくださいました。めったにないらしいその景色がこちらです。

毘沙門堂の庭園「晩翠園(ばんすいえん)」。こちらの庭園をご存知なければ「10年ぶりとはどういうこと?10年ぶりに雪が積もったの??」と首をかしげてしまうかもしれません。

晩翠園は、山の谷川の水を引きこんで滝をつくった回遊式庭園です。つまり、池のあるお庭。上の写真で白く雪が積もっている部分が、じつは「池」なんです。

池が凍ることで、その上に雪が降り積もる…これが10年ぶりの珍しくも美しい光景をつくりだした…そういう貴重な冬景色だったんですね。

ちなみに縁側にある鞍馬石製の銘器という手水鉢。水が筒からすーっと細く流れているように見えますが、これも凍っています。

帰り際「きれかったでしょ」「きれかったです!」と拝観受付の方と言葉をかわし、そろそろと石段をくだり帰路につきました。

桜や紅葉の名所ですが、積雪日を狙うのもいいですね。その際は、雪向けの靴と防寒対策忘れずに!

町家のSUGAR TOOTH cafe


鉄道はJR円町駅。市バスは「丸太町七本松」が最寄りでしょうか。静かな町に、おしゃれな町家が1軒。ジャムと焼き菓子をメインにしたスイーツカフェで、店舗営業は金~月のみ。イートイン可能です。

宇治のカフェ「辻利兵衛本店」でお濃茶


蔓延元年(1860年)創業の茶問屋「辻利兵衛本店」。茶寮をオープンされたのは2016年のこと。宇治の観光の中心部からは少し離れたJR宇治駅の近くに位置するのですが、たくさんのお客さんが訪れている人気店です。

多くの人のお目当ては抹茶のスイーツ。そんななか、注文したのは「お濃茶」の和菓子セット。みなさんは濃茶を味わったことはありますか?

抹茶の一種といえばいいのでしょうか。少な目のお湯で上質な抹茶を練るようにして点てています。濃茶に対し、おそらく皆さんがよく目にするのは薄茶。おうすといわれるものです。

お茶の世界にくわしくなければ珍しいお濃茶。まだ未知の世界でしたら一度お試しあれ。

1/7は七草粥


1月7日にいただく春の七草粥。
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

七草粥は中国のほうに起源があり、平安時代には日本に伝わったといわれています。そして江戸時代頃には庶民にも七草粥をいただいて無病息災を祈るこの風習が伝わりました。

京都では以下のような場所で七草粥をいただくことができます。

■上賀茂神社の白馬奏覧神事(はくばそうらんじんじ)
10時~/500円(数量限定)
宮中の儀式「白馬節会(あおうまのせちえ)」を神事化。七草粥をそなえて、神馬をひき、やわらかくした大豆を与えます。

■御香宮神社の七草粥のふるまい
9時~/300円(数量限定)
「七草の神事」ののちに七草粥のふるまいを行います。

■西院春日神社の若菜節句祭
10時~/300円(数量限定)
焼納祭ののちに若菜粥のふるまい。例年、こいものたいたんや梅干しもつけてもらえます。白馬(あおうま)飾りも一般公開。

ほかにも、福王子神社や若一神社など、京都のさまざまな場所で七草粥のふるまいが行われます。

ちなみに上賀茂神社や西院春日神社に出てくる白馬。これは新年に白馬を見ると1年の邪気が払われて良いとされる故事にちなむものです。

北野エリアの穴場です、食堂とカフェ ピナータ


北野天満宮エリアですが、今出川通から少し離れた静かな一条通にあります。そのビルの2階。朝から晩までお野菜たっぷりのおいしいご飯が食べられる「食堂とカフェ ピナータ」。

メニューも豊富。週替わりメニューもあるので飽きません。これはあくる日の週替わりメニューB。ランチでいただきましたが夜でも注文OKです。写真の奥のサラダ、てんこもり。手前のメインディッシュはブリと小芋の竜田揚げ。

年始のごあいさつ2018


あけましておめでとうございます!

2018年になりました。編集部は本日より仕事始めです。みなさま年末年始は楽しく過ごせましたでしょうか。

私はテレビを見ながら食っては寝て・・・そして時々何かを思い出したようにむくりと起き上がり、京都の神社仏閣へお参りにも行ってきました。正月飾りや甘酒接待など、お正月だからこそ楽しめる風景がいっぱいあって楽しいですよ。新春の京都にも、ぜひお越しください!

それでは本年もどうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る