京都いいとこブログ

ブログ > タグ > 京都

京都駅地下の「Kotochika京都」南エリア25日オープン


京都駅地下の駅ナカ商業空間「Kotochika(コトチカ)京都」。地下の中央改札口から八条口方面(南改札口・マクドナルドのある方向)に向かう通路沿いに、Kotochika京都の南エリアとして新規店舗が25日にオープンします。京都ゆかりのお店、お茶の「辻利」とがま口専門店「AYANOKOJI」もラインナップされています。

開業記念として期間限定セールやノベルティのプレゼントも各店舗で行われる様子。京都駅利用の際に立ち寄ってみては。

https://kotochika.kyoto/index.html

桜の名所「背割堤」も一望!「さくらであい館」25日オープン


桂川・木津川・宇治川が合流する淀川三川合流域。ここにある淀川河川公園「背割堤地区」は、約1・4㎞の桜並木が楽しめる、人気のお花見スポットです。

また、この三川合流地域周辺には、石清水八幡宮が有名な八幡市、天王山の麓・大山崎町など、豊かな自然と歴史に恵まれた町々に囲まれています。そんな周辺地域を周遊してもらうことで地域を盛り上げていこうと、2017年3月25日、拠点施設「さくらであい館」がオープンすることとなりました!

場所は背割堤の桜並木の起点となる御幸橋沿い。管理棟と展望塔からなる施設です。京阪本線「八幡市駅」から歩いていくと、こんな具合に施設が見えてきますよ。駅からは歩いてだいたい10分です。

目の前にするとこんなかんじ。和風の落ち着いた外観ですね。

それでは施設についてご紹介しましょう。

まずは和風建築の特長も取り入れた「管理棟」へ。

屋根がふわりとカーブを描く「むくり」という形式の木造平屋建て。京都産の天然土を使った土壁、町家にも見られる格子をモチーフとした外壁など、自然のやさしさを感じる日本らしい建築物です。

■エントランス
吹き抜けになっており、天窓も備わっています。

■さくらShop

週末を中心に地産地消の特産品を販売するコーナーです。土日祝には、京都文教短期大学の学生たちが地域と連携して開発した「三川オリジナルスムージー」を発売。さっそく25日から「キウイと小松菜のスムージー」、イチゴを使い桜の塩漬けを添えた「さくらのスムージー」が味わえるようです。

■情報発信コーナー

休憩スペースにもなっているコーナーです。壁には「淀川」の歴史をパネル展示。

■イベント広場「淀」&会議室「桂」&学習室「宇治」「木津」

4種類の貸しスペースがあります。マルシェやイベント、地域の集いや講座。いろんな取り組みに使えそう。

「淀」には周辺地域の観光パンフレットもいっぱい。ここで旅の計画を練って出かけてみるのはいかがでしょうか。

「宇治」「木津」の部屋からは、男山の良い眺め。

授乳室も完備。

つづいては「展望塔」へのぼってみましょう。

高さ約28メートルの八角形の展望塔。八幡市内にある「八角堂」や、館の目の前にある御幸橋の親柱をモチーフにしたことで八角形が採用されました。

階段もしくはエレベーターでのぼります。

エレベーターが開くと目の前には木津川&宇治川!その真ん中に背割堤の桜並木です。

360度ビューなので、男山に天王山、愛宕山や比叡山、京阪電車、京都タワーも見えますよ。基本ガラス張りですが、上部の格子あたりは解放されており、風が通り抜けています。冬場は防寒忘れずに。

ちなみに外の駐輪場にはバイクラックも用意されています。サイクリングロードが整備されている地域なのでロードバイクユーザーも多いんですよね。

この「さくらであい館」のお披露目ともなる25日には、10時から開館式典。そして「出会い」をテーマとしたオープニングイベント「淀川三川春フェスタ2017」が25~26日に開催されます。

たとえば、旬の朝堀たけのこや石清水八幡宮門前名物「走り井餅」・地元人気のパン・伏見のお酒など地元グルメ盛りだくさんのマルシェ、ダッチオーブンを使った料理体験など。各地域からおいしい食と体験企画が大集合です!

また、淀川沿川で活躍しているというアーティストのJazzライブが両日開催されます。八幡市の「お茶の福翠園」、大山崎町の「大山崎COFFEE ROASTERS」のカフェも出店するので、珈琲やお茶で一服しながら音楽に耳を傾ける、そんな素敵な時間が過ごせそうです!

ほかにも様々なプログラムが目白押し。詳細は公式サイトをチェックしてみてくださいね!

「さくらであい館」で、まだ知らない京都との「出会い」をお楽しみください!


【「淀川三川合流域 さくらであい館」概要】

京都府八幡市八幡在応寺
開館時間9:00~17:00
※3月25日は12:00より一般開館
展望塔は桜開花時期以外は無料
※3/25~4/10は有料:300円/小・中学生100円
https://www.yodogawa-park.jp/

【周辺エリアの過去のこたび特集】
・長岡京市(初夏のご利益ウォーク)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/nagaoka/
・八幡市(乗って歩いて八幡市さんぽ)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/yawata/

疑惑のポスト


通りすぎようとして思わず足をとめたのは、京都大学近くの今出川通。

「近くない?」

なぜポストが並んでいるのか、役割が違うのか、どちらかがじつは使えない状態なのか、古いのか、それともこの辺に住む人たちのポスト活用率が桁違いなのか。

いろいろと憶測のとびかったポストでした。

早春の花の社「大豊神社」


ツバキの花が有名な哲学の道沿いの「大豊神社」。花の進み具合は梅もツバキもこれからが本番かなという具合。ろうばいが見頃だったので、やはり今年は去年よりも開花スピード遅めというところでしょうか。

ツバキが飾られた神社のアイドル・狛ねずみさん。どんぐりの奉納量がすごい。ねずみさんもご満悦?

一方、参道の狛犬さんは花をくわえてキメていました。

■大豊神社について
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/otoyojinja/

西の梅の園「正法寺」


京都いいとこマップ3-4月号(2017)の表紙を飾っていただいた真言宗寺院「正法寺」。

表紙は石庭の桜でしたが、じつはお寺の駐車場のそばに梅林がありまして。こんなふうに東山を見渡せる中、梅の木が植えられているんですよ。五部咲きくらいでしょうか。

梅林のそばにはスイセンの花も。

梅林を離れてもぽつぽつと植えられている梅の木。遍照塔を背景に一枚。

伏見で開催!日本酒イベント「玉乃光FESTA2017」


3月18日に開催される、京の酒処・伏見の第11回日本酒まつり。当日は蔵元イベントも同時開催されるんですよ。たとえば、延宝元年(1673年)創業の酒蔵「玉乃光」では、玉乃光FESTA2017を開催!

きき酒はもちろん、焼きそば、やきとり、かす汁、おやつ、似顔絵などの出店あり、大学生フラガールや和太鼓、利き酒クイズ、賞品ありのじゃんけん大会といったステージイベントあり!

呑んで食べて見て聞いて参加して…楽しい1日になりそうですね!春本番間近、伏見の酒蔵イベントで陽気な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

【開催概要】
2017年3月18日(土) 10:00~15:00
玉乃光酒造 本社蔵にて開催(伏見区東堺町545-2)
TEL:075-611-5000
催事券1000円(10枚つづり)
※当日会場にて購入可能・当日限り有効・払い戻し可
http://www.tamanohikari.co.jp/

京都NEWOPEN 白川沿いでリーズナブルに天丼ランチ


地下鉄東山駅から美術館・平安神宮方面へ向かうときに通る人も多い白川沿い。「祇園饅頭」「三味洪庵」「桝富」の並びに新しいお店がオープンしました。

「白川 京とみ」。上品な落ち着いた和のしつらえ。カウンターとテーブル席があり、訪問時のランチメニューは900円~1500円くらいで、ラインナップは天丼類をメインに鰻錦糸丼というのもありました。

ダシ巻や穴子天もつく海老天丼です。天つゆは別添え。好みの調節ができますね!

市バスに乗るタイミング


バス停にバスが2両以上停車した時、後続のバスに乗りたい観光客が、まだ開いていないバスの乗車口をドンドン叩きに来る現場に遭遇したことが何度かあります。

バスが2両以上停車した時、後続車はまず降車口より乗客を降ろし、先頭車両になった時に乗り口の扉を開けるのが基本となっているようです。

本格的な観光シーズンをこれから迎える京都。市バスに不慣れの方は、ちょっと覚えておくといいかもしれません。

春の京都旅行のおともに京都いいとこマップ3-4月号


京都旅行のおともに京都観光情報誌「 京都いいとこマップ最新号」絶賛配布中です!

主な特集その1≪春を探して大原野≫

京都市西京区の大原野は桜の名所。桜スポットだけでなく、春らしい地元グルメもご紹介していますよ!


主な特集その2≪桜名所近くの春ランチ≫


お花見の前後に立ち寄りたい京都ランチを厳選!お店の中から桜が眺められたり、ランチメニューが春の味わいたっぷりだったり、五感で春が味わえます。

春の京都へ行く人も、行かない人も、この一冊でつかのまの京都トリップをお楽しみください。

祇園さゝ木のパウンドケーキ


いわずとしれた、京の料亭「祇園さゝ木」さんのパウンドケーキをいただきました。

プレーンと抹茶あずきの2種。多忙極める編集部の癒しに(^^)


Feeds
Meta