京都いいとこブログ > タグ > 京都

「タグ:京都」一覧

真如堂と安楽寺


祇園祭の後祭巡行が終わった翌日の7月25日。哲学の道近くにある「安楽寺」で「中風まじない鹿ヶ谷かぼちゃ供養」が行われます。京野菜の「鹿ヶ谷カボチャ」を食べて、中風にならないようにと願う行事です。

江戸時代、青森から持ち帰ったかぼちゃの種をこの地で栽培すると、ひょうたん型のかぼちゃができ、当時の安楽寺住職が「夏の土用の頃に鹿ヶ谷かぼちゃをふるまえば中風にならない」というご本尊のお告げを受けたことで、この行事がはじまりました。当日は、虫干しも兼ねて宝物も公開されます。

その安楽寺の西側にある丘の上の「真如堂」では、おなじく7月25日に「宝物虫払会」が行われます。貴重な寺宝約200点を虫干しし一般公開する、年に一度の行事です(雨天中止)。当日は、暑気払いとして、ビワの葉などを煎じた「びわ湯」もふるまいも。

写真は安楽寺近くの坂の上から西側を向いた時の眺めです。緑の部分が吉田山あたり。画面左の方が真如堂のある方向です。

安楽寺も真如堂も、夏の緑が満喫できる場所。夏の行事を楽しみつつ、出かけてみてはいかがでしょうか。

■安楽寺
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/anrakuji/
■真如堂
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/shinnyodo/

祇園祭は発祥の地「神泉苑」にもいってみよう


本日21日より後祭の宵山がはじまります。

復活してから年々にぎわいをみせている後祭宵山。屋台は出ないといわれていますが、京都芸術センターのエコ屋台村をはじめ、近隣店舗が独自で祇園祭限定メニューを店頭販売しているところもあります。搭乗できる山鉾もありますので、ぜひ後祭宵山もお楽しみください!

宵山グルメ特集
 ※日付を要チェック
後祭の山鉾マップ
後祭関連の交通規制情報

さて、佳境にせまってきた祇園祭ですが、その起源は、1100年以上前。今の「神泉苑」で「御霊会(ごりょうえ)」という疫病退散の儀式を行ったことが祇園祭のはじまりと伝わります。神泉苑は御池通り沿いにあるお寺ですが、当時は天皇の禁苑(庭)でした。皇室の庭では、こういった国家的な儀式も執り行われていたんですね。

そんなゆかりもあって、神泉苑では24日、祇園祭のお神輿がやってきます(19時頃)。24日は後祭の山鉾巡行が行われ、その夕刻に神輿渡御(還幸祭)が行われる日。神輿渡御は、八坂神社の神様を遷した3基の神輿が、それぞれのルートを通って八坂神社に戻ります。そのうちの中御座の神輿が神泉苑にやってくるんです。境内では、小さな剣鉾(山鉾のルーツ)がまつられたり、よかろう太鼓の奉納(18:30頃)なども実施。

ちなみに神泉苑には、様々な種類の御朱印が用意されています。今の季節ならおすすめがこちら。御霊会の御朱印です。

神泉苑は「烏丸御池」駅から東西線で次の駅「二条城前」駅が最寄りです。後祭でにぎわう山鉾町とともに巡ってみてはいかがでしょうか。

神泉苑について

まるで異次元、夏夜の伏見稲荷大社


伏見稲荷大社の7月の行事「本宮祭(もとみやさい)」。全国の崇敬者が総本宮に参拝し、日々の神の恵みに感謝する大祭です。前日の宵宮祭では、稲荷山から境内全域に至って献納提灯や石灯篭、行灯に灯りをともす万灯神事が行われます。写真はその時の様子です。

とにかく人が多いです。千本鳥居は人でぎゅうぎゅう。なかなか進まないので向かう人は心の準備と対策を。

踊りなどの催しも行われます。

伏見稲荷と言えばキツネさんですが…

参道で販売されているお面も大人気。サイズや絵柄はいろいろあります。お気に入りを見つけてください。

【伏見稲荷大社の本宮祭】
2017年7月23日
※宵宮は22日

きゅうりで健康祈願


祇園祭の前祭宵山が本日よりスタートしました。祇園祭は八坂神社のお祭り。その八坂神社の紋が輪切りにした時のきゅうりの切り口に似ていることから、祇園祭の間はきゅうりを食べてはいけないといわれています。

そんな「きゅうり」を使った疫病除けの行事が行われるのも7月です。弘法大師由来の行事で、これを「きゅうり封じ」と呼びます。

開催する寺院によって方法は少し異なるのですが、西賀茂にある「神光院」では、名前などを記入した半紙できゅうりを包み、紅白の水引で結びます。そのきゅうりを祈祷してもらい、境内の塚に納めるか、自宅に持って帰って土に埋めます。

写真はきゅうり塚の前におさめられたきゅうりたち。

7月14日はハス酒で健康祈願


宇治の名刹「三室戸寺」。

大人気のあじさいが見頃を終える頃、つぎは本堂前のハス園に多品種のハスが咲き誇ります。そして7月には「ハス酒を楽しむ会」が行われることでも知られています。

ハスの葉を器のようにして、竹筒で酒を注いでもらい、茎から吸っていただきます。ハス酒は健康・長寿にご利益があるといわれているんですよ。

暑いのでお出かけの際は熱中症対策なども忘れずに。

【ハス酒を楽しむ会】

日時:2017年7月14日(金) 9時 ~正午(数量に達すれば終了)
先着300名・有料500円
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/mimurotoji/

宵山は山鉾町の名店グルメを食べ歩き!


前祭宵山のうち15・16日は夕刻より歩行者天国。しかも土日なので、お出かけの予定にされている方、多いと思います。宵山ではいろんな楽しみがあると思いますが、食も外せないですよね。

山鉾町で人気のあの店やあの店が、宵山限定で用意したテイクアウトメニュー。京都いいとこウェブの祇園祭特集ページでは、編集部おすすめの「宵山グルメ」をまとめております。ぜひ宵山の下調べにごらんください!

http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme3/

【京のこたび番外編(vol.2/全2回)】あの路地なんの路地?


京都いいとこマップ(2017年7・8月号)京のこたび「六波羅・五条坂周辺」編で、誌面掲載しきれなかったものをご紹介します。(全2回)

六波羅の町を歩いていて気づいたのは、細い通りや路地に名前がついていること。地元の愛称のようなんですが、一つ一つ見ていくと想像ふくらむ名前も多く、なかなか楽しいのでおすすめ。以下はその一例です。

うらんちょってかわいいですよね。京ことばで「裏の町」だそうです。裏社会ではありませんよ。裏通りの~…といいましょうか。

登り窯南小路。登り窯は陶器を焼く窯で斜面に段々につくられた形状が特長。登り窯北小路もありますよ。この周辺は焼き物の町。戦前は登り窯も多く、清水焼がつくられていました。

一瞬、歩くのをためらう細~い狸小路ですが、地元の人はふつうにすすす~と歩いて通り抜けています。通り抜けた先の風景は、京都を感じるものがあります。

「小路」と名がついているところは基本的に通り抜けられる道のようで、「路地」とついていると一般のおうちがある行き止まりの道になるようです。なので路地にはむやみに立ち入らないように、入口の看板の名前を見て想像を膨らませてみてくださいね。

六波羅には「六道珍皇寺」「六波羅蜜寺」といった名刹も多いエリア。町歩きの際はぜひ、道の看板にもご注目ください!

■京のこたび
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/rokuhara/

※公開が予定より遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

【京のこたび番外編(vol.1/全2回)】あの京都名物がフライになりました


京都いいとこマップ(2017年7・8月号)京のこたび「六波羅・五条坂周辺」編で、誌面掲載しきれなかったものをご紹介します。(全2回)

取材を終え、車をとめた駐車場へ向かう途中、突然の大雨に降られた京のこたび取材班。大粒の雨にもかかわらず、なかなか車のカギを開けることができずにてんやわんや。こういうとき、なぜかこみあげてくる笑い。そしてなんとか車内に逃げ込み、次の取材までのわずかな時間を車の中で過ごしました。雨に濡れ、しょんぼりした取材班の心をいやしてくれたもの…それがこちら。

光がうっすら透き通るほどの衣をまとったこちら。とっても有名な京都名物なんですよ。それはなんと…

生八ッ橋

です。

ニッキの生八ッ橋を揚げた「生八ッ橋フライ」。ニッキの香る「あんドーナツ」を食べている気分でした。あんドーナツ大好きです。

六波羅にある「松原きっちん」さんでいただけます。テイクアウトできるのでぜひお試しあれ。

■松原きっちん
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/matsubarakitchen/

■京のこたび
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/rokuhara/

※公開が予定より遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

永楽屋本店喫茶室のひんやり新メニュー


四条河原町にありながら町の喧騒を抜け出して、ほっと落ち着くことのできる永楽屋本店2階の喫茶室。こだわりの和甘味が多彩に揃う中、夏季限定のかき氷に新メニューが登場しました。

苺みるく氷(980円)※8/31まで

見るからに濃厚そうな苺シロップは、和素材に合うようにと厳選した国産苺を使用。氷砂糖から作られた「氷糖蜜」を加えて仕上げています。そしてミルクシロップには、日本独自の砂糖である和三盆糖を使用。さらに、かき氷の底には、クラッシュした寒天が隠れており、また違う喉越しが楽しめます。

従来のかき氷メニューである柚子琥珀、宇治金時、黒蜜黄粉…そこに加わった苺みるく。永楽屋さんの喫茶室に行くと、夏場はだいたい「黒蜜黄粉氷」を選びがちなんですが、今度は「苺みるく氷」にしてみたいと思います!
※4種のかき氷はそれぞれ販売時期が異なります

暑い京の夏、みなさんも永楽屋の新メニューで水分&甘味補給されてみてはいかがでしょうか。

【永楽屋 喫茶室】
京都市中京区河原町通四条上ル東側 
永楽屋本店2階
12:00~19:00 (LO 18:30)
http://cafe.eirakuya.co.jp/

おしゃれな祇園祭オリジナルうちわ、7/10より配布スタート


2004年12月に開業した四条烏丸の商業施設「COCON KARASUMA」。祇園祭の宵山や山鉾巡行ではおおいに盛り上がるエリアにあります。前祭宵山の時には、入居テナントの様々な屋台が施設前に登場することでもおなじみですよね。

そんな「COCON KARASUMA」で、2007年から毎年祇園祭の期間に「オリジナルうちわ(竹製)」プレゼントを実施していることはご存知でしょうか。

【忙しい現代社会において、毎日の暮らしを少し心豊かな気持ちにさせてくれる生活スタイルの提案】がコンセプトだという「COCON KARASUMA」。まさにそのコンセプトに即したオリジナルうちわをつくっておられます。毎年デザインを変更しているので、コレクションしている方もいらっしゃるそうですよ。

デザインは、テナントのひとつである老舗唐紙店「唐長」の【唐長文様 天平大雲】を配しています。2017年は、日本の伝統色「濃紺」をベースにしているので、浴衣にも合わせやすいですね。この竹製オリジナルうちわは、祇園祭期間にあたる7月10日~17日に、店舗ご利用の方へ先着順で配布されます。

観光の方にとっても良い記念品になるのでは?数量限定なのでお早めにどうぞ。

【概要】
2017祇園祭 COCON KARASUMA オリジナルうちわ配布
期間:2017年7月10日(月)~17日(月・祝)
配布数:毎日500名
※各店舗でのお会計時のお支払い金額は不問
※なくなり次第終了
※配布時間等の条件は店舗によって異なる
http://www.coconkarasuma.com/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る