京都いいとこブログ

ブログ > 京都の観光・まち歩き

本能寺ホテルに「いいとこマップ」が出演!?


綾瀬はるか、堤真一、濱田岳など出演の映画「本能寺ホテル」。舞台は京都。宿泊したホテルを通じて、なぜか本能寺の変の前日にタイムスリップしてしまった繭子(綾瀬はるか)が、織田信長や蘭丸の命を救うために奔走するかんじのお話なんですが…

京都いいとこマップ」が映画に登場しています!

登場したのは2016年7・8月号。渉成園が表紙の号です。

先斗町や鴨川、下鴨神社や今宮神社。みんな大好きなあぶり餅や金平糖。この映画にはさまざまな京都スポットが登場しますが、まさか「京都いいとこマップ」もしれっと登場するとは。

出番はホテルのロビー。女性二人組がどこへ行こうかとチラシを持って考えているところが出番です。意識しないとわからないと思うし、気づかないままになるかもしれませんが、そこそこ長くうつってはいます。映画を見る際は、ぜひ探してみてください。

ちなみに本能寺ホテルのロケ地マップが、地下鉄や映画館で配布されています。こちらのHPからもPDFをごらんいただけますよ。

【京のこたび番外編(vol.2/全3回)】歩きたいのどかな散歩道


京都いいとこマップ(2017年1・2月号)京のこたび「叡山電車」編で、誌面掲載しきれなかったものをご紹介。沿線で見つけたあまり知られていないもの、貴重なものをご紹介します。(全3回)

手づくりのでっち羊羹や名物の鳩餅が楽しめる茶店「三宅八幡茶屋」。

子どもの守り神「三宅八幡宮」の境内にあるんですが、この茶屋のそばに池がありまして。

その池の奥側へ歩いていくと、こんなのどかな散歩道に入ります。

その小路を抜けていくとお寺「三明院」にたどり着きます。

このあたり、のんびり京の風情を感じたい方におすすめです!

ちなみに三明院の境内から見る景色もなかなか絶景でして…詳細はぜひこちらの記事をごらんください!

【京のこたび番外編 叡山電車編(全3回)】
vol1叡山電車の駅で見つけたマスコット
vol2歩きたいのどかな散歩道
vol3 取材中に気になった沿線あれこれ
※掲載情報は2016年10-12月頃取材したものです

【京のこたび番外編(vol.1/全3回)】叡山電車の駅で見つけたマスコット


京都いいとこマップ(2017年1・2月号)京のこたび「叡山電車」編で、誌面掲載しきれなかったものをご紹介。沿線で見つけたあまり知られていないもの、貴重なものをご紹介します。(全3回)

2017年は酉年ということで、ハトとゆかりある神社「三宅八幡宮」を誌面で紹介させていただきました!この取材の際に立ち寄ったのが叡山電車の「八幡前」駅。ホームに降り立つと、誰もいないはずなのになんとなく誰かに見られているような……ん?

近づいていみると…んん?

視線の正体は同志社中学校の生徒さんたちが考案したという「ハト駅長」でした。

特技はマラソン(!?)。好物はなんと…つづきは実際の駅舎で確認してみてください。

ちなみにハト駅長のとなりにある木製の椅子。これは同志社中の旧礼拝堂で55年間使われていたものだそう。レトロな雰囲気があっていいかんじですよ!

【京のこたび番外編 叡山電車編(全3回)】
vol1叡山電車の駅で見つけたマスコット
vol2歩きたいのどかな散歩道
vol3取材中に気になった沿線あれこれ
※掲載情報は2016年10-12月頃取材したものです

【京都BAL】ザ・コンランショップのお得なウィンターセール


京都BAL4Fの「THE CONRAN SHOP」(ザ・コンランショップ) では、ウィンターセールが開催されています。

家具からインテリア小物まで、対象商品は30%から最大70%OFFのスペシャルプライス!デザインに込められたストーリー、誰かに教えたくなるアイディア…そんな魅力が詰まった上質でユニークな品々がお得に手に入るチャンスです。

たとえば、「smith 2 seater sofa」(¥360,000)は、40%OFFの¥216,000(税抜)

期間は1月末まで。この機会をお見逃しなく。

※在庫がなくなることもございます

■THE CONRAN SHOP 京都店
TEL:075-223-0505

■京都BAL
http://www.bal-bldg.com/kyoto/

【京都BAL】お正月のステキなお知らせ


四条河原町の京都BALでは1/2よりセールスタート!サイトには福袋情報も出ているので要チェックですよ!
http://www.bal-bldg.com/news/detail510.html

ちなみに、京都BAL1階の紅茶専門店「MARIAGE FRÈRES」(マリアージュフレール)では、「テ デ シーニュ コック – 酉年」のお茶を販売されるとか。インディゴブルーの水色に染まる上質な青茶に、フルーティーなクコの実がアクセント。お正月のあいさつの手土産にするのもおすすめです。


青茶 100g缶入/¥4,500(¥4,860税込)

こんなところに忠臣蔵?


「仮名手本忠臣蔵」は、赤穂事件を題材とした人形浄瑠璃・歌舞伎の人気演目のひとつです。

その物語に登場する与市兵衛さんは、京都の山崎に暮らすお百姓さん。物語の中でころされてしまうんですが、その与市兵衛さんのお墓が長岡京市のとある住宅街にあるんです。

いえ、正しくは、

お墓と長く思われ続けていた石碑があるんです!

この地が与市兵衛の殺された場所にあたることと、そういう噂になるくらい、忠臣蔵の物語が庶民に親しまれていたことが理由だとか。なので「伝 与市兵衛の墓」、「与市兵衛の墓と伝わっていた場所」として伝わっているんです。ちょっとややこしいですが、なんだかおもしろいですね。

じゃあこの石碑はなんなんだというと清誉浄佐という人物が、両親を供養するため、高野聖を千人寄宿させたことを石碑に刻んで置いた…だそうです。高野聖は高野山を起点に全国を行脚しているお坊さんのこと。清誉浄佐のご両親は国中を歩く高野聖をきっと手厚くもてなしていたんでしょうね。

ちなみに、12月14日は赤穂浪士47人が吉良邸に討ち入りした忠臣蔵の日といわれています。大石内蔵助良雄が討ち入りを決意する間、京都の山科に隠棲したと伝わることから、山科では「山科義士まつり」を開催。討ち入り装束の義士隊列がゆかりある寺社と街を練り歩き(かわいい子ども義士隊も!)、踊りや芝居も行われます。

【京都BAL】自分に、大切な人に、クリスマス限定品を贈ろう


クリスマスを年末にひかえ、様々なクリスマス限定アイテムが登場しています。京都BALにもスペシャルな限定品が揃っていますよ!早速チェックしてみましょう。

■agete「2016 X’MAS SPECIAL」

ジュエリー&アクセサリーが揃うセレクトショップ「agete」。2016年のクリスマス限定アイテムは、瑞々しく奥行きのある輝きが魅力のローズカットダイヤモンドを、繊細に輝くブリリアントカットダイヤモンドが贅沢に取り巻いたリング&ネックレスです。

モチーフは雪解けとともに可憐な花を咲かせる「雪割草」。見るたびに心が動かされる美しさは、特別感と満足感を感じるはず。

そして雪割草は、「信頼」・「自信」・「期待」といった花言葉を持っています。そんな想いをこめて、大切な誰かへのプレゼントに…もしくは自分自身への贈り物にしてもいいですよね。

【詳細】
各¥59,400(税込)スペシャルBOX付き
開催店舗:agete SELECTION 京都バル(1F)
開催期間:11月11日~
数量限定の為無くなり次第終了

【お問い合わせ】
agete SELECTION
TEL:075-744-6245


■Felisi HOLIDAY SEASON LIMTED 「BICOLOR LONG WALLET」

機能性とデザイン性を兼ね備えた、職人手製の上質な鞄をはじめ、ポーチや財布などを取り揃える「フェリージ」。今回は定番のロングウォレットが粋なバイカラーとなって登場しています。しかも「フェリージ」を象徴する「ナイロン」を使った専用ポーチ付きというスペシャルな仕様。

落ち着いたカラーとデザインなので、年齢・性別問わずギフトにできるのもおすすめポイントのひとつです。

財布は日常づかいするアイテム。新年を迎える前に、自分用の財布を新しく買い替えるのも良い運気を呼び込みそうですよね!

【詳細】
BICOLOR LONG WALLET(全5色)専用ポーチ付き
各¥58,320(税込)専用ポーチ付き

【お問い合わせ】
Felisi 京都BAL店(3F)
TEL:075-212-1882

看板


亀岡の城下町で行われていた「亀岡祭」。その取材中に見つけた刃物屋さん。立体的な木製看板に目がないんです。ギザギザがいいですね。ナイス看板です。

【京都BAL】英国を感じるイベント「UK ARCADE」開催中です!


京都BAL4Fの「ザ・コンランショップ 京都店」。真に豊かな暮らしを創造するホームファニシングショップとして英国・ロンドンに誕生して以来、往年の名作から気鋭のデザインまで、幅広いアイテムを取り揃えています。

そして10月12日(水)~11月13日(日)は、英国ブランドのプロダクトを発信するイベント「UK ARCADE」を開催しています!

期間中の店内には、歴史ある名店が連なる英国最古のアーケード「Burlington Arcade(バーリントン・アーケード)」をイメージした空間が出現。紅茶やレイングッズなどの定番品はもちろん、最新のアートやデザインが集まる英国ならではの独創的で遊び心溢れるアイテムまで、バリエーション豊かにラインナップ。さらには、日本初上陸のコレクションザ・コンランショップ限定アイテムも登場します!

「ザ・コンランショップ」ならではの視点でセレクトした、選りすぐりのプロダクト。英国の香りを感じに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼ザ・コンランショップ 京都店
075-223-0505
http://www.conranshop.jp/

【京都BAL】
http://www.bal-bldg.com/kyoto/

豪商・三井家の別邸、一般公開スタート



10月から一般公開がはじまった、下鴨神社の境内「糺の森」の南側に建てられた「旧三井家下鴨別邸」。
江戸時代に呉服商・両替商として大成し、後に三井財閥を築いた三井家の邸宅とあって、
明治以降に建てられた近代建築ながら壮麗な外観には現代でもハッと目を引くものがある建築物です。
通常公開では主屋1階、玄関棟、茶室のみ見学可能ですが、
今回は特別公開時に見学可能な主屋2~3階を中心に紹介します。


まずは、木屋町通沿いにあった建物を大正14年に現在地に移築してできた主屋。
2階は開放的なつくりで、引き戸を全面開けると広々とした庭園が眺められるようになっています。
かつて木屋町にあった頃はすぐそばに鴨川が迫り、東山三十六峰が見渡せたそうで、
明治大正の激動の時代に活躍した三井家当主が心を休めた場所だったことが想像できます。


ここから3階の望楼へは、かなり急な階段が続いていて、ロープにつかまりながら上がっていきます。
がんばってのぼった先から一望できる景色は、特別公開時にご覧ください。



通常公開されている主屋1階の座敷では、庭園を眺めつつ一服も可能。
写真の「焼きもっちり」とコーヒーのセットは400円。
ゆっくりくつろいできました。


主屋には玄関棟から入ります。
家紋のような壁紙を取り入れるなど、洋風デザインがいろいろとみられる興味深い建物です。


主屋が移築されるよりも前からこの敷地にあった茶室は、純和風建築。
ちょっと奇抜な外観の主屋や洋風の要素を感じる玄関部分だけでないところに、
三井家当主は粋な方だったんだと感じます。

近代建築ファン必見の「旧三井家下鴨別邸」。
邸内では三井家の歴史や貴重な資料が展示されているほか、
ガイドスタッフが常駐しているため、いろんなお話も聞けるので、
歴史好きのみなさんも楽しめるでしょう。

旧三井家下鴨別邸

京都市左京区下鴨宮河町58-2
電話:075-366-4321
水曜休館
入館料 一般410円 ※特別拝観時は別料金
アクセスは市バス「葵橋西詰」「出町柳駅前」バス停から徒歩5分、京阪電車「出町柳」駅から徒歩5分


Feeds
Meta