京都いいとこブログ

ブログ > 京都の観光・まち歩き

京都駅地下の「Kotochika京都」南エリア25日オープン


京都駅地下の駅ナカ商業空間「Kotochika(コトチカ)京都」。地下の中央改札口から八条口方面(南改札口・マクドナルドのある方向)に向かう通路沿いに、Kotochika京都の南エリアとして新規店舗が25日にオープンします。京都ゆかりのお店、お茶の「辻利」とがま口専門店「AYANOKOJI」もラインナップされています。

開業記念として期間限定セールやノベルティのプレゼントも各店舗で行われる様子。京都駅利用の際に立ち寄ってみては。

https://kotochika.kyoto/index.html

桜の名所「背割堤」も一望!「さくらであい館」25日オープン


桂川・木津川・宇治川が合流する淀川三川合流域。ここにある淀川河川公園「背割堤地区」は、約1・4㎞の桜並木が楽しめる、人気のお花見スポットです。

また、この三川合流地域周辺には、石清水八幡宮が有名な八幡市、天王山の麓・大山崎町など、豊かな自然と歴史に恵まれた町々に囲まれています。そんな周辺地域を周遊してもらうことで地域を盛り上げていこうと、2017年3月25日、拠点施設「さくらであい館」がオープンすることとなりました!

場所は背割堤の桜並木の起点となる御幸橋沿い。管理棟と展望塔からなる施設です。京阪本線「八幡市駅」から歩いていくと、こんな具合に施設が見えてきますよ。駅からは歩いてだいたい10分です。

目の前にするとこんなかんじ。和風の落ち着いた外観ですね。

それでは施設についてご紹介しましょう。

まずは和風建築の特長も取り入れた「管理棟」へ。

屋根がふわりとカーブを描く「むくり」という形式の木造平屋建て。京都産の天然土を使った土壁、町家にも見られる格子をモチーフとした外壁など、自然のやさしさを感じる日本らしい建築物です。

■エントランス
吹き抜けになっており、天窓も備わっています。

■さくらShop

週末を中心に地産地消の特産品を販売するコーナーです。土日祝には、京都文教短期大学の学生たちが地域と連携して開発した「三川オリジナルスムージー」を発売。さっそく25日から「キウイと小松菜のスムージー」、イチゴを使い桜の塩漬けを添えた「さくらのスムージー」が味わえるようです。

■情報発信コーナー

休憩スペースにもなっているコーナーです。壁には「淀川」の歴史をパネル展示。

■イベント広場「淀」&会議室「桂」&学習室「宇治」「木津」

4種類の貸しスペースがあります。マルシェやイベント、地域の集いや講座。いろんな取り組みに使えそう。

「淀」には周辺地域の観光パンフレットもいっぱい。ここで旅の計画を練って出かけてみるのはいかがでしょうか。

「宇治」「木津」の部屋からは、男山の良い眺め。

授乳室も完備。

つづいては「展望塔」へのぼってみましょう。

高さ約28メートルの八角形の展望塔。八幡市内にある「八角堂」や、館の目の前にある御幸橋の親柱をモチーフにしたことで八角形が採用されました。

階段もしくはエレベーターでのぼります。

エレベーターが開くと目の前には木津川&宇治川!その真ん中に背割堤の桜並木です。

360度ビューなので、男山に天王山、愛宕山や比叡山、京阪電車、京都タワーも見えますよ。基本ガラス張りですが、上部の格子あたりは解放されており、風が通り抜けています。冬場は防寒忘れずに。

ちなみに外の駐輪場にはバイクラックも用意されています。サイクリングロードが整備されている地域なのでロードバイクユーザーも多いんですよね。

この「さくらであい館」のお披露目ともなる25日には、10時から開館式典。そして「出会い」をテーマとしたオープニングイベント「淀川三川春フェスタ2017」が25~26日に開催されます。

たとえば、旬の朝堀たけのこや石清水八幡宮門前名物「走り井餅」・地元人気のパン・伏見のお酒など地元グルメ盛りだくさんのマルシェ、ダッチオーブンを使った料理体験など。各地域からおいしい食と体験企画が大集合です!

また、淀川沿川で活躍しているというアーティストのJazzライブが両日開催されます。八幡市の「お茶の福翠園」、大山崎町の「大山崎COFFEE ROASTERS」のカフェも出店するので、珈琲やお茶で一服しながら音楽に耳を傾ける、そんな素敵な時間が過ごせそうです!

ほかにも様々なプログラムが目白押し。詳細は公式サイトをチェックしてみてくださいね!

「さくらであい館」で、まだ知らない京都との「出会い」をお楽しみください!


【「淀川三川合流域 さくらであい館」概要】

京都府八幡市八幡在応寺
開館時間9:00~17:00
※3月25日は12:00より一般開館
展望塔は桜開花時期以外は無料
※3/25~4/10は有料:300円/小・中学生100円
https://www.yodogawa-park.jp/

【周辺エリアの過去のこたび特集】
・長岡京市(初夏のご利益ウォーク)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/nagaoka/
・八幡市(乗って歩いて八幡市さんぽ)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/yawata/

疑惑のポスト


通りすぎようとして思わず足をとめたのは、京都大学近くの今出川通。

「近くない?」

なぜポストが並んでいるのか、役割が違うのか、どちらかがじつは使えない状態なのか、古いのか、それともこの辺に住む人たちのポスト活用率が桁違いなのか。

いろいろと憶測のとびかったポストでした。

市バスに乗るタイミング


バス停にバスが2両以上停車した時、後続のバスに乗りたい観光客が、まだ開いていないバスの乗車口をドンドン叩きに来る現場に遭遇したことが何度かあります。

バスが2両以上停車した時、後続車はまず降車口より乗客を降ろし、先頭車両になった時に乗り口の扉を開けるのが基本となっているようです。

本格的な観光シーズンをこれから迎える京都。市バスに不慣れの方は、ちょっと覚えておくといいかもしれません。

本能寺ホテルに「いいとこマップ」が出演!?


綾瀬はるか、堤真一、濱田岳など出演の映画「本能寺ホテル」。舞台は京都。宿泊したホテルを通じて、なぜか本能寺の変の前日にタイムスリップしてしまった繭子(綾瀬はるか)が、織田信長や蘭丸の命を救うために奔走するかんじのお話なんですが…

京都いいとこマップ」が映画に登場しています!

登場したのは2016年7・8月号。渉成園が表紙の号です。

先斗町や鴨川、下鴨神社や今宮神社。みんな大好きなあぶり餅や金平糖。この映画にはさまざまな京都スポットが登場しますが、まさか「京都いいとこマップ」もしれっと登場するとは。

出番はホテルのロビー。女性二人組がどこへ行こうかとチラシを持って考えているところが出番です。意識しないとわからないと思うし、気づかないままになるかもしれませんが、そこそこ長くうつってはいます。映画を見る際は、ぜひ探してみてください。

ちなみに本能寺ホテルのロケ地マップが、地下鉄や映画館で配布されています。こちらのHPからもPDFをごらんいただけますよ。

【京のこたび番外編(vol.2/全3回)】歩きたいのどかな散歩道


京都いいとこマップ(2017年1・2月号)京のこたび「叡山電車」編で、誌面掲載しきれなかったものをご紹介。沿線で見つけたあまり知られていないもの、貴重なものをご紹介します。(全3回)

手づくりのでっち羊羹や名物の鳩餅が楽しめる茶店「三宅八幡茶屋」。

子どもの守り神「三宅八幡宮」の境内にあるんですが、この茶屋のそばに池がありまして。

その池の奥側へ歩いていくと、こんなのどかな散歩道に入ります。

その小路を抜けていくとお寺「三明院」にたどり着きます。

このあたり、のんびり京の風情を感じたい方におすすめです!

ちなみに三明院の境内から見る景色もなかなか絶景でして…詳細はぜひこちらの記事をごらんください!

【京のこたび番外編 叡山電車編(全3回)】
vol1叡山電車の駅で見つけたマスコット
vol2歩きたいのどかな散歩道
vol3 取材中に気になった沿線あれこれ
※掲載情報は2016年10-12月頃取材したものです

【京のこたび番外編(vol.1/全3回)】叡山電車の駅で見つけたマスコット


京都いいとこマップ(2017年1・2月号)京のこたび「叡山電車」編で、誌面掲載しきれなかったものをご紹介。沿線で見つけたあまり知られていないもの、貴重なものをご紹介します。(全3回)

2017年は酉年ということで、ハトとゆかりある神社「三宅八幡宮」を誌面で紹介させていただきました!この取材の際に立ち寄ったのが叡山電車の「八幡前」駅。ホームに降り立つと、誰もいないはずなのになんとなく誰かに見られているような……ん?

近づいていみると…んん?

視線の正体は同志社中学校の生徒さんたちが考案したという「ハト駅長」でした。

特技はマラソン(!?)。好物はなんと…つづきは実際の駅舎で確認してみてください。

ちなみにハト駅長のとなりにある木製の椅子。これは同志社中の旧礼拝堂で55年間使われていたものだそう。レトロな雰囲気があっていいかんじですよ!

【京のこたび番外編 叡山電車編(全3回)】
vol1叡山電車の駅で見つけたマスコット
vol2歩きたいのどかな散歩道
vol3取材中に気になった沿線あれこれ
※掲載情報は2016年10-12月頃取材したものです

【京都BAL】ザ・コンランショップのお得なウィンターセール


京都BAL4Fの「THE CONRAN SHOP」(ザ・コンランショップ) では、ウィンターセールが開催されています。

家具からインテリア小物まで、対象商品は30%から最大70%OFFのスペシャルプライス!デザインに込められたストーリー、誰かに教えたくなるアイディア…そんな魅力が詰まった上質でユニークな品々がお得に手に入るチャンスです。

たとえば、「smith 2 seater sofa」(¥360,000)は、40%OFFの¥216,000(税抜)

期間は1月末まで。この機会をお見逃しなく。

※在庫がなくなることもございます

■THE CONRAN SHOP 京都店
TEL:075-223-0505

■京都BAL
http://www.bal-bldg.com/kyoto/

【京都BAL】お正月のステキなお知らせ


四条河原町の京都BALでは1/2よりセールスタート!サイトには福袋情報も出ているので要チェックですよ!
http://www.bal-bldg.com/news/detail510.html

ちなみに、京都BAL1階の紅茶専門店「MARIAGE FRÈRES」(マリアージュフレール)では、「テ デ シーニュ コック – 酉年」のお茶を販売されるとか。インディゴブルーの水色に染まる上質な青茶に、フルーティーなクコの実がアクセント。お正月のあいさつの手土産にするのもおすすめです。


青茶 100g缶入/¥4,500(¥4,860税込)

こんなところに忠臣蔵?


「仮名手本忠臣蔵」は、赤穂事件を題材とした人形浄瑠璃・歌舞伎の人気演目のひとつです。

その物語に登場する与市兵衛さんは、京都の山崎に暮らすお百姓さん。物語の中でころされてしまうんですが、その与市兵衛さんのお墓が長岡京市のとある住宅街にあるんです。

いえ、正しくは、

お墓と長く思われ続けていた石碑があるんです!

この地が与市兵衛の殺された場所にあたることと、そういう噂になるくらい、忠臣蔵の物語が庶民に親しまれていたことが理由だとか。なので「伝 与市兵衛の墓」、「与市兵衛の墓と伝わっていた場所」として伝わっているんです。ちょっとややこしいですが、なんだかおもしろいですね。

じゃあこの石碑はなんなんだというと清誉浄佐という人物が、両親を供養するため、高野聖を千人寄宿させたことを石碑に刻んで置いた…だそうです。高野聖は高野山を起点に全国を行脚しているお坊さんのこと。清誉浄佐のご両親は国中を歩く高野聖をきっと手厚くもてなしていたんでしょうね。

ちなみに、12月14日は赤穂浪士47人が吉良邸に討ち入りした忠臣蔵の日といわれています。大石内蔵助良雄が討ち入りを決意する間、京都の山科に隠棲したと伝わることから、山科では「山科義士まつり」を開催。討ち入り装束の義士隊列がゆかりある寺社と街を練り歩き(かわいい子ども義士隊も!)、踊りや芝居も行われます。


Feeds
Meta