京都いいとこブログ > タグ > 京都

「タグ:京都」一覧

【京都の春の花2021】北野天満宮の梅


【京都の春の花2021】北野天満宮の梅

丑年の2021年。京都いいとこマップ1-2月号の表紙も飾ってくれた北野天満宮の牛さん。
今年もきれいな梅の花が咲き始めております。

三寒四温の天気を繰り返していますが、梅の花をみると気分もあがりますよね。

学問の神様といわれる天神様は、平安時代に実在したとされる菅原道真公のこと。その秀でた才能から学者・政治家として手腕を発揮し、異例の出世を遂げるも策略にはまって大宰府へ左遷。そんな道真公の愛した花が梅でした。

学問の神様とあがめられていますが、その信仰は江戸時代頃からのようです。子どもたちに読み書きなどを教える「寺子屋」で、天神さんを祀ったり道真公の御神影を掲げたりし、学業上達を祈ったのが始まりだとか。

梅の花が咲く頃は、ちょうど受験シーズン。
どんな結果でも、それぞれの花が咲く道となりますように。

▼北野天満宮が表紙の京都いいとこマップ1-2月号を読む
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

新春の手土産や贈り物にぴったりの京都名菓


問題です。このお皿の上にのっているのはすべて京都のお菓子ですが共通点は何でしょう?

正解は「みんな豆を生かしてできている」です!

京都いいとこマップの2021年1・2月号では、豆でできた京名菓を特集。
ぱっと見、豆が原料には見えないものもあるのでは?
どのお店のなんという商品なのかは特集内でご確認ください。

▽特集を見る

取り寄せ情報も掲載しています。

▽京都いいとこマップを読む
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

新年のごあいさつ2021


晴天の 駅の向こうに 初日の出

あけましおめでとうございます。
雲一つない青空の京都。京都駅界隈のビルの隙間から見えた京都タワーはまるで山の向こうからのぞく初日の出のようでしたよ…な一句からはじめてみました。
みなさま、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

まだ安心できない日々ではありますが、読者の皆様にちょっとひと呼吸おけるような京都の景色やお店情報を、色々と工夫をこらしながらお届けしていきたいと思います。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
▽京都いいとこマップを読む
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

京都いいとこマップ1・2月号配布中です


いろいろなことがあった2020年ももうまもなく終わり。無事毎号発刊できた奇跡にほっとしています。
読者のみなさま、掲載にご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

2021年の第一号はクリスマスのころに完成し、順次配送中です。もう手に入れたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。北野天満宮さんに鎮座するやさしい目をした牛の像が表紙ですよ。梅の香りがふわりと香ってきそうな一枚です。

2021年1・2月号では干支の丑年にまつわるスポットや、縁起物の食材を使った京名菓など、厳選した京都情報を撮影チーム(京都いいとこフォト)の美麗な写真とともにぎゅっと詰め込んでいます。京都いいとこマップを読みながらどうか癒しの時間をお過ごしください。

プレゼントも用意しています。余った年賀状で応募するもよし、ウェブサイトから応募するもよし!2021年の運試しで気軽にご応募くださいね。

▽いいとこプレゼントに応募する
https://kyoto.graphic.co.jp/present/

▽京都いいとこマップを読む
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

それではみなさま、よいおとしを。

頑張る人に贈りたい、誰もが約3分で淹れられる本格コーヒー


時間のない朝や忙しい時間をぬって、素早く簡単に本格的なコーヒーが飲みたい。
紅茶や緑茶のようにティーバッグタイプのコーヒーがあったらいいなと思ったことはありませんか。

こちらは自宅や職場、旅先などで手軽に楽しめるティーバッグタイプのコーヒー「コーヒーバッグ」。開発したのは河原町三条にある「TRIBUTE COFFEE(トリビュートコーヒー)」さん。大手外資系コーヒーチェーンで約20年ものキャリアを積んだ店主さんが、2019年の夏に独立開業した自家焙煎のスペシャルティコーヒー店です。

コーヒーバッグのいいところは時短や手軽さだけでなく、特別な器具や技術がなくても、安定した味が楽しめるというところ。

種類は、お店でも提供しているシングルオリジンから「インドネシア ブルーリントン」と「エチオピア クジ・シャキソ」の2種類。でもコーヒーに詳しくない人にとっては産地をいわれても何がどう違うのかよくわからないですよね?

そこで「TRIBUTE COFFEE」さんでは、「なりたい気分」に合わせてコーヒーが選べるようになっています。

このコーヒーバッグの場合は、
●リラックスしたい気分の時→エチオピア
●リフレッシュしたい気分の時→インドネシア
をおすすめしています。

エチオピアのほうはマイルドなタイプでまろやかな口当たりが楽しめます。インドネシアのほうはどこかキリッとした力強さとすっきりした後味です。

価格は1個160円(税別)。5個セット、12個セット、20個セットもあります。
お歳暮やご挨拶の贈り物に使えることはもちろん、1個から買えるので、まずは味を試したい時、ギフトにもうひとつ何かを添えたい時、京都の手土産など、あらゆるシーンで便利に使えます。

●オンラインショップ→https://tributec.thebase.in/

スタッフも実際に試してみました。
コーヒーバッグの封を開けた瞬間、ぶわっと立ちこめる豊かな香りを楽しんだあとはマグカップにお湯を注ぎ、コーヒーバッグを揺らします。

おいしい注ぎ方は袋の裏面に書かれているので安心ですよ。

もうちょっと濃くしようなど味の調整が手軽にできるのもティーバッグタイプの魅力かもしれませんね。

「TRIBUTE COFFEE」さんについては京都いいとこマップ(2021年1・2月号)でもご紹介しています。
掲載しているのはコーヒー…ではなく、京都産の美山牛乳を使ったバナナスムージー!和三盆が隠し味となったバナナスムージーもじつは人気メニューのひとつだそうです。

取材中に試飲させていただいたんですが、リラックス効果が高いようで、仕事を忘れ、このままのんびりしていきたくなりました。ボリュームもあるので飲みごたえもありますよ。

お店のすぐそばには観光案内所があります。京都いいとこマップの設置先ですので、いいとこマップを読みながらおいしいコーヒーやバナナスムージーでホッとひと息ついてはいかがでしょうか。ドリンクはテイクアウトも可能です。

[店舗情報]
TRIBUTE COFFEE (トリビュートコーヒー)
京都市中京区恵比須町435-2土方ビル3階
営業時間:12時~20時
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜休)
https://www.tribute-coffee-kyoto.com/

※京都いいとこマップ1・2月号は12月29日頃に公開予定
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

【京都の紅葉2020】初雪と紅葉の競演、そして梅


先日、京都市内にうっすら積雪のあった朝。
赤々とした紅葉の残る京都御苑には秋と冬の世界が隣り合わせになっていました。

その世界に見とれていると「あっちの木に梅の花が咲いていたよ」と教えてくれたご婦人。

晩秋と初冬、そして初春へ。
季節の移り変わりが絵巻物のように広がっていました。

京都駅から徒歩圏内、仲睦まじい夫婦の神様と天神さんとお不動さん


京都駅の京都タワー側入り口を出て塩小路通を左へ歩き、堀川通の手前の道を左折。すると右手に石鳥居があります。ここが道祖神社です。

道祖神といえば旅の安全を祈る神様というイメージですよね。
こちらは旅の神さまである猿田彦命(さるたひこのみこと)と妻にあたる天鈿女命(あまのうずめのみこと)をお祀りしています。そのため夫婦和合や良縁のご神徳もあるのだとか。
神様の化身?

そして境内末社には牛とゆかり深い学問の神様・菅原道真公を祀る「書聖天満宮」が。
ちなみに、まもなく完成予定の京都いいとこマップ1-2月号も道真公にまつわる特集がありますのでお楽しみ。

そして道祖神社のおとなりは不動堂明王院。

京都駅や企業ビルなどが建ち並ぶエリアに、ぽっと現れる歴史かおるスポット。お近くに行かれる際には参拝されてみてはいかがでしょうか。

紅葉に鳥居にポスト?京都の赤の風景を集めた京都いいとこマップ11・12月号!表紙の絶景はどこ?


光陰矢の如し、といわんばかりに過ぎ去っていく11月。
京都いいとこマップ11・12月号も、無事完成して各所で配布しておりますが、ご覧いただけましたでしょうか。
※こちらからもご覧いただけます→いいとこマップを読む

11・12月号の巻頭特集は「あか」色の京都がテーマ。赤色といっても朱色や丹色、茜色といろいろな色みがあります。皆さんは京都の赤といえばどんな風景を想像しますか? 京都いいとこマップでは、鳥居からポストにグルメまで、多岐にわたるジャンルの赤を集めました。

たとえば今号の表紙となった赤い風景。ここがどこかご存知でしょうか。

答えは京都府福知山市の大江山で見られる雲海です!

この写真は数年前、「明日雲海撮りに行ってくるわ」と宣言し、颯爽と立ち去った京都いいとこフォトのフォトグラファーが撮影してくれました。

雲海が発生しやすいのは10月末~12月頃の早朝。場所は鬼嶽稲荷神社付近。車で行くことができる雲海ビュースポットです。今年の11月は気温差が大きく晴天に恵まれる日も多かったので雲海が狙いやすかったかもしれませんね。

こちらは11月上旬頃の雲海。やさしい光に包まれて、写真を見ているだけでも清々しい気分になれますね。

(写真:福知山市)

早朝の太陽を拝んだ後、まだ朝早いしこの後どうしよう…となっても大丈夫。
大江町には荘厳な雰囲気が味わえる「元伊勢内宮皇大神社」、迫力ある岩壁をのぼって参拝できる「天岩戸神社」、紅葉名所であり石畳の旧街道や吊り橋も楽しめる二瀬川渓流など見どころ満載!

(天岩戸神社)


(二瀬川渓流)

京都府の内陸部に位置する福知山市。
「福知山には海はないけど、雲海はある」
ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

余談ですが…今回の京都いいとこマップを手に取ってくださった方ならお気づきでしょうか。
表紙も赤で中身も赤なら「裏表紙」もじつは赤。

こちらは11月6日に解禁となった京丹後市の間人ガニです。

●特集「京都のあか」をウェブで見る
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/color_red/

●福知山の観光特集を見る
▼過去特集
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/fukuchiyama/
▼福知山市観光情報サイト
https://dokkoise.com/
https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/life/3/

●京都いいとこマップ11・12月号を読む
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

油断大敵


編集部いちおしお守り「油断大敵」。

日頃の生活でも、自転車をこいでる時でも、試験勉強でも、風邪でも、油断は禁物ですよね。そんな自分への戒めになりそうな油断大敵守は、京都府大山崎町のJR山崎駅からすぐそばにある「離宮八幡宮」で授与いただけるお守りです。

離宮八幡宮は、平安時代、神官が油を搾る道具を発明して以降、荏胡麻油の製造・販売で栄えた地。荏胡麻油は電気やガスのない時代、照明の燃料としても欠かせないものでした。

今も油の神様として全国の製油業者が参拝に訪れているそうです。

油断大敵守は全4色。大山崎へお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってお参りされてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、今期の大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀の主君と描かれた斎藤道三のお父さんは、山崎の油売りだったといわれています。道三ファンの皆様もぜひ。

▼京都いいとこマップ2020年9-10月号でも掲載中!
https://kyoto.graphic.co.jp/library/
▼京のこたび:戦国人の夢の跡 -本能寺址・大山崎-
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/sengoku/

京都いいとこマップはお取り寄せ&明智光秀特集


京都の観光情報フリーマガジン「京都いいとこマップ」最新9・10月号が、先日発行されました!現在各所に配布されています。

こちらのサイトからご覧いただけます。
▼京都いいとこウェブ ライブラリ
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

先日、大河ドラマ「麒麟がくる」も無事に放送再開となったところで、今回の巻頭特集は「明智光秀」。しかも「本能寺の変」前後に焦点をあて、当時「本能寺」があった堀川四条~烏丸御池近辺と、本能寺の変の後、秀吉と光秀が戦った天王山山麓の大山崎エリアを取り上げています。さらに、京都府下に残る明智光秀ゆかりの城や、大山崎のご近所エリア・西京の観光情報も掲載!

光秀のことも本能寺の変のこともよくわかっていない…という方でも安心の特集になっているはず。
話題の「御城印」から、事前予約制のイベント情報などもありますので、くまなくチェックしてみてくださいね。

京都に来たり、散策が難しい方は、お取り寄せで京都をお楽しみください!

ご自宅での朝食・昼食・夕飯に加え、3時のおやつにもちょうどいい、お取り寄せ可能な京都グルメ特集に、ここだけでしか買えない京都の品もある式亭オンラインショップをご紹介しています。

プレゼントは大山崎の「アサヒビール大山崎山荘美術館」で2021年3月7日まで開催中の「生誕130年 河井寬次郎 ―山本爲三郎コレクションより」ペア入館券です。ふるってご応募くださいね!本誌のご感想もいただけるとうれしいです。
https://kyoto.graphic.co.jp/present/

観光情報とともに、コロナの情報もチェックしつつ
京都散策をお楽しみください。

コロナに関わる情報は各観光情報サイトでご確認いただけます。

▼京都観光Navi
https://ja.kyoto.travel/

▼観光客の皆様へのお願い
https://ja.kyoto.travel/news/format.php?id=170

▼京都府観光ガイド
https://www.kyoto-kankou.or.jp/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る