京都いいとこブログ > タグ > 京都

「タグ:京都」一覧

京都宇治でつくられる「音色」の癒しを日常に


お寺や仏壇の前で鳴らす「おりん」の音。きっと誰もがどこかで聞いたことのある日本の音。この音色を作り続ける「南條工房」が宇治川の近くにあります。

創業は江戸時代。「南條工房」の「おりん」は「銅」と「スズ」という2種類の金属を溶かした「佐波理」という合金で作られています。奈良の正倉院にも「佐波理」製の宝物が保管されているそうなので、伝統ある素材なんですね。

「おりん」の製造は、まず空洞のある鋳型(いがた)作りから始まります。使う素材は土や粘土、お米のもみがらといった自然素材。使う水も雨水を貯めて利用しているとか。工房には型を乾燥させるスペースや棚がたくさんありました。

乾燥した型は、鋳造日と同じ日に薪をくべた窯で焼かれます。鋳造(ちゅうぞう)とは、熱で溶かした合金(佐波理)を型に流し入れる作業のこと。無知の素人からすると、鋳造前に型を焼いておいた方が効率的な気がするのですが、鋳型の温度も重要なポイントになるため、鋳造日と同じ日に焼くのだそうです。

「南條工房」では、月に2~3回行われる鋳造。
鋳型を焼く傍らで、炉では溶けた金属が火花を散らします。見学した季節は夏。工房は熱気でむんむん。鋳造作業の後、職人さんたちはオロナミンCでいっぷくすることが恒例になっているそう。私もいただきましたが、いつも以上に美味しく感じました。

窯で焼き終えた型は地面に並べ、炉で溶かした合金を流し込んでいきます。こう書くと単純作業のように思いますが、職人さんたちが目指す理想の音色のための金属配合比率、炉の温度、タイミング、鋳造日の気温や湿度。あらゆる事象を計算しながら作業されています。

佐波理を流し込んだら型を壊し、中身を取り出します。それからは表面を磨いたり削ったりと細やかな作業を繰り返し、私たちのよく知る「おりん」が完成します。

見た目の美しさももちろんですが、最大のポイントはやはり「音」。佐波理おりんの音色は、スーッと伸びるようなまっすぐ澄んだ音色が特徴です。

納品前にはひとつひとつ音色をチェック。職人さんの「耳」は厳しく、納得できない音の「おりん」は世には出しません。とはいえ、商品を破棄するのではなく、次の鋳造日に炉で溶かして再利用。失敗作も無駄にならないんですね。


使用後の鋳型もまだ使えるものは粉砕して再利用したり、土に混ぜるもみがらは近所の農家さんから分けてもらったり、サステナブルな側面もある「おりん」の製造。こうした取り組みは最近始めた特別なものではありません。昔から続けてきたことを今も続けているだけのことなんだそうです。

こうして作られる「佐波理おりん」の音色のすばらしさをもっと広めたい…その想いから生まれたブランドが「京都いいとこマップ」(9・10月号/2021)でご紹介している「LinNe」(りんね)です。

「LinNe」では、お寺や仏壇でしか使われていなかった「おりん」を日常生活に取り入れられるようにデザインした商品を展開。その一つが小さなおりん「Chibi(チビ)」です。

どうやって使うのかというと…
・ドアベル
・登山時の熊よけ鈴
・きものの根付け
・カバンなどのストラップ
といった小道具的な使い方をはじめ、
・ヨガ
・瞑想
・就寝前
・気持ちを切り替えたい時
・読書前
など日常的に取り入れる人もいるとか。

ほかにも
「瞑想を趣味とするパートナーへのプレゼント」
「亡くなった家族への弔いの想いを込めて」
などギフトのように使われることも。

ひとつひとつ手づくりされているので、色みや音色には個体差があります。できれば直接手に取って「これだ!」と思う自分の音色を見つけてほしいところですが、HPでは音色が聴ける動画もアップされており、オンラインでも購入可能です。全国での催事・イベント情報もアップされているのでチェックしみてくださいね。

「Chibi(チビ)」のひもの色は全4色(赤・黄色・黒・ピンク)。宇治の老舗「昇苑くみひも」の「京くみひも」を使用しています。ひもの結びの意味にも縁起の良い意味がこめられているんですよ。

初めて「Chibi」をじかに鳴らした時は、その伸びやかな音色にドキリとしました。日々の生活音にはない澄み切った音色が体の中にスッと入ってきたような感覚にハッと驚いたのです。南條工房の職人さんたちが「音色にこだわる理由」を理解できた気もしました。

京都に息づく伝統の技が生み出す音色。ゆったり耳を傾ける時間を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

南條工房 公式HP
京都いいとこマップを読む

京都いいとこマップ9・10月号は夜を楽しむ京都アイテム&里山ごはん


かわいいイノシシたちが表紙を飾ってくれた「京都いいとこマップ9・10月号」(2021)。ご覧いただけましたでしょうか。ebookで閲覧できますので、アクセスしてみてくださいね。

特集は、秋の夜長を楽しむ京都のアイテム紹介と、
自然豊かな京都の味覚が味わえる里山ごはんを特集しています。

のんびりゆったりな京都をお楽しみください。

京のいい品お取り寄せ2「Pagong(パゴン)」 京友禅の●●●シャツ


京都いいとこマップ編集部が厳選した、京のいい品をご紹介するシリーズ「京のいい品お取り寄せ」。

全国の京都ファンの皆様に、オンラインショッピングでお取り寄せいただける商品をご紹介します。

京のいい品とは

発刊から15年以上『京都いいとこマップ』の様々な店舗の取材を通して、いいとこマップ編集部では「京都のええもん」と巡り合ってきました。

そんな「ええもん」の情報を、京都好きな読者の皆様へも知っていただきたいという思いから、これから「京のいい品お取り寄せ」としていろいろな品々をご紹介していきます。

京都好きな方へのプレゼント、ご自分へのご褒美の候補に、ぜひ情報をご活用ください。ご自宅で京都気分が味わえるよう、オンラインショッピングでお取り寄せが可能な品々をセレクトしています。

セレクトポイントについては「京のいい品お取り寄せ1」でもご紹介しています。

第二弾は、Pagong(パゴン)さんのいい品

京友禅染めを手掛ける「亀田富染工場」を原点とするパゴンさん。

『嵐電 嵐山駅』にある「キモノフォレスト」にある約600本もの友禅ポール。
その友禅染めも、Pagongの職人さんが手掛けたものだそうです。

嵐電嵐山駅 キモノフォレスト

京友禅とは、白い生地の上に染料で模様を染めていく技術のこと。

きものの模様を染める伝統工芸の技術として、江戸時代から今に伝わります。

パゴンさんでは、受け継がれてきた京友禅染めの技術で、京都を拠点に新たなファッションアイテムを生み出しているのです。

きもの好きも注目な、京づくしのファッションアイテム

そして今回ご紹介するのが、こちら。

画像:Pagong公式サイト

京友禅のアロハシャツ。

きものを染める技術で洋服を展開されているパゴンさんの定番商品といえるアイテムです。

実はアロハシャツ、一説によるとハワイの日系移民が古くなったきものを開襟シャツに仕立て直したことに起源があるとのこと。
不思議と和柄でも違和感を感じないのは、そんな歴史的なつながりがあるからかもしれませんね。

画像:Pagong公式サイト

絹100%と生地もきもの仕様。
しかし、この白象の柄に見覚えがありませんか?

こちらの京友禅アロハシャツは、かの伊藤若冲の『鳥獣花木図屏風』(出光美術館様所蔵)の絵を京友禅で染めたものなんです。
江戸時代、錦市場の青物問屋に生まれ、後に絵師として活躍した伊藤若冲。

枡目描きと呼ばれる、タイル状に分けられた枡目に様々な動物たちが描かれている『鳥獣花木図屏風』が、見事に京友禅の染めの技術で表現されています。

きもの好き、アロハシャツ好きにおすすめ

ご紹介している京のいい品お取り寄せ「 京友禅アロハシャツ <鳥獣花木図屏風/青>」は、
現在M、LL、3LをPagong公式オンラインショップで販売中です。

きもの好きな方はもちろん、アロハシャツ好き、伊藤若冲好きでおしゃれ好きな方におすすめの品。
男性はもちろん、ちょっと大きめサイズで女性が着こなしてみるのもアリなのではないでしょうか。

とはいえ画像だけでは着用しているイメージが…という方は、動画をご確認ください。

生地感や着用感をイメージしていただけるかと思います。

動画から購入サイトへも、ピンク色のボタン「今すぐ購入」をクリックで移動可能です。
リンク先の購入サイトでは、商品のお値段やサイズの詳細などがご確認いただけます。

京友禅で染められた、京の絵師・伊藤若冲の『鳥獣花木図屏風』柄と京都づくしのアロハシャツ。

アロハシャツとして、白Tシャツの上に羽織として、秋はロンTとの重ね着と、これからの季節いろいろと楽しめそうですね。
パゴンさんのオンラインショップでは、その他にも和柄のアロハシャツや女性用のワンピースなども販売されています。
気になる方は、ぜひチェックを。

Pagong(パゴン)オンラインショップ

京都いいとこマップ編集部がおすすめする、京のいい品お取り寄せ。

今回は、Pagongさんの「京友禅アロハシャツ <鳥獣花木図屏風/青>」を紹介しました。
京都好きな方へのギフトや自分への贈り物に、センスが光るちょっと贅沢なええもんをお取り寄せしてみませんか?

京のいい品お取り寄せ1「開化堂」 お酒好きな方におすすめ●●●缶


京都いいとこマップ編集部が厳選した、京のいい品をご紹介するシリーズ「京のいい品お取り寄せ」。

全国の京都ファンの皆様に、オンラインショッピングでお取り寄せいただける商品をご紹介します。


京のいい品とは

発刊から15年以上『京都いいとこマップ』の様々な店舗の取材を通して、いいとこマップ編集部では「京都のええもん」と巡り合ってきました。

そんな「ええもん」の情報を、京都好きな読者の皆様へも知っていただきたいという思いから、これから「京のいい品お取り寄せ」としていろいろな品々をご紹介していきます。


京のいい品セレクトポイント

・地元の人に愛されている品
・伝統工芸の技が感じられる品
・京都に根付く文化が感じられる品
・実際に味わって美味しいと感じた品
・編集部スタッフが自腹で買いたい品

『京都いいとこマップ』が大切にしてきたお店選びのポイントを継承し、取材した店舗の中から編集部が「これは!」というおすすめの品々を厳選。

「こんなええもんもあったのか!」と皆様に新たな発見をしていただけるような品々をセレクトしていく予定です。

おみやげとしてはもちろん、自分へのご褒美として、大切な方へのプレゼントの候補に、ぜひ情報をご活用ください。

また、京都を訪れることが難しい方々もご自宅で京都気分が味わえるよう、オンラインショッピングでお取り寄せが可能な品々をご紹介していきます。


第一弾は、茶筒の開化堂さんのいい品

明治8年(1875年)創業当時から、今も手作業で茶筒づくりを続けている「開化堂」さん。

注目ポイントは、丁寧な職人技でフタがスーッと自然に閉まること。
また、全体を手のひらで撫でることで、使い込むほどに変化していく色合いも楽しめます。

時間をかけて長く使い続けられる品として、今や日本だけではなく海外でも愛用者がいる人気の品です。

その中でも、今回ご紹介するのはお茶好きな方ではなく、お酒好きな方におすすめしたいこちらの商品。

中に入っているのは、お茶っ葉…ではなく、ナッツ(ピスタチオ)。
見た目は茶筒のようですが、実は「ナッツ缶」なのです。

お酒好きな方のおつまみ・ナッツ専用のちょっと贅沢な缶。

ここで中フタに注目してください。お皿のような形状になっているので、ナッツ皿としても使っていただけます。

さらに真ん中部分をよく見てみるとピーナッツが!
実はこちらのピーナッツ、本物かと思ってしまいますが職人技でつくられた中フタの「持ち手」。
遊び心がきいていますね。

本物の殻付きピーナッツを周りに置いてお客様にお出ししたら、間違えてつまんでしまわれるかもしれませんね(笑)


ギフトや自分へのプレゼントにいかがですか?

京都好きな方、お酒好きな方に、ちょっと変化をつけた贈り物としてもお使いいただけるのではないでしょうか?

たとえば

・敬老の日などに、お酒好きなおじいちゃんへの贈り物
・おうち時間、家飲みで贅沢感を味わう自分へのプレゼント
・お酒好きな方へ、定番のお酒以外のギフト

開化堂さんでは、ギフトラッピングにも対応されているので贈り物として送ることもできますよ。

商品のサイズは、高さ8cm☓直径10.8cmタイプと、高さ10.5cm☓直径10.8cmタイプの2種類があります。


ナッツ缶ほしいなぁという方はこちらへ

フタが自然に閉まる様子や、使用イメージなどは、上記動画でご覧いただけます。

動画から購入サイトへも、ピンク色のボタン「今すぐ購入」をクリックで移動可能です。
リンク先の購入サイトでは、商品のお値段やお取り扱いの注意点などがご確認いただけます。

なお、商品をご注文される場合は、商品注文ページの備考欄に「中フタの持ち手部分はピーナッツ希望」とご記入ください
(持ち手部分のバリエーションがいくつかあるため)。

京都いいとこマップ編集部がおすすめする、京のいい品お取り寄せ。

今回は、茶筒の開化堂様の伝統の技が光る「ナッツ缶」を紹介しました。京都好きな方へのギフトや自分への贈り物に、センスが光るちょっと贅沢なええもんをお取り寄せしてみませんか?

飲みやすくておいしい発酵ドリンクで栄養補給


暑くて食欲がわかない…
でも食べないと元気が出ない…

発酵食品をドリンクで取り入れてみませんか?

三条柳馬場のまちなかにある発酵カフェ「 漬×麹 Haccomachi」。
発酵食品を生かしたモーニングやランチ、スイーツなど、様々な食体験を通じて
発酵食品の魅力を発信しています。

テイクアウトメニューも豊富で、京都いいとこマップでは「自家製米麹甘酒」と「季節の果実酢ソーダ」をご紹介しました。

●京都いいとこマップを読む
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

一保堂茶舗のテイクアウトドリンクで京都のまちへ出かけよう


日本茶専門店として名高い一保堂茶舗さんのテイクアウトドリンクを利用されたことはありますか?

抹茶を飲んだことがなかったお子さんがテイクアウトで初めて飲む…なんてこともあるそうです。

一保堂茶舗がある寺町通の界わいにはパン屋やスイーツ、お寿司などのテイクアウト店も。いろいろ購入してホテルやご自宅で食べあわせる…なんて使い方もいいですね。

鴨川に行く時は、ぜひ「いいとこ撮り」にもチャレンジを。

世界文化遺産でコーヒーブレイク


世界文化遺産「上賀茂神社」にコーヒースタンドがオープン。
どこにスタンドがあるのだろうと境内をウロウロ。
見当たらないな。本殿のほうかな?それとも~。

なんて探していたらようやく見つけました。
場所は参道の西側(賀茂川のあるほう)に位置する社務所の隣。
「神山湧水珈琲 煎」

メニューは珈琲のホットorアイス。それに和菓子をつけるかつけないか。コーヒーは上賀茂神社の神水を使うので、それに合わせてブレンド・焙煎されています。コーヒーがダメな人には日本茶の用意もありますのでご安心ください。ちなみにお菓子は門前名物の焼餅です。

スタンドのとなりには町家格子のようなベンチも設置。
参拝後のひとやすみにいかがですか?

●京都いいとこマップを読む
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

暑い夏こそ飲みたいフルーツドリンク


風流な夏イベント「クラゲと風鈴」(7月3日~9月30日)を開催中の京都水族館、「きかんしゃトーマスとなかまたちin京都鉄道博物館」(7月17日~9月5日)‌を開催中の京都鉄道博物館。梅小路エリアの人気施設からも近い果物屋さんに、暑い夏にぜひ飲んでおきたいテイクアウトドリンクがあります。
それがこちら。

真栄多商店さんの「フローズンフルーツのドリンク」です!
凍らせたフルーツを約10種、ソーダやアルコールで割って飲む(むしろ食べる)ひんやりドリンク。手にもつとずしっと重いですよ~!

使っているフルーツはプロの目利きが選んだものばかり。というのも、真栄多商店さんのご主人は京都の中央卸売市場で青果の競り人をされているんです。

こんなかわいい京都パッケージなアイテムもあります。

人とは違うお土産が買いたい!という方、京都の果物屋さんのオリジナル商品、いかがでしょうか。

●京都いいとこマップを読む
https://kyoto.graphic.co.jp/

永楽屋室町店さんの祇園祭限定「水あずき」


京都いいとこマップ7・8月号(2021)の特集は「京都のテイクアウトドリンク」。夏の涼を感じながら、京都らしい文化を感じる一杯を個性豊かにご紹介しています。

その中のひとつが「永楽屋室町店」の名物「水あずき」。≪飲む水ようかん≫と称される名物ドリンクは毎年祇園祭の宵山シーズンに限定販売されています。2021年も販売されますよー!

山鉾町への差し入れにも使われる「水あずき」。暑い夏、さっぱりとした甘さが体にしみるんですよね。その味わいのひみつは京都いいとこマップ7・8月号(2021)をご覧ください!

そして本誌でご紹介しているよりも、「水あずき」の販売日が増えています!
■販売期間
 7月14日(水)~17日(土)、21日(水)~24日(土)

かつ室町店の休業日も7月は変則的です。
■休業日
 7月4日(日)11日(日)18日(日)25日(日)

※販売場所は室町店です。
本店では買えないのでご注意くださいね。

▽京都いいとこマップで「水あずき」の記事を読む
kyoto.graphic.co.jp

京の老舗がプロデュース、四条烏丸の豆乳カフェ


四条烏丸周辺にて、祇園祭の山鉾が建てられ始めました。
山鉾巡行は中止が決定していますが、34基の山鉾うち17基の山鉾建ては実施される予定です。山鉾建てがはじまると四条通が混みあいます。とくに車やバスで移動される方はご注意くださいね。

さて、その山鉾建てで夏の風情が漂っている四条烏丸に今年オープンした「EVERYSOY(エブリソイ)」。
老舗のゆば屋さん「ゆば庄」による豆乳カフェを京都いいとこマップ7・8月号(20201)でご紹介しております。

こんな豆乳飲んだことない!と驚く人もいる「ソイチーノ」をはじめ、この豆乳のために焙煎されたコーヒーをあわせた「ソイチーノラテ」などのドリンク類。
豆乳や湯葉など大豆製品を使ったパン、サラダ、ビスコッティなどのフード類も充実。いずれもテイクアウトが可能です。

近隣で働いている人を中心に、気軽に大豆の栄養が補給できるスポットとして話題。イートインできるカウンター席も数席ありますよ。

▽EVERYSOY
https://everysoy.com/

▽京都いいとこマップを読む
https://kyoto.graphic.co.jp/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る