京都いいとこブログ > タグ > 京都

「タグ:京都」一覧

朝昼夜と定食スタイルのごはんが楽しめる町家の食事処オープン!


六角通烏丸西入ルという町なかで2019年7月9日にオープンしたのは、京町家をリノベーションしたご飯屋さん「六角kitchen109」さんです。

滋賀県の膳所で人気のごはん処を営んでいたご店主。惜しまれながらも滋賀の店を閉め、京都の地で新店「六角kitchen109」のオープンを決意。

モーニング、ランチ、ディナーと定食スタイルのごはんが味わえる、しかもごはんのおかわり可能という、貴重なお店をつくられました!
たとえば朝はこんな定食になります。

焼き魚、ダシ巻、小鉢のおばんざい、お漬物、味噌汁、ごはん。焼魚は「塩鮭」か「塩鯖」が選択可能とのこと。じつは宮川町の人気店「ろじうさぎ」監修の朝ごはんだそうです!


ちりめん山椒、明太子、佃煮もセット。ご飯が進むこと間違いなしの「京の朝ごはん」です。

ランチタイムも定食のバリエーションが豊富。レギュラーメニューのほかにも月替わりの「ハイカラ六角ランチ(洋)」「ほっこり六角ランチ(和)」が用意されています。和のおかずと洋のおかずから選べるのがうれしいですね。

夜は昼のレギュラーメニューの加え、夜のみの和定食も4種類用意。アルコールも用意されているので、ちょっと一杯したい方もウェルカムです。

店舗は京町家をリノベーション。モダンな照明も素敵です。1階の奥にはお庭を整備。苔や緑がみずみずしくて清々しいお庭です。

靴をぬいで階段をあがり2階へ行くとお座敷が2部屋。今のところ貸しスペースや舞妓さんを招くイベントなどに利用予定とのことです。

お店は山鉾町に位置するため、祇園祭では山鉾のひとつ浄妙山が店のすぐ近くにたちますよ(浄妙山は後祭の時にたちます)。
カジュアルに、でも京都らしい雰囲気も味わいながらしっかり食事がしたい…そんな時に便利に使えそうな「六角kitchen109」。キッズメニューもあるのでファミリー層も使い勝手が良さそうです。

▼六角kitchen109
https://6kaku-k.com/
京都市中京区烏丸六角西入ル骨屋町150-2
朝7:30 ~ 11:00(LO10:30)
昼11:30 ~ 15:00(LO14:30)
晩17:30 ~ 21:30(LO21:00)
※土・日・祝は15:00~17:00カフェ営業

蓮の季節もおすすめ長岡京市の長岡天満宮


梅の花やキリシマツツジ、桜のイメージが強いかもしれませんが、夏の花も咲き誇る長岡天満宮。7月は睡蓮と蓮の季節です。

八条ヶ池の一角に咲いているので水上橋から見ることができます。

▼長岡天満宮
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/nagaokatenmangu/

一保堂茶舗の宇治清水がテイクアウトできます


寺町通の一保堂茶舗ではお茶のテイクアウトができます(マイボトルもOK)。

上記写真とは異なりますが、「宇治清水」もテイクアウトできるようですよ!

宇治清水は抹茶にグラニュー糖を混ぜた、いわゆるグリーンティー。以前「京都のおみやげ特集」でもご紹介しました。

昭和初期に商品化されて以来のロングセラー商品なんです。使い勝手のいいスティックタイプもあるんですが、はじめて飲む方ならまずはお試しでテイクアウト…なんて使い方もいいですね。暑い夏の京都、一保堂茶舗の「宇治清水」で元気をチャージしませんか?

▼一保堂茶舗
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/ippodochaho/

あじさいと大鳥居のコラボレーション


粟田神社の境内は平安神宮の大鳥居が眺められる眺望スポット。
今の季節、ちょうどあじさいが咲いていました。
毎年、ビアガーデンも開かれています。

▼粟田神社
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/awatajinja/

名物は巨大かき氷だけじゃない、和菓子も一緒にどうぞ「都堂」


東寺の近くにある「都堂」の夏の名物といえば、かつてアフロ犬に例えたことのある「かき氷」(過去記事)ですが、都堂さんは創業100年を超える老舗和菓子店。かき氷だけじゃなく、ぜひ和菓子も味わっていきましょう。

最近人気急上昇だという都堂さんの「どら焼き」。見るからに大きな栗が入っていることがわかります。しっとり生地でサイズ感もほどよくお茶請けにぴったりですよ。

東寺にちなんだ大師の餅。弘法大師の焼印入り焼餅ですが、リーズナブルな価格もあってまとめ買いする人がちらほら。職場で配るお土産にもいいかも。取材チームも編集部のメンバーへのおみやげにしました。

夏と言えば鮎菓子ですよね。都堂さんの鮎菓子は小ぶりでかわいい。いいとこマップと同じサイズです。

わらび餅を買って分け合いながら食べるのもいいですね。珈琲わらび餅もあるそうですよ。気になる…

ほかにも色々な和菓子が揃っています。
朗らかなご夫婦が営む東寺近くの老舗和菓子店「都堂」。かき氷と一緒に、手づくりの和菓子にもご注目ください!

▼都堂(京都いいとこマップ2019年7-8月号P10掲載!)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

7月3日はソフトクリームの日


7月3日はソフトクリームの日、ということで「京都いいとこマップ」最新号でもご紹介している京都のソフトクリームをご紹介します。

まずは京都水族館や京都鉄道博物館の近くにある「NATURA KYOTO」さん。イタリアから取り寄せたマシンでつくるジェラートをはじめ、ソフトクリームも販売。これらを使ったパフェやクレープもあるという豊富なラインナップ。

本誌でご紹介したのはソフトクリームとジェラートのダブル!ありそうでなかった嬉しいダブルスタイルです。最近はジェラートにカラフルなフルーツがくっついた「ジェラートバー」も発売されたとのこと。イートインも可能です。

つづいては二条城や二条駅、神泉苑などが最寄りの京都三条会商店街にあるお茶専門店「矢野自作園」さん。「子どもでも食べられるおやつがつくりたい」と先々代が考案したソフトクリームは1955年から発売されているそう。もう50年以上になるんですね。

凍らせた持ち帰り用もあるんだとか。ソフトクリームの描かれた包みが素敵ですね!

▼京都いいとこマップ7-8月号(2019年)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/
※ウェブでは近日公開予定!

令和元年(2019)の祇園祭 山鉾巡行順は?


※過去写真

山鉾巡行順を決める「くじ取り式」が京都市役所にて行われました。

くじ取り式は、かつて巡行の先陣争いが絶えなかったために明応9年(1500年)から始まったといわれている儀式です。一番になった山は「山一番」と呼ばれ縁起が良いということで注目を集めたりもします。
※一部くじを引かない山鉾があり「くじ取らず」といいます。

その儀式をへて、2019年、令和元年の山鉾巡行順が決定しました!!!

【前祭 山鉾巡行】(7/17)

1 長刀鉾
2 蟷螂山(山一番)
3 芦刈山
4 木賊山
5 函谷鉾
6 郭巨山
7 綾傘鉾
8 伯牙山
9 菊水鉾
10 油天神山
11 太子山
12 保昌山
13 鶏鉾
14 白楽天山
15 四条傘鉾
16 孟宗山
17 月鉾
18 山伏山
19 占出山
20 霰天神山
21 放下鉾
22 岩戸山
23 船鉾

【後祭 山鉾巡行】(7/24)

1 橋弁慶山
2 北観音山
3 鯉山(山一番)
4 八幡山
5 黒主山
6 南観音山
7 役行者山
8 浄妙山
9 鈴鹿山
10鷹山(唐びつで参加)
11 大船鉾

ちなみに、前祭の山鉾巡行の「くじ改め」は麩屋町四条付近で、後祭の山鉾巡行の「くじ改め」は寺町御池付近で行われます。それぞれの巡行ルートマップおよび、山鉾が建てられる位置は京都いいとこウェブの祇園祭特集をごらんください。

https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

JR東海「そうだ 京都、行こう。」苔と新緑がテーマの「みどりの京都 アートギャラリー」開催中!


現在、JR東海「そうだ 京都、行こう。」にて「苔と新緑」をテーマとしたキャンペーンが展開されています。

その一環で開催されるのが「みどりの京都 アートギャラリー」(6/28~8/25)です。嵯峨の名刹「祇王寺」と「常寂光寺」の苔・青もみじをモチーフにした作品を多方面で活躍するアーティストが製作。色鉛筆からちぎり絵とジャンルも様々な作品が一堂に展示されます。

その会期前に行われたのが≪「そうだ 京都、行こう。」presents みどりの京都アートギャラリー特別イベント≫。その午前の部にお伺いしました。
午前の部は、いけばな嵯峨御流の華務長である華道家・辻井ミカ氏によるいけばなのライブイベント。「祇王寺」の草庵内で行われました。

ご住職のご挨拶のあと、早速始まったライブイベント。先生の手で草花が飾られていく様子はまるで花器に生命の息吹が吹き込まれていくよう。

祇王寺に実際はえている苔を使ったり、嵯峨の地にゆかりある草花を使うことで、嵯峨エリアの豊かな風景を表現していきます。

辻井先生は時に真剣なまなざしで、時に優しい表情で、苔や花の説明をしながらいけていきます。「花は実際にいけている時のほうが楽しい」と先生のおっしゃっていたことがひしひしと伝わってくるようなライブいけばなでした。

なお午後の部では新進気鋭の現代アーティスト小松美羽氏によるライブイベントパフォーマンスが常寂光寺にて行われました。

これらの作品は常寂光寺の展示場と祇王寺の山門前にある祇王寺ギャラリーにて見学することが可能です。

こちらは竹林に囲まれた空間にある「祇王寺ギャラリー」。赤い毛氈のテーブルの上に、辻井先生のいけばな作品が飾られるんですよ(写真は飾られる前のもの)。ぜひ現地でその美しい作品をご覧ください!

【概要】
期間:2019年6月28日~8月25日
●祇王寺ギャラリー10:00~16:00
●常寂光寺展示場10:00~16:00
※会期中予告なく開催休止になる場合もあります
そうだ 京都、行こう。

6/30は夏越祓


1年の半分が過ぎた6月30日の行事といえば「夏越祓」。半年分のケガレを落とし、これからの半年を無事健康に過ごしていけますようにと祈願する年中行事です。

いちばんの特長は「茅の輪くぐり」。チガヤという草で編んだ大きな輪っかを横にした8の字にくぐります。このチガヤを引っ張って持ち帰るひともいるようですが、それはNG。「茅の輪」は神社の鳥居などに設置されていることが多いのでくぐってご参拝くださいね。

六孫王神社のあじさい


四季の花でいえば桜のイメージがある六孫王神社ですが、鳥居周辺にあじさいの花が咲いていました。種類も色彩もいろいろな紫陽花の花が植えられていますよ。

お詣りがてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

●六孫王神社
https://kyoto.graphic.co.jp/guide/rokusonnoujinja/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る