京都いいとこブログ > 京都市外の観光・行事 > 宇治

「宇治」一覧

(全8 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

京都宇治でつくられる「音色」の癒しを日常に


お寺や仏壇の前で鳴らす「おりん」の音。きっと誰もがどこかで聞いたことのある日本の音。この音色を作り続ける「南條工房」が宇治川の近くにあります。

創業は江戸時代。「南條工房」の「おりん」は「銅」と「スズ」という2種類の金属を溶かした「佐波理」という合金で作られています。奈良の正倉院にも「佐波理」製の宝物が保管されているそうなので、伝統ある素材なんですね。

「おりん」の製造は、まず空洞のある鋳型(いがた)作りから始まります。使う素材は土や粘土、お米のもみがらといった自然素材。使う水も雨水を貯めて利用しているとか。工房には型を乾燥させるスペースや棚がたくさんありました。

乾燥した型は、鋳造日と同じ日に薪をくべた窯で焼かれます。鋳造(ちゅうぞう)とは、熱で溶かした合金(佐波理)を型に流し入れる作業のこと。無知の素人からすると、鋳造前に型を焼いておいた方が効率的な気がするのですが、鋳型の温度も重要なポイントになるため、鋳造日と同じ日に焼くのだそうです。

「南條工房」では、月に2~3回行われる鋳造。
鋳型を焼く傍らで、炉では溶けた金属が火花を散らします。見学した季節は夏。工房は熱気でむんむん。鋳造作業の後、職人さんたちはオロナミンCでいっぷくすることが恒例になっているそう。私もいただきましたが、いつも以上に美味しく感じました。

窯で焼き終えた型は地面に並べ、炉で溶かした合金を流し込んでいきます。こう書くと単純作業のように思いますが、職人さんたちが目指す理想の音色のための金属配合比率、炉の温度、タイミング、鋳造日の気温や湿度。あらゆる事象を計算しながら作業されています。

佐波理を流し込んだら型を壊し、中身を取り出します。それからは表面を磨いたり削ったりと細やかな作業を繰り返し、私たちのよく知る「おりん」が完成します。

見た目の美しさももちろんですが、最大のポイントはやはり「音」。佐波理おりんの音色は、スーッと伸びるようなまっすぐ澄んだ音色が特徴です。

納品前にはひとつひとつ音色をチェック。職人さんの「耳」は厳しく、納得できない音の「おりん」は世には出しません。とはいえ、商品を破棄するのではなく、次の鋳造日に炉で溶かして再利用。失敗作も無駄にならないんですね。


使用後の鋳型もまだ使えるものは粉砕して再利用したり、土に混ぜるもみがらは近所の農家さんから分けてもらったり、サステナブルな側面もある「おりん」の製造。こうした取り組みは最近始めた特別なものではありません。昔から続けてきたことを今も続けているだけのことなんだそうです。

こうして作られる「佐波理おりん」の音色のすばらしさをもっと広めたい…その想いから生まれたブランドが「京都いいとこマップ」(9・10月号/2021)でご紹介している「LinNe」(りんね)です。

「LinNe」では、お寺や仏壇でしか使われていなかった「おりん」を日常生活に取り入れられるようにデザインした商品を展開。その一つが小さなおりん「Chibi(チビ)」です。

どうやって使うのかというと…
・ドアベル
・登山時の熊よけ鈴
・きものの根付け
・カバンなどのストラップ
といった小道具的な使い方をはじめ、
・ヨガ
・瞑想
・就寝前
・気持ちを切り替えたい時
・読書前
など日常的に取り入れる人もいるとか。

ほかにも
「瞑想を趣味とするパートナーへのプレゼント」
「亡くなった家族への弔いの想いを込めて」
などギフトのように使われることも。

ひとつひとつ手づくりされているので、色みや音色には個体差があります。できれば直接手に取って「これだ!」と思う自分の音色を見つけてほしいところですが、HPでは音色が聴ける動画もアップされており、オンラインでも購入可能です。全国での催事・イベント情報もアップされているのでチェックしみてくださいね。

「Chibi(チビ)」のひもの色は全4色(赤・黄色・黒・ピンク)。宇治の老舗「昇苑くみひも」の「京くみひも」を使用しています。ひもの結びの意味にも縁起の良い意味がこめられているんですよ。

初めて「Chibi」をじかに鳴らした時は、その伸びやかな音色にドキリとしました。日々の生活音にはない澄み切った音色が体の中にスッと入ってきたような感覚にハッと驚いたのです。南條工房の職人さんたちが「音色にこだわる理由」を理解できた気もしました。

京都に息づく伝統の技が生み出す音色。ゆったり耳を傾ける時間を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

南條工房 公式HP
京都いいとこマップを読む

和にする?洋にする?京都で人気のいちごスイーツ


京都いいとこマップ3・4月号(2020)では「いちご」のスイーツを2種類ご紹介しています。

そのひとつめが「嵯峨嘉」さん。円町・花園駅方面から嵯峨嵐山へ向かう丸太町通の途中にある和菓子店です。

会社員のひとがお土産に買っていったり、近所のかたが自身のおやつを買いにきたり、地元のみなさんに厚く支持されています。赤飯やお餅など日々の暮らしに欠かせない商品はもちろん、自家製あんこを使った菓子も評判です。

名物は初代考案の「しそ餅 梅」。

歯切れの良い餅の中はこしあん。塩漬けの紫蘇が爽やかな和菓子です。

そして春の人気者はやっぱり「いちご大福」。
嵯峨嘉さんでは、生産量の少ない希少な「とよのか」を使用。
いちごのサイズに合わせて大福のサイズを大中小と変更しています。入荷状況に合わせているので行ってみないとどのサイズが出揃っているかはわかりません。

いちご大福は例年4月中旬頃まで販売予定ですが、いちご「とよのか」自体の生産数が少ないこともあり、事前に電話確認しておくのがベター。季節限定の貴重ないちご大福です。

そしてもうひとつのいちごスイーツが宇治の「ホホエミカ」さんです。
「中宇治yorin」という複合施設に入っているテナントのひとつ。宇治の路地裏にあるんですよ。こちらも嵯峨嘉さんのように地元のお客さんに厚く支持されているお店です。

見た目も素敵なタルトやスコーン、クッキーなど手づくりの焼菓子が揃います。

主力商品はマフィン。

いちごのシーズンは「いちごとクリームチーズ」が人気です。ホホエミカさん独自レシピによる生地によって鉄板の組み合わせが混ぜ込まれれば…極上いちごスイーツのできあがり。

和スイーツの「いちご大福」。洋スイーツの「いちごとクリームチーズのマフィン」。
さて皆さんのお好みはどちらでしょうか。

▽嵯峨嘉(2020年3・4月号P9)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/
▽ホホエミカ(2020年3・4月号P26)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

抹茶のコロッケ!?


宇治の取材中に見つけました。
抹茶コロッケ」。
CIMG4867.jpg
ぱかっと開けるときれいな抹茶色!
CIMG4869.jpg
抹茶はまだまだ何かとコラボできる
可能性を秘めておるようです。
味はって?
玉ねぎの甘みがおいしい
さくさくのコロッケでした(>∀・)

茶蕎麦のおいしい季節です♪


のど越しさっぱり爽やかで、
見た目の抹茶色もすがすがしい。
ざる茶そばなんかをずずっといきたくなる季節です。
CIMG4871.jpg
これは宇治橋のたもとにある通円さんの茶蕎麦。
有機栽培の茶葉を練りこんでいるそうです。
CIMG4882.jpg
ここに来るといつも決まって「宇治金時ソフトクリーム」を頼み
店の前の椅子に座って食べます。
なので食事を店内でするのは、このときがはじめて。
CIMG4879.jpg
店内は宇治橋と宇治川をいい感じに眺められる
場所だったんですね。
訪問が4月手前くらいだったので、
少し寒そうな景色ではありますが。
今頃宇治も新緑がきれいなんでしょうね。
□通円
https://kyoto.graphic.co.jp/store/2011/05/id081.html

永谷宗円生家


江戸時代、「青製煎茶製法」といって緑茶の製法を生み出し
普及させたといわれる「永谷宗円」。
永谷家が代々暮らした屋敷跡に「ほいろ」跡を保存するために
建設された家屋があります。
永谷9
それは宇治田原町の「湯屋谷」という地区にあります。
湯屋谷地区は石垣の家並みが続く、
昔の風情を残した地域です。
永谷37
永谷35
大きな車はちょっと不向きな道かもしれません。
ハイキングにはいい雰囲気かも。
そんな道の先に「永谷宗円生家」があります。
永谷1
永谷21
木漏れ日さす中に茅葺屋根の家。
内部にはさまざまな資料が展示されていました。
永谷04
永谷8
永谷11
隣には茶宗明神社。
永谷28
永谷32
元々あった大神宮神社に宗円を合祀したそうです。
マニアックな歴史が好きな方におすすめのスポットです。
 

宇治の茶畑


京のこたびでお茶をテーマにするにあたり
「緑茶発祥の地」と知られる「宇治田原町」へ行ってきました。
chabatake_kikaku901.jpg
chabatake_kikaku902.jpg
青い空に波打つ茶畑。
chabatake_kikaku903.jpg
思わず走り出したくなるあぜ道。
新茶シーズン、茶摘体験を行っている場所もあるので
興味のある方はぐぐってみてくださいね♪

抹茶工場へ行く


丸久小山園の槇島工場は抹茶専門の工場。
CIMG4923.jpg
無料で工場見学を行っています。
小山氏と工場長に案内をしていただきながらの
取材・撮影となりました。
ゆきちは工場が大好きなのでとても楽しみにしていた取材です。
まずは抹茶のVTR上映→それから抹茶工場を見学。
抹茶ってこうやってつくられているんだ。
こんなに手間がかかっているんだ。
としきりに感動。
すべて手作業で抹茶をつくっていた時代の説明を受けると、
この手作業の流れを汲む形で機械化されていったことがよく分かりました。
抹茶マニアにはたまらない知識の宝庫です。
そして一連の見学を終えた後、抹茶点てを体験!
「ここがいちばんの盛り上がるところ」とは案内人の小山氏談。
動画撮影担当のトミーさん(祝・初登場)も体験しました。
CIMG4917.jpg
工場長じきじきの指導がはいります!
CIMG4919.jpg
手首のスナップの利かせ方がポイント。
自分で点てた抹茶でいっぷく。
CIMG4922.jpg
うん、おいしい(>∀<)
見学後は併設ショップへ移動。
ここには丸久小山園さんの茶葉やお茶のスイーツが並びます。
CIMG4926.jpg
抹茶クリームロールと抹茶サクレット。
CIMG4925.jpg
K姉さんもお気に入り^^
抹茶ソフトクリーム(ジェラートタイプ)
撮影中ですが、お先にいただきます!
CIMG4927.jpg
K姉さんもお気に入り^^西洞院店でも食べられますとのこと。
見てたのしい
やってたのしい
食べてたのしい
の3拍子が揃う丸久小山園槇島工場の見学。
ぜひぜひ足をお運びください!
◆丸久小山園 槇島工場 https://kyoto.graphic.co.jp/store/2011/05/id077.html
◆京のこたび宇治編 https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/2011/05/index.html

挽き茶体験


新茶の季節を迎えた宇治の人気店「中村藤吉本店」では
「挽き茶体験」ができます。
まずこのような和室で、ご亭主とごあいさつ。
CIMG4833.jpg
石臼の説明を受けてから
いざ体験!
CIMG4840.jpg
石臼ぐるぐる。
挽きたての茶葉はすごくきれいな色をしています。
ある程度挽けましたら
わら草履をはき、
CIMG4843.jpg
茶室へ移動。
CIMG4862.jpg
抹茶ゼリイをいただいたのち
CIMG4856.jpg
亭主にお点前をいただきます。
CIMG4858.jpg
濃茶と薄茶の両方をいただきます。
マナーは進みながら教えてもらえるので心配なし。
中村藤吉本店はいつもカフェ使いだったので、
同じ敷地にこんなステキな和室と茶室があったとは知りませんでした。
◆中村藤吉本店
◆京のこたび宇治編

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る