京都いいとこブログ > 京都の観光・まち歩き | 京都の食事処・グルメ | 京都ニュース > ジェイアール京都伊勢丹、新しくなった食品フロアレポート

ジェイアール京都伊勢丹、新しくなった食品フロアレポート


「Culture Foodie」をフロアコンセプトに、京都伊勢丹の地下1階が12/5(水)に増床リモデルオープン。前日の12/4(火)、京都いいとこスタッフは内覧会へおじゃましてきました。


書:川尾朋子さん

京都の食文化に対する美学を発信する場として増床リモデルした中で、いいとこ編集部が注目したのが体験型イートインスペース「TASHINAMI」。そして、京都と世界の古今を楽しめるスペース「AWASE」です。

京都の歳時記と旬に合わせた和洋菓子と、コーヒーや日本茶のマリアージュが楽しめる場所が「菓子のTASHINAMI」(29席)。和洋菓子は、フロア内の約100ショップ、3000種類以上の中からバイヤーが選定したものだといいます。


喫茶感覚でくつろげる「菓子のTASHINAMI」

和洋菓子はマリアージュを楽しむため、「一保堂茶舗」の日本茶やUCCカフェメルカードのコーヒーなど飲み物とセットでオーダー。

12/5(水)~18(火)の和菓子セットは、鶴屋吉信さんの上生菓子「ポインセチア」と、あんに合うすっきりした味わいのブレンドコーヒーのAセット(972円)。老松さんの自然薯饅頭「風花」と、一保堂茶舗の抹茶Bセット(1,037円)。

さらに、和と洋のマリアージュとして、フランス国外で初の常設店舗となるサブレの「ラ・サブレジエンヌ」をはじめとした洋菓子3種と、それぞれに合う飲み物もセットでオーダーできます(1,156円~)。

もうひとつの注目が、旬の銘酒と酒肴をたしなむ「酒のTASHINAMI」(9席)。京都を中心とした老舗料亭・ホテル・レストランの酒肴と、京都のみならず全国の銘酒、ワインを合せた約1000種類の中から、オススメのペアリングが楽しめます。

12/5(水)~11(火)は、紫野和久傅さんの酒肴三種盛のほか、鯛の黒寿司(1,296円)など一品料理も用意されています。


京丹後のテロワール~三種盛~ 米味噌糀漬け 丹稲しょ 牛肉クリームチーズ、鯛サンド、蕪と柿の胡麻和え 1,944円

その他、お菓子やパンのセレクトショップ「菓子のAWASE」や「パンのAWASE」も注目です。京都や全国、パンは世界から選りすぐった品々が揃うスペースです。


菓子のAWASE店内

また、日本初出店や関西初出店のお店にも注目。
中でも和スイーツの注目店舗は、あの「あずきバー」でおなじみ井村屋さんの「和涼菓堂」です。国内初出店という店舗では、あずきバーやもちアイスが一年中楽しめます。


あずきバーに、フルーツや抹茶がのった「和涼菓バー」は4種類


もちアイスの「もち涼菓」は5種類

洋スイーツは、関西初出店となるアンリ・ルルー。フランス・ブルターニュ地方のチョコレートとキャラメルのお店です。

ジェイアール京都伊勢丹店の限定アイテムが、クレーム・テ。


アールグレイが香る「クリーム・テ」486円は、ジェイアール京都伊勢丹限定で2019年3/5まで販売


焼き菓子の詰め合わせは、京都タワーとブルターニュの灯台をつなぐ京都限定パッケージ

話題がいっぱいのJR京都伊勢丹の食品フロア。京都への観光や京都から帰省の際、ぜひ立ち寄って京の食文化を存分にお楽しみください。

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る