京都いいとこブログ > 京都の紅葉 > 【京都の紅葉2015】無鄰菴(11/16)

【京都の紅葉2015】無鄰菴(11/16)


【京都の紅葉2015】無鄰菴(11/16)

無鄰菴は明治・大正時代の元老・山県有朋の別荘で、その庭園は名勝に指定されています。

今はごらんのとおり、紅葉が彩りを添えて秋の風情。

無鄰菴の庭園は、有朋が設計・監督、近代を代表する作庭家・小川治兵衛がつくりました。

庭の奥の方からゆるやかな傾斜になっており、疏水を庭へ取り入れています。

鳥や魚も憩う庭園となっています。(下写真の左下に居眠り中の鴨)

木造の母屋1階は靴を脱いであがることができ、

座敷にて抹茶(300円)をいただくことができます。

御茶請のお菓子は「真盛豆」でした。

江戸時代から続く菓子処「金谷正廣」の銘菓で、

煎った丹波産の黒豆の周りに、幾重にも大豆粉と砂糖蜜を重ね、

その上から粉末状の青海苔をふりかけています。

きなこにも似た大豆粉の風味と、やわらかな食感。

かつて豊臣秀吉が「茶味に適す」と賞賛したともいわれるお菓子。

座敷から見る紅葉の庭園と、上品な茶菓子の味わいで、優雅な気分に。

■無鄰菴
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id314.html
■金谷正廣
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id029.html

関連記事

 人気記事ベスト5

いいとこ動画 Stories and Short Videos

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る