京都いいとこブログ > 京都のカフェ・喫茶店 > 京都NEW OPEN まるで博物館カフェ ウサギノネドコ

京都NEW OPEN まるで博物館カフェ ウサギノネドコ


皆さんは子供の頃の夢ってなんでしたか?

私の小学生の頃の夢は「考古学者」でした。

図書館で考古学の本(といってもマンガ)を読み漁る子どもだったんですが

そんな時代を少し思い出させてくれるカフェがオープンしました。

場所は、地下鉄東西線「西大路御池」駅の近く、御池通沿いにあります。

一日一組限定の宿&貸スペース&雑貨店である「ウサギノネドコ」に隣接する形で

2015年9月14日にオープンした「ウサギノネドコ カフェ」。

京町家を改装した空間で、

鉱物や植物などの標本が展示されています。

木やガラスなど、異なる素材のものがミックスされた空間にも関わらず

不思議と落ち着いて過ごせる空間でした。


店は「ウナギのネドコ」のように奥の方まで続いており、

入口側には標本が入ったガラステーブル。

店内奥のほうには木製テーブルや靴をぬいであがる座敷スペースもあります。

こんな個室的空間も。

「ウサギノネドコ」のコンセプトは、「自然の造形美」。

カフェ部門は、さまざまな自然の造形物に囲まれた空間で、

食材本来の美しい色・味・形を活かした食事を…というテーマ。

ウサギノネドコ。ウサギさんの寝床というわけではなく、

「ヒカゲノカズラ」という植物の別称だそうですね。

ランチタイムに伺いました。標本を見ながら食事です。

ランチメニューは3種。

いただいたのは、サバとトマトソースのサンド。

フルーツを使った彩り豊かなサラダとバターナッツかぼちゃのスープ。

鯖はひとつにつき2切れのサバがサンド。

トマトソースとバジルソースの彩りもきれい。

ワインを注文したくなる味でした。

■ウサギノネドコ
http://usaginonedoko.net/

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る