京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ > 京都のラーメン・中華

「京都のラーメン・中華」一覧

(全45 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

ゆでたての旨さ、再現!「凄麺 京都背脂醤油味」がリニューアル 京都いいとこ編集部も太鼓判のおいしさ


2017年8月7日(月)にリニューアル発売される、ヤマダイ株式会社のカップラーメン「凄麺 京都背脂醤油味」。このたび、なんと京都いいとこマップ推奨品として発売されることとなりました。


「凄麺 京都背脂醤油味」は、同社の「凄麺」ブランドにおけるご当地ラーメンシリーズのひとつで、TOP3に入るほどの人気の品。今回は、リニューアルにあたり、京都いいとこマップが推奨するそのおいしさをご紹介します。

おいしさのヒミツ、3大ポイント

1.ゆでたての食感

最大の特長は、「凄麺」の名前の由来でもある、ゆでたての食感を再現した独自製法のノンフライ麺。通常のノンフライ麺はその製造工程で「蒸す」加工が行われますが、「凄麺」は「茹でる」加工によってゆでたての生麺のようなおいしさを実現しているんです。なので表面はツルツル、中はもちもちした食感になっています。

2.京都ラーメンの味

スープは、京都のラーメン激戦区・一乗寺でも親しまれている背脂たっぷり醤油ベース仕立て。ピリッとした一味が隠し味となっていて、コクとキレのある味が堪能できます。

3.九条種ねぎ、どっさり

そして具材には、京都ならではの薬味・九条種ねぎを使用。後入れタイプなので、ねぎの香りがとても豊か。京都ラーメンには欠かせない、味の大事な引きたて役です。

そのおいしさを、実際に味わってみた

では、そんな京都ラーメン王道の味をとことん追求してつくられた「凄麺 京都背脂醤油味」が、実際にはどんなおいしさなのか。京都いいとこマップ編集部のメンバーが、さっそくいただいたので、それぞれのコメントをみていきましょう。まずは男性陣から。

印象的だったのは麺の食感。ツルッとした舌触りで麺の中心までしっかりコシがあり、生麺に近い非常に美味しい麺でした。凄麺という名に恥じないクオリティだと思います。スープは京都人の僕が安心して食べられる馴染みのある味。京都ラーメンのど真ん中ストレートって感じですね。全国どこのご家庭でも気軽に京都ラーメンが味わえる、京都いいとこマップ推薦にふさわしいラーメンだと思います。(40代男性)

ーーーと熱く語るのは、カップラーメンをこよなく愛する撮影班スタッフ。日頃からよく食べているだけあって、さすがのコメントです。「京都人でも安心して食べられる」という点に説得力があります。
続いては女性陣。

麺の食感があり、おいしかったです。薬味の九条種ねぎもたっぷり入っていました。インスタントラーメンのスープは残してしまう方ですが、このラーメンのスープは最後まで飲み干しました。(40代女性)

麺がつるつるしていてインスタント感がなく、スープに唐辛子が入っているせいか体がポカポカしました。ねぎたっぷりがうれしい。想像よりも脂っこくない点もよかったです。(30代女性)

ーーー具の九条種ねぎがたっぷりだったのが高評価。実際、スープはねぎの風味が感じられるくらいの味わい深さなので、女性でもスープを飲み干してしまうほど全体的に味のバランスが良かったようです。

ほかにはこんなコメントも。

しっかりとした風味と旨味を感じる醤油ベースのスープと、ツルツルモチモチした麺との相性がとても良かったです。独自の特徴は背脂の存在で、見た印象ではパッケージほど背脂の存在を確認できませんでしたが、スープを飲むとふんわりとした口当たりとほのかな甘みを感じました。麺とスープをいっしょに食べたくなる、そんな一杯でした。(40代男性)

ラーメン好きも京都人も納得のお味。ぜひみなさんも気軽に味わってみてください。

ニュータッチ凄麺 京都背脂醤油味 210円

公式URL
https://www.newtouch.co.jp/ec/brand/sugomen/253
カロリー:444kcal
内容量:124g(麺60g)

楽天市場からもお買い求めいただけます

吉田山のふもとで皿うどん


某ゴルフ場関係者がこちらの皿うどんがお気に入りで…と教えてくれたお店。それが、吉田山のふもとにあり、京都大学の近くにある長崎ちゃんぽん&皿うどん専門店「まつお」でした。

店内には大きなテーブルが2台。長崎の名所の絵画などが飾られています。皿うどん(並)をお願いしました。ほかほかの湯気、野菜たっぷりの皿うどん!食べ応えがあります。テーブルには「はりはり漬」が常備され自由に食すことができます。

ときどき食べたくなる


木屋町三条のみよしの長浜ラーメン。

あの暖簾がね…呼ぶんですよ、ときどき。私はごまをたっぷりかける派です。

天下一品まつり!


10月1日から天下一品まつりがスタートします!
楽しみにしている方も多いのでは?

10月1日は、店内でラーメン1杯を食べた方に、翌日以降に利用できる「ラーメン無料券」。
10月2日~10日には、スピードくじを実施し、天下一品のオリジナルアイテムが当たります。

水族館、鉄道博物館近くでラーメン


地元民が「うまいぞ」と教えてくれていたラーメン店「ゆう」。外観は昔ながらのラーメン屋さんという感じですが、店内は明るくて清潔感があります。京都水族館から徒歩5分ほどの七条通沿い。基本メニューは、醤油or味噌。醤油にしました。食券事前購入制です。

ネギで隠れていますが、薄切りチャーシューがどっさり!カウンター席で盛り付けているところを見ていたんですが、そんなにどっさり入れてくれるの?!と驚くほどでした。あぶらっぽくなく、ほろほろと柔らかなのであっさりいただけます。スープも醤油のコクがありました。

冷麺の有名店で


京都洛北の有名店「中華のサカイ」。よく冷麺がメディアでも取り上げられていますが、私個人のいちおしは「天津飯」!

具材を混ぜて焼いたたまごに、コクのあるあんがかかっています。知人はこのあんを「肉々しい」と表現していました。

▼中華のサカイ
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/tyuka-sakai/

ネオンのあかりに誘われて、昔ながらの中華そば


ネオンのあかりに誘われて、壬生川高辻のラーメン屋「珍元」。伊丹十三監督作品 「タンポポ」のモデルになったともいわれています。

手づくり餃子も食べたいなあ。でもこの後もう一軒行く予定だったのでがまんがまん…

このへんの席が涼しいよ~とおばちゃんに進めてもらったところへ着座し、並をオーダー。

見た目はあっさり醤油スープですが、味わいはコクがありしっかりしています。麺は中細ストレート。 薄切りチャーシューなので、あぶらっこいのが苦手な人でも平気そう。

カルボナーラのようなクリーミーな一杯はいかが?


JR丹波口駅から南西に徒歩約12分。

花屋町通と御前通の交差点にあるラーメン店、「あいつのラーメン かたぐるま」でお昼をいただきました。

限定の「うるとらつけ麺」は売り切れとのことで、定番の「こくとん塩らーめん」をチョイス。

大盛サービスが無料と聞き、迷わず「大盛」をお願いしました。

スープは豚骨をベースとした塩味。

鰹節からほのかな魚介を感じながら、クリーミーな塩とんこつを楽しめます。

黒胡椒の効いたレアチャーシューをはじめ、

しゃきしゃきのメンマや半熟煮玉子がアクセントとなるなか、

弾力のある平打ち麺がクリーミーなスープをしっかりと持ち上げ、

さながら和風のカルボナーラをいただいているかのようでした。

編集部から自転車に乗ると、10分くらいで着けるこちらのお店、

再訪時は限定の「うるとらつけ麺」を狙ってみたいと思います。

【スタッフO】

取材中のランチは思い出の味


みなさま、京都いいとこマップ夏の最新号はごらんいただけましたでしょうか??夏真っ盛り、祇園祭もこれから!という時ですが、編集部はすでに秋号の制作に取り掛かっています。予告にもあるように秋の特集は「八幡市」。八幡市はいいとこのフォトグラファーS氏の馴染みある地でして、取材時のランチにもS氏お気に入りのラーメン店に連れて行ってもらいました。

「四川ラーメン行っていい?」と言うので、それがお店の名前かと思えば店名は「都飯店」。京阪エリアを中心としたチェーン店だそうです。メニューは初来店者ならば目移りするほど豊富。平日のランチ限定メニュー(醤油ラーメン+チャーハンで550円など)も安くてお得。四川ラーメンが一番人気のようですが、辛めが苦手な私は(といっても四川ラーメンはぴりっとする程度のようですが)、とんこつ魚介のスープで細麺と太麺が選べた「都ラーメン」を注文。

雑誌にもたびたび紹介されているらしい「から揚げ」もおいしそうでした・・・。テーブルの上には「天かす」。ラーメンには珍しいトッピングですね。

どんどんお客さんが入ってくるので、地元民の支持の高さがうかがえます。八幡でランチに迷ったらこちらのラーメンを食べに行ってみては?

京都NEW OPEN 餃子の王将の新店舗「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」


京都が本拠地の「餃子の王将」。

2016年3月3日、新コンセプト店舗「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」がグランドオープンします!

女性をメインターゲットとした新店舗は「ジャパニーズカジュアル」がコンセプト。

女性が入店しやすい店づくりを目指ししつつも、

王将に足を運ぶ既存のお客さんたちにとって敷居が高いものにならないように配慮。

店内はWi-Fi機能&モバイル用のサービスコンセント設置とありがたいサービスも。

気になるメニューは、ふわふわの玉子焼き、野菜と豚肉のチーズせいろ蒸しなど

バランス料理研究家・小針衣里加氏監修の烏丸御池店限定のオリジナルメニューを展開。

もちろん餃子も!

ワイン、スパークリングワイン、ウィスキー、日本酒、紹興酒、焼酎、カクテル、サワーなど

ドリンク類のラインナップも充実しています。杏仁豆腐といったデザートも。

王将の新たなステージ…ということが伝わる新店舗。3月3日の11時にオープンです!

◆GYOZA OHSHO 烏丸御池店
京都市中京区両替町通姉小路上ル龍池町430
http://www.ohsho.co.jp/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る