京都いいとこブログ > 京都のラーメン・中華 > ネオンのあかりに誘われて、昔ながらの中華そば

ネオンのあかりに誘われて、昔ながらの中華そば


ネオンのあかりに誘われて、壬生川高辻のラーメン屋「珍元」。伊丹十三監督作品 「タンポポ」のモデルになったともいわれています。

手づくり餃子も食べたいなあ。でもこの後もう一軒行く予定だったのでがまんがまん…

このへんの席が涼しいよ~とおばちゃんに進めてもらったところへ着座し、並をオーダー。

見た目はあっさり醤油スープですが、味わいはコクがありしっかりしています。麺は中細ストレート。 薄切りチャーシューなので、あぶらっこいのが苦手な人でも平気そう。

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る