京都いいとこブログ > 京都ニュース > 全8室の地域密着型ホテル「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」7/1オープン

全8室の地域密着型ホテル「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」7/1オープン


「出水通」という町家も残る細く静かな通りに、2017年7月1日「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」が開業します。コンセプトは「五感で感じる心地良さ」。京都散策をたっぷり楽しんだ後は、静かな場所でゆったり過ごしたい…そんな願いを叶えてくれるスモールラグジュアリーホテルです。

京町家を思わせる外観。引き戸を開けると、石畳を思わせる凛とした空間に季節の花が彩りを添えて出迎えてくれます。

白いのれんの先は客室空間。3階建て全8室(全室禁煙)。それぞれの部屋には「紅葉」「梅」「雲」「織」「竹」「雲龍」「大地」「蒼空」と和を感じる名前がついており、その名に応じてしつらえの色柄などが異なります。

まず部屋で目をひくのが、ベッドそばの壁にかけられたアートディスプレイ。西陣「かみ添」の唐紙師・嘉戸浩氏に特注した京からかみの作品です。部屋によってデザインが異なり、部屋を印象づけています。

室内には「たたみ」のスペースがあり、おざぶの老舗「洛中高岡屋」の名品「おじゃみざぶとん」で寛げます。

部屋によっては坪庭をもつ縁側も。

部屋によって色柄が異なる清水焼のカップ、老舗「亀屋清水」のお茶菓子、宇治茶の名産地・和束の有名な円形茶畑から直送された和束茶なども常備。このように館内のあらゆる場所で京都の伝統の品や技が生かされています。

浴槽は信楽焼の特注。リラックス効果の高い水素水の湯を使用し、アメニティには日本の伝統的なアロマである「いぐさ」の香るバスグッズなどを揃えています。また、浴室にヒーリングミュージックを流したり、客室にも音響デザイナー厳選の音楽が流せたりと、音へのこだわりも凝らされています。

まさに旅の疲れを五感で癒してくれる「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」。基本的には素泊まりスタイルですが、朝食は仕出しをとることができます。仕出し店はホテルの近くにある1917年創業の老舗仕出し店「二和佐」。京都に息づく仕出し文化を体験できる貴重な機会となるでしょう。

ほかにも、丹山酒造の「ジャポン」が付いたり12時までチェックアウトがのばせたりする「カップルプラン」、荷物の心配がいらない「着付けプラン」といった宿泊プランがあります。団体で1館まるごと貸し切るプランもありますよ(最大宿泊人数39名)。同窓会や懇親会などに使えそうですよね。

地域に根付いた伝統を体感できるスモールラグジュアリーホテル「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」。客室数8室というホテルだからこそ、プライベート気分で旅の時間が過ごせるはず。京都らしい宿でくつろぎたい方、必見のお宿です。

【施設情報】
  • THE JUNEI HOTEL 京都 御所西
    (ザ・ジュネイ・ホテル・キョウト・ゴショニシ)
    075-415-7774
    info(アットマーク)juneihotel.com
    京都市上京区東堀川通下長者町下ル三町目14
    市バス「堀川下立売」バス停から徒歩3分
    (9・12・50系統)
    地下鉄「丸太町」駅2番出口から徒歩15分
    http://www.juneihotel.com/

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る