京都いいとこブログ

ブログ > 京都の社寺仏閣 | 編集部だより > 年始のごあいさつ、そして囲碁の日

年始のごあいさつ、そして囲碁の日


本日より仕事始めの京都いいとこ編集部です。スタッフのゆきちです。
改めまして、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいいたしますm( _ _ )m

さて、昨年の記事で「囲碁ガール」が最近急増していると聞きました。
そして本日1月5日は「囲碁の日」。
京都で囲碁といえばここだよ!というとっておきの場所があるのでお教えしたいと思います。

野外で囲碁をうっています。さてここはどこでしょう↓

じつは、寺町通です。
寺町夷川を少し北に上がった東側。近くには一保堂さんもあるあたりですよ。
一見、立方体の石が3つあるようにしか見えませんが囲碁ができる盤と椅子だったんですね。

なぜここにこんなものがあるかというと、ここが「本因坊」発祥の地だから。

本因坊とは!

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康も師事した囲碁の実力者・日海上人。
塔頭「本因坊」がある寂光寺のご住職だったことから、「本因坊算砂」と名乗られました。
塔頭・本因坊はもう存在しないものの、算砂上人が使った碁盤や碁石をはじめ、さまざまな宝物が寂光寺に保管されています。
境内には算砂上人のお墓もあり、囲碁関係者の方や棋士の方がよく足を運ばれるそうです。
寂光寺さんでは碁石をモチーフにした囲碁上達のお守りも授与されているんですよ(2010年10月の情報)

現在、寂光寺は東大路仁王門付近にありますが、
塔頭は元々寺町通にあったことから「発祥の地」の駒札は寺町通にたてられているということです。
囲碁に興味のある方、京都にお越しの際は「京都の囲碁スポット」にも足を運んでみてくださいね^^

●寂光寺について 京都いいとこマップ2010年10月号P10掲載
http://kyoto.graphic.co.jp/library/common/ebook/1010/_SWF_Window.html?mode=1062
※境内は自由に見学できますが、宝物関連の見学は事前にお寺連絡するのがベターですよ。

その他関連記事はこちら

 人気記事ベスト5

コメント:0

入力情報を記憶する

Feeds
Meta