京都いいとこブログ > タグ > 紅葉

「タグ:紅葉」一覧

初開催!嵐山近くの名刹「鹿王院」で夜間特別拝観


嵐山のほどちかくにある古刹「鹿王院」。ことしはじめて、期間限定・人数限定で夜の特別拝観を実施されます。

好きなお寺はどこですか?という質問に「鹿王院です」と答える方。今まで私が出会った中ではとても多くて、京都好きのみなさんに愛されているんだなあという印象を持っているお寺です。山門から続くもみじのアプローチ、嵐山を借景にした庭園…宿坊(女性専用)を利用したことがある方なら、朝時間の素晴らしさもご存じのはず。

そんな隠れた名所で初開催される夜間特別拝観。1日100名限定でのご案内かつ事前申し込み制です。この機会どうぞお見逃しなく!

【開催概要】
2016年11月27日~12月10日
17時30分~19時30分(19時受付終了)
拝観料1500円(拝観記念品付き)
嵐電嵐山本線「鹿王院」・「嵐電嵯峨」駅からいずれも徒歩約4分

【拝観申込】
「京福電気鉄道株式会社 事業推進部 鹿王院係」まで以下のいずれかの方法でお申込ください。

FAX:075-801-2566
メール:rokuoin@keifuku.co.jp
はがき:〒604-8855京都市中京区壬生淵田町18

●記載事項
拝観希望日、人数、氏名、連絡先

●申込〆切
拝観希望日の前日(はがきは必着)まで

【京のこたび番外編(vol.2/全3回)】通天もみじを食べよう


京都いいとこマップ(2016年11・12月号)京のこたび「東福寺・泉涌寺」編で、誌面掲載しきれなかったものをご紹介。紅葉だけではない魅力をお届けします(全3回)

季節の彩りを映した和菓子…この時期はもみじの葉っぱをかたどった生菓子や干菓子も多く見かけますね。そのもみじのお菓子はだいたい5つ葉でかたどられているはず。しかし、東福寺の近くにある和菓子屋さんでは…

3つ葉です!

こちらをつくられているのは「音羽屋」さん。

この生菓子は、東福寺で見られる3つ葉の紅葉「通天もみじ」を模しています。このことを知らないお客さんに「このもみじは間違いなのでは?」という指摘を受けたこともあるんだとか。

音羽屋には喫茶スペースがあるので、抹茶や珈琲と一緒にお菓子がいただけます。店内のあちらこちらに和菓子で使う道具が飾られ、まるで和菓子ミュージアム。

東福寺では「通天もみじ」を探し、「音羽屋」さんでは食べてみてくださいね。

【京のこたび番外編 東福寺・泉涌寺編(全3回)】
vol1秋の東福寺塔頭めぐり
vol2通天もみじを食べよう
<11/16公開>vol3 路地で迷子もまた楽し
※掲載情報は2016年9-11月頃取材したものです

【京のこたび番外編(vol.1/全3回)】秋の東福寺塔頭めぐり


京都いいとこマップ(2016年11・12月号)京のこたび「東福寺・泉涌寺」編で、誌面掲載しきれなかったものをご紹介。紅葉だけではない魅力をお届けします(全3回)

紅葉名所「東福寺」ですが、東福寺だけ行って帰っていませんか?東福寺にあるたくさんの塔頭寺院。その一部の寺院では、通年で一般公開を行っています。

■光明寺
■同聚院
■霊雲院
■芬陀院
■勝林寺(秋季は特別公開も!11/19~12/4)

そして期間限定公開をしている寺院もあるんです。2016年は…

■盛光院
■天得院(事前予約制)
■一華院
■東光院
■龍吟庵

この期間限定の特別公開の中からいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

■盛光院(12/10頃まで)
特別公開はお茶席付き。

すてきなアプローチを抜けて

堂内へ。庭向きでテーブルが置かれています。池のほとりにはおおきなカエルの像。

お抹茶に付くお菓子は「盛福」といって通常より栗をたっぷり入れた栗羊羹だそう。お土産用に数量限定で販売されていました。

■一華院(11/30まで)
ご本尊白衣観音坐像。1382年に創建。

禅語にいわれをもつ南庭「依稀松の庭」は、苔庭の上に一文字のようにすっと横に枝が伸びた松の木が印象的。

そして北庭には枯山水庭園「彷佛石庭」。今年の10月に完成したばかりの新しい庭園で初公開です!重森三玲を祖父にもつ重森千靑氏が作庭。四神相応を表しています。

こちらのお茶席では抹茶とほうじ茶、きんとんのお菓子がつきます。お茶・菓子ともに伏見の茶処「椿堂茶舗」の提供。

■東光寺(11/30まで※休止日あり)
山門の上部でさりげなくはためくお茶の文字。

控えめなたたずまいに奥ゆかしさを感じます。

お坊さんにどうぞと促され、お茶席へ。お抹茶とお菓子が運ばれたときに代金をお渡しました。

ほんのり甘みのある、苦味のないお抹茶。青々とした苔庭はこじんまりとしていて、のんびりとした心地に浸らせてくれます。

いかがでしょうか。
東福寺という大きな禅寺の塔頭寺院。庭や紅葉、お抹茶以外にも、飾られている書、ご本尊の像など、歴史あるものがいろいろ見ることができます。ぜひ歩き巡ってみてくださいね。

【京のこたび番外編 東福寺・泉涌寺編(全3回)】
vol1秋の東福寺塔頭めぐり
<11/15公開>vol2通天もみじを食べよう
<11/16公開>vol3 路地で迷子もまた楽し
※掲載情報は2016年9-11月頃取材したものです

【京都の紅葉2016】東福寺(11/11)


東福寺(11/11)

「まだ早いかなと思って期待していなかったけど・・・!きれい!!」そんな声があちこちから聞こえた11/11の東福寺の臥雲橋からの景色です。

東福寺の紅葉、いよいよですよ!

▼東福寺・泉涌寺周辺散策マップ
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/tofukuji/index.html

▼動画もぜひ!東福寺 / 空撮 紅葉 / 京都いいとこ動画

【京都の紅葉2016】今年も紅葉旅リプお待ちしております!


京都いいとこ公式twitter(@etokomap)では、京都旅行写真のリプライを募集しています!この秋、京都散策を楽しまれた方、撮影された写真を@etokomapにリプライしてください!みんなで京都の写真を共有し、楽しめたらと思います。

編集部イチオシの投稿写真は、「京都いいとこブログ」に掲載させて頂けたらと思います!

▼過去の掲載例

【投稿期間】
2016年11月11日(金)~12月5日(月)
※ブログ記事にピックアップする写真を選ぶのはこの期間に投稿されたものとします。期間を過ぎても投稿いただけます。

【投稿写真の内容】
紅葉をはじめ、食べておいしかった、お気に入りの場所、行事・イベントなど「京都府内」の写真ならOK。

【投稿の流れ】
京都いいとこ公式twitter(@etokomap)宛てに写真をリプライの形でお送りください。禁止事項に当てはまらなければ、引用RTします。そして投稿写真の中からいくつかピックアップして後日ブログ記事にてご紹介いたします。※投稿にはTwitterのアカウントの取得の必要があります

【おすすめ投稿方法】
紅葉ならばいつ頃撮影したものか、その場所での思い出や良かったポイントなど書き添えてくれると旅の参考にもなるのでうれしいです。

【禁止事項】
・個人や個人情報が特定できる画像
・撮影禁止場所
・一般拝観できない場所
・ブレすぎている画像
・似た画像の連投、
・昨年以前の古い画像
・個人・企業の宣伝活動
・京都府外の画像

あくまでイチ個人が、2016年の秋に京都府内で見つけた紅葉やイベント、食事などをリプしてください。たくさんの京都いいとこリプ、お待ちしております!

▼京都いいとこ公式twitter
https://twitter.com/etokomap

▼京都の紅葉2016
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/kouyou/theme1/index.html

表紙はあの紅葉名所、京都いいとこマップ最新号!


京都いいとこマップ最新号の11-12月号、ただいま配布中です!

表紙は東福寺の通天橋ですよ~

▼京都いいとこマップ配布場所
https://kyoto.graphic.co.jp/library/distribute.html

東福寺・泉涌寺界隈の散策マップに、おダシが自慢の京都ランチ、老舗和菓子店の素敵なおみやげ、11.12月の注目行事など、美しい写真とともにぎゅっと詰め込みました。

▼PCでも読めます
https://kyoto.graphic.co.jp/library/index.html
※iPhone、iPadの方はActiBookをダウンロードください(無料)。

ぜひ紅葉狩りの参考にごらんください!

▼京都いいとこマップ配布場所
https://kyoto.graphic.co.jp/library/distribute.html

【京都の紅葉2015】光明寺(12/14)


今週の頭頃に京都府長岡京市屈指の紅葉名所「光明寺」へ行ってきたといういいとこフォトグラファー。

「だいぶ散ってるけど、まだまだ見頃やで~」とのことでした。

今年の紅葉はツンデレでしたね。

12月に入って色鮮やかになった印象です。

写真のつづきは「京都いいとこフォト」でどうぞ^^
https://www.instagram.com/kyoto_iitoko/

【京都の紅葉2015】南禅寺と塔頭天授庵(11/27)


【京都の紅葉2015】南禅寺と塔頭天授庵(11/27)

まずは塔頭天授庵。

枯山水庭園側の紅葉は盛りを過ぎたようですが

裏の池泉回遊式庭園のほうでは紅葉がまだ楽しめるようです。

完全に散ってしまっている木もあれば、まだこれから色づきそうな木もある…

けれどじゅうぶん紅葉を楽しめる感じの状態だったとのこと。

こちらは南禅寺 水路閣。

■京都いいとこフォト
https://www.instagram.com/kyoto_iitoko/

■南禅寺について
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id219.html

■天授庵について
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id321.html

■南禅寺周辺の紅葉スポットについて
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/kouyou/theme5/index.html

【京都の紅葉2015】朝7時半の嵐山 渡月橋(11/26)


【京都の紅葉2015】朝7時半の渡月橋(11/26)

早朝の嵐山に行ってきました。

もやがかかり、渡月橋のバックの山が小さな丘みたいに(笑)

【京都の紅葉2015】地蔵院(11/24)


【京都の紅葉2015】地蔵院(11/25)

紅葉の穴場名所・浄住寺から徒歩すぐ。竹の寺「地蔵院」にやってきました。

一休さんが幼いころ修業したお寺とも知られています。

やはりまず目を引くのが参道の竹林。

竹林に時折彩りを添える紅葉。

その先に見える本堂。

本堂から右手に進めば方丈。「十六羅漢の庭」が眺められます。

半円形の庭園には千両の赤い実が点在。

庭の中央には、胡蝶侘助という椿の木が細やかな枝をのばしています。

その左横には松の木。地面には青々とした苔。

そして修業する羅漢さんに見立てた石が置かれています。

その庭の奥では竹林や紅葉が見え隠れし…

庭を彩る要素は多いのに、不思議とバランスよくまとまって心落ち着かせてくれる庭園。

羅漢さんたちに見立てた石、じつは左方向に傾いているそうです。

なんでも羅漢さんたちは八幡市の男山にある石清水八幡宮へ願をかけているため、

八幡の方向に傾いているそうですよ。

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る