京都いいとこブログ > 京都の行事 > 京都の節分

「京都の節分」一覧

(全25 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

節分豆もこだわって選びませんか。


YouTube Preview Image

「7割が材料、3割が製造で味が決まる」という「豆富本舗」の節分豆は
北海道の契約農家でつくられた「鶴娘」を使用。冷水をかけてやわらかくしていった後に平網でじっくり煎ります。

時間も手間も惜しまずにつくられる節分豆。
その製造風景が垣間見られる動画です!五色豆の製造風景もいっしょにご覧いただけます。

●豆富本舗のくわしいお店情報はこちら

~関連情報~
鬼やらいは2日!吉田神社の節分
恋のご利益?須賀神社の節分
京都の主な節分行事一覧

京都の節分行事2012


2月3日は「節分」です。京都いいとこウェブでも節分特集

ピックアップして掲載しているのは吉田神社の節分祭

須賀神社の節分祭です。

ほかにも各社寺仏閣で個性豊かな節分行事が行われます。
以下に一部ピックアップしましたので、京都の節分散策にお役立てください!

———————————————-

1月29日
鬼やらい神事」@石清水八幡宮(八幡市)
13時~ 本殿前で本桃弓を四方に射り、本桃剣を四方に打ちます。その後、境内に現れた鬼に豆をまきます。なお、2/1と2/3には厄除け・五穀豊穣祈願の「湯立神事」を正午より実施。

2月2日~3日
聖護院節分会」@聖護院(左京区)
本尊不動明王が一般公開。3日の13時~は追儺式。

節分祭」@須賀神社(左京区)
烏帽子姿の懸想文売りが境内に登場。
くわしくはこちらの特集記事で写真とともに紹介しています。
※2011年の節分祭レポートはこちら

八坂神社節分祭」@八坂神社(東山区)
両日境内において景品付福豆授与・甘酒の接待。節分祭限定のお守り「串札」もあります。
2日は、先斗町(午後1時)、弥栄雅楽会舞楽(午後2時)、宮川町(午後3時)の舞踊奉納などを実施。それぞれの奉納後に豆まき。
3日は、今様(午前11時)、祇園甲部(午後1時)、祇園東(午後3時)の舞踊奉納などを実施。それぞれの奉納後に豆まき。

強運節分会」@千本ゑんま堂(上京区)
「こんにゃく煮き」(有料)がふるまわれます。3日の夜には「ゑんま堂念仏狂言」を奉納。

2月2日~4日
吉田神社節分祭」@吉田神社(左京区)
3日間でおよそ50万人が訪れるという節分祭。
くわしくはこちらの特集記事で写真とともに紹介しています。
※2011年の吉田神社節分祭レポートはこちら

●「壬生寺節分会」@壬生寺(中京区)
2~3日は壬生狂言「節分」を無料公開。13~20時の間で毎時00分スタート。
炮烙(ほうらく)という素焼きのお皿奉納も壬生寺節分会の特徴。
※2011年の壬生寺節分会レポートはこちら

だるま寺節分会」@法輪寺(=達磨寺)
住職による「だるま説法」、大小様々な厄除け開運のだるま授与、ハト茶の無料接待など。

2月3日

上賀茂 節分手づくり市 @上賀茂神社境内
10時~15時頃まで開催。第4日曜日に上賀茂神社で行われる手づくり市とはまた違う雰囲気が楽しめそう。
もちろん境内では上賀茂神社の節分祭が順次とりおこなわれます。福豆まきは13時と14時。俳優の風間トオルさんも登場。
※手づくり市に関する問い合わせはこちら

狸谷節分祈願祭」@狸谷山不動院(左京区)
11時半、13時、14時半に豆まき。9時からは空クジなしの福引大会(1回200円)。

平安神宮節分祭」@平安神宮(左京区)
正午~14時は大蔵流の奉納狂言。14時からは「大儺之儀」。京都大学名誉教授の時代考証によって復元された平安王朝時代の祓いの儀式。作法、祭具、衣裳と綿密に再現。上卿・殿上人・陰陽師などが登場。16時~は大火焚神事。終日甘酒接待あり。

節分厄除大祭」@日向大神宮(山科区)
境内にある「天の岩戸」をくぐって招福を祈る「ぬけ参り」は、立春から前日の節分の日までの1年間の厄を祓い落とす行事。
16時~は境内で諸祈願成就祈祷の献火神事・古札の焼納。

六波羅蜜寺節分会」@六波羅蜜寺(東山区)
15時頃~六斎念仏(重要無形民俗文化財)。その前後に豆まきを実施。

藤森神社節分祭」@藤森神社(伏見区)
10時~節分祭、20時~追儺式
終日甘酒の無料接待あり。年男による豆まき、雅楽・舞楽の奉納など。

節分万灯会」@因幡薬師(下京区)
ろうそくの灯りが境内を照らします。参拝者も献灯可能。
当日、「ん」が2つ含まれる食べ物を7つ食べると「運」がつく」といわれることから、(17:00~、先着100名のみ)キンカン、レンコン、ニンジン、ギンナン、インゲン、ナンキン、カントンのセットが先着100名に配布(17時~)。

節分祭」@伏見稲荷大社(伏見区)
祭典終了後と11時半と13時の計3回、外拝殿で福男福女福娘による豆まきが行われます。
しかも今年は「初午大祭」も併せて行われますよ!

追儺式鬼法楽」@廬山寺(上京区)
秘宝の特別開帳、
15時~は3匹の鬼が現れる鬼法楽(鬼おどり)。ユニークさで親しまれています。
16時~は蓬莱師・福娘・年男・寺侍による福餅・蓬莱豆まき。
17時~は古札焼き式。
鬼のお加持は14時15分~14時45分と鬼おどり終了後から30分ほど。
(邪気払いされた鬼に身体の悪い部分を加持してもらい身体の健全を祈願)

おかめ節分祭」@千本釈迦堂(上京区)
15時~法要後、茂山社中の狂言奉納(おかめさんや鬼たちが登場します)。おかめ装束を身につけた男女が招福祈願を受けて1年の厄除けをします。豆まきも実施。

北野天満宮節分祭」@北野天満宮(上京区)
13~14時頃に、狂言奉納、舞妓さんの舞踊、豆まき。

節分祭」@平岡八幡宮(右京区)
笹酒や甘酒の無料接待、厄除けお札、福豆、長寿飴の授与(有料)。
17時~節分祭。18時~星祭

天龍寺節分会」@天龍寺(右京区)
8~17時
甘酒無料接待、福笹・絵馬授与(空くじなし大福引き・大福豆付)
大福豆撒きは11時半頃、13時半頃、15時半頃の計3回。
その他、節分大茶会、書道・絵画展(嵯峨・嵐山・広沢小学校、嵯峨中学校)。

※予定は変更される場合あり
※詳細は各HPなど参照

~関連記事~
京都の節分特集
京都の節分レポートブログ

壬生寺の節分


和菓子ブログでおなじみ写真小僧コバーンから壬生寺の節分・夜の風景が届きました。
壬生2
今年は少し気温も温かいので、夜の参拝も少し楽ですね。
夜の露店の風景っていいかんじ。
壬生1
露店といえば、吉田神社でonepiece限定露店をいっぱい見つけてびっくりしました。
わんぴ
今月は集英社の雑誌表紙をワンピースがジャックする企画もありますし、
なんだか胸いっぱい。。
ちなみに京都いいとこマップのよっしー編集長はワンピースを知らない様子。
「ワンピースって…女の子か?」なんてこった!
なんて話はさておき(・∀・;)
さて壬生寺の節分会は数年前に足を運んだことがあります。
印象に残っているのは壬生狂言
この壬生狂言は、鎌倉時代に円覚上人が始めたもの。
台詞のない無言劇です。
節分のときは「節分」の演目を公演。
無料で観覧することができますし、
大念佛堂と呼ばれる場所で演じるんですが、
この舞台も一風変わっています。
無言劇って見ていてつまらなさそう…と感じる人もいるかもですが、
私はおもしろいと感じました!
無言でもしっかり物語の流れはつかめますし、
豆を鬼に投げるシーンは「おお!」と驚きました。
衣装や動きも独特で、また見に行きたいなと思っています。
壬生狂言「節分」は2~3日、13時~20時、毎時0分開演の8回上演。
壬生3
仕事終わりでも行けそうですね!
ちなみに節分のとき、炮烙(ほうらく)という素焼きのお皿を買って、
名前や年齢を書き込み奉納している人を多く見ます。
この炮烙は、4月に行われる壬生狂言の演目の中で割られます
そうすることで、その人の厄が落ちるんだそうです。
舞台から炮烙が割られるシーンは圧巻なんでしょうね。
豆を投げるシーンでもちょっと感動しましたから。
一度見に行きたいものです。
こちらのブログでは昼間の壬生寺の様子が!↓
http://zaq.ne.jp/users/k-zanmai/

須賀神社の節分


東大路丸太町の交差点から東北方向にある神社「須賀神社」は、
うさぎの岡崎神社=東天王社と対をなしていたため、西天王社とも称される古刹です。
外観
こちらの節分祭は、とくに女性におすすめ
それは「懸想文(けそうぶみ)」という商売や縁談など人の欲望を叶える護符が授与されるから。
この護符を売り歩くのが、烏帽子をかぶって覆面をして、梅の木の枝を持った「懸想文売り」です。
江戸時代の京の風俗行事だったのですが、明治維新後行われなくなりました。
そこで縁結びのご利益がある須賀神社が再開。
2月2~3日の節分行事の時期だけしか手に入りません。
この「懸想文(けそうぶみ)」を人にばれないよう箪笥や鏡台の引き出しに入れておくと
顔、かたちが良くなり衣装持ちになれ、良縁がある
といわれています。
昔も京都の娘さんやお嫁さんが買い求めたんだそう。
良縁といえば、今年の六波羅蜜寺の「開運占い」で「良縁あります」と宣言いただいたユキチ。
こりゃさらにご利益を高めなければ!と須賀神社に意気揚々と出かけました。
境内に着くと、烏帽子姿の男性が立っています。
境内
あの人に話しかければいいのだろうか?とどきどきしつつ
「け、懸想文ください」
と声をかけますと
「どうぞ~」と親しみやすい感じで応対してくれました。
ちょっと安心。
授与
1000円を納め、懸想文を手に入れます(^^)
文
想像よりもけっこう大きかったです。
そして「写真とってもいいですか?」と聞くと
「どうぞどうぞ」と快く対応してくれました!
全身
覆面姿は怪しいけれど、観光客にやさしいとてもフランクな懸想文売りさんでした。
ぜひ「写真いいですか?」とひと声かけてみてくださいね。
さて、もうひとつのお目当てが「須賀多餅」。
もち
大徳屋本舗というお店がつくっている和菓子です。
「災厄をはらって家庭円満を護る須賀神社の尊さから製菓した…」というようなことが包み紙に書かれていました。
見た目のかわいらしさはもちろん、つるつるもっちりなお餅が最高。
柚子餡梅餡がありました。
節分豆の入ったお茶付きです。
一客
お土産用にも販売してもらえますよ。
お守りの販売もありました。
縁結び系はもちろん、交通安全の神を祀られていることから、
シートベルトのお守り、犬・ネコの交通お守りという珍しいお守りがありました。
本殿前
↑交通神社と書かれた額
ペットと参拝しにきていた人が早速購入し、わんちゃんの首輪につけるという
ほのぼの光景も見られました。
確かに犬猫も交通事故にあいますから、飼い主は心配ですよね。
そんな数あるお守りの中でユキチのめがねにとまったのは懸想文売りストラップ
懸想文売りがキャラクターとなってストラップになっていたんです!
確か400円だったと思います…!
このブログを書いている今も「やっぱり買いに行こうかな」と思案中…(笑)
やっぱり節分時期の観光はかなりおすすめ(^^)
本日3日も、須賀神社では節分行事が楽しめますので足を運んでみてくださいね。

ちなみに須賀神社は角豆(ささげ)祭も有名です(5月の第2日曜日)。

吉田神社の節分


こんばんは!ゆきちです!
明日はいよいよ節分ですね。
京都ではその前日から社寺仏閣や花街などで
節分行事がはじまっています。
節分の時期の京都観光はとってもおすすめです。
春秋ほど人や車で混雑しませんし、伝統的な行事も見られるんですから♪
さて、今日は2つの節分祭に行ってきました。
まずは吉田神社の節分祭レポです。
ツイッター@etokomapのフォロワーさんにもおすすめいただいた
「吉田神社」の節分祭!
鴨川ホルモーを読んだ友人から吉田神社に行きたいといわれることが多くなった昨今。
そんな吉田神社の節分祭は2~4日にかけて行われ、約50万人もの参拝者が訪れるんだとか。
2日18時~は「鬼やらい」が行われました。
平安初期から宮中で執り行われていたものを継承した数少ない神事のひとつといえるものだそうです。
ブログ4
彼の名は方相氏
鬼を倒す正義の味方☆
黄金の四つ目が特徴です。
燃え盛る中にいるようだけど、気のせいです!
「がんばれ天狗~~!」
参道から応援の声がとびましたが方相氏さんは鬼を払う役人さんです(笑)
ブログ3
さあ!赤・青・黄色の鬼が金棒もって大暴れします!
「ぎいあああああああ」
子どもの泣き叫ぶ声が境内に響きます(笑)
そして本殿前で鬼と方相氏が対決、もとい鬼払いの神事が行われ…
待つこと数十分。(本殿に近づかないと様子が見えない!)
倒された鬼たちがまたもや暴れながら去っていきました。
そして方相氏たちも帰ってゆきます。
「ありがとう天狗~~!!」
一部参道から拍手が起こりました。最後まで天狗って言われちゃっていますね(笑)
ブログ5
境内一帯には約800もの露店が並びます。中には順正、豆政など京の有名店も。
そして節分の時は毎月1日しか一般公開されない「大元宮」も特別公開!参拝には10分ほど並びました。
ブログ6
ブログ7
ブログ8
ブログ9
全国の神をまつる場所。中に足を踏み入れたとたん、ぶるっときました。
これはぜひぜひ来てみてほしい!私は伊勢神宮で感じたようなエネルギーを感じました…!!
建物も1601年の造営で、八角形の珍しい形をしています。
重要文化財です。これもみごたえある。
さて、節分の目玉はまだあります。
それは数々の賞品が当たる抽せん券付厄除福豆
ブログ2
ブログ1
景品はこんなかんじでずらっと境内に並んでいます。当選発表が楽しみです!
吉田神社界隈は、真如堂や吉田山など散策スポットも多数。
日中に出かける方は京都いいとこウェブの「京のこたび」もチェックしてみてくださいね~
吉田神社の節分祭。
露店は2~3日、大元宮は2~4日まで。
無病息災を祈りに、かつ運試しに足を運んでみては?
さて、もうひとつ足を運んだ節分行事は明日の朝にアップしたいと思います。
きれいになりたい!良縁がほしい!そんな世の女性たち必見の節分祭ですよ!
お楽しみに(>∀<)

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る