京都いいとこブログ > 京都の季節・風景 > 御手洗祭@下鴨神社

御手洗祭@下鴨神社


御手洗(みたらし)祭は下鴨神社境内の御手洗池に足をつけて
穢れを払う通称「足つけ神事」。
夕暮れや夜のイメージがあるかもしれませんが
朝の5時半から可能なんですよ。

入り口

まず、靴と靴下をぬぎ、ズボンをひざまでまくりあげ、
受付にて200円のお供え料をおさめます。
そして棒つきのろうそくをいただきます。
それから池へと向かいます。

橋をくぐる

入水

この水がものすごく冷たい!
慣れるまで大変ですが、清められている気分になります。

火をつけるとこ

ここでろうそくに火を灯します。

つけました
消えませんように

風で消えないようにそーっと運び、献灯。

使用全体

ろうそく台

セット

御手洗池の井上社に祀られている神様が、罪・穢れを払う神様なんだそうです。
昔から土用の丑の日にこの神池に足をつけ、
燈明をお供えし、御神水をいただけば諸病にかからず延命長寿の霊験あらたか…
という由来が神社の看板に書かれていました。
池から上がり、靴をはいた後、御神水をいただきます。

授与所

全体水入れ

水うまい

うまい!
お皿でいただくだけでなく、
手のひらにも水を汲んでくださったので美肌になるようすりすりしてみました♪
足の健康を願うお守りも授与されています。

足札

↑これは足形祈祷木というものも。

【御手洗祭 2015年日程】
2015年7月19日~26日
※19日は9時~22時
※金・土・日・祝日は5時30分~22時
※平日は5時30分~21時
※露店は23日~26日

古くから伝わり親しまれている、歴史と情緒を感じる行事です。
ぜひ行ってみてくださいね^^

そして、下鴨神社の御手洗池とくれば「みたらし団子」。
団子

下鴨神社東側の入り口からだと、斜め右手に店が見えてきますよ~
あわせてどうぞ!

関連記事

 人気記事ベスト5
      None Found

いいとこ動画 Stories and Short Videos

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る