京都いいとこブログ > 京都の和菓子 > 門前名物厄除け菓子

門前名物厄除け菓子


たとえば、6月30日に食す「みなづき」のような厄除菓子。

京都には他にもいろいろな厄除菓子があります。

今回ご紹介するのは「唐板」です。

ときは863年、京都で流行した疫病を鎮めるため、神泉苑で御霊会が行われました。

その時、疫病除けとして「唐板煎餅」が神前に供えられたといいます。

そして室町時代の応仁の乱後、鞍馬口の御霊神社境内で茶店をはじめたのが

唐板の老舗で知られる「水田玉雲堂」の前身。

古書から製法を学び、唐板煎餅を再興されたんだそうです。

そうして唐板は、御霊神社の名物として広く知られるようになりました。

パリッとした軽い食感。

ほんのり甘く、香ばしい味わいは御茶請けにもぴったり。

薄くて軽いのでお土産にするのもいいですね。

■御霊神社
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id017.html

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る