京都いいとこブログ

ブログ > タグ >

桜の名所「背割堤」も一望!「さくらであい館」25日オープン


桂川・木津川・宇治川が合流する淀川三川合流域。ここにある淀川河川公園「背割堤地区」は、約1・4㎞の桜並木が楽しめる、人気のお花見スポットです。

また、この三川合流地域周辺には、石清水八幡宮が有名な八幡市、天王山の麓・大山崎町など、豊かな自然と歴史に恵まれた町々に囲まれています。そんな周辺地域を周遊してもらうことで地域を盛り上げていこうと、2017年3月25日、拠点施設「さくらであい館」がオープンすることとなりました!

場所は背割堤の桜並木の起点となる御幸橋沿い。管理棟と展望塔からなる施設です。京阪本線「八幡市駅」から歩いていくと、こんな具合に施設が見えてきますよ。駅からは歩いてだいたい10分です。

目の前にするとこんなかんじ。和風の落ち着いた外観ですね。

それでは施設についてご紹介しましょう。

まずは和風建築の特長も取り入れた「管理棟」へ。

屋根がふわりとカーブを描く「むくり」という形式の木造平屋建て。京都産の天然土を使った土壁、町家にも見られる格子をモチーフとした外壁など、自然のやさしさを感じる日本らしい建築物です。

■エントランス
吹き抜けになっており、天窓も備わっています。

■さくらShop

週末を中心に地産地消の特産品を販売するコーナーです。土日祝には、京都文教短期大学の学生たちが地域と連携して開発した「三川オリジナルスムージー」を発売。さっそく25日から「キウイと小松菜のスムージー」、イチゴを使い桜の塩漬けを添えた「さくらのスムージー」が味わえるようです。

■情報発信コーナー

休憩スペースにもなっているコーナーです。壁には「淀川」の歴史をパネル展示。

■イベント広場「淀」&会議室「桂」&学習室「宇治」「木津」

4種類の貸しスペースがあります。マルシェやイベント、地域の集いや講座。いろんな取り組みに使えそう。

「淀」には周辺地域の観光パンフレットもいっぱい。ここで旅の計画を練って出かけてみるのはいかがでしょうか。

「宇治」「木津」の部屋からは、男山の良い眺め。

授乳室も完備。

つづいては「展望塔」へのぼってみましょう。

高さ約28メートルの八角形の展望塔。八幡市内にある「八角堂」や、館の目の前にある御幸橋の親柱をモチーフにしたことで八角形が採用されました。

階段もしくはエレベーターでのぼります。

エレベーターが開くと目の前には木津川&宇治川!その真ん中に背割堤の桜並木です。

360度ビューなので、男山に天王山、愛宕山や比叡山、京阪電車、京都タワーも見えますよ。基本ガラス張りですが、上部の格子あたりは解放されており、風が通り抜けています。冬場は防寒忘れずに。

ちなみに外の駐輪場にはバイクラックも用意されています。サイクリングロードが整備されている地域なのでロードバイクユーザーも多いんですよね。

この「さくらであい館」のお披露目ともなる25日には、10時から開館式典。そして「出会い」をテーマとしたオープニングイベント「淀川三川春フェスタ2017」が25~26日に開催されます。

たとえば、旬の朝堀たけのこや石清水八幡宮門前名物「走り井餅」・地元人気のパン・伏見のお酒など地元グルメ盛りだくさんのマルシェ、ダッチオーブンを使った料理体験など。各地域からおいしい食と体験企画が大集合です!

また、淀川沿川で活躍しているというアーティストのJazzライブが両日開催されます。八幡市の「お茶の福翠園」、大山崎町の「大山崎COFFEE ROASTERS」のカフェも出店するので、珈琲やお茶で一服しながら音楽に耳を傾ける、そんな素敵な時間が過ごせそうです!

ほかにも様々なプログラムが目白押し。詳細は公式サイトをチェックしてみてくださいね!

「さくらであい館」で、まだ知らない京都との「出会い」をお楽しみください!


【「淀川三川合流域 さくらであい館」概要】

京都府八幡市八幡在応寺
開館時間9:00~17:00
※3月25日は12:00より一般開館
展望塔は桜開花時期以外は無料
※3/25~4/10は有料:300円/小・中学生100円
https://www.yodogawa-park.jp/

【周辺エリアの過去のこたび特集】
・長岡京市(初夏のご利益ウォーク)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/nagaoka/
・八幡市(乗って歩いて八幡市さんぽ)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/yawata/

春旅・お花見のお供に京都いいとこマップ最新号!


春らんまんな1冊ができあがりました!写真右側のかわいいこの子もご紹介しております。

勘の良い方なら、これで今回の特集エリアがどこなのか分かっちゃいますね。そう、あの場所ですよ。

ただいま設置先に配送中です。(設置先一覧

3月1日頃には公式サイトからお読みいただけます。

【京都の桜2016】大原野神社


【京都の桜名所】大原野神社
創建は延暦3年(784年)の平安初期。奈良の春日大社の分霊を、遷し祀ったことがはじまりとされる神社です。雄と雌が社殿前で対になった、かわいい「神鹿」や鹿の授与品も必見。桜の季節は、一重の枝垂れ桜「千眼桜」が有名。

■2016年4月8日の様子
見頃です。

■最寄りアクセス
阪急バス「南春日町」バス停から徒歩8分

■関連記事
・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/

【京都の桜2016】円山公園


【京都の桜名所】円山公園
明治19年につくられた公園。東山を背に、八坂神社の東側に広がる。池泉回遊式の庭園を中心にして料亭なども立ち並び、憩いの公園として国内外の観光客にも親しまれている。

■2016年4月6日の様子
見頃です。

お花見のみなさん、だいじにしてあげてくださいね~

■最寄りアクセス
京阪本線「祇園四条」駅から徒歩5分

■関連記事
・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/

【京都の桜2016】醍醐寺


【京都の桜名所】醍醐寺
真言宗醍醐派の総本山で、世界文化遺産。開基は、聖宝理源大­師で、貞観16年(874)に創建。応仁の乱によって建物がほぼ全焼してしまった中、五重塔のみは難を逃れ、平安時代に創­建された当時のままの姿を今に留めています。醍醐寺の五重塔は、京都府下最古の木造建­造物で、国宝に指定。豊臣秀吉によって「醍醐の花見」が行なわれたことにちなんで、毎年4月の第2日曜日には「豊太閣花見行列」開催。

■2016年4月3日の様子
醍醐寺の桜は必見。
人は多いですが圧巻のしだれ桜ですよね。
三宝院庭園も美しい…写真は霊宝館の桜。

映像は2015年撮影

■最寄りアクセス
地下鉄東西線「醍醐」駅から徒歩10分
京阪バス「醍醐三宝院」バス停下車すぐ

■関連記事
・醍醐寺について
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/daigoji/
・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/
・instagramで届ける京都名風景「京都いいとこフォト」
https://instagram.com/kyoto_iitoko

【京都の桜2016】東寺


【京都の桜名所】東寺
寺院の正式名称は「教王護国寺」。平安遷都の際に都の正門・羅城門の東に建立され、のちに空海が真言密教の根本道場としました。京都のシンボルともいえる国宝・五重塔は、高さ55メートルで、寛永21年(1644年)に徳川家光によって寄進されたもの。そのほかにも講堂内の立体曼荼羅や金堂、大師堂など見どころ多数。

■2016年4月5日の様子

■ご近所スポット
・六孫王神社
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/22119
・京都水族館とその周辺の名所や食事処
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/09/index.html

■最寄りアクセス
市バス「東寺東門前」バス停下車すぐ
近鉄京都線「東寺」駅から徒歩10分

■関連記事
・東寺について
http://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id211.html
・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/
・instagramで届ける京都の名風景「京都いいとこフォト」
https://instagram.com/kyoto_iitoko

【京都の桜2016】高瀬川


【京都の桜名所】高瀬川
木屋町二条付近から鴨川と平行に南へと流れて、最終的には伏見の町に入り宇治川へと流れつく人工川。全長約10キロの高瀬川は、豪商角倉了以が1611年に開削しました。当時は京都と伏見を行き来し、物資を輸送する舟運が盛んに。森鴎外の小説「高瀬舟」の舞台とも知られています。

■2016年4月5日の様子
見頃ですね。写真は二条通~三条通間。

■最寄りアクセス
阪急京都線「河原町」駅、京阪本線「祇園四条」駅、「三条」駅
地下鉄東西線「京都市役所前」駅など

■関連記事
・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/

【京都の桜2016】高野川


【京都の桜名所】高野川
京都の地図でY字になった川の右側が「高野川」。京都市左京区と滋賀県大津市の境目ではじまり、出町柳のところで賀茂川と合流し鴨川となります。オオサン ショウウオが棲んでおり、大雨のあとに姿を現すことがあるそう。北山通以南は東岸の土手を歩くことができます。春は桜並木が、夏は送り火の「妙」「法」「大」が見学できるスポットです。

■2016年4月5日の様子
延々と続くピンク。見ごろです。

■最寄りアクセス
京阪鴨東線・叡山本線「出町柳」駅から徒歩すぐ

■関連記事
・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/

【京都の桜2016】岡崎疏水


【京都の桜名所】岡崎疏水
琵琶湖疏水を経て岡崎のまちを通り夷川発電所を経て鴨川へと向かう水路。春は観光遊覧船「十石舟めぐり」の運航あり。2016年は5月8日まで開催。ライトアップをしての夜間運航は4月10日まで。

■2016年4月4日の様子
もうすっかり見頃ですね。

ロームシアター京都と。

早朝だったので東山に朝もや。
左手の桜並木があるあたりは京都国立近代美術館。
1階のカフェから桜並木が見られますよ。

雨の岡崎もすてきですね。

■ご近所スポット
・平安神宮
http://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id071.html
・南禅寺
http://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id219.html
・日向大神宮
http://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id221.html
・無鄰菴
http://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id314.html

■最寄りアクセス
地下鉄東西線「東山」駅、「蹴上」駅
市バス「東山二条・岡崎公園口」バス停

■関連記事
・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/

【京都の桜2016】元離宮二条城


【京都の桜名所】元離宮二条城
慶長8年(1603年)、徳川家康が京都御所の守護と上洛時の宿泊所として造営。3代将軍家光のときに伏見城の遺構を移すなどして完成しました。ニの丸御殿では、15代将軍慶喜が大政奉還を発表した大広間をはじめ、狩野派による障壁画、神泉蓬莱の世界を表したといわれる庭園などさまざまな歴史的文化財を目にすることができます。春は桜の名所であり、2016年は4月17日まで夜桜ライトアップを実施。

■2016年4月2日の様子
桜の園は一部見頃ですが全体はこれから。紅枝垂れは咲き始め。

清流園あたりも5分咲きくらいですが最後の桜並木は見ごたえあり。

ちなみに出口付近の大休憩所は今年リニューアルされました。

■アクセス
地下鉄東西線「二条城前」駅から徒歩5分
市バス「二条城前」バス停下車

■関連記事
・夜桜の二条城周辺散策マップ
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/nijojo/index.html

・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/


Feeds
Meta