京都いいとこブログ > タグ > 行事

「タグ:行事」一覧

京都三大祭「時代祭」2015


今年も京都三大祭のひとつ「時代祭」の季節がやってきましたね。

目玉行事は10月22日ですが、

本日15日より平安神宮にて順次神事が執り行われ始めます。

時代祭の気になること、まとめました。クリックして答えをごらんください。

時代祭って何?
どんな行事がある?
見どころは何?
神幸祭で時代行列が先に見れるって本当?
時代祭のコースマップがほしい
時代行列の通過時間と通過場所は?
時代行列の歩く順番は?
当日行けないから映像で時代祭が見たい!

時代祭については、【京都三大祭】1分でわかる 時代祭/ 京都いいとこ動画もおすすめ!

※時代祭の雨天による順延については、時代祭当日(10月22日/順延の場合は23日)の早朝に決定。
平安神宮の公式サイト、京都市観光協会(075-752-7070)にて時代祭当日の早朝よりご案内があります。

京都パンフェスティバルin上賀茂神社


第42回式年遷宮を2015年10月15日に迎える

世界文化遺産「上賀茂神社(正式:加茂別雷神社)」。

奉祝事業でも注目されています。

10月17日~18日に開催されるのが「京都パンフェスティバル」


※写真はイメージです

パン消費量日本一の京都市では、パンは京都を表す食文化のひとつ。

このパンフェス、気になっている方も多いのでは?

——————————————————-
【京都パンフェスティバル 出店企業】(ポスター参照)
・アンデ(伏見区)
・ウェスティン都ホテル京都(東山区)
・ANAクラウンプラザホテル京都 COZY、花梨、ローズルーム(中京区)
・京都 花月堂(中京区)
・京都東急ホテル ALL DAY DINING KAZAHANA(下京区)
・京都パン共同組合(山一パン総本店、進々堂、志津屋)
・京都ホテルオークラ 焼きたてパン パネッテリアオークラ(中京区)
・グランドプリンスホテル京都(左京区)
・クロワ・ルース(中京区)
・ザ・リッツ・カールトン京都(中京区)
・ドンク(左京区)
・ブーランジェリーオペラ(上京区)
・ブランジュリ ロワゾ―・ブルー(北区)
・ポシェット(右京区)
・ホテルグランヴィア京都 ペストリー&ベーカリーショップ ル・タン(下京区)
・PAUL 京都三条店(中京区)
・ラミデュパン京都北山本店(北区)
・ぱん屋 レウココリーネ(上京区)

・AGF(数量限定で「ブレンディ」スティックを無料配布)
※春夏も好評だった式年遷宮記念文化事業「神山湧水珈琲」も実施(無料/11~16時)。
※ちなみに京都は珈琲の購入金額ランキングでも第一位だそうです。
——————————————————-

まちのパン屋さんからホテルのベーカリー、老舗などなど

幅広いラインナップですね!

いくつか気になったモノをピックアップすると、

たとえば「ホテルグランヴィア京都」は、イベントオリジナルパンとして

上賀茂の「すぐきや六郎兵衛」の刻んだすぐきと小松菜ペーストを練り込んだ

「すぐきパン」を販売されるそうです。

上七軒にある「レウココリーネ」は、粒餡入りのクロワッサンに八ッ橋アイスをトッピング。

これは以前、京都いいとこブログでご紹介した

「Ore no Ore」さんとのコラボパンスイーツですね!

——————————————————-
【京都パンフェスティバル 開催概要】
2015年10月17日~18日(雨天決行)
10時~16時
上賀茂神社
入場無料 ※各パンは有料。各店売切しだい終了
https://kanko.city.kyoto.lg.jp/eventdetail.php?event_tab=event&eventid=2676&year=2015&month=10&date=
お問い合わせは京都パンフェスティバル実行委員会事務局(京都新聞COM内)
——————————————————-

パン以外にも、能やいけばな、剣鉾奉納、笠懸神事など

行事やイベントが両日開催されます。

パンと神社がコラボする2日間。要注目ですね!

■上賀茂神社について
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id114.html

京の秋祭は「ずいき祭」から


10月1日~5日は北野天満宮の「ずいき祭」です。

室町時代には行われていたという古いお祭りで、京都の秋祭の先陣を切る祭りといわれています。

———————————————
【祭礼内容】
10月1日 神幸祭(北野天満宮の御祭神が氏子区域を巡行)
10月2日 献茶祭など
10月3日 特殊神饌の奉饌
10月4日 還幸祭(行列の出立は13時~)
10月5日 后宴祭 
———————————————

1日の午前、北野天満宮にて「出御祭」を行い、

午後に神幸祭の行列は所定のルートを通りながら約3時間半かけて御旅所へ向かいます。

出発前の北野天満宮境内には、

巡行に使う鉾や蓋などが出され準備が着々と進んでいます。

水干姿の方々は、おもに海外のゲストから記念撮影を求められていました。

・馬もスタンバイ中

・導山
北野天満宮の末社・猿田彦神社の御祭神が乗って巡行します。
現在は交通安全や方除けの神と信仰され、ずいき祭では、行列を先導していきます。

・御羽車
牛が引くことになる御羽車です。還幸祭のみ巡行します。

・鳳輦
ずいき祭では御祭神を遷した3基の鳳輦が巡行します。
この日は爆弾低気圧が日本列島を覆った日でした。雨対策でビニル。

神幸祭で「御旅所」に到着したらしばらく鳳輦はここで鎮座します。

そして、ともに鎮座するのが、祭りの名の由来でもある「ずいき御輿」です。

ずいきは「里芋のくき」のこと。これで屋根を葺いています。

ほかにも、乾燥した野菜、湯葉、麩、食べ物の種、皮などの作物が使われます。

その年によって御輿の周囲に異なる趣向が施される点も注目ポイント。

2015年はどんな飾りがあったのか一部ご紹介しましょう。

・ひつじのショーン

・ジュラシックパーク

子ども神輿のほうには、、

・妖怪ウォッチ

ほかにも面白い趣向があるんですが、それはぜひ実物を見て楽しんでいただきたい!

御輿周辺では音声ガイドも流れますので勉強になりますよ。

4日の還幸祭までは御旅所でご覧いただけますので、この土日に出かけてみてはいかがでしょうか。

御旅所周辺は車の交通がストップしており、出店が立ち並んでいます。

日中は、子どもたちが授業の一環で見物していたり、

氏子さんたちが屋台を回ったりしています。

そんな「地元のお祭り」という風情も楽しんでいただけると思います。

■北野天満宮について
https://kyoto.graphic.co.jp/spot/details/id205.html

■御旅所について
京都市中京区西大路上ノ下立売通西入ル御輿岡町
市バス「北野中学校前」バス停下車

■2012年のずいき御輿
https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/8170

中秋の名月のあとはスーパームーン


9月27日は中秋の名月ですね。

京都各所でも観月の行事が催されます。

こちらにまとめておりますのでぜひごらんください。

・京都中秋の名月行事2015まとめ
https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/25384

そして2015年9月28日はスーパームーンの日。

1年で最もお月さんがおっきく見える日です。

過去、京都東山に浮かぶスーパームーンを撮影した映像がこちら。

走ってる電車は京阪でしょうか?

動画の後半には京都タワーも見えてきます。

有名店が大集結!第2回 京都肉祭



※写真はイメージです

東京お台場で肉フェスに行った友人の話を聞いて

いいなあと思っていたら京都でも「肉祭」が開催されるとのこと!

京都で人気の精肉店や肉料理店合計11店舗が集結し、

「京都肉」が堪能できます。

※京都肉とは?
http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000187291.html

【参加店舗】
・カフェ&ブラッスリーパリ21区
・京のお肉処 弘
・京のそうざい処 京みづき
・銀閣寺 大西
・すし・あぶり わさび
・ステーキハウス 听
・フレンチ×鉄板 グランテロワール
・三嶋亭
・モリタ屋
・焼肉 家蔵
・蓮華・RENGE
・京都醸造(KYOTO BREWING)
・京都町家麦酒醸造
・丹波ワイン

京都肉だけじゃなく地ビール地ワインもいただける屋台グルメイベントです。

【開催概要】
第2回 京都肉祭
2015年10月3日(土)
11時~16時
京都市役所前広場にて開催
入場無料
※会場内の金券売場で金券を購入するシステムです

http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000187291.html

9月9日は重陽の節句


9月9日はカーネルサンダースおじさんの誕生日!

・・・でもありますが「重陽の節句」です。

桃の節句、端午の節句などに並ぶ五節句のひとつですが、ご存知でしょうか。

奇数(=陽)が重なり、

奇数の数字の中で最も大きな数字であることから「重陽」と呼ぶそうです。

その一方、「菊の節句」とも呼ばれています。

菊の花が咲く季節、その花を用いて長寿祈願することが由来だそうです。

菊といえば、昔から薬草としても知られ、不老長寿のシンボル的存在でもありました。

経文を書いた菊の葉のツユで700年も生きたという

中国の「菊慈童(きくじどう)」伝説というのもあります。

菊慈童は、能の演目にもなっていますね。

また、京都の7月最大の行事「祇園祭」では

菊水鉾という山鉾に「菊慈童」の稚児人形が乗っています。

菊水鉾は「菊慈童」の伝説に着想を得た鉾なんです。

1月7日の人日の節句、3月3日の上巳の節句、5月5日の端午の節句、

7月7日の七夕の節句、そして9月9日の重陽の節句。

一般家庭で何かする機会はあまり見かけないかもしれませんが、

かつては五節句ラストを飾る行事として、一番盛り上がっていたそうですよ。

京都の社寺仏閣でも9月9日、重陽の節句にまつわる行事が行われます。

———————————————————–

■重陽神事と烏相撲/上賀茂神社
神事10時~
立砂前で神事を行い、その後に烏相撲奉納。
菊酒の無料接待有。

■重陽祭/車折神社
祭典13時~
祭典の後半には舞楽奉納。
菊酒の無料接待有。

■重陽祭/市比賣神社
11時~
「いちひめ雅楽会」の雅楽による舞奉納。
特別授与品あり。カード感謝祭も同日。

■重陽の節会/法輪寺(嵐山)
13時~
菊慈童の像をまつり能楽奉納。

———————————————————–

秋の花・菊にまつわる年中行事。

秋の京都の始まりを感じに出かけてみてはいかがでしょうか。

※写真はイメージです

京都中秋の名月行事2015まとめ


2015年の中秋の名月は9月27日。
中秋の名月前後に行われる京都の年中行事をご紹介します。※写真は京都の月見団子

高台寺「秋の夜の観月茶会」

9月11日~27日の金土日 受付17:00~18:00(茶会所要時間約2時間半)
京の夏の旅キャンペーンイベントです。
夜間庭園拝観料込で6000円(点心付)。前日16:00までに要予約。

旧嵯峨御所 大本山大覚寺「観月の夕べ」

9月25日~27日 17:00~20:30分受付終了
大沢池に龍の舟が浮かび、舟上で満月鑑賞。境内に流れる満月法会も迫力があります。模擬店、お茶席あり。

神泉苑「観月祭」

9月26日 18:00~20:30
観月法要後、18時30分頃から船上名月鑑賞(700円/当日券150名限定)。
奉納演奏や庭園の特別無料公開もあります。

妙心寺 退蔵院「観月の夕べと舞妓鑑賞」

9月26-27日 18:00~21:00(参加日の前々日までに要予約9000円)
食事・お茶席・庭園拝観、そして舞妓さんの踊りも鑑賞。

嵐山 渡月橋上流「嵐峡夜船」

9月26-27日 17:00~ (ひとり500円)
月の鑑賞地・大堰川に船を浮かべ、船上よりお月見。乗船時間約20分。

下鴨神社「名月管絃祭」

9月27日 17:30頃~
平安時代の御戸代会(みとしろえ)が起源。橋殿で神事後、琴、管弦、平安貴族舞などを奉納。お茶席あり(1000円予定)。

上賀茂神社「賀茂観月祭」

9月27日 17:30頃~
多数の奉納行事があります。月見団子整理券配布は18時頃~300名限定での用意。

平野神社「名月祭」

9月27日 18:30~
神事後、民謡、舞踊、雅楽の奉納。和菓子付きの抹茶接待(500円)あり。

智積院「観月会」

9月27日 開場17:00/開演18:00
第一部は声明、第二部はクロマチックハーモニカ奏者・徳永延生氏の演奏。
月見弁当・お茶付き。名勝庭園はライトアップも実施。前売券(3700円/宿泊プラン9000円)販売中。
くわしくはこちら

京都府立植物園「名月鑑賞の夕べ」

9月27日 18:30~20:30(再開園は18:00~)
夜の植物園を無料開園。天体望遠鏡による月の観察会やコンサートを予定。

黄檗山萬福寺「月見の煎茶会」

10月3日
煎茶十流派(予定)の茶会で、3席まわることができるそう。前売券は入山券込で3500円。
(当日券は100名限定で入山料別途要)。

8/22と23は六地蔵めぐり


8月22日・23日に、都の入口(旧街道)計6ヵ所の寺に祀られているお地蔵さんを巡拝して、家内安全・無病息災を祈る「六地蔵めぐり」が行われます。
約800年続くといわれている京都の伝統行事で、各寺で授与された6種のお幡(はた)を玄関に吊せば、疫病退散・家内安全・福徳招来といわれています。

6つのお地蔵さんは以下のとおり。

1.奈良街道:大善寺(伏見六地蔵)
伏見区。JR奈良線・京阪電車宇治線「六地蔵」駅が最寄り。

六地蔵めぐりの風習が誕生した場所。平安時代、熱病にかかった小野篁が、冥土での出来事をきっかけに蘇生したのち、一本の桜の木を切り出して6体の地蔵を制作。当時は6体ともここに祀られていたので地名は「六地蔵」。そして後白河法皇の勅命を受けた平清盛が西光法師に命じ、主要街道の入口へ5体を分祀。そうして六地蔵巡りは生まれました。

2.西国街道:浄禅寺(鳥羽地蔵)
南区。市バス「地蔵前」バス停最寄り。

恋塚浄禅寺ともいわれる古刹。

3.丹波街道:地蔵寺(桂地蔵)
西京区。市バス「桂消防署前」バス停最寄り。

お地蔵さんは姉井菩薩とも呼ばれている。

4.周山街道:源光寺(常盤地蔵)
右京区。嵐電北野線「常盤」駅最寄り。

乙子(おとご)地蔵とも呼ばれる。

5.若狭街道:上善寺(鞍馬口地蔵)
北区。地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅最寄り。

深泥池の畔に祀られた時代もあった。

6.東海道:徳林庵(山科地蔵)
山科区。京阪「四ノ宮」駅最寄り。

下鴨納涼古本まつり2015


第28回目を迎えた京都古書研究会による下鴨納涼古本まつり。
8月11日~16日の日程で、下鴨神社の糺の森にて開催されています。
では会場南側(下鴨神社の社殿から遠い方)から見ていきましょう。

古本市には40数店が出店。

一乗寺でおなじみの心配ご無用「萩書房」さんが南端に。
この近くでは、かき氷やフランクフルトなどのテントもあります。

お店によってその品揃えには個性があります。
映画・演劇パンフ、文庫本、美術書、音楽CD、マンガ、学術書、海外文学、仏教、猫本などなど。

絵本や児童書もあるためか、古本まつりは親子連れの姿もよく見かけます。

会場北側には児童書コーナー。児童書コーナーではイベントも実施予定。
12・13・14日(13時~・15時~)は「ちょこれっとの絵本読み語りライブ」。
15日(11時~・14時~)は「街頭紙芝居」。

集印帖もあります!
1000円以上購入の場合、そのお買い上げ店舗でスタンプを押してもらいます。
スタンプの数に応じて、期間中会場内で使える金券がもらえます。
(5個で400円、10個で1000円、20個で2200円、全店制覇で5000円!)

集印帖の用紙には各店舗のコメントがかかれています。
天気を心配するコメントが多いのは、去年の豪雨の経験もあってでしょうか。

持ち帰ることができない重さになったら発送手続き。

会場を抜けて下鴨神社の社殿方面へ向かえば休憩処「さるや」。
カキ氷でいっぷくするのもいいですね。

■下鴨納涼古本まつり
8月11日~16日
10時~17時30分(最終日は16時まで)入場無料
https://twitter.com/koshoken/

お盆を前に西陣のお精霊迎え


京都ではお盆を前に、ご先祖の精霊(おしょらいさん)が道に迷うことなく戻ってこれるようお迎えする行事が行われます。「六道まいり」などと呼ばれますね。ちなみに六道とは、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天上道のこと。各世界で寿命が来たら別の世界へ転生する仕組みだそうです。最初にどこへ行くかは閻魔さまが決めるんだとか。

今回は京都・西陣の「千本釈迦堂」「千本ゑんま堂」の様子をご紹介しましょう。

■千本釈迦堂

おかめ桜が有名な「千本釈迦堂」こと大報恩寺。8月8日~12日・16日に六道まいりが行われます。
お寺に安置されている重文の「六観音菩薩像」の六道信仰に由来するようです。

普段は秘仏のご本尊・釈迦如来像もこの期間は本堂にてご開帳。
釈迦如来像の手には布が結ばれ、迎え鐘とつながっています。

境内にはかわいらしいイラスト入りの灯篭が奉納されており、日暮れ頃にはほんのり灯り。

お迎えしたおしょらいさんをお送りする精霊送りは16日。当日は境内で「手づくり市」も実施。
千本釈迦堂は上七軒や北野天満宮が近所。一緒に巡ってみてはいかがでしょうか。

・千本釈迦堂
http://www.daihoonji.com/

■千本ゑんま堂

ご本尊・閻魔法王が有名な「千本ゑんま堂」こと引接寺。
おしょらいさんが、ゑんま様の許しを得て帰ってくるといいます。

閻魔法王像が祀られている本堂前の線香の煙で塔婆を清めたのちに
本堂奥の「お塔婆流し」へ。

多数のお地蔵さんが並ぶ前には川のように水が流れており、
拝観時は噴水のように水が吹きあげていることもあって
そのミストが幻想的な風景を作り出していました。
この世とあの世の境目のような雰囲気で厳かな心地になりました。

「お塔婆流し」に決まった作法はないようですが、
塔婆の足元に3回かけ水、杓の上に乗せて想いとともに浮かべ流すと良いそうです。

この「水供養」のあとは、境内の迎え鐘をついて「鐘供養」。
千本ゑんま堂の梵鐘には南北朝時代の者と分かる刻銘があるそうです。

14日には千本六斎念仏(19時頃~)の奉納も。そして16日はお精霊送り 。

なお8月15・16日は十王図の「絵解き」も開催。十王とは亡くなった人が冥界で出会う十人の王のこと。

千本ゑんま堂がある付近は「上千本商店街」といって昔ながらの商店が並んでいます。
ぶらりと歩いてみるのもおすすめです。

・千本ゑんま堂
http://yenmado.blogspot.jp/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る