京都いいとこブログ > 大学生がつくった京都ツアー > 【第5回】京都の女子大学生考案!大原 癒しの母娘たび(全5回)

【第5回】京都の女子大学生考案!大原 癒しの母娘たび(全5回)


■おいしい旬のものと音の癒し

こんにちは!
京都光華女子大学の坂本です。

前回までは古民家レストランでランチを楽しみ、
和紙づくり体験や三千院などの寺院拝観を紹介しました。
たっぷり大原を散策したあとは、大原の宿でゆっくりしていきませんか?

そんなわけで京都大原でのおすすめ宿と、その翌日にぜひ行ってほしい場所をご紹介いたします。

7 温泉と食での癒し「魚山園」

私たちのおすすめする宿は「魚山園」です。
ここは、天然温泉と旬のお料理で体と心を癒せるところです。
また、中庭や月見台もあるので自然も楽しめます。
お部屋は、和室と和洋室のどちらかが選択可能。

さてさて、本題の天然温泉ですが、魚山園では岩風呂・檜風呂・露天風呂とあり、
地下830mより湧出した弱アルカリ性単純温泉で、効果は肩こりや疲労回復です。
弱アルカリ性単純温泉とは、肌触りが柔らかく癖のない温泉のこと。
母と娘でゆっくりと入るのがおすすめですよ。

次は、お料理です。

晩ご飯のおすすめというと、4月の京都では、筍をぜひ食べていただきたい。
「筍づくし」を食べて、母娘での会話を楽しみながら一日を終えるのはいかがでしょうか。

▼魚山園
http://www.gyozanen.com/

8 滝の音が無い!?「音無の滝」

宿でゆっくり休んだ翌日には、魚山園からさらに山奥にある「音無(おとなし)の滝」へ。

ひたすら自然の中を歩いて行くので、母と娘の絆をもっと深めるべく
会話を楽しみながらゆっくりと山を登っていってはいかがでしょうか。
自然の中なら、普段できない会話なんかもできるかも。

宿泊先の魚山園から徒歩約15分のところに滝はあります。
滝の名前は、昔、高僧が滝の前で声明の修業をしていた時、
滝の音と声明の声が調和しあい、滝の音が消えて、
声明の声のみが聞こえるようになった…という故事に由来します。

登ったときの達成感はとても気持ちの良いものでした。
日頃抱えている悩みや迷い…
そんなモヤモヤとしていた気持ちをきっと解放してくれますよ。

ぜひ母と娘で、心地良い達成感を味わってみてくださいね。

これからの大原は新緑のきれいな季節へと移り変わっていきます。
ゆっくり歩いて散策するには、最高のシーズン♪
母と娘でどこかに行こうかと思っている方も、最近一緒に出かけていないという方も、
今回ご紹介した内容を参考に、京都・大原へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

(坂本)

第1回第2回第3回第4回第5回

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る