京都いいとこブログ > 京都の洋食 > 妖怪コロッケシリーズ

妖怪コロッケシリーズ


梅の開花でにぎわう北野天満宮の南側。平安京の時代、夜の一条通を妖怪たちが練り歩いたという「百鬼夜行」の伝説から「一条妖怪ストリート」と呼ばれている商店街「大将軍商店街」があります。

その妖怪ストリートにちなんだ名物をつくるのが、創業50年をこえる「山田コロッケ店」。

名物は竹墨を使った衣の中には抹茶を混ぜ込んだじゃがいもという「妖怪コロッケ」。

さらには、中がピリ辛キムチという【妖怪コロッケ「怒り」】、チーズ入りカレー風味でAKB48 Team 8 が名付け親という【妖怪コロッケ8(エイト)】とシリーズ化しています。

コロッケはこばらがすいたときにもぴったりですよね。散策のおともにいかがでしょうか。

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る