京都いいとこブログ > 京都の行事 > 祇園祭

「祇園祭」一覧

(全119 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

【祇園祭2015】前祭 宵山レポート


7月15日の宵山風情をお届けします。
行けなかった方はこれで見た気・食べた気になっていただけたらと・・。
また来年以降の参考にもしていただけたらと思います。

■歩行者の一方通行

まずは、宵山時の一方通行情報がほしい!という声を複数いただいたので
以下に説明させていただきます。手描きクオリティですみません。

前祭宵山。歩行者天国になってからも混雑緩和のため一方通行が行われます。
上画像のピンクラインは、一方通行規制になりやすい通りです。

・室町通 北向き一通(地図で見れば上方向へ一通)
・新町通 南向き一通(地図で見れば下方向へ一通)
・錦小路通 室町通から烏丸通方面 東向き一通(=烏丸通から侵入できない!)
・錦小路通 室町通から新町通方面 西向き一通

あとは状況に応じて
・蛸薬師通(水色の道)
・綾小路通

などに一方通行の規制が発生します。

考え方としては
「室町通」が軸となっており、
烏丸通へ人を逃そうとしている動きになります。

一方通行は、その時の状況に応じて
関係各所が協議の上決定しているそうです。
よってここに記していることは決定事項とはいいがたく、
状況に応じて一方通行される通りは
増えたり方向が変わったりする場合もあるかと思います。
その点ご了承の上、あくまで参考としてご覧ください。

・人が多い時は烏丸通からヨコに進入できないかも
・室町通と新町通の一方通行はほぼ確実
・東西(ヨコ)の通りに一方通行が発生する時は室町通が軸になる

この3つを心づもりとしておけば、安心かもです。
地図は来年に向けて書き直します…////

■祇園祭 宵山の風景

四条通 月鉾から函谷鉾方面へ

月鉾 山鉾上には囃子方

孟宗山 会所かざり さすが山一番、粽売り切れでした

菊水鉾搭乗を楽しむ様子

綾傘鉾のちまき。町内の大原神社(会所飾りの場でもある)のお守りもついていますね。

綾傘鉾。「傘鉾」は現在の山鉾の形態が完成するよりも以前の古い形として貴重。

菊水鉾のお守りストラップ。可愛いですね。

■宵山グルメ

酒菜食房いちの「はもかつバーガー」。柴漬けタルタルは要or不要を聞いてくれます。
ハモはクセがなくあっさりとしていますが濃厚ソースたっぷりでとてもジャンキー!

永楽屋室町店には「みかさ」に鯉山の焼印。
鯉山は後祭に登場しますが、町内の永楽屋さんでは、
「水あずき」をはじめ宵山フードが楽しめます。

西洞院通の三井ガーデンホテル京都四条前付近で
「美山」グルメが味わえるテントを発見。
とうもろこしや鮎の塩焼き、鹿コロッケなどがある中カレーパンを発見。
一見ふつうのカレーパンですが…

牛乳のまろやかな味わいが楽しめるホワイトカレー「美山牛乳カレー」が
サクサクっと揚がったカレーパンになっています!
美山牛乳カレーについてはこちら

カレーパン後にデザート「美山牛乳ジェラート」は最高のコンビネーション。
ミルクと黒豆にしました。
美山牛乳ジェラートは京都市内だと「イオンモール京都桂川」でもいただけます。

■こんな風景も

祭礼時の標識

烏丸御池にオープンしたNHK京都は15/16日と21時まで開館。
祇園祭山鉾懸装品(けそうひん)に関するパネル展示が行われていました。
BIGどーもくんもお祭り仕様。祇園祭を楽しんでいるようです。

14・15日は夕空がきれいでしたね。

帰路、烏丸は混雑しているので四条大宮まで歩いて電車に乗ります。
大宮に限らず、桂や西院などに車を止めて電車で現地に向かう方多いですよね。
間違っても堀川~河原町~高辻~御池あたりは車で近づいてはなりません。
どこからどう入ったのか分かりませんが右往左往している県外ナンバーの方
いらっしゃいました…

四条大宮のバスプールあたりでは15日に開催されているおなじみの屋台とステージ。
ちょうど和太鼓の演奏中でした。

嵐電で西院へ。西院駅到着時の風景。

▼京都いいとこフォト
https://instagram.com/kyoto_iitoko/

▼京都いいとこウェブの祇園祭情報
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme3/index.html
(※リンク先・・素夢子古茶家の屋台は2015年15・16日実施)

祇園祭の見どころ、鉾が立ち上がる瞬間


前祭では10日~13日頃、後祭では17~21日頃。
祇園祭の山鉾巡行に向けて「山鉾建て」が行われます。

背の高い鉾や曳山に関しては、横に倒した状態で組み立てたのちに、
クレーンやワイヤーウインチを使って、鉾を立たせます。
鉾が建つ瞬間というのは、「山鉾建て」見物の醍醐味のひとつといえます。

前祭では月鉾さんを見学しました。月鉾ではワイヤーを使います。

▼横たわっている山鉾

榊の周辺で関係者が神事を行ったのち、
音頭取りが扇子片手に山鉾の胴体部分にのって威勢よく掛け声。

この声に合わせて山鉾の前後に設置したウインチのハンドルを全速力で左右にうごかします。
人員は時折すばやく交代。これは重労働です。

後祭りでは、「北観音山」「南観音山」で見られる光景ですが
「南観音山」では綱を使いなんと人力で行うところが見どころ。

▼山鉾町マップ&祇園祭スケジュール表
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

【祇園祭2015】台風11号にともなう祇園祭関連情報まとめ


祇園祭前祭山鉾巡行は、予定通り実施されるとのこと!

山鉾巡行と神幸祭などに関する交通規制
https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/24307

今年の山鉾巡行順
https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/24254

山鉾巡行ルートマップ
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

神幸祭 ルートマップ

※17時の段階で暴風警報の場合:神輿渡御 出発式(差し上げ)は中止されるそうです。
※ 東大路通の交通規制実施中の17時50分~18時50分の間に暴風警報が解除された場合:
3基の神輿は順に出発。当初のコースで御旅所へ向かわれます。
※18時50分〜も警報解除されない場合:20時以降、四条通の交通規制がある間に、
3基の神輿は通常ルートとは異なり四条通から御旅所へと直行されます。(天候の様子は伺いながら)
※参考
http://kyoto-np.jp/sightseeing/article/20150716000169

■7月16日(木)
八坂神社 石段下四条通での宵宮神賑奉納行事は中止

■7月17日(金)
基本的に悪天候でも雨除けビニルをかぶせて実施されるのが山鉾巡行ですが、
山鉾巡行当日7月17日午前5時30分時点の気象情報をもとに、
判断されるそうです。どんな結論が出ようとも観客の方無理されぬよう…。

【発表場所】
7月17日早朝(午前5時30分以降)
京都市観光協会Facebook
京都市観光協会Twitter
京都市観光協会ホームページ
京都観光Navi

※随時更新します

【祇園祭2015】鉾建てスタート


7月10日、鉾建てが本日からスタートしました。
くぎを使わず、専門の大工方によって「縄がらみ」という伝統手法で組み立てられます。
美しい縄模様や鉾が横たわっている姿…必見です。

ほかにも7月10日には、祇園祭に関する神事が複数執り行われます。

神用水清祓式」7/10 10時~

四条大橋上で祇園祭のときに町を渡御する神輿を
鴨川の水で洗い清める儀式です。
過去レポはこちらhttps://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/11864

お迎提灯」7/10 16時30分~

同日に行われる神輿洗の神輿を迎える総勢500名ほどの提灯行列。
八坂神社~河原町通~市役所間を練り歩きます。神社帰着時と市役所前では舞踊奉納も。

神輿洗」7/10 (28日も実施)

大松明が四条通をゆく、熱気あふれる神事。祭典は18時~。
四条大橋上での神輿洗は19時30分頃。四条通近くの床からも見れるかも。
過去レポはこちらhttps://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/7482

同時に、祇園祭にまつわる交通規制もはじまりました!
https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/24307

京都いいとこマップ7-8月号京都いいとこウェブにも
祇園祭情報掲載中です!

ちなみに、コスプレしている「いいとこマップくん」には、
西院にある「京都いいとこギャラリー」で出会えます。
祇園祭山鉾町の最寄り駅である阪急京都線「烏丸」駅から梅田方面へふた駅目の「西院」駅が最寄り!
こちらにもぜひ遊びにきてください!

【祇園祭2015】気を付けよう、祇園祭交通規制デイズ!


祇園祭…それは京都の町なかが交通規制にかかる日々がやってくるということ…。
それがいよいよ明日7月10日から本格的に始まります。

規制があるのは山鉾巡行や宵山だけではありませんし、
車を運転される方だけが気を付けていればいいということではありません。
お祭りに行く人も行かない人も、祇園祭の交通規制をチェックしておきましょう!

まずは祇園祭の日程を確認

https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/

交通規制がかかる日程(ベージュ文字クリックで規制マップが見られます)

※室町通、新町通の各通りが日替わりで北方向、南方向への一方通行となります。
東西の通りも規制がかかることがあるのでご注意ください。

10日
前祭の山鉾町周辺 
お迎提灯・神輿洗(八坂神社~四条河原町・御池周辺)

11日
前祭の山鉾町周辺

12日
前祭の山鉾町周辺
前祭の曳き初め(長刀鉾と函谷鉾周辺)

13日
前祭の山鉾町周辺(曳初めもあります)
稚児社参(四条通の烏丸~東大路区間)

14日
前祭の山鉾町周辺
稚児提灯行列(四条通の烏丸~東大路区間)

15日
前祭の山鉾町周辺
前祭の宵山(歩行者道路あり)

16日
前祭の山鉾町周辺
前祭の宵山(歩行者道路あり)

17日
前祭の山鉾町周辺
前祭 山鉾巡行にともなう規制
神幸祭 神輿渡御にともなう規制
開智子供神輿・豊園社御真榊建
後祭の山鉾町周辺

18日
前祭の山鉾町周辺
後祭の山鉾町周辺

19日
後祭の山鉾町周辺

20日
後祭の山鉾町周辺

21日
後祭の宵山

22日
後祭の宵山

23日
後祭の宵山

24日
後祭 山鉾巡行にともなう規制
後祭の山鉾町周辺
還幸祭 御輿渡御にともなう規制

25日
後祭の山鉾町周辺

28日
神輿洗(八坂神社~四条河原町周辺)

陥りやすい交通規制トラップ

・山鉾巡行の完全封鎖で立ち往生する自転車
山鉾巡行の日にうっかり自転車で新町~河原町~御池~四条の中に来てしまったあなた。
時間によっては、この四角の陣営の中から出られなくなることがあります。
四条にいっても、御池にいっても、河原町にいっても、新町にいっても、山鉾が通過しているからです。
東西南北、どこに行けばいいの…立ち往生する自転車を何度も目撃してきました。
巡行の日に、この界隈に用事があるのであれば、自転車をおいて移動するのがベターでしょう。

公共交通機関の対応

▼市バス経路変更情報
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000184907.html

▼京都バス経路変更情報
http://www.kyotobus.jp/news/2015/07/post-59.html

▼阪急電車臨時便情報(7/15と16)
http://www.hankyu.co.jp/topics/details/395.html

宵山・山鉾巡行に役立つ祇園祭マップ

https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

※随時更新いたします

【祇園祭2015】今年の山鉾巡行順決定!


山鉾巡行順を決める「くじ取り式」が市役所にて行われました。
かつて、巡行の際の先陣争いが絶えなかったために
明応9年(1500年)より始まったといわれています。

一番になった山は「山一番」と呼ばれ
縁起が良いということで注目を集めたりもします。
※一部くじを引かない山鉾もあります。くじ取らずといいます。

さて気になる2015年の山鉾巡行順は…??

【前祭 山鉾巡行】(7/17)


1 長刀鉾
2 孟宗山(山一番/写真は宵山の町会所の提灯)
3 芦刈山
4 伯牙山
5 函谷鉾
6 油天神山
7 四条傘鉾
8 占出山
9 月鉾
10 蟷螂山
11 木賊山
12 山伏山
13 菊水鉾
14 郭巨山
15 綾傘鉾
16 太子山
17 鶏鉾
18 白楽天山
19 保昌山
20 霰天神山
21 放下鉾
22 岩戸山
23 船鉾

【後祭 山鉾巡行】(7/24)


1 橋弁慶山
2 北観音山
3 役行者山(山一番/上写真のしましま装束が役行者山)
4 八幡山
5 鈴鹿山
6 南観音山
7 鯉山
8 黒主山
9 浄妙山
10 大船鉾

ちなみに、前祭の山鉾巡行の「くじ改め」は麩屋町四条付近で、
後祭の山鉾巡行の「くじ改め」は寺町御池付近で行われます。

それぞれの巡行ルートマップおよび、山鉾が建てられる位置は
京都いいとこウェブの祇園祭特集をごらんください。
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

大船鉾展示中


本日6/9から祇園祭の後祭山鉾巡行 有料観覧席の販売が始まりました

後祭といえば、昨年復興を果たした「大船鉾」が大きな話題となりましたね。
山鉾巡行を迎えるまで、徐々に復興してゆく大船鉾の木組が
京都駅前のヨドバシビル1Fに展示されていました。
そちらに現在、大船鉾の屋根部分が展示されています。

休み山の復興といえば、「2026年」の復興を目指すべく
一般財団法人「鷹山保存会」が今年設立されました。
また、布袋山も居祭を宵山期間に実施されています。

今後も休み山の動向に目が離せません。

▼祇園祭2015
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/

【祇園祭2014】後祭 山鉾巡行レポート


祇園祭2014、後祭山鉾巡行&花傘巡行レポートです。

出発前の大船鉾周辺は、撮影陣は多いものの、関係者の雰囲気はとても和やかな印象でした。

円陣を組むメンバーも!頑張ってと背中にエール。

まずはスタート地点の御池通へ向かうべく新町通を北上します。
それが朝8時過ぎのことでした。

出発前の鈴鹿山、記念撮影風景。

御池通にぞろぞろと集まる後祭巡行の10基の山鉾。
役行者山は山伏が吹く法螺貝の音とともに御池通へ進み出ました。

時々黒い箱を手にしている人が。

これは「くじ改め」のときに使います。
前祭では四条堺町あたりで行いますが、後祭では寺町御池あたりで実施。
お奉行様役の京都市長が、山鉾の順番を確認する儀式です。
独特な所作に見物客が注目します。

山鉾が進むときに、車輪のそばについて鉾がまっすぐ進むよう調整したり、
辻廻し(角を曲がる際の方向転換)で使う竹を敷いたりする人を「車方」と呼びます。

職人さんってかっこいいですよね!
個人的に「チーム車輪」と心の中で呼んでいて、いつもひそかに応援しています。
ただのファンです。

車方のほかにも、曳き手(山の場合、舁き手)、屋根方、囃子方、音頭取りなど
いろんな役割を担った人が山鉾とともに巡行しているんですよ。

9時半になると先頭の橋弁慶山より順次スタート。
大船鉾もいってらっしゃい!

河原町通を山鉾が進んでいる頃、寺町通を進んでいたのは「花傘巡行」。

元々、前祭・後祭と分かれていた山鉾巡行が17日に統合されたのは昭和41年のこと。
その際に、後祭の伝統を継承するべく始まったのが花傘巡行でした。
そして平成26年、後祭が復活するにあたり、
花傘巡行はどうなるんだろうと心配されていましたが、
同じ日に若干ルートを変えて行われることになりました。

和太鼓、祇園囃子、舞妓さん、馬に乗ったお稚児さん…大変にぎやかな行列です。

四条河原町付近は大変な賑わいでした。
前祭巡行より人が多かったように思ったんですが実際どうだったのでしょう。
写真は木屋町通側より撮影。辻廻し中の大船鉾。

このあと山鉾は四条烏丸方面へと進み、各山鉾町へ帰っていきます。
曳き手さんの顔には大粒の汗。がんばれ!あと少し!!

ちなみに、北観音山や南観音山の後ろ側についている柳は、
巡行後、厄除けの柳として受け取る人で賑わいます。

そうこうしているうちに新町四条に帰ってきた大船鉾。

山鉾町に山鉾が戻ってくると(もしくは祇園囃子が終わると)
拍手で出迎えられ、337拍子で巡行が締めくくられます。
巡行が終わるとすぐ交通規制が解除されるんですが、
今年復活した大船鉾への注目度は高く、なかなか見物客が引かなかったですね。

さあ、24日の夜は還幸祭です。3基の神輿が京都の町に現れます。
京阪祇園四条駅あたりや、四条・三条通などは混雑したり、交通規制も行われると思います。

周辺にご帰宅の方、お仕事の方、ご注意ください。
また祇園祭にお越しの旅行者さんはぜひ祇園祭のメイン神事、神輿渡御にご注目ください。

▼今後の祇園祭の日程について
https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/18109

▼150年ぶりの復活・大船鉾について
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme4/index.html

▼祇園祭について(歴史など)
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme1/index.html

【祇園祭2014】今後の祇園祭の日程


いよいよ、祇園祭も終盤のハイライトをむかえようとしています。
主なスケジュールをご紹介。学校や仕事終わりに行けるのもあるかも?

7月23日

▼護摩焚き(役行者山)
修験道にゆかりある山鉾町を聖護院の山伏が回ります。役行者山前では護摩焚き(14時~)。

オハケ清祓式(八坂神社御供社(又旅社))
※過去のレポートhttps://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/12200

▼日和神楽
後祭を巡行する各山鉾町の囃子方が演奏をしながら御旅所と各町会所を往復。
巡行の晴天を祈願します。

7月24日

▼山鉾巡行・後祭巡行
9時半に烏丸御池を出発。17日の前祭巡行とは逆コースを10基の山鉾が進みます。

▼花傘巡行(八坂神社〜市役所)
10時八坂神社出発。総勢約1000人による巡行。

還幸祭(四条御旅所〜八坂神社)
17時四条御旅所出発。3基の神輿が各所定のルートを通り八坂神社へと戻ります。
※過去のレポートhttps://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/7326

7月28日

神用水清祓式 (四条大橋)
※過去のレポートhttps://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/11864

神輿洗式(八坂神社〜四条大橋)
鴨川の水で神輿を清める神事。四条大橋上の神輿洗は20時頃。
※過去のレポートhttps://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/7482

7月31日

▼疫神社夏越祭(八坂神社内の疫神社)
神事10時~。茅の輪をくぐって厄払い。神事後は一般客もくぐることが可能。

【祇園祭2014】後祭宵山&宵山グルメレポート


7月21日から後祭りの宵山が始まりました。
歩きにくいというほどではありませんが、多くの人でにぎわっていました。
後祭りの10基の山鉾を巡る集印をしている人も多かったです。
21日は昼間は長蛇の列でしたが、夜はそんなに並ばなくとも朱印をいただくことができました。

屏風をはじめ、美術品や調度品などを飾り、通りから鑑賞できるようにしている屏風祭。
これも後祭ではゆっくり拝見できますね。

そして気になる宵山グルメ、。後祭りではエコ屋台村(17時~22時)が全4か所に登場。
会場は、京都芸術センターのグラウンド(さばずし、やきそばなど)、宮井ふろしき前(室町通六角下ル/うどんなど)、丸池藤井(室町通蛸薬師東入ル/)、山音株式会社(三条通室町西入ル/お揚げサンド、蛸ぼうずさんのたこ焼)

一部店舗は店頭にてビールなどを販売。たとえばWhat’sさんはジャンボフランク。

宵山は23日まで。

祇園祭今後の日程と散策マップはこちら
https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る