京都いいとこブログ > 京都のお酒・酒場・つまみ > 京都の蔵之介さんとこのお酒

京都の蔵之介さんとこのお酒


はじめまして!日本酒・ワイン・ウイスキー・マッコリ…呑むことが大好きな、
おたかです。
ワタクシ担当の回では、主に
京都のお酒紹介やお酒に合う京都の食べ物(おつまみ)、そして酒場巡り
の日記を公開します!
第一回目のお酒は、あの佐々木酒造さんのお酒。
すでに有名な酒蔵だと思うんですが、改めましてご紹介しますと。
こちらのお店、洛中で酒造りをしている「とある有名人」のご実家なのです!!
ブログタイトルで気付いた方、いらっしゃいますよね?
そのあの方です。名前にも「蔵」の字が入っています(^^)
佐々木酒造さんは、
「明治26年から一貫して、手づくりで地酒をつくり続けている蔵元。銘酒を生み出すためのこだわりのひとつは、水。千利休が茶の湯にも使ったといわれる「金明水・銀明水」を仕込み水に使っています。」(京都いいとこマップWEBより一部抜粋)
と、お店を紹介したところで、一献。
佐々木酒造 古都
純米吟醸「古都」
古道具屋さんで購入したおちょこでいただきました。
お味はというと、
純米にふさわしいお米の味わい、ふくいくたる香り、酔えば京の古い町並みを
思い出す時間にひたれる…
口当たりもまろやかで、「古都」の名の通りはんなりとした京都情緒を感じる
そんなお酒です。
ラベルにも注目!
京都 097
この「古都」、なんとかの文豪・川端康成がお気に召されて小説「古都」の題名とともに揮毫までされたとか。
食事の味わいを壊さない、今の時期ならお鍋にもあう日本酒です。
お取り寄せや京都の各百貨店での販売情報などは、佐々木酒造さんのHPで!

関連記事

 人気記事ベスト5

いいとこ動画 Stories and Short Videos

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る