京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ > 京都の洋食

「京都の洋食」一覧

(全35 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

下鴨の洋食&ワインの店


2014年の6月に下鴨でオープンされた洋食とワインのお店 「浅井食堂」にいってきました。

最寄りバス停は「下鴨神社前」。
北大路方面行の「下鴨神社前」バス停から北(左車線の車の進行方向と同じ)へ歩き、
ローソンを通り過ぎたら左折(右手の横断歩道を渡れば下鴨神社)。
昭和を感じる美容院や写真館を通り過ぎ右手に煉瓦造りの建物が見えたら、そこが「浅井食堂」です。
内観もどこかレトロで落ち着いた雰囲気。カウンターとテーブル席があります。

店主がソムリエだそうで、店内の黒板にはワインリスト。
人気は、淡路島産の玉ねぎをたっぷり使ったソースのかかるハンバーグ。
このハンバーグを主としたメニューに加え、パスタやピザ、ステーキ、アラカルトが揃います。

この日のランチにいただいたのは「ハンバーグとエビフライ」(ランチ・1400円)。
このセットの場合、ハンバーグは130g。海老フライは天然海老を使っているようです。
パンorライス/珈琲or紅茶orグラスワイン。

ハンバーグは、肉汁ぶしゃ~のやわらか系というよりも
肉の旨みをギュッと丸め込んだ弾力あるハンバーグ。

シチューソースやタルタルソース含め、味わいはしっかりしているのにクドくない。
あっさり・優しいという表現とも違う、絶妙な濃さでした。
付け合わせのポテトサラダもシンプルな味付けでソースと絡めても美味。
食べ終わった後も、胃が重いわ~みたいなことになりませんでした。
このままデザートもペロッといけるんじゃないかと思ったほど。

実際「浅井食堂」はデザートメニューも豊富。
たとえば、自家製ジャムやアイス、ホイップをたっぷり添えた「下鴨ワッフル」。
サイズも選べるようです。

周辺には、木下珈琲店やナカガワ小麦店、京のおじゃこふみ屋に下鴨デリ、
加茂みたらし茶屋にラマルティーヌなどなど、地元民に親しまれるお店ぞろい。
下鴨神社や出町柳かいわいを散策する際は、何食べようか何を買おうか
財布のひもがゆるゆるになっちゃいますね。

烏丸御池で大人のハンバーグランチ


室町三条下ったところにある「ビストロセプト」でランチ。
縦長い店内は、オープンキッチンで、手前がカウンター、奥にテーブル。
広々とした店内で、おひとりさまも過ごしやすそう。

「大人の極上ハンバーグ」をオーダーしました。
内容は
・たっぷり野菜サラダor具だくさん野菜のスープ
・ハンバーグ(じゃがいものピューレ付)
・白米or玄米
・紅茶or珈琲

というかんじです。
サラダを選択。どれくらいたっぷりなのだろうとワクワクしていたら…
想像以上Σ(・口・)思わず真横からパシャリ。

彩りもとってもきれい。野菜は契約農家があるようです。

ハンバーグは、やわらかいタイプではなく「肉」がぎゅぎゅっとつまった感じ。
俵系の形で、つなぎを使っていないそうですね。肉肉しいです。

見るからに濃厚なデミグラスソースはくどくなく。
添えられたバターたっぷりのとろとろじゃがいもピューレもおいしい。
食べながらワインが飲みたくなりました。さすが大人のハンバーグ。

パスタやポークジンジャーなどのセットもあります。
烏丸御池駅あたりでのお買い物時や祇園祭、
六角堂にお越しの際などに立ち寄ってみては?

にんじんのエビフライ


洋食店「グリルにんじん」のエビフライ…のことでした(笑)
一乗寺方面に行かれる方はぜひ~。駐車場ありますよ!

河原町丸太町のキッチンゴンでランチ


撮影帰り、編集長とフォトグラファーのしみこー兄さんで「キッチン・ゴン」へ。
キッチン・ゴンは、「ピネライス」というトルコライスのようなオリジナルメニューが名物。

写真はミニピネセット。

ミニピネとフライ1品、サラダ・スープ付き。
ミニピネはチャーハン+かつ+カレーのコンビネーションです。

こちらは、2日連続でピネライスを食べることになったしみこー兄さんのチョイス。
ハンバーグ+フライ1品に、味噌汁、漬物、ワンピネライス(白ごはんも選択可)。

ちなみに、ピネライスの基本は、チャーハン+カツ(豚or牛)+カレーです。
デミソースが選べたり、量もいろいろ選べたりするのがありがたいですね。

編集部の企画・編集総括Yさんがいうには「ビフカツもうまい」とのこと。
今度はビフカツが食べたいなあ

教えたくない京都・上賀茂の洋食屋さん


私が上賀茂エリアに住んでいた頃、昼夜問わず通った洋食屋があります。
地元の会社員や家族連れ、タクシーの運転手さん、学生が通うような場所。
名前は伏せますが、場所のヒントとしては、
上賀茂神社方面より大田神社の方へ歩いていき、
大田神社へ行くための道を曲がらずずっとまっすぐ行く…です。

いつも食べるのは「チキンカツ」(650円)。
ライス、味噌汁、サラダ(ポテトサラダ付き)、漬物、おばんざい。

けっこうボリュームがあるんですが、衣は思いのほかさっくり軽い仕上がり。

食べきれないかもと思われたら、ライス少なめ必須。

西陣の町家でランチ


以前寺ノ内通に新しい町家レストランがオープンするよっていう話をさせていただきましたが
その「シュシュファボリ」さんへランチタイムに伺いました。

洋食をベースにした京町家のカフェ。元米屋さんという町家を改装し、
店内は「うなぎの寝床」を活かしたようなつくりになっています。
ランチはおそらく週替わりの「きょうのおひるごはん」と「おすすめパスタ」(各900円台~)。
そして熱々の鉄板で運ばれてくるハンバーグなどの洋食メニューも揃っています。
わたしは魚のフライ(850円)をオーダー。スープとたっぷりサラダ付き。
魚の種類は仕入れ状況で変わるそうです。

 

このあとデザートもいただきました。ごちそうさまでした♪

よねむらシェフがプロデュースしたランチメニュー


八坂神社近く「レストランよねむら」のオーナシェフ・米村さんが
メニューをプロデュースしたというレストラン「ラクーオ」にいってきました。
松原通寺町西入ル、建物の2階が店舗です。
ランチは1500円~で、2500円のコースを選択。

オードブル盛り合わせ(5種)/スープ(さつまいも)
 

メイン(5種類ほどの中から好きなものを2種選択)写真は海老フライと魚のポワレ

カレー(ご飯・漬物も選べます)らっきょ添え/デザート(カタラーナ)珈琲or紅茶
 

北山の洋食店「パセリ」


目の前は畑という北山の立地にある洋食カフェ「和蘭芹(パセリ)」。
撮影ロケ時のランチ休憩に立ち寄りました。駐車場があるので便利なんです。
北山マダムや子連れグループ、学生カップル、ファミリーなど
さまざまなグループ層でにぎわっていました。

見た目は和風モダン。中は天井が高く開放感ある空間でのテーブル席。

ランチはサラダランチ、パスタランチ、ハンバーグランチなどがあります。
これはパスタランチ。

スープとサラダ付き。

こちらはハンバーグランチ。

新鮮野菜と自家製パンの洛北レストラン


叡山電車「八幡前駅」近くにあるレストラン「MONTA」にランチへいってきました。

木のぬくもり感じるレストランです。ランチは1000円~。
選んだのはとろとろオムライス(サラダ付き)。
自家製パンのお店なのでパンがつくやつにしようかと思ったんですが、
「とろとろ」がね、食べたい気分だったのです。

▽オムライス 本当にとろとろでした~

▽赤カブのサラダ 野菜は大原の自家製野菜。

上賀茂の手づくり市にも出店されているお店です。
店頭でパンも購入できるんですが、この日は予約分で完売とのことでした。

見た目はオムライスですが…


東洞院通仏光寺の「サフランサフラン」でランチ。
1階はカウンター、2階はテーブル。全席禁煙ですが、
店舗の裏口あたりに喫煙スペースが設けられているお店です。
女性グループから商談していたのであろうサラリーマンなどなど客層はさまざま。
本日のランチ(840円)のメインディッシュはとんかつ。
お惣菜もついているのでうれしいセットなんですが
どうもこの日はハンバーグ気分だったのでこちらを選びました。

ってオムライスやん!と突っ込みたくなるビジュアルですが、はいドン!

中にハンバーグが隠れていました~
「トロ玉ハンバーグ」というメニューです。

このデミグラスとたまごをですね~セットのご飯と一緒に食べるとこれがまたおいしくて!
って、結局ハンバーグとオムライスを一緒に楽しめるお得気分な「トロ玉ハンバーグ」。
具の大きい豚汁もおいしかったです。ごちそうさまでした。

【ゆきち】

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る