Monthly Feature 11 嵯峨・嵐山の甘味処・食事処

嵯峨・嵐山の甘味処・食事処

京都を代表する紅葉名所「嵯峨・嵐山」エリア。今回は紅葉散策の途中にいっぷくしたいカフェをご紹介します。あの国民的歌手ゆかりの場所から、銭湯をリノベーションしたカフェなど個性豊かなおすすめ店が勢ぞろい。ぜひお立ち寄りください。

豆腐料理 松ヶ枝 そば処監修のとうふランチ

京のそば処「嵐山 よしむら」が監修。画家・川村曼舟の邸宅を改築した趣きある店内で、厳選されたそばの実とまろやかな豆乳を生かした料理をいただけます。人気コースの『雅』でひときわ目を引くのが、2色の市松模様が美しい湯どうふ。そばの実を用いたもっちりした食感と、宇治の抹茶が香るつるんとしたのどこしを楽しめます。お好みで特製の豆乳ダレや醤油ダレにつけてどうぞ。

【スポット情報を見る】

café de salan カフェドサラン 癒しカフェで京野菜ランチ

嵐山のシンボル・渡月橋の北側にあるのが、京みやげを扱っている「憧屋」。その2階にある「café de salan」のおすすめは、産地にこだわった旬の京野菜メニュー。定番は『京野菜カレーセット』。カレーには卵や肉を一切使っておらず、月替わりで産地にこだわった旬の京野菜が味わえます。また、南向きの窓からは渡月橋一帯の眺めを一望。京都の魅力がつまった景色や料理でくつろいでみては。

【スポット情報を見る】

eX café 嵐山の隠れ家的人気カフェ

嵐山のみやげ店が並ぶメインストリートの外れにある人気カフェ。住宅だった豪邸の間取りや建材を残して改装し、和風の落ち着いた空間をつくっています。メニューには和素材のパフェや竹炭を混ぜ込んだ『京黒ロール くろまる』、京もち豚を使ったカツサンドなど。ソファ席、和室など多彩なテイストを持つ店内でひと息つくもよし、テイクアウトして観光するもよし。嵐山の散策スタイルにあわせてお楽しみください。

【スポット情報を見る】

有職菓子御調進所 老松 嵐山店 できたての絶品わらび餅

一軒家の日本家屋風の店構え。京菓子の伝統をふまえ新しい息吹を吹き込んできた「老松」の嵐山店では販売のほか、茶房でその味を楽しめます。中でも国産本わらび粉100%の『本わらび餅』は絶品。注文を受けてから練りあげて氷水に落としたわらび餅は、とろりとやわらかなのに弾力があってもっちりとしています。水車でついて香りを引き立たせたきな粉や黒蜜を絡めれば、他にはないその風味に驚きを感じるでしょう。

【スポット情報を見る】

茶処 指月庵 抹茶や珈琲を自分メイドで

嵯峨野の竹林へ続く道沿い、和の風情漂う静かな茶房。おすすめは自分で点てたお茶がいただける『御自服抹茶』。道具の使い方や作法を教わりながら点てる抹茶体験に、心もほっと落ち着きます。また自分でお湯を注ぎ、青竹を使ってドリップする『御自服コーヒー』や、麩専門店「麩嘉」の生麩がついた『あんみつ』、『くづきり』も人気の品。『御自服抹茶』には和菓子、『御自服コーヒー』にはケーキまたは和菓子がつきます。

【スポット情報を見る】

よーじやカフェ 嵯峨野嵐山店 ランチもスイーツも食べ歩きも

あぶらとり紙をはじめとしたコスメで有名な「よーじや」のカフェ。京の商家を改築した店内は、開放的な吹き抜けのある空間でゆったりとした雰囲気が漂います。数あるメニューの中でも不動の人気を誇るのは『よーじや特製カプチーノ』。よーじやおなじみの顔があしらわれ、飲むのがもったいないカプチーノです。カフェのとなりにはテイクアウト専門コーナーを併設。一部メニューのテイクアウトが可能です。

【スポット情報を見る】

発酵食堂 カモシカ 嵐山で発酵食づくし

発酵食専門のカフェ&レストラン。発酵食づくしの『発酵8種定食』は、自家製のねり梅や南蛮味噌などが風味を添える豆腐、麹納豆をたっぷりのせたお揚げなどが味わえます。ふぐの子のぬか漬けや鯖のへしこ、魚醤(いしる)で味付けした一品メニューも充実。お店が醸す心地よい雰囲気に浸りつつ、味わうおいしさの数々。店の近くにオープンした姉妹店「カモシカのお菓子」もぜひ。発酵スイーツの専門店で、全品持ち帰りも可能です。

【スポット情報を見る】

京料理 味生 旬がつまった京料理を気軽に堪能

嵐山・渡月橋から北へまっすぐ歩いた先にある京料理店。趣きある落ち着いた和のしつらえの中、本格的な京の味を堪能できます。料理のベースといえるダシにこだわり、旬の食材を彩り豊かに盛り付け。提供に時間はかかっても、つくりおきをしないことが信条です。炊き合わせ、季節のごはん、茶碗蒸しといった25品ほどのおかずがつく昼の弁当は2200円からとリーズナブル。カウンターや半個室の座敷もあり、様々なシーンで使えます。

【スポット情報を見る】

洋食 西原 地元人気高し、コース仕立ての洋食

リーズナブルにコース仕立ての洋食が楽しめる嵯峨嵐山の洋食店。ひと皿ずつていねいに調理された料理は、洋食とはいえライトな味わいだと年輩の方にも好評です。料理は昼夜ともに1000円・1500円・3000円の3コース(3000円コースはランチタイムのみ要予約)。メイン料理には、自慢のハンバーグをはじめ3~4種類の中から選べます。カウンターもあるのでおひとり様もお気軽に。お子様セットもあります。

【スポット情報を見る】

平野屋 参拝客に愛され続ける名物餅

火伏せの神「愛宕神社」の参詣道沿いにあり、一の鳥居のすぐそばに佇む「平野屋」。店先では、愛宕神社へ向かう人々を400年以上もてなし続けている『志んこ』が楽しめます。薪をくべた「おくどさん(かまど)」で蒸した米粉の団子。ひねった形と色は、愛宕神社までの山道を表現しています。いただけるのは3月頃~11月頃の期間限定。冬季は水尾の柚子をお菓子にした『柚しぐれ』、春は『桜餅』が味わえます。

【スポット情報を見る】

甘味カフェ ふらっと ふらっと寄りたい町家風カフェ

嵯峨野の名刹・二尊院の近くにある京町家風の建物。こちらでいただく食事は、選りすぐりの抹茶を使用した『京の茶そば御膳』や嵯峨豆腐と名高い「森嘉」のとうふを使った湯どうふ。ほかにも、手づくりのあんや白玉をたっぷり使った『京の甘味』、丹波篠山の黒豆をミルクと合わせた『黒豆みるく』、無農薬有機栽培の豆を使用した『コーヒー』。いずれのメニューも素材にこだわったやさしい味わいばかりです。

【スポット情報を見る】

京都いいとこブログ 紅葉2017


京都いいとこ動画|京都の社寺動画まとめ

Monthly Feature 06 京のアジサイ