掲載の情報は2019年04月16日現在のものです。

にんなじ
仁和寺

広大な境内に並ぶ建築物と御室桜

仁和4年(888年)に宇多天皇が創建。「御室御所」と呼ばれる門跡寺院として歴史を重ねてきました。きぬかけの路に面した二王門は京都三大門のひとつ。広々とした境内には国宝の金堂をはじめ、五重塔や御影堂など御所風の建築物が並びます。境内の西側には御室桜の桜林。例年4月中旬頃に見頃をむかえ、多くの見物客であふれています。背丈の低いその様子は、お多福桜とも呼ばれ、江戸時代の頃より人々に親しまれています。

クローズアップ

アクセス市バス「御室仁和寺」バス停下車すぐ
嵐電北野線「御室仁和寺」駅から徒歩3分
駐車場有(120台) 1回500円
拝観時間9:00~17:00(16:30最終受付)(3~11月)
9:00~16:30(16:00最終受付)(12~2月)
入場料有 拝観料500円
郵便番号〒616-8092
所在地京都市右京区御室大内33
TEL075-461-1155
FAX075-464-4070
webサイトhttp://ninnaji.jp/
ジャンル:
/
エリア:
太秦

こちらのスポットもよくご覧いただいてます

あなたにおすすめの記事