稲荷山へ行ってきました


「東山三十六峰」の南端に位置する稲荷山。標高232メートルの山で、稲荷伸の降臨地として知られています。この山中に点在している社や祠…これらを巡っていくことを「お山めぐり」といいます。古くからの信仰心を感じる社、個性的な狛犬や手水舎の造形、市街地の眺望…有名な千本鳥居のほかにも見どころたっぷりの山なんです。

とはいえ、近年、稲荷山での事故が増加しているんだとか。というのも、お稲荷さんへ訪れた観光客が軽装のまま入山してしまい、熱中症や転倒などによる110番通報が増えているとのこと。

お山巡りはアップダウンの多い約4キロの道のりです。足元・服装に注意することはもちろん水分補給もぬかりなく。準備がととのっていないのに、気軽な気持ちで踏み込まないように…その点はじゅうぶんご留意ください!

川辺の町家ホテルで極上の京都時間を


京都駅や京阪七条駅から徒歩圏内。高瀬川沿いにある町家ホテル「京都 高瀬川別邸」。2016年にオープンし、伝統的な建築美と最新機能で安らぎとくつろぎを与えてくれます。

部屋数は全23室。全館暗証番号によるキーレスシステムが採用されているので、チェックイン・チェックアウトともにスムーズ。

門から玄関へと続く、落ち着いたアプローチ。

ツインのお部屋は約32平米。1Fは石庭が見えるお部屋。

ダブルのお部屋は約27平米。ちなみにベッドは、全部屋「シモンズ」社製の最高級ダブルクッションです。

朝食はオプション。お願いすると老舗割烹「泉仙」の仕出し料理が朝、お部屋に届きます。

お風呂は国産の総檜風呂。オーナーがこだわって特注したものだとか。香りがよく、お湯が柔らかくなります。

いかがでしょうか。
京都らしい落ち着いた空間で極上の時間が過ごせるはず。

現在発行中の「京都いいとこマップ」では、「京都 高瀬川別邸」のお部屋「桜ツイン」をペア1組様にプレゼント!詳しくは特別プレゼントのコーナーをご覧ください。

【町家ホテル 京都 高瀬川別邸】
京都市下京区木屋町通正面下ル十禅師町196-3
info@kyoto-takasegawabettei.com
TEL 075-365-5060
http://kyoto-takasegawabettei.com/

☆宿泊券プレゼント☆
http://kyoto.graphic.co.jp/present/
ふるってご応募ください。
応募〆切は2017年6月25日

悪党武士の終焉の地


西陣を歩いていると、公園なのか神社なのかわからない、ふしぎな場所に遭遇しました。ここは「名和児童公園」。遊具のある公園であるとともに、「名和長年戦死の地」であることを伝える石碑がたてられています。

「名和長年(なわながとし)」は南北朝時代、後醍醐天皇による「建武の新政」時代にに重用され、悪党とも呼ばれたといわれる武士のひとりです。

長年は現在の鳥取県を拠点とし海運業を営んでいたといわれています。その地へある日現れた後醍醐天皇。鎌倉幕府の倒幕を考えていた後醍醐天皇ですが、その計画がばれて隠岐へと島流しにあうものの、島の脱出に成功。その後上陸したのが長年が拠点としている地だったというわけです。

弓の名手だったという長年。後醍醐天皇vs鎌倉幕府が争った「船上山の戦い」では勝利をおさめ、帆掛け船の家紋を後醍醐天皇から与えられたとか。

最後は後醍醐天皇と対立した足利尊氏との戦いで京都にて討死。その終焉の地がこの公園のある場所だったと伝えられています。

名和長年戦死の地
京都市上京区大宮通一条下ル