京のお昼特集 専門店で味わう京の丼

NEW

2018.05.01

時が経って風合いが増してきたテーブルも、懐かしさを残す店の佇まいも、それぞれの場所で大切に受け継がれてきました。今回はそんな喫茶店のご紹介です。

有名バリスタのハンバーガー

Okaffe KYOTO

オカフェ キョウト

2008年にバリスタ日本一となった岡田さんが改装して引き継いだのは、四条烏丸近辺で働く人たちの憩いの場だった「喫茶JUN」。前の店の常連さんが毎朝来るなど、コーヒーを通したお客さんとのつながりを大切にする光景が今もここに残っています。コーヒーとの相性を考えたバリスタならではのメニューが『京都ポークのハンバーガー』。肉本来の旨みに圧倒される本格バーガーをどうぞ。

お店の情報はこちら

心地良い空間と和の定食

café ペチカ

カフェ ペチカ

木製の扉や床、低めの天井に小さなイス…最初の店「喫茶六花」から「喫茶feカフェっさ」、そして「caféペチカ」と変わっても、落ち着きある空間は変わっていません。「ここに関わりの深い人に」と声を掛けられ、オーナーとなった岩本さん。和食好きの店主がつくる、素材を生かした『ペチカのおひるごはん』が人気で、毎日食べても飽きないおいしさと評判です。

お店の情報はこちら

昔ながらの喫茶を感じて…

喫茶パーチ

きっさパーチ

「純喫茶をしたかったんです」というご夫婦が、2015年にはじめた「喫茶パーチ」。店内装飾のランプや重厚感のある木の格子、テーブルやイスの一つひとつに、昭和時代の面影が感じられます。メニューは軽食を含め喫茶の定番が中心。熱々の『バジルチーズトースト』は、パンの厚みがあるもののサクサクしていて食べやすく、少しスパイシーな大人な味です。

お店の情報はこちら

元銭湯で味わう本格カレー

Hashigo café KYOTO

ハシゴ カフェ キョウト

「最初は銭湯で喫茶店なんてと思ってましたけど、足を運んで天窓の大きさにびっくり。よし、やろうと即決しました」という杉本さん。男湯の大浴槽がテーブルになるなど、すっかり様変わりした店内を地元の人も楽しんでくれているとか。14種のスパイスが食欲そそる『手づくりインドカリー』はネパール人仕込み。本場の味と銭湯の名残に、どっぷり浸かってみませんか。

お店の情報はこちら

▼ 他のランチ特集を見る ▼