京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ

「京都の食事処・グルメ」一覧

(全144 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

待望のランチ&ブランチスタート、マフィンやスコーンがおいしい古民家カフェ


京都いいとこマップ7-8月号で「梅小路京都西」駅周辺のお店としてご紹介した「蜂蜜カフェ WATCH YOUR HEAD」。

たばこ屋さんを営んでいた民家をリノベーションした古民家カフェ。古い建具や貴重なアンティークタイルなどを配し、どこか優しいカントリーな空間にもなっています。

ここで味わえるのは手づくりのマフィンやスコーン。いずれも「蜂蜜」を使っています。写真のアイスコーヒーも蜂蜜入りなんですよ。

そして8/19からは【平日ランチ】と【土日祝ブランチ】を始められるとのこと!

平日の11時~14時はランチタイム。
テイクアウト用のランチボックスの販売も実施。

土日祝の10時~12時半はブランチタイム。
ブランチメニューはイートインのみ。

どんなメニューなんでしょうね。
楽しみです。

▼蜂蜜カフェ WATCH YOUR HEAD
https://www.instagram.com/wyh.honey83/

▼掲載号の京都いいとこマップを読む(2019年7-8月号)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

朝昼夜と定食スタイルのごはんが楽しめる町家の食事処オープン!


六角通烏丸西入ルという町なかで2019年7月9日にオープンしたのは、京町家をリノベーションしたご飯屋さん「六角kitchen109」さんです。

滋賀県の膳所で人気のごはん処を営んでいたご店主。惜しまれながらも滋賀の店を閉め、京都の地で新店「六角kitchen109」のオープンを決意。

モーニング、ランチ、ディナーと定食スタイルのごはんが味わえる、しかもごはんのおかわり可能という、貴重なお店をつくられました!
たとえば朝はこんな定食になります。

焼き魚、ダシ巻、小鉢のおばんざい、お漬物、味噌汁、ごはん。焼魚は「塩鮭」か「塩鯖」が選択可能とのこと。じつは宮川町の人気店「ろじうさぎ」監修の朝ごはんだそうです!


ちりめん山椒、明太子、佃煮もセット。ご飯が進むこと間違いなしの「京の朝ごはん」です。

ランチタイムも定食のバリエーションが豊富。レギュラーメニューのほかにも月替わりの「ハイカラ六角ランチ(洋)」「ほっこり六角ランチ(和)」が用意されています。和のおかずと洋のおかずから選べるのがうれしいですね。

夜は昼のレギュラーメニューの加え、夜のみの和定食も4種類用意。アルコールも用意されているので、ちょっと一杯したい方もウェルカムです。

店舗は京町家をリノベーション。モダンな照明も素敵です。1階の奥にはお庭を整備。苔や緑がみずみずしくて清々しいお庭です。

靴をぬいで階段をあがり2階へ行くとお座敷が2部屋。今のところ貸しスペースや舞妓さんを招くイベントなどに利用予定とのことです。

お店は山鉾町に位置するため、祇園祭では山鉾のひとつ浄妙山が店のすぐ近くにたちますよ(浄妙山は後祭の時にたちます)。
カジュアルに、でも京都らしい雰囲気も味わいながらしっかり食事がしたい…そんな時に便利に使えそうな「六角kitchen109」。キッズメニューもあるのでファミリー層も使い勝手が良さそうです。

▼六角kitchen109
https://6kaku-k.com/
京都市中京区烏丸六角西入ル骨屋町150-2
朝7:30 ~ 11:00(LO10:30)
昼11:30 ~ 15:00(LO14:30)
晩17:30 ~ 21:30(LO21:00)
※土・日・祝は15:00~17:00カフェ営業

名物は巨大かき氷だけじゃない、和菓子も一緒にどうぞ「都堂」


東寺の近くにある「都堂」の夏の名物といえば、かつてアフロ犬に例えたことのある「かき氷」(過去記事)ですが、都堂さんは創業100年を超える老舗和菓子店。かき氷だけじゃなく、ぜひ和菓子も味わっていきましょう。

最近人気急上昇だという都堂さんの「どら焼き」。見るからに大きな栗が入っていることがわかります。しっとり生地でサイズ感もほどよくお茶請けにぴったりですよ。

東寺にちなんだ大師の餅。弘法大師の焼印入り焼餅ですが、リーズナブルな価格もあってまとめ買いする人がちらほら。職場で配るお土産にもいいかも。取材チームも編集部のメンバーへのおみやげにしました。

夏と言えば鮎菓子ですよね。都堂さんの鮎菓子は小ぶりでかわいい。いいとこマップと同じサイズです。

わらび餅を買って分け合いながら食べるのもいいですね。珈琲わらび餅もあるそうですよ。気になる…

ほかにも色々な和菓子が揃っています。
朗らかなご夫婦が営む東寺近くの老舗和菓子店「都堂」。かき氷と一緒に、手づくりの和菓子にもご注目ください!

▼都堂(京都いいとこマップ2019年7-8月号P10掲載!)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/

7月3日はソフトクリームの日


7月3日はソフトクリームの日、ということで「京都いいとこマップ」最新号でもご紹介している京都のソフトクリームをご紹介します。

まずは京都水族館や京都鉄道博物館の近くにある「NATURA KYOTO」さん。イタリアから取り寄せたマシンでつくるジェラートをはじめ、ソフトクリームも販売。これらを使ったパフェやクレープもあるという豊富なラインナップ。

本誌でご紹介したのはソフトクリームとジェラートのダブル!ありそうでなかった嬉しいダブルスタイルです。最近はジェラートにカラフルなフルーツがくっついた「ジェラートバー」も発売されたとのこと。イートインも可能です。

つづいては二条城や二条駅、神泉苑などが最寄りの京都三条会商店街にあるお茶専門店「矢野自作園」さん。「子どもでも食べられるおやつがつくりたい」と先々代が考案したソフトクリームは1955年から発売されているそう。もう50年以上になるんですね。

凍らせた持ち帰り用もあるんだとか。ソフトクリームの描かれた包みが素敵ですね!

▼京都いいとこマップ7-8月号(2019年)
https://kyoto.graphic.co.jp/library/
※ウェブでは近日公開予定!

おかずもたっぷりつくお得なセットで夏はあっさりお蕎麦ランチ


上桂の西京区役所の近くにある蕎麦店「手打蕎麦真心」。まごころとかいて「しんじん」と読みます。ランチタイムはお得なセットメニューがいろいろあってこの「ランチせっと」もそのひとつ。お客さんの声をもとに考案されたセットだそうです。

自家製蕎麦豆腐に、そばの実なめこ、花の形にした御飯の上にはそばふりかけと蕎麦尽くしのセットメニュー。「毎日食べても飽きないように」とのどごしや風味を大切に手打ちしたざるそばはもちろん、海老や野菜の揚げたて天ぷらも好評とのこと。

さらにあまいものまで楽しめる、華やかでリーズナブルなランチセット(1300円)。

店には駐車場もあり、遠方から足を運ぶお客さんも多いとか。桂離宮や地蔵院、苔寺、鈴虫寺などの観光時に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。カウンター席もありますよ。

●手打ち蕎麦真心
西京区上桂森下町1-68
11:30~15:00(LO14:30)
17:30~20:30(LO20:00)
木曜の夜と日曜定休
最寄りバス停「西京区役所前」

あじさいの季節におすすめの町家カフェ


各地であじさいが見頃を迎えています。
京都いいとこマップ5-6月号でご紹介している町家カフェ「Cafe Charmy Chat」さんのお庭でも紫陽花が綺麗に咲いているようですよ!

取材の時、着物姿がすてきな奥さまからお話を聞いた紫陽花の花。「とてもきれいなのよ」と昨年の写真を拝見すると大輪の紫陽花が裏庭に咲き誇っていました。座敷から眺められると思うので、ぜひこの機会に出かけてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したのは抹茶と黒豆のシフォンケーキ。そしてお鬚がすてきな髭マスターが淹れるおいしい珈琲。散策途中のひと休憩で寄るもよし。

奥さま手づくりの野菜をたっぷり使った食べ応えあるランチ利用もおすすめです!
https://www.cafe-charmychat.jp/

京のおやつはイルカのスコーン


京都水族館の「かいじゅうカフェ」で購入できる大人気の「すいぞくパン」。チンアナゴ、オオサンショウウオ、アザラシなど水族館のにんきものが趣向を凝らしたパンになっています。

イルカは「スコーン」なんですよ。尾からいくか、ヒレからいくか…。
しばらく考えたのち、口先のほうからおいしくいただきました。

京都水族館のイルカといえば、2019年7月13日(土)~9月1日(日)は、イルカスタジアムで「ずぶぬれ」になって楽しめるウォーターアトラクションプログラム「BASSHAAAAN!!(バッシャーン!!)」が開催されます。
これは大人も楽しんでみたい!くわしくはこちら

鯖街道沿いで出会った特大エビフライ


三千院や寂光院への拠点となる大原バス停よりもさらに滋賀県側に走った鯖街道沿いにあるログハウスの店「キッチンうっどぎゃらりぃ」。看板には「特大えびふらい」。駐車場には車も数台とまっている。行ってみようかと取材合間のランチに立ち寄ってみました。

扉をあけると可愛いわんこがお出迎えしてくれます。そしてエビフライ。割りばしとの比較でなんとなく伝わるでしょうか。

玉露パン


京都はお茶のまち。といっても抹茶、煎茶、ほうじ茶、番茶とお茶の種類は色々ありますよね。同じお茶の生産地でも、まちによってこのお茶がうちは特におすすめ!といったこともあるんですよ。

たとえば京都府京田辺市。「お茶の京都」エリアのまちですが、とくに有名なのは「玉露」。飲料として味わうことはもちろんですが、こんな商品を見つけました。

玉露のパンです!
近鉄新田辺駅近くのパン屋さん「リップル」で発見しました。

袋を開けた瞬間、ぶわっとお茶の香り。砂糖がまぶされていますが甘みはスッキリしています。

京都観光のおともに地元人気のおむすび屋さん「柿の木」へ


桜の名所「平野神社」や安産の神「わら天神宮」、世界遺産「金閣寺」といった名所の近くにあるおむすび屋さん「柿の木」に行かれたことはありますか。

店頭に「具だくさん」と書かれている通り、いい塩梅のごはんに具がたっぷり入ったおむすびが朝の6:30から購入できます。

ある日スタッフが購入したのは、穴子、おじゃこ山椒、柴漬け。表に見えている分だけでなく中にも具がしっかり詰まっています。

火曜は炊き込みご飯もあります。食べて又翌日も食べたくなる、優しさと旨味たっぷりのおむすび。これからの行楽シーズンのおともにするのはもちろん、朝食なしの宿泊プランでご宿泊の旅の人ならば、朝ごはんを買いに出かけてみるのもいいですね。

▼おむすび柿の木
https://omusubikakinoki.crayonsite.net/

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る