京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ

「京都の食事処・グルメ」一覧

(全138 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

生地がじまんです!濃厚抹茶ロールケーキ


とつぜんですが、以前取材させていただきました京都府南部のお茶のまち「宇治田原町」の洋菓子店「BaVato」さんにてお裾分けいただいた抹茶ロールケーキです。濃厚な抹茶色のふわふわ生地。抹茶好きにおすすめのひと品です。

というのも、この抹茶の生地を味わってもらうために、生クリームは少なめにした、というケーキなんです!

そしてこの抹茶ロールケーキをハート型のかわいい最中でサンドしたというユニークなスイーツもあるんですよ。お近くに行かれた際は、ぜひぜひお試しください。

▼京都・宇治田原町のお茶スイーツ情報はこちら!
https://bit.ly/2J7KCxr

ちなみに「BaVato」さんのある宇治田原は現在も茶葉の生産が盛んなまち。新茶シーズンの5月頃には、茶摘み体験や新茶まつりが開催されていますよ。イベントにあわせて、出かけてみるのもいいですね!
▼くわしくは
https://ujitawara-kyoto.com/

▼公式Instagram
https://www.instagram.com/ujitawara_kyoto/

老舗ベーカリーの季節限定ホワイトホーン


ある日の朝ごはん。

嵐電「西大路三条」が最寄り。対面式で販売する老舗ベーカリー「天狗堂海野製パン所」で購入しました。

朝イチはまだ種類は少ないけれど、10種くらいは揃っていました。そのなかから、丸パンに玉子サラダのたまごサンドと、10~4月頃しか販売されない「ホワイトホーン」、そして粒あんパンを購入。ちなみに以前はチョコホーンをいただきました。

ホワイトホーンにはラムレーズンクリームがたっぷり詰まっています。ちょっぴり大人味のラムレーズン。甘すぎない味なので朝からおいしくいただけました。

【京都の桜2018】岡崎疏水(3/27)と新店情報


【京都の桜2018】岡崎疏水(3/27)と新店情報

岡崎疏水も木によって差はありますが、思わず足をとめるほどには開花が進んでいます。3~7割は咲いているかな?夷川発電所方面はまだ少なそうにみえました。東大路通の橋付近はほぼ満開です。

ちなみに、夷川発電所が折り返し地点となる「十石船めぐり」は、2018年3月24日(土)~3月29日(木)運航。そのうち、桜回廊ライトアップは2018年3月30日(金)~4月10日(火)です。
http://kyoto-tabi.or.jp/events/jkkfn/

朝日がまぶしい。

ちなみに、岡崎疏水の近くに、烏丸御池の人気ベーカリー「Flip up!」の姉妹店「Cheer Up!」が2018年3月28日にオープンします。

姉妹店のほうにはイートインスペースがあるんですよ。ランチBOXといったこれからの季節にうれしいメニューもある様子。楽しみですね!場所は東大路通から二条通をロームシアター京都方面に歩いてください。

https://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/

※桜の鑑賞や撮影はマナーを守って楽しみましょう!

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」南禅寺エリアにて2018年3月23日(金)オープン予定!


かねてより期待の声があがっていた国内8店舗目、関西初出店となる「ブルーボトルコーヒー」の京都店が、3/23のオープン予定というお知らせが届きましたね。国内店舗の中で最大規模という「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」。概要は以下のとおりです!

《ブルーボトルコーヒー 京都カフェ》
●オープン日 
2018年3月23日(金)予定
●店舗面積  
452.98 平米(カフェエリア 64.98平米)
●座席数   
44席
●営業時間  
8:00~18:00
●所在地   
京都市左京区南禅寺草川町64

店舗は、築100年を超える旅館をリノベし、

・オリジナルアイテムを展示販売する<ショップスペース>
・お好みのコーヒーが見つかる<カッピングスペース>
・テラス席のある<中庭>と<カフェスペース>

という4つの空間を「コーヒーの楽しさをもっと身近に」というテーマのもと創出。京町家の風情をいかしたつくりになっているようです。

ブルーボトルコーヒーは、2002 年、アメリカ・カリフォルニアにて誕生。京都でどんなふうに展開していくのか…楽しみですね!

町家のSUGAR TOOTH cafe


鉄道はJR円町駅。市バスは「丸太町七本松」が最寄りでしょうか。静かな町に、おしゃれな町家が1軒。ジャムと焼き菓子をメインにしたスイーツカフェで、店舗営業は金~月のみ。イートイン可能です。

宇治のカフェ「辻利兵衛本店」でお濃茶


蔓延元年(1860年)創業の茶問屋「辻利兵衛本店」。茶寮をオープンされたのは2016年のこと。宇治の観光の中心部からは少し離れたJR宇治駅の近くに位置するのですが、たくさんのお客さんが訪れている人気店です。

多くの人のお目当ては抹茶のスイーツ。そんななか、注文したのは「お濃茶」の和菓子セット。みなさんは濃茶を味わったことはありますか?

抹茶の一種といえばいいのでしょうか。少な目のお湯で上質な抹茶を練るようにして点てています。濃茶に対し、おそらく皆さんがよく目にするのは薄茶。おうすといわれるものです。

お茶の世界にくわしくなければ珍しいお濃茶。まだ未知の世界でしたら一度お試しあれ。

北野エリアの穴場です、食堂とカフェ ピナータ


北野天満宮エリアですが、今出川通から少し離れた静かな一条通にあります。そのビルの2階。朝から晩までお野菜たっぷりのおいしいご飯が食べられる「食堂とカフェ ピナータ」。

メニューも豊富。週替わりメニューもあるので飽きません。これはあくる日の週替わりメニューB。ランチでいただきましたが夜でも注文OKです。写真の奥のサラダ、てんこもり。手前のメインディッシュはブリと小芋の竜田揚げ。

HAPPY BUNSの八つ橋サンド


開店時、話題になったコッペパン専門ベーカリーカフェで、「GOOD TIME COFFEE」の姉妹店「HAPPY BUNS」。智積院の南側に位置し、ユニークなコッペパンサンドが楽しめます。

たとえば「YATSUHASHI」。

あんを挟んだほんのりニッキ風味の3つの八つ橋が、コッペパンにぎゅぎゅぎゅっと挟み込まれています。目にした瞬間、ちょっとにやけましたよね。

小ぶりな方なので、こばらを満たすのにちょうどいいかもです。ぜひぜひ。

昨年リニューアルされた井上製パンさん


2016年の9月にリニューアルオープンされた「井上製パン」さん。

昔ながらの佇まいだった時代に、取材させていただきました。

https://kyoto.graphic.co.jp/guide/inoueseipan/

この頃から新旧のパンが揃っていたのですが、それは今も同じ。

見た目はレンガ造りでかわいらしくなりましたが、昔懐かしいパンも一緒に並んでいます。

ショップカードもかわいくなっていました。

カップ麺「凄麺 京都背脂醤油味」の「あるある話」


京都いいとこマップ推奨品として、8月にリニューアル発売されたヤマダイ株式会社のカップ麺「凄麺 京都背脂醤油味」。スーパーに行っていろんな種類のカップ麺が並んでいてもこの品をひいきにしてしまうのは、京都いいとこマップ編集部あるあるです。
味の特徴など前回の記事はこちら→https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/36154

そんなカップ麺のあるあるネタを紹介します。それは裏ブタの「裏ばなし」。商品に関連する「裏ばなし」が書かれています。

そんな「裏ばなし」の中に、実は「京都いいとこマップ」に関するお話があるのを、ご存じでしょうか?

写真は京都いいとこマップ読者からの提供です。いつもは食べることに夢中で、どんなお話が書かれているのか気付いていませんでしたが・・・これからは裏ブタを眺めつつ生麺のようなもちもち食感を堪能していこうと思います。フタの裏ばなしはいろんなパターンがあるそうなので、「京都いいとこマップ」と出会えるのもその時の運でしょうか。


「凄麺 京都背脂醤油味」は全国のスーパーで販売中です。お近くのスーパーで見かけたら、ぜひお買い求めください。紅葉狩りに京都へ来られた際にも、お土産にどうぞ。

ニュータッチ凄麺 京都背脂醤油味 210円
カロリー:444kcal
内容量:124g(麺60g)

公式URL
https://www.newtouch.co.jp/ec/brand/sugomen/253

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る