掲載の情報は2017年04月01日現在のものです。

てつがくのみち
哲学の道

四季折々の風情に包まれる思索の道

琵琶湖疏水の分線沿いに1.5キロ続く「哲学の道」。哲学者の西田幾多郎が思索にふけりつつ散策していたことからこう呼ばれるようになったと伝わります。 春は450本ほどの桜が咲く名所として知られるだけでなく、夏はホタル、あじさいなどが楽しめます。道沿いには銀閣寺や法然院などの古刹も多く、それぞれ が花や紅葉の名所。1年を通じて多くの観光客が足を運ぶ憩いの散策路となっています。

クローズアップ

アクセス市バス「銀閣寺道」バス停から徒歩3分
市バス「南禅寺・永観堂」バス停から徒歩5分
駐車場なし
※近隣にコインパーキング有
所在地京都市左京区銀閣寺橋~若王子橋
webサイトhttp://tetsugakunomichi.jp/
最寄りの
観光地
大豊神社、銀閣寺、法然院、霊鑑寺、安楽寺、熊野若王子神社、真如堂
ジャンル:
/
エリア:
岡崎・哲学の道

こちらのスポットもよくご覧いただいてます

あなたにおすすめの記事