掲載の情報は2017年08月31日現在のものです。

てんりゅうじ
天龍寺

名庭に、名画も楽しめる世界遺産のお寺

「天龍寺」は暦応2年(1339年)、禅僧の夢窓国師(むそうこくし)を開山として創建されました。見どころは、名庭として名高い「曹源池(そうげんち)庭園」や法堂の天井に描かれた加山又造筆の「雲龍図」のほかにも、夏場は勅使門を入ってすぐにある「放生池(ほうじょうち)」に咲く蓮もおすすめです。また、無料で参加できる「天龍寺坐禅会」は、坐禅終了後に天龍寺の管長より法話があります。

クローズアップ

アクセス嵐電嵐山本線「嵐山」駅下車すぐ
駐車場あり(120台、1回1000円)
拝観時間8:30~17:30(10/21~3/20は17:00閉門)
法堂10:00~15:30
休業日法堂は土日祝のみ公開(春秋には特別公開あり)
拝観料庭園 大人500円、小・中学生300円
諸堂(大方丈・小方丈・多宝殿)100円
法堂(雲龍図)500円
郵便番号〒616-8385
所在地京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
TEL075-881-1235
FAX075-864-2424
webサイトhttp://www.tenryuji.com/
最寄りの
観光地
渡月橋、常寂光寺、二尊院
ジャンル:
/
エリア:
嵐山・嵯峨野

こちらのスポットもよくご覧いただいてます

あなたにおすすめの記事